0
ソーシャル・メディア時代の              新しい消費者理解の方法                QRWEB2.0会議報告                    ≪第10回≫               JMRX勉強会2011年2月度...
アジェンダ              オンライン定性リサーチ              MROCs©MROC JAPAN                 2
?              40              35              30              25              20                                         ...
Social Media in Japan   20   18   16   14   12   10    8    6    4    2    0              20 MM   12 MM   10 MM   2MM user...
ソーシャル・メディア時代     ソーシャル・メディア上に、大量の「定性データ」©MROC JAPAN                    5
新たな価値の提供       WEB(オンライン定量)調査は、安くて早くて、       広い/深い(低出現率)新たな価値をMRに       提供       MROCは、MR(リスク低減+       インサイト消費者理解)に、      ...
DIYリサーチ       定量:       SurveyMonkey       http://jp.surveymonkey.com/       定性:       GutCheck       http://gutcheckit.co...
以前の                勉強会                で。。。                デジタル時代の               定性調査の新動向              第5回ツイッチャ-の会9月勉強会    ...
リサーチの進化   ■デジタル環境の変化                  ■ マーケティングの変化   ●WEB2.0                               ●ソーシャル・メディア・マーケティング   ●CGM(消費者生...
MR1.0→MR2.0              Research 1.0                    Research 2.0              質問(アスキング)                 傾聴(リスニング)    ...
Listening     1.検索エンジンとメディア・モニタリング     Search Engines and Media Monitoring     2.テキスト分析のためのソフトウエア・ソリューション     Text Analysi...
Listening©MROC JAPAN      12
Listening     Steve Rappaport©MROC JAPAN            13
Listening   Foreword.   Part 1.   Chapter 1: Organize for Listening, Define Objectives, Key Measures, and   Conversations....
Listening   Chapter 12: Manage Reputation.   Chapter 13: Compete Strategically.   Chapter 14: Customer Care and Customer S...
新刊     萩原雅之氏©MROC JAPAN   16
定性リサーチ               ●これからは               定性リサーチ       定性リサー   ●今こそ定性リサーチ       チャーの        +               ●オンライン定性技法    ...
海外の定性リサーチのグループ    ■QRCA:Qualitative Research Consultants    Association http://www.qrca.org/ (有料)    ■GOMC:Global Online M...
QRWEBのアジア・パシフィック会議     ■ 1st Asia-Pacific conference on Qualitative     Research in Web 2.0     ■2011年2月22日ー23日、マカオ     (今...
QRWEB2.0アジア・パシフィック会議        Qualitative Research in Web 2.0        By              会議の写真:              http://www.flickr.c...
プログラム第1日目 (1) Keynote Presentation: ①09:15 The rise of online qualitative: reflections on the evolving qualitative researc...
プログラム第1日目 (2)  ⑤14:00 Designing and executing successful qualitative research online: a  crash course in 120 minutes  Jeff...
プログラム第2日目 (1) ⑦09:15 Insight generation through DigiViduals: using search robots for mass ethnography Han Zantingh - Manag...
プログラム第2日目 (2)   ⑪14:00 Understanding the factors that motivate people to engage in   online communities   Facilitated by: ...
Jeff Walkowski - President - QualCore.com  QRWEB2.0アジア・パシフィック会議        Qualitative Research in Web 2.0        By Merlien  ...
Jeff Walkowski      1990年半ば以降、オンライ      ン定性リサーチに取り組む      パイオニアの1人。      2004年出版のQualitative      Research Online共著者      ...
OLFGの歴史        OLFG(Online Focus Groups)        USのテキスト・ベースのチャットから始まる        決められて日時に参加者が集合        90分        モデレータによるリード ...
Eventually  Webcams       Courtesy Channel M2©MROC JAPAN                  28
BBFGの登場    BBFG(Bulletin Board Focus Groups)  Board掲示版の登場  「より深く、忙しい人にも聞ける」利点  BBFGの強化: ①Upload photos, video, documents ②...
Summary of the Evolution          SYNCHRONOUS                                                      More        AOL       F...
Bulletin Boards Dominate Today                  +                                        Bulletin Boards          Usage   ...
A ‚Bouquet‛ of Online Qual Tools    • Text-based methods        – Chats        – Message boards              • Tailored fo...
Many Platforms to Choose From©MROC JAPAN                       33
Partial List of Platforms Available         Country          Vendor               Primary Emphasis        Canada     • Foc...
But it’s not over! The evolution continues ...©MROC JAPAN                                             35
Hot Issues Related to Online Qual    • Communities/MROCs    • Qual-Quant Hybrid Solutions    • So much data!©MROC JAPAN   ...
Implications for Researchers    • Online qual is NOT going away    • To be a true consultant, need to be      aware of all...
