Your SlideShare is downloading. ×
Solaris 11 ディープダイブセミナー Automatic Installer編
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Solaris 11 ディープダイブセミナー Automatic Installer編

1,748
views

Published on


0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,748
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
44
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 1 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. “hands-free” インストールを実現する Automated Installer システム事業統括 ソリューション統括本部 パートナーソリューション本部 シニア・セールス・コンサルタント 黒田 俊介2 | Copyright 2012 年 2 月affiliates. All rights reserved. © 2012 Oracle and/or its 20 日
  • 3. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また 、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできま せん。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント( 確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。 オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、 弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. Agenda • Automated Installer (AI) • AI マニフェスト  カスタム AI マニフェスト  派生マニフェスト • SC プロファイル • 条件マニフェスト • ゾーンのインストール • Appendix4 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 様々な基盤を支える Oracle Solaris 11Physical Cloud Virtual Servers OVM for SPARC Solaris Zones Oracle Solaris 11 Virtual Virtual NIC Networking Virtual Switch Virtual Storage Pools Storage 5 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. システム管理をよりシンプルに BE および IPS による迅速なアップデートAutomated Installer による迅速なデプロイ Active Active BE Old BE BE New BE Updated BE AI Server Oracle Solaris 11 DHCP Server Net config AI address Zone による迅速な開発、テスト 6 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. 選択可能なインストール方法 Install Live Media, Text Installer, Automated Installer Packaging System Image Packaging System (IPS), IPS Repository, IPS Package Upgrade Boot Environment7 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. Automated Installer の必要性 インストール媒体による設定項目の違い カスタマイズ可能な設定の必要性 膨大なシステムへのインストール対応 ネットワークベースのインストール手法の確立 クラウド基盤となるインストーラの提供 Custom Jumpstart に代わる仕組みの必然性8 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. Automated Installer の必要性 インストール媒体による設定項目の違い Live Media Text Installer インストールディスク選択 ● ● ホスト名 ● ● IP アドレス ● ネットマスク ● デフォルトルータ ● ネームサービス ● タイムゾーン ● ● root パスワード - ● ユーザアカウント ● ●9 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. Automated Installer の必要性 インストール媒体による設定項目の違い (続き) Live Media Text Installer Solaris 10 インストールディスク選択 ● ● ● ホスト名 ● ● ● IP アドレス ● ● ネットマスク ● ● デフォルトルータ ● ● ネームサービス ● ● タイムゾーン ● ● ● root パスワード - ● ● ユーザアカウント ● ● - swap, dump サイズ指定 - ● OS ミラー - ● パッケージクラスタの選択 - ●10 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. Automated Installer の必要性 インストール媒体による設定項目の違い きめ細やかな設定項目の必要性 膨大なシステムへのインストール対応 ネットワークベースのインストール手法の確立 クラウド基盤となるインストーラの提供 Custom Jumpstart に代わる仕組みの必然性11 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. Automated Installer の必要性 膨大なシステムへのインストール対応 • メディアによるインストールの限界  ネットワークベースのインストール • 用途に応じた OS イメージの必要性  システム環境 (Physical, Virtual)  パッケージクラスタ12 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. Automated Installer の必要性 インストール媒体による設定項目の違い きめ細やかな設定項目の必要性 膨大なシステムへのインストール対応 ネットワークベースのインストール手法の確立 クラウド基盤となるインストーラの提供 Custom Jumpstart に代わる仕組みの必然性13 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. Automated Installer の必要性 クラウド基盤となるインストーラの提供14 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. Automated Installer (AI)15 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. Automated Installer インストールの仕組み DHCP 1. PXE/WAN boot 5. Package install 2. IP address, AI server AI Client IPS Repo AI Server 3. Boot file 4. AI manifest 6. SC profile16 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. AI サーバ 構成要素 AI サーバとの共存 もしくは独立した構 成が可能 AI クライアント用 DHCP Service のXML 構成ファ イル AI Manifest SC Profile AI Manifest SC Profile AI クライアントに 提供するインスト Install Service A Install Service B ールサービス AI Server