Your SlideShare is downloading. ×
0
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Scrum before after
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Scrum before after

2,157

Published on

Scrum Gathering Tokyo 2011の事例紹介セッションで発表させていただいた時の資料です。

Scrum Gathering Tokyo 2011の事例紹介セッションで発表させていただいた時の資料です。

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,157
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Scrum Before After Ultinet, Inc. @Scrum Gathering Tokyo 2011 2011.10.19
  • 2. スクラムを導⼊してみて ⾃⼰組織化 顧客との距離を縮める 動くものを早く届ける 絶えずコミュニケーションをとる 素早いフィードバックを得る努⼒ カイゼン(PDCA) 品質の作りこみ 少しずつ良い変化!
  • 3. about us株式会社アルティネット創業:1999年1⽉業種:SI/受託開発/データセンター規模:社員約60名特徴:ほぼ100%内製。企画・設計・N/W設計・開発・運⽤・保守・データセンター運営までワンストップで提供。LAMPスタックでWEB系開発(モバイル、EC、⾦融、物流など)
  • 4. about me⽒名:梶浦 毅⼀所属:株式会社アルティネット役職:代表取締役社⻑職種:経営・PM・PG・N/W-OP技能:PHP、Apache、MySQLa.k.a.:@ShiroKappa
  • 5. agenda Before スクラム導⼊前 スクラム導⼊にいたる簡単な経緯 Why? なぜスクラムを導⼊したか どのように導⼊したか After スクラム導⼊後 導⼊をして何が変わったか
  • 6. Before
  • 7. うまくいっていた 創成期 時期 少⼈数 ゴール・⽬的の共有が⾃然となされ、常に コミュニケーションが取れていた。 ⇒スモールチーム ⼩型案件 1,2名で1〜2カ⽉以内の仕事であれば こなせて当たり前。 ⇒スコープが明確 ⼀緒に作る お客様もインターネットやモバイルで何が できるか⼀緒に真剣に考えていた。 ⇒積極的な顧客関与
  • 8. 混迷期 ⼈数の増加 1年あたり5〜10名の社員増加。暗黙知 増加。 ⇒コミュニケーションレス 案件規模拡⼤ 数名×数か⽉規模の案件が増加。要件定義 不⾜、仕様変更。 ⇒遠くの的を的確に射るのは難しい 環境の変化 インターネットやモバイルでできることの 当たり前が増えてきた。(amazonぽくお ねがいします!とか orz) ⇒顧客関与度合いの希薄化
  • 9. 対策 顧客志向 顧客志向をスローガンにもっとお客様のそ ばへ。 ISMS 情報セキュリティの強化、事業継続。 PMBOK 中規模以上プロジェクトのスコープ、リス ク管理。 ITIL 運⽤事故の低減、ソフトウェアライフサイ クルマネジメント。
  • 10. リバウンド
  • 11. リバウンド 規則だらけ コマンドコントロール リスクヘッジと称した弱腰 硬直化、ノン・イノベーション強制されたルールの中、強烈なコマンドコントロールによるルーチンワークが、社員の成⻑と⾃律を阻害し、閉塞感を⽣み始めないか不安。
  • 12. WHY?
  • 13. なぜスクラムか? アジャイルソフトウェア開発再考 海外では主流。国内でも機運の⾼まりを感 じ、2001年依頼10年ぶりに再度勉強。 協働促進による⾃⼰組織化と⾃律化 顧客志向の元、社員満⾜を上げる⽅法を模 索。 技術論より組織論 独学できないことを会社は教育機会、学習 機会として提供すべき。
  • 14. なぜスクラムか?(補⾜)トヨタ⽣産⽅式やリーンなども勉強しましたが、Just in timeや⾃働化より、協働促進や⾃律を促すにはスクラムというフレームワークが効きそうな気がしていました。モチベーションを上げ、社員満⾜を⾼めるには経済観念や技術論より、組織論につよい枠組みが良いと感じ、アジャイルコーチ(@ryuzee)に相談を持ちかけました。
  • 15. 障壁はなかったのか?はい、ありません!
  • 16. 障壁はなかったのか? 顧客に恵まれていた 顧客のそばにいるために、創業以来⼀次請 けにこだわり続けた。ワンストップソ リューションを標榜しDC運⽤・サイト運 営もしていた。 社員に恵まれていた 顧客志向は浸透し、顧客や⾃分たちが良く なることにモチベーションも⾼かった。 トップダウン 導⼊を経営陣が企画、執⾏した。
  • 17. どのように導⼊したか? トップダウン いくつかのプラクティス(デイリースタン ドアップミーティング、振り返り)を始め た。⇒ところが、、報告臭が抜けない。 アジャイルコーチに⽀援を依頼 WHAT、HOWだけでなくWHOが明確に。 パイロットチーム パイロットチームを2チーム(新規案件、 改修&運⽤案件)。
  • 18. After
  • 19. コミュニケーション“担当者”から“チーム”へマインドチェンジ。全員があらゆる事柄を関⼼ごとに。会話の量、場が増えた。
  • 20. 伝播情報の共有、変更コストを低減するアナログツール(タスクボード、朝会など)はパイロットチーム以外にも伝播。
  • 21. タスクボードスクラム導⼊後1か⽉半で、キャスター付きホワイトボード4台と壁貼りホワイトボード4枚が増えました。使い⽅が加速度的に進化。
  • 22. 素早いフィードバック顧客から素早いフィードバックを得るための努⼒とフレームワーク。1スプリントを1週間にしてショーケースと振り返り。 顧客も 参加
  • 23. 品質の作りこみ品質向上のためのプラクティス・ツール導⼊と、⾃働化の促進。バージョン管理の徹底、TDD、ペアプロ、テスト⾃動化、CI、Doneの定義。
  • 24. 勉強会社内勉強会が⾃主的に数多く開催されるようになる。
  • 25. スクラムを導⼊してみて ⾃⼰組織化 顧客との距離を縮める 動くものを早く届ける 絶えずコミュニケーションをとる 素早いフィードバックを得る努⼒ カイゼン(PDCA) 品質の作りこみさらなる向上を⽬指して 全社奮闘中!
  • 26. 最後に混迷期に取り組んできたことも無駄ではありませんでした。ISMS、ITIL、PMBOKなども顧客志向や経営理念を⽀える枠組みとして引き続き上⼿に向き合っていきます。アジャイルな組織を作るため貪欲に組織が勉強をし、ITという新たなライフライン上でSIする企業としてお客様の「制約」とならない努⼒を怠りません。より多くの「幸せ」を創造するために!
  • 27. SCRUM ITIL⾃⼰組織化 継続的サービス改善協働促進 事業継続反復・漸増 環境変化への対応 顧客志向 経営理念ISMS PMBOK PDCA 統合管理事業継続 スコープ管理リスク分析 リスク管理

×