• Save
Company profile  Shimizu Printing Inc
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

Company profile Shimizu Printing Inc

on

  • 335 views

 

Statistics

Views

Total Views
335
Views on SlideShare
335
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Company profile Shimizu Printing Inc Presentation Transcript

  • 1. 弊社のストロングポイントについて1清水宏和 博士(学術)清水印刷紙工株式会社 代表取締役社長ウィルパワー・コンサルティング株式会社 副代表早稲田大学環境総合研究センター 客員主任研究員ISO130 (印刷技術) WG11 (印刷物の環境影響評価) エキスパート(タイ王国)
  • 2. 本日のトピック1.会社概要2.主要生産設備3.品質保証体制4.UV印刷:UV超高精細印刷5.製函加工:プラスチック・パッケージング6.コンサルティング-1:印刷の環境影響評価7.コンサルティング-2:タイ王国への外注印刷2
  • 3. 1.会社概要1. 商号:  清水印刷紙工株式会社2. 代表者: 代表取締役社長 清水 宏和3. 創業:  1935年9月4. 所在地:(東京本社)東京都文京区音羽2-1-20 (群馬工場)邑楽郡邑楽町大字鞍掛字赤堀4127-1 *群馬工場は2007年4月より稼働開始5. 従業員数:39名(東京本社15名・群馬工場25名)6. 認証:  ISO14001(2000年取得)7. 資本金: 3800万円8. 所属:  日本商工会議所,群馬県印刷工業組合3
  • 4. 2.主要生産設備4プリプレス•CADによるパッケージデザイン・MACによるグラフィックデザイン•印刷機とのカラーマッチング済みのDDCP (EPSON)•超高精細網点システムを搭載したCtPシステム (Fuji/Kodak)•水なし印刷版専用 CtP現像機(東レ)•品質検査装置 (プロスパークリエィティブ)•特色管理ソフト及び調色機 (クラボウ)プレス•UV菊全5C+コーター,UVランプ4灯,最大原反厚1.0mm (manroland)•UV菊全7C+コーター,UVランプ5灯,最大原反厚1.0mm (manroland)•UV菊全10C+コーター+反転機構付き,UVランプ7灯,最大原反厚0.6mm (manroland)ポストプレス•紙専用 菊全自動打抜き機 (飯島機械製作所)•紙・プラ兼用 菊全自動打抜き機 (三和製作所)•ビク抜き 菊全打抜き機2台 (飯島機械製作所)•紙専用 ブックマシン4台 (前野製作所)•プラ専用 グルアー (サンエンジニアリング)
  • 5. 3.品質保証体制5
  • 6. 3.品質保証体制 (cont’d)1.品質管理マニュアル→品質方針,目的/目標/実施計画,文書/運用管理,内部監査など2.品質工程表→特定ジョブにおける各部門・各作業の詳細事項確認3.工程別チェックシート(印刷・加工のチェック)→特定ジョブにおける印刷・加工の詳細事項確認4.工程別チェックシート(出荷前のチェック)→特定ジョブにおける一定数量の抜き取り検査5.一般管理リスト→特定ジョブ以外の品質管理シート,刷り本・製品と保管6
  • 7. 4.UV印刷: UV超高精細印刷7*フラッグシップ:UV10色+コーター+反転機構→紙・特殊原反(PP・PET・ユポなど)を0.60mmまで印刷可能→5色+(反転)+5色+UVクリアー,10色ストレート印刷に対応→UV水なし超高精細,10μ網点の4色+4色重ね刷りに対応→ジャパンカラー認証取得(10μ網点・超高精細印刷で国内初)
  • 8. 4.UV印刷: UV超高精細印刷 (cont’d)8Advanced  screening  tech.  for  high-­‐end  printingStaccato  10-­‐micron  screenKodak  Staccato  is  advanced,  second-­‐order  FM  screening  technology.  Staccato  screening  produces  high-­‐fidelity,  continuous  tone  images  that  exhibit  fine  detail  and  an  extended  color  gamut,  creating  a  photographic  experience  free  of  visible  printing  artifacts,  such  as  subject  moire  and  rosettes.(Reference:  http://graphics.kodak.co.jp/KodakGCG/uploadedFiles/Products/Color_and_Screening/Staccato_Screening/Staccato%20Brochure%20ENG.pdf)The  angle  and  frequency  of  half  tone  dots  in  conventional  AM  screens  can  cause  subject  moire,  screening  moire  and  unstable  rosette  structures.  