AI Install Tool (installadm) Automated Installer の基盤となるツール17 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. AI サーバ ハードウェア/ソフトウェア要件 • ハードウェア  メモリ : 最小 1GB  ディスク容量 : インストールサービスごとに 300-400MB • ソフトウェア  Oracle Solaris 11 • 静的 IP アドレス • デフォルトルータ • マルチキャスト DNS (オプション) • DHCP サービス (別マシンでも可)  IPS リポジトリへのアクセス  AI 用 ISO イメージ (オプション)18 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. AI サーバの設定 AI インストールツールのインストール Terminal root@ai[~]# pkg install install/installadm 注意事項 • マルチホーム環境で AI サーバは全てのネットワークセグメントに対してサービスを提供  svc:/system/install/server:default の以下を設定 • all_services/networks (default : 0.0.0.0/0) • all_services/exclude_networks (default : false) • 標準は 5555 番ポートで web サービスを起動  svc:/system/install/server:default の以下を設定 ポート番号の変更はサービ • all_services/port (default : 5555) スを作成する前に!19 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. AI サーバの設定 インストールサービスの作成 Terminal root@ai[~]# installadm create-service … • オプション (一部抜粋)  -n : サービス名 (default : solaris11-i386[_n]/solaris11-sparc[_n])  -s : AI イメージ (default : install-image/solaris-auto-install, FMRI/ISO)  -d : インストールサービスイメージ (default : /export/auto-install/svcname)  -a : アーキテクチャ (default : AI サーバと同じアーキテクチャ, i386/sparc)  -p : IPS リポジトリ (-s オプションで FMRI 指定時のみ有効)  -i : DHCP 開始アドレス  -c : DHCP アドレス数20 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. AI サーバの設定 インストールサービスの作成 (続き) • 各アーキテクチャ (i386/sparc) とも最初に作成されるインストールサービ スには default-arch というエイリアスが作成される Terminal root@ai[~]# installadm list Service Name Alias Of Status Arch Image Path ------------------ ---------- -------- ------ --------------- default-i386 s11-i386 on x86 /export/auto_install/s11-i386 s11-i386 - on x86 /export/auto_install/s11-i386 • AI クライアント起動時に特定のインストールサービスに紐づいていない 場合、default-arch を利用したインストールが行われる21 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 22. AI サーバの設定 インストールサービスの作成 (続き) DHCP Service AI Client 2 orig_default orig_default どのサービスにも紐づいて いないクライアント default-i386 s11-i386 AI Client 1 AI Server AI Install Tool (installadm) どのサービスにも紐づいて いないクライアント22 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 23. AI サーバの設定 インストールサービスの管理コマンド • インストールサービスの削除 Terminal root@ai[~]# installadm delete-service svcname • インストールサービスの名称変更 Terminal root@ai[~]# installadm rename-service svcname newsvcname23 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 24. AI サーバの設定 インストールサービスの管理コマンド (続き) • インストールサービスの設定変更 Terminal root@ai[~]# installadm set-service -o aliasof=existing_svcname svcname root@ai[~]# installadm set-service -o default-manifest=manifest_name svcname • インストールサービスの有効化 Terminal root@ai[~]# installadm enable svcname • インストールサービスの無効化 Terminal root@ai[~]# installadm disable svcname24 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 25. AI サーバの設定 AI クライアントの管理コマンド • AI クライアントの追加 Terminal root@ai[~]# installadm create-client -e macaddr -n svcname • AI クライアントの削除 Terminal root@ai[~]# installadm delete-client macaddr25 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 26. クライアントのインストール デフォルトサービスによるインストール • SMF の設定 (オプション) Terminal root@ai[~]# svccfg –s install/server:default setprop all_services/networks = 192.168.1.0/24 root@ai[~]# svcadm refresh install/server:default • インストールサービスの作成 Terminal root@ai[~]# installadm create-service -i 192.168.1.100 -c 10 -p solaris=http://192.168.1.1 -y26 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 27. クライアントのインストール デフォルトサービスで何が設定できたのか? Live Media Text Installer Automated Installer インストールディスク選択 ● ● ホスト名 ● ● IP アドレス ● ネットマスク ● - デフォルトルータ ● ネームサービス ● タイムゾーン ● ● root パスワード ● ユーザアカウント ● ● swap, dump サイズ指定 - OS ミラー - パッケージクラスタの選択 -27 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 28. AI マニフェスト28 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 29. カスタム AI マニフェスト • クライアントにカスタマイズされた AI マニフェスト • XML 形式のシステム構成情報ファイル  DTD (Document Type Definition) ファイル • /usr/share/install/*.dtd.1  サンプル AI マニフェスト • /usr/share/auto_install/manifest/*.xml • AI クライアントに対して主に以下を設定  インストール先のディスク  ディスク構成 (パーティション, ミラー有無など)  ソフトウェアパッケージ29 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 30. カスタム AI マニフェスト DHCP Service AI Client 2 orig_default orig_default demo_custom demo サービスに紐づいた クライアント default-i386 demo AI Client 1 AI Server AI Install Tool (installadm) どのサービスにも紐づいて いないクライアント30 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 31. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの確認 Terminal root@ai[~]# installadm list –m Service Name Manifest Status ------------------ ----------- -------- default-i386 orig_default Default s11-i386 orig_default Default • デフォルトで利用される AI マニフェストは以下のディレクトリに配置  /var/ai/service/svcname/AI_data/orig_default <auto_install> <ai_instance name=“orig_default"> … </ai_instance> </auto_install>31 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 32. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの確認 (続き) • 特定のインストールサービスの AI マニフェスト Terminal root@ai[~]# installadm list -n s11-i386 -m Manifest Status Criteria ----------- -------- --------- orig_default Default None32 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 33. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの管理コマンド • AI マニフェストの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest -n svcname -f manifest_file • AI マニフェストのアップデート Terminal root@ai[~]# installadm update-manifest -n svcname -f manifest_file33 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 34. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの管理コマンド (続き) • AI マニフェストの削除 Terminal root@ai[~]# installadm delete-manifest -n svcname -m manifest_name • AI マニフェストのエクスポート Terminal root@ai[~]# installadm export -n svcname -m manifest_name34 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 35. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 Terminal root@ai[~]# installadm export -n default-i386-m orig_default <auto_install> <ai_instance name=“orig_default"> <target> … インストール対象 (ディスク, レイアウト) に関する情報 </target> <software type=“IPS”> … ソフトウェアパッケージに関する情報 </software> </ai_instance> </auto_install>35 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 36. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 Element Tree auto_install ai_instance boot_modes? target? software+ add_drivers? software* search_all? source? configuration* source* Element Attribute Value ai_instance name CDATA #IMPLIED http_proxy CDATA #IMPLIED auto_reboot true | false36 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 37. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ target 要素と属性 Terminal <target> <logical> <zpool name="rpool" is_root="true"> <filesystem name="export" mountpoint="/export"/> <filesystem name="export/home"/> <be name="solaris"/> </zpool> </logical> xyz : 要素 </target> xyz : 属性 • rpool という名前の root pool を作成 • ブート環境 (BE) 名は solaris • ブート環境 (BE) 外* に /export をマウントポイントとして export を作成 • export/home を作成 * 暗黙的に in_be=“false” が指定37 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 38. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ target 要素と属性 Element Tree target? disk* disk_name | disk_prop | disk_keyword | iscsi partition* size? slice* slice* size? logical? zpool* vdev* filesystem* options? option+ zvol* options? option+ size pool_options? option+ dataset_options? option+ be? options? option+38 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 39. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ target 要素と属性 (続き) Element Attribute Value disk in_zpool CDATA #IMPLIED in_vdev CDATA #IMPLIED whole_disk true | false disk_name name CDATA #REQUIRED name_type ctd | volid | devpath | devid | receptacle39 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 40. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ target 要素と属性 (続き) Element Attribute Value logical noswap true | false nodump true | false zpool name CDATA #REQUIRED action create | delete | preserve | use_existing is_root true | false mountpoint CDATA #IMPLIED vdev name CDATA #REQUIRED redundancy mirror | raidz | raidz1 | raidz2 | raidz3 | spare | log | cache | logmirror | none zvol action create | delete | preserve | use_existing name CDATA #REQUIRED use none | swap | dump40 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 41. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ software 要素と属性 <software type="IPS"> <destination> <image> <facet set="false">facet.locale.*</facet> … ロケールに関する情報 <facet set="true">facet.locale.zh_TW</facet> </image> </destination> <source> <publisher name="solaris"> <origin name="http://pkg.oracle.com/solaris/release"/> IPS リポジトリに関する情報 </publisher> </source> <software_data action="install"> <name>pkg:/entire@latest</name> パッケージに関する情報 <name>pkg:/group/system/solaris-large-server</name> </software_data> xyz : 要素 </software> xyz : 属性41 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 42. カスタム AI マニフェスト AI マニフェストの構造 ~ software 要素と属性 (続き) Element Tree software+ destination? image | dir facet* facet, image_type, image_type? property は image 要 素にのみ適用 property* source* publisher+ | dir origin+ origin, mirror は publisher 要素にのみ mirror* 適用 software_data* name* Element Attribute Value software name CDATA #IMPLIED type IPS | SVR4 | CPIO | ARCHIVE | IMAGE | P5I | DU | P5P42 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 43. カスタム AI マニフェスト カスタム AI マニフェスト例 <target> <disk in_vdev=“mirror_vdev” in_zpool=“rpool” whole_disk=“true”> <disk_name name=“c3t0d0” name_type=“ctd”/> </disk> <disk in_vdev=“mirror_vdev” in_zpool=“rpool” whole_disk=“true”> <disk_name name=“c3t1d0” name_type=“ctd”/> </disk> <logical> <zpool name="rpool" is_root="true"> <vdev name=“mirror_vdev” redundancy=“mirror”/> <filesystem name="export" mountpoint="/export"/> <filesystem name="export/home"/> <zvol name=“swap” use=“swap” action=“create”> <size val=“1gb”/> </zvol> <be name="solaris"/> </zpool> </logical> </target>43 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 44. 派生マニフェスト • カスタム AI マニフェストはあくまで決め打ちの構成 • クライアントの構成に応じて動的に AI マニフェストを生成する仕組みが 必要  膨大なクライアントへの対応  AI マニフェストの削減 AI Client c0t0d0 demo_derived demo_custom AI Client c3t0d0 demo c3t1d044 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 45. 派生マニフェスト 派生マニフェスト例 Terminal root@ai[~]# cat demo_derived #!/bin/ksh93 SCRIPT_SUCCESS=0 SCRIPT_FAILURE=1 function handler { exit $SCRIPT_FAILURE } trap handler ERR /usr/bin/aimanifest load http://192.168.1.2/export/auto_install/demo/auto_install/manifest/default.xml 次のページへ続く45 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 46. 派生マニフェスト 派生マニフェスト例 (続き) if [[ $SI_NUMDISKS -ge 2 ]] ; then <vdev name=“mirror_vdev” redundancy=“mirror”/> typeset -i disk_num vdev=$(/usr/bin/aimanifest add -r target/logical/zpool[@name=rpool]/vdev@name mirror_vdev) /usr/bin/aimanifest set ${vdev}@redundancy mirror for ((disk_num = 1 ; disk_num <= $SI_NUMDISKS ; disk_num++)) ; do eval curr_disk=“$”SI_DISKNAME_${disk_num} disk=$(/usr/bin/aimanifest add -r target/disk@in_vdev mirror_vdev) /usr/bin/aimanifest set ${disk}@in_zpool rpool /usr/bin/aimanifest set ${disk}@whole_disk true disk_name=$(/usr/bin/aimanifest add -r ${disk}/disk_name@name $curr_disk) /usr/bin/aimanifest set ${disk_name}@name_type ctd done fi <disk in_vdev=“mirror_vdev” in_zpool=“rpool” whole_disk=“true”> <disk_name name=“c3t0d0” name_type=“ctd”/> exit $SCRIPT_SUCCESS </disk> …46 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 47. クライアントのインストール カスタム AI マニフェストによるインストール • 新しいインストールサービスの作成 Terminal root@ai[~]# installadm create-service -n demo -p solaris=http://192.168.1.1 -y • カスタム AI マニフェストの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest -n demo -f /root/demo_custom -d