サハラを超えて。

252 views

Published on

2012年6月。サハラ砂漠の後、今度はゴビ砂漠に挑戦する際のプレゼンテーションです。

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
252
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

サハラを超えて。

  1. 1. サハラを超えて。
  2. 2. 2010年8月day(22ヶ月前)ここから始まった出会いとチャレンジの連鎖。トライアスロンチームイオマーレ結成。
  3. 3. 2011年3月1日(15ヶ月前)親父の死シャナのアタカマへの挑戦。
  4. 4. そこからサハラへの道。
  5. 5. 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月3/01 5/8 6/5 7/3 9/4 サハラ砂漠シャナ 富士裾 天草ト 徳之島ミ 佐渡国 へ。アタカ 野マラ ライア ドルトラ 際ロンマ ソン スロン イ グトラ壮行会 6/11 7/5 8/13 伊豆大 砂漠会議 200kmBike 島トラ イアス 7/10 8/14 ロン 館山トラ ハセツネ イアスロ テストラ ン ン 4/17 5/22 6/22 7/18 8/21 9/18 石垣 洞爺湖 ゴビ小 富士登山 北オホー セント トラ マラソ 野壮行 ツク レア常 イア ン 会 100km 滑ミド スロ ル ン 7/22 青梅 106km
  6. 6. 2011年 9月28日(8ヶ月前)*昨年のサハラ壮行会プレゼンより抜粋だから、いろんな弱い自分にあいに、サハラにいく。そこでまた一つ自分が強くいきるための知恵をえてくる。それをまた、日々の人生を、与えられた人生を、強く、楽しく過ごして行くために生かしていく。それが、生かされているものの義務だし、人生だと思う。
  7. 7. • あれから8ヶ月が経った。
  8. 8. • いま6月。• 11月、12月、1月、2月、3 月、4月、5月
  9. 9. • あれから何があった?• 自分になにがあった。• サハラは何を与えてくれたのか。
  10. 10. 10/30
  11. 11. 11/23• 大田原マラソン
  12. 12. 12/30 山手線コスプレ。
  13. 13. 1/9 谷川真理ハーフ。
  14. 14. 1/15宮古島ウルトラ。
  15. 15. 2/26 東京マラソン。
  16. 16. 3/10 小豆島 遠足。
  17. 17. 4/15 霞ヶ浦マラソン• 写真記録なし。• こころがポッキリおれたこえを初めて聞いた大会。
  18. 18. 5/3.4 萩往還160km
  19. 19. 出会いやその他。
  20. 20. 11/27 はじまり。
  21. 21. 1/16 再会。
  22. 22. 1/20 チャレンジ。
  23. 23. 2/29 チャンス。
  24. 24. ¾ なかじま
  25. 25. • サハラは僕になにを与えてくれたのか• どこでも寝れる勇気を与えてくれたのか??
  26. 26. 3/17
  27. 27. • 悪さを許す、寛容な心を与えてくれたのか??• 屈辱に耐える、強い魂を与えてくれたのか??
  28. 28. いや違う。また、砂漠に戻りたい。砂漠に挑戦したい。サハラは、説明できない不思議な感情を僕に与えた。
  29. 29. ゴビ。4/13ぽちり。
  30. 30. 4/13 連鎖
  31. 31. この8ヶ月の変化。レースは長くて、キツそうなやつを好むようになってきた。
  32. 32. 身体の変化。
  33. 33. 白髪が増えてきた。
  34. 34. プライベート&仕事。• ゴルフ事業をアジア&北米に展開する視野が開いた。• シンガポールに会社をつくった。• アジアの基地として、マレーシアに生活拠点を置こうと 決めた。場所もきめた。• ゴルフとは別に国内ではシェアハウス事業をスタートし た。(挑戦する人を応援するひとつの取り組み)
  35. 35. 客観的にみると、この8ヶ月。いま、という環境に対して、自分がどう動くのか。これを突き詰めてこれた気がする。• たぶん極端に世界がちかくなっている&かねてから憧れていた海外での暮ら し、仕事。 –クラウド環境の整備とノマドスタイル –エア料金が劇落ち –シンガポール、インドネシア、マレーシア、そして北米 –ベンチャー起業&飲食店の進出が加速 –まれに見る円高
  36. 36. こういう気持ち/焦燥感みた いなものが(より) 強くなった。• やってできないことはない。• やらなきゃ、舞台にたたなきゃ、なんもできない。• そして人生1年1年がむちゃくちゃ早い。• いつまで動けるか。いつまで生きられるか。• 妻も僕も元気なうちになにができるのか。• やれることで大事な事は全部やりたい。
  37. 37. 砂漠の意味をこの機会に 振り返ってみた。• なにしろ自分のこれからに対する責任意識が高まった気 がする。• 生かされている意味。生きている人間がしっかり生きる 事。“自分の今日は、誰かが生きたかった今日かもしれ ない。”(かりゆし58の歌の歌詞の一節)• そういう意味でものすごいパンチが入った。• もう一発もらいたいパンチだった。
  38. 38. 最後に砂漠レースの魅 力。• 電話もメールも情報もない中で生命のリスクを感じながら自分の限 界に向けて砂漠という場所で過ごすなかで、自分でも気づかない何 かが芽生えているのかもしれない。• 世界中のなかまに自分をアピールする“キャラができる”。しかもパ ンチがきいたキャラクター。• 個人のパーソナリティに、すごいIDがつけられた気がします。 o サハラを超えた友人は自ら自分の未来を切り開きに上海にとんだ。 o サハラを超えた友人は見事伴侶を射止め新たな人生に向かい、事業も更にチャレンジしてる。 名字までかえた。 o サハラを超えた仲間達はどんどんチャレンジを進めてる。そしてそれを後方支援する不思議 な力が砂漠にはあるかも。
  39. 39. いつもありがと。そしてごめんなさい。

×