Emerging Opportunities                                Social                               Networks                       ...
Implications for Research Buyers    • Online qual is NOT going      away    • Traditional qual is NOT going      away, eit...
Ten-Step Process      1. Is online appropriate?      2. Which online method?      3. Which platform to use?      4. How ma...
The Right Number is Important                        Text-Based Chats              Text-Based Boards   Recommended        ...
Summary of Tips to Moderate Boards  Inspire Attendance       Maximize         Foster Interaction                          ...
Dianne Gardiner - Managing Director    Ob  Latitude Insights (Australia)(1) Exploring socialising the social way: an Austr...
MROC(エムロック)    MROC(エムロック)とは、    マーケティング・リサーチ・オンライン・コミュニティのことです。    Facebookのようなナチュラル・コミュニティではなく、    またMyStarbucksIdeaのような...
リサーチの変革: 背景         ソーシャル・メディア(WEB2.0)の台頭に         よるMRの変革: MR2.0(New MR)へ         AskingからリスニングListeningへ         オンライン・パ...
MROCs MR+WEB2.0(CGM)+Marketing 3.0=MROCs マーケテイング・リサーチ                                 エムロック   *Consumer Generated Media(CG...
第4回 ツイッチャーの会 勉強会   2010年8月                ブレインジューサー社              イノベーション・コミュニティの                    ご紹介                  ...
消費者エンゲージメントのためのプラットフォーム                                 INDEPENDENT       Independent Open-source                 Multi-Cl...
欧米で急成長している    MROC企業         代表的企業: コミュニスペース (US)         フォーチュン500社の企業において、         400以上のブランド・コミュニティを運営         社員数300人、...
イノベーション・コミュニティのまとめ    製品開発におけるコンセプト開発のための定性調査として構築され     たMROC(インサイトの提供を目的としたMRのためのオンライン・コ     ミュニティ)    マルチクライアントMROC  ...
MROCとBBFG©MROC JAPAN   51
Short-term MROC?       A short-term MROC which Im defining here as        at least one month - PluggedIn       ‘We do not ...
Key Elements of MROCs                         Building                       relationship    Sharing   common      Interac...
フォレスター・リサーチ        MROCの名づけ親であるUSフォレスター・リサーチ社の        ブラッド・ボートナーの言葉        (「Web 2.0はマーケティング・リサーチを変革するだろう        か?」2008年4...
Warc Online Research:    Now & Next 2011        WARC(World Advertising Research Center)主催の会        議:2011年3月1日、ロンドンで開催    ...
MROC企業                             GLOBALPARK                                  dub                       InSites Consultin...
Dianne Gardiner - Managing Director    Ob  Latitude Insights (Australia)(1) Exploring socialising the social way: an Austr...
飲酒行動についてのコ              ミュニティ              定性アプローチを使った              理由              広さ、深さ              長期間              イン...
Welcome to ‘The Lounge’©MROC JAPAN                   59
2グループ              コミュニティ参加者:              各100人              18-35歳              独身あるいは              子育て前のカップル           ...
100人                      30才以上              多くは子供がいるライトとヘビー・ドリンカー              Susan©MROC JAPAN                   61
コミュニティ期間:3カ月   10月ー1月©MROC JAPAN       62
共有Sharing                 育成                 Nurturing                 信ぴょう性を示す                                           ...
会話を促進する  Stimulating conversations©MROC JAPAN                   64
コミュニティ運    それぞれのコミュニティはユニー   営のヒント      クである              フレクシブルであるべき              ディスカッション/会話ガイドは、              それぞれのコミュニ...
Ob    1990年半ば以降、オンライン定性リサーチに   取り組むパイオニアの1人。©MROC JAPAN              66
Ob Shigeru Kishikawa - Chief Executive Officer MROC Japan  ‘Tactical Co-Creation Community Research Method:  The Case of M...
ソーシャルメディア・   リサーチ・サービス   by MROC Japan                          TCC                MROCs  ソーシャルメディア・     リサーチ             ...
共創コミュニティ・リサーチ・   サービス  ①戦略的共創コミュニティ    (SCC: Strategic Co-Creation Community)    -長期的コミュニティ    ー共通の関心で結ばれた参加意識の高いコミュニティ・メン...
共創リサーチ・コミュニティ                           企業                                     リスニング                アドバイス                イ...
Tactical Co-Creation               Community Research                      Method:              The Case of MROCs in Japan...
(株)クロス・マーケティング・チーム©MROC JAPAN                   72
Objective of TCC Case Study  To build the hypotheses on rejuvenation of ‘Fruitche’ brand of House Foods Corporation, espec...
TCC Research Design (1)        Participants: 26 mothers aged 30s and 40s                      Current and lapsed users of ...