root@ai[~]# installadm create-manifest -n demo -f /root/demo_derived • AI クライアントの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-client -e 2:8:20:67:e8:81 -n demo47 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 48. クライアントのインストール カスタム AI マニフェストで何が設定できたのか? Live Media Text Installer Automated Installer インストールディスク選択 ● ● ● ホスト名 ● ● IP アドレス ● ネットマスク ● - デフォルトルータ ● ネームサービス ● タイムゾーン ● ● root パスワード ● ユーザアカウント ● ● swap, dump サイズ指定 - ● OS ミラー - ● パッケージクラスタの選択 - ●48 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 49. SC プロファイル49 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 50. SC プロファイル • システム構成 (System Configuration) プロファイル • XML 形式の OS 構成情報ファイル  DTD (Document Type Definition) ファイル • /usr/share/lib/xml/dtd/service_bundle.dtd.1 • AI クライアントに対して主に以下を設定  ホスト名  ネットワーク  タイムゾーン  root パスワード  一般ユーザ50 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 51. SC プロファイル SC プロファイルの管理コマンド • SC プロファイルの作成 Terminal root@ai[~]# installadm create-profile -n svcname -f profile_file • SC プロファイルの削除 Terminal root@ai[~]# installadm delete-profile -n svcname -p profile_file51 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 52. SC プロファイル SC プロファイルの管理コマンド (続き) • SC プロファイルの一覧 Terminal root@ai[~]# installadm list -n svcname -p • SC プロファイルのエクスポート Terminal root@ai[~]# installadm export -n svcname -p profile_name52 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 53. SC プロファイル SC プロファイル (雛型) の作成 • sysconfig(1M) コマンドを使用 Terminal root@ai[~]# sysconfig create-profile -o demo_profile.xml 1 2 353 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 54. SC プロファイル SC プロファイル (雛型) の作成 (続き)3 4 5 66 7 854 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 55. クライアントのインストール SC プロファイルを利用したインストール • インストールサービスの停止 Terminal root@ai[~]# installadm disable demo • SC プロファイルの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-profile -n demo -f /root/demo_profile • インストールサービスの開始 Terminal root@ai[~]# installadm enable demo55 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 56. クライアントのインストール SC プロファイルで何が設定できたのか? Live Media Text Installer Automated Installer インストールディスク選択 ● ● ● ホスト名 ● ● ● IP アドレス ● ● ネットマスク ● ● - デフォルトルータ ● ● ネームサービス ● ● タイムゾーン ● ● ● root パスワード ● ● ユーザアカウント ● ● ● swap, dump サイズ指定 - ● OS ミラー - ● パッケージクラスタの選択 - ●56 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 57. 条件マニフェスト57 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 58. 条件マニフェスト • クライアントに対して条件付けをする仕組み  AI マニフェスト/SC プロファイルの選択  インストールサービスの削減 • Relax NG スキーマ  /usr/share/auto_install/criteria_schema.rng • 条件付けのキーワード  arch : uname -m  mem : Mbyte, unbounded  cpu : uname -p  network : Network segment  hostname* : Client hostname  platform : uname -i  ipv4 : IP address  zonename : zoneadm list  mac : MAC address * SC プロファイルにのみ指定可能58 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 59. 条件マニフェスト DHCP Service AI Client 2 orig_default demo_derived demo_custom AI Client B demo サービスに紐づいた クライアント default-i386 demo AI Client 3 AI Server AI Install Tool (installadm) demo サービスの demo_derived に条件づけされたクライアント59 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 60. 条件マニフェスト 条件マニフェストの管理コマンド • 条件マニフェストの登録  コマンドによる登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest | create-profile -n svcname -f manifest_file | profile_file ¥ -c criteria=value | range Terminal root@ai[~]# installadm set-criteria -n svcname -m manifest_file | profile_file -c criteria=value | range60 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 61. 条件マニフェスト 条件マニフェストの管理コマンド (続き) • 条件マニフェストの登録  ファイルによる登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest | create-profile -n svcname -f manifest_file | profile_file ¥ -C criteria_manifest_file Terminal root@ai[~]# installadm set-criteria -n svcname -m manifest | -p profile -C criteria_manifest_file61 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 62. 