Additionally,  fewer  and  larger  minimum  dot  sizes  in  highlights  and  shadows  in  AM  screens  can  result  in  loss  of  detail  and  increase  in  graininess.(Reference:  http://graphics.kodak.co.jp/KodakGCG/uploadedFiles/Products/Color_and_Screening/Staccato_Screening/Staccato%20Brochure%20ENG.pdf)Normal  AM  screen
  • 9. 4.UV印刷: UV超高精細印刷 (cont’d)9*UV10色+コーター+反転機構の活用事例→ワンパスでプラ原反に10μ網点BCMYを2回刷り重ね→ワンパスでプラ原反に10μ網点BCMY+特色2色+白2回+ニス→アルミ蒸着紙への両面ワンパス印刷→厚紙への両面ワンパス印刷原反 1 2 3 4 5 A 6 7 8 9 10 LPET Bk C M Y W - W Bk C M Y -PP Primer Bk C M Y - S1 S2 W W OP -アルミ S1 S2 S3 OP - 反転 W Bk C M Y UVクリアーカード紙 Bk C M Y S1 反転 Bk C M Y S1 UVクリアーカード紙 Bk C M Y S1 - S2 S3 S4 S5 S6 UVクリアー
  • 10. 5.製函加工: プラ・パッケージング10*プラスチック原反のパッケージ加工→PP・PETなどのパッケージング→多様な形状のパッケージング(サイド貼り・ワンタッチ貼り等)→特殊な形状のパッケージング(テーパー付きケース)→高透明PP・PETにおいて疵を極力回避するパッケージング
  • 11. 6.コンサルティング-1:印刷の環境影響評価11*印刷サービスの環境影響評価→環境影響評価の先駆者(CO2排出量算定,統合化指標)→CO2排出量算定ソフトウエア(PGG-CLOUD)の開発・運用→カーボンフットプリント(CFP)・カーボンオフセットの利活用→ISO16759(印刷物のCFP)のIS化にエキスパートとして参加
  • 12. 6.コンサルティング-1:印刷の環境影響評価 (cont’d)12<PPクリアファイル2000部作成:原反0.20mm・0.15mmの比較>ItemCtPWater 0
  • 13. 130100200300400500CtPWaterkg-CO2<PPクリアファイル2000部作成:原反0.20mm・0.15mmの比較>6.コンサルティング-1:印刷の環境影響評価 (cont’d)
  • 14. 7.コンサルティング-2:タイ王国への外注印刷14*タイ王国の印刷会社への印刷・加工依頼の仲介→東南アジアに展開する企業の印刷サービスをタイ王国を軸に支援→現地印刷会社へのハイエンドUV印刷技術のノウハウを供与→現地印刷会社へ品質保証・品質管理のノウハウを供与→華人ネットワークをフル活用して現地オペレーションを支援<現地企業におけるジャパンカラー基準への適合>
  • 15. 早稲田大学系属早稲田実業学校中学部・高等部を卒業後,1990年 早稲田大学教育学部教育学科社会教育専修を卒業, 1992年米国 ダラス大学大学院経営学修士(MBA,マーケティング・リサーチ専攻)を修了.2012年 早稲田大学大学院 環境・エネルギー研究科 博士後期課程(永田勝也研究室)を修了.博士(学術).研究テーマは,“Environmental improvement methods for Printing Service byutilizing multilateral LCA approaches”(原文は英文,和文タイトルは『印刷サービスにおけるLCAを活用した環境配慮手法の構築に関する研究』).2009年 第6回 LCA日本フォーラム会長賞,2010年日本印刷学会 論文賞など受賞.専門分野は印刷サービスにおけるUV硬化技術とLCA(ライフサイクルアセスメント).2010年よりタイ王国 チュラルンコン大学理学部イメージング・プリンティング学科と印刷サービスの環境影響評価の共同プロジェクトを始め,現在では同校において修士論文指導を行っている.欧文印刷株式会社(92年~94年)を経て,先代社長である第二代 栄太郎社長の急逝に伴い1994年 清水印刷紙工株式会社の代表取締役社長に就任し,現在に至る.2012年4月より早稲田大学環境総合研究センター 客員主任研究員に嘱任される.総合資源エネルギー調査会総合部会 電力需給検証小委員会, 日本商工会議所 中小企業政策専門委員会,日本商工会議所 エネルギー・原子力政策に関する研究会,東京商工会議所 環境委員会,ISO130(Graphic Technology)WG11(Environmental impact assessment of printedmatters),等各種委員会委員及びエキスパートを務める.1967年生まれ,妻・長男・次男と母の5人家族,文京区在住.清水宏和 経歴15
  • 16. 16ご清聴ありがとうございました本日の発表資料・関連資料↓http://www.slideshare.net/ShimizuHiro/弊社・関連会社のWEBサイト↓http://www.shzpp.co.jphttp://www.will-power.jp/ja/