Fruitche (2)                  http://housefoods.jp/products/special/dessert/index.html©MROC JAPAN                         ...
TCC Research Design (2)   Focus groups to compare them   with 6 same participants                                         ...
Comparison (1):  TCC vs. Focus Groups        Focus              Massive insightful                 TCC        Groups      ...
#1 Premium                                                       Fruitche                                                 ...
Comparison (2): Innovators vs. Influencers vs. Followers                                                      10 potential...
Comparison (3):  Discussion Guide vs. Free Discussion                                                   Asking the partici...
Results of Survey on TCC (1)     Participants were satisfied with TCC and will     attend one next time       Overall sati...
Results of Survey on TCC (2)                                  4 out of 6 participants who    All participants preferred to...
Conclusion & Discussion    TCC, short-term MROCs would work, i.e., provide more effective insights than BBFG:   IF: 1) we ...
最近のUSからの依頼事例    ロイヤルな顧客をもつグローバルブランド企業    6か月か12カ月(コストにより決定)    グローバル・プロジェクト(日本を含む複数の国で実施)    フルサービス・ベンダー=企画、モデレート、分析、報告書  ...
まとめ      MROC≠BBFG      共通な関心を持った生活者のコネクト、情報共有、インターラク      ションから生じた自然な会話(対話)のリスニング(傾聴)から      インサイト創出      「使い方は無限とも言える可能性...
THANK YOU              FOR LISTENING!©MROC JAPAN                    86
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

2011年2月度Jmrx勉強会資料

2,872

Published on

Published in: Business
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,872
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
65
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "2011年2月度Jmrx勉強会資料"

  1. 1. ソーシャル・メディア時代の 新しい消費者理解の方法 QRWEB2.0会議報告 ≪第10回≫ JMRX勉強会2011年2月度 岸川 茂 MROCジャパン 2011年3月4日(金) 海外MR会議レポート第1弾©MROC JAPAN 1
  2. 2. アジェンダ オンライン定性リサーチ MROCs©MROC JAPAN 2
  3. 3. ? 40 35 30 25 20 2002 2003 15 2004 2005 10 2006 アドホック調査に占める 5 2007 オンライン定量調査と、 2008 0 オンライン定性調査の比率 2009 の比較(ソース:JMRA) 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002374億 vs. 15億/1041億円(2009) 35.9 35.1 32.1 29.1 27.5 20.4 14.1 13 1.4 0.9 0.9 0.8 0.9 1.1 0.7 0©MROC JAPAN 3
  4. 4. Social Media in Japan 20 18 16 14 12 10 8 6 4 2 0 20 MM 12 MM 10 MM 2MM users©MROC JAPAN 4
  5. 5. ソーシャル・メディア時代 ソーシャル・メディア上に、大量の「定性データ」©MROC JAPAN 5
  6. 6. 新たな価値の提供 WEB(オンライン定量)調査は、安くて早くて、 広い/深い(低出現率)新たな価値をMRに 提供 MROCは、MR(リスク低減+ インサイト消費者理解)に、 どのような新たな価値を付加でき るか?©MROC JAPAN 6
  7. 7. DIYリサーチ 定量: SurveyMonkey http://jp.surveymonkey.com/ 定性: GutCheck http://gutcheckit.com/©MROC JAPAN 7
  8. 8. 以前の 勉強会 で。。。 デジタル時代の 定性調査の新動向 第5回ツイッチャ-の会9月勉強会 2010年9月29日 喜山荘一氏「ソーシャルネット時代の定 性リサーチャー」講演のあと©MROC JAPAN 8
  9. 9. リサーチの進化 ■デジタル環境の変化 ■ マーケティングの変化 ●WEB2.0 ●ソーシャル・メディア・マーケティング ●CGM(消費者生成メディア)、UGC(ユーザ生成 コンテンツ) ●カンバセーショナル・マーケティング ●ソシャル・メディア(フェースブック、ツイッター ●エンゲージメント・マーケティング etc) ●ソーシャルグラフ・マーケティング ●ソーシャル・ネットワーキング ●マーケティング3.0 ●ソーシャルグラフ ■ リサーチに対するニーズ変化 ■ 定性リサーチの変化 ●データからインサイト(マーケティングのド ●MR1.0→MR2.0 / NewMR ライバー)の発見 ●ソーシャル・メディア・リサーチ ●リサーチROI ●OLFG→BBFG 同時性から非同時性 ●不況による調査予算の削減・見直し ●MROCs ●定量リサーチの有効性への疑問(ランダ ●リスニング ムサンプリング・代表性やオンラインパネル ●ソーシャル・メディア/バス・マイニング 調査の信頼性) ●ネットノグラフィ / パラレルIDIs©MROC JAPAN 9
  10. 10. MR1.0→MR2.0 Research 1.0 Research 2.0 質問(アスキング) 傾聴(リスニング) 一時的 継続的 定量対定性 定量と定性(ハイブリッド) 1方向 会話的 代表性 ターゲット 記述的 インサイト サイエンス アート&サイエンンス ソース:Daniel Alexander-Head, RESEARCH 2.0©MROC JAPAN 10