条件マニフェスト 条件マニフェスト例 • 4GB 以上のメモリを持つシステムへの条件づけ Terminal root@ai[~]# cat demo_criteria <ai_criteria_manifest> <ai_criteria name=“mem”> <range> 4096 unbounded </range> </ai_criteria> </ai_criteria_manifest>62 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 63. クライアントのインストール 条件マニフェストを利用したインストール • 条件マニフェストの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest -n demo -m demo_derived -c mac=2:8:20:dc:39:9e • インストールサービスの開始 Terminal root@ai[~]# installadm create-client -e 2:8:20:dc:39:9e -n demo63 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 64. ゾーンのインストール64 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 65. ゾーンのインストール • 大域ゾーンのインストールと同時に非大域ゾーンを構築 • 必要なもの  大域ゾーン用カスタム AI マニフェスト  非大域ゾーン構成情報ファイル • 構成ファイル (必須) • AI マニフェスト (オプション) • SC プロファイル (オプション) ゾーン単体を AI でインスト ールできる訳ではない65 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 66. ゾーンのインストール 大域ゾーン用カスタム AI マニフェスト Terminal root@ai[~]# cat zone_custom <auto_install> <ai_instance name=“zone_custom"> <target> … </target> <software type=“IPS”> … </software> <configuration type=“zone” name=“zone1” source=“http://192.168.1.2:5555/export/auto_install/zone/zone1/config”/> </ai_instance> </auto_install>66 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 67. ゾーンのインストール 構成ファイル • 非大域ゾーン用の構成ファイル  zonecfg -z zonename export -f config_file の出力ファイル Terminal root@ai[~]# cat config create –b set zonepath=/zones/zone1 set brand=solaris set autoboot=true set ip-type=exclusive add anet set linkname=net0 set lower-link=auto set configure-allowed-address=false set link-protection=mac-nospoof set mac-address=random end67 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 68. ゾーンのインストール 構成ファイル (続き) • 非大域ゾーン用カスタム AI マニフェスト  /usr/share/auto_install/manifest/zone_default.xml • 非大域ゾーンでは以下の要素および属性は利用不可  ai_instance 要素の auto_reboot/http_proxy 属性  target 要素の disk 子要素  logical 要素の noswap/nodump 属性  configuration 要素 • 注意事項  software 要素の type 属性は IPS のみ68 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 69. クライアントのインストール ゾーンのインストール • 新しいインストールサービスの作成 Terminal root@ai[~]# installadm create-service -n zone -p solaris=http://192.168.1.1 -y • 大域ゾーン用カスタム AI マニフェストの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest -n zone -f /root/zone_derived -d • 大域ゾーン用 SC プロファイルの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-profile -n zone -f /root/zone_profile69 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 70. クライアントのインストール ゾーンのインストール (続き) • 非大域ゾーン用カスタム AI マニフェストの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-manifest -n zone -f /root/zone1_custom -c zonename=“zone1” • 非大域ゾーン用 SC プロファイルの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-profile -n zone -f /root/zone1_profile -c zonename=“zone1” • AI クライアントの登録 Terminal root@ai[~]# installadm create-client -e 2:8:20:ea:38:d6 -n zone70 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 71. Appendix71 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 72. デモ環境 IPS Repository AI Server AI Client VirtualBox zone : ips zone : ai Zone x86 PC ips/net0 ai/net0 ai/net1 vnic10 vnic11 Crossbow 192.168.2.2 192.168.1.1 192.168.1.2 eth2 eth172 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 73. 参考 URL • Oracle Solaris 11 Downloads http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris11/downloads/index.html • Oracle Solaris 11 Information Library (日本語) http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/ • Oracle Solaris 11 システムのインストール http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/pdf/E25760.pdf • Oracle Solaris 10 Jumpstart から Oracle Solaris 11 自動インストーラ への移行 http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/pdf/E25765.pdf73 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 74. 74 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 75. 75 | Copyright © 2012 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.