  11. 11. Listening 1.検索エンジンとメディア・モニタリング Search Engines and Media Monitoring 2.テキスト分析のためのソフトウエア・ソリューション Text Analysis Software Solutions 3.フルサービス・リスニング・ベンダー Full-Service Listening Vendors 4.オフラインとオンラインの口コミ Offline and Online Word-of-Mouth 5.バズ会社と口コミ・プログラム Buzz Agencies and Instigated Word of Mouth Programs 6.個別のブランド・コミュニティ Private Branded Communities ソース: Steve RappaportのThe ARF Listening Playbook©MROC JAPAN 11
  12. 12. Listening©MROC JAPAN 12
  13. 13. Listening Steve Rappaport©MROC JAPAN 13
  14. 14. Listening Foreword. Part 1. Chapter 1: Organize for Listening, Define Objectives, Key Measures, and Conversations. Chapter 2: Listening Solutions. Chapter 3: Field, Analyze, Report and Evaluate Part 2: Listening-led Marketing: Applying Social Media Listening Insights to Achieve Key Objectives. Chapter 4: Understand the Consumers Mindset. Chapter 5: Discover New Customers. Chapter 6: Drive New Product Development and Innovation. Chapter 7: Create Messages That Resonate. Chapter 8: Improve Products and Services. Chapter 9: Increase Sales. Chapter 10: Look Forward to Drive Business Forward. Chapter 11: Rebrand and Reposition Products and Services.©MROC JAPAN 14
  15. 15. Listening Chapter 12: Manage Reputation. Chapter 13: Compete Strategically. Chapter 14: Customer Care and Customer Satisfaction. Part 3: listening-led marketing and media innovations. Chapter 15: Social TV Measurement. Chapter 16: Listening-based Targeting. Chapter 17: Achieve Share of Market Goals. Chapter 18: Listening-based Sales Prediction. Part 4: Introduction. Chapter 19: Listen to New Signals. Chapter 20: Focus on Culture. Chapter 21: Drive Business With Social Data. Chapter 22: Rethink Media and Marketing. Chapter 23: Become a Listening Organization. Vendor Profiles. References. Glossary. Index.©MROC JAPAN 15
  16. 16. 新刊 萩原雅之氏©MROC JAPAN 16
  17. 17. 定性リサーチ ●これからは 定性リサーチ 定性リサー ●今こそ定性リサーチ チャーの + ●オンライン定性技法 の修得©MROC JAPAN 17
  18. 18. 海外の定性リサーチのグループ ■QRCA:Qualitative Research Consultants Association http://www.qrca.org/ (有料) ■GOMC:Global Online Moderator Community http://www.moderatorcommunity.com/ ■QRWEB(Qualitative Research in Web 2.0) Association for Qualitative Research (UK) http://www.aqr.org.uk/index.shtml©MROC JAPAN 18
  19. 19. QRWEBのアジア・パシフィック会議 ■ 1st Asia-Pacific conference on Qualitative Research in Web 2.0 ■2011年2月22日ー23日、マカオ (今年2010年3月25日ー26日、ベルリン) ■オンライン定性 リサーチの 最新動向の発表©MROC JAPAN 19
  20. 20. QRWEB2.0アジア・パシフィック会議 Qualitative Research in Web 2.0 By 会議の写真: http://www.flickr.com/photos/38419325@N02/sets/72157626154882360 HP: http://www.merlien.org/upcoming-events/qrweba2011.html プレゼン資料: http://www.slideshare.net/event/qrweba2011/slideshows©MROC JAPAN 20
  21. 21. プログラム第1日目 (1) Keynote Presentation: ①09:15 The rise of online qualitative: reflections on the evolving qualitative research marketplace Jeff Walkowski - President - Qualcore.com (US) ②10:00 Developing innovative qualitative research techniques for effective digital marketing strategy Stanislav Bondjakov & Preslav Bondjakov Directors - ConsumerVisions (Australia) ③11:15 There’s an app for that! A review of smartphone apps for marketing research Mark Michelson - Principal - Threads Consumer Anthropology & Co-Founder, Mystery Shopping Providers Association (US) ④12:00 Conducting mobile qualitative research successfully using ‘dumb phones’ in developing Markets Navin Williams - Founder & Chief Executive Officer MobileMeasure (China) James Fergusson - Global Director for Rapid Growth & Emerging Markets - TNS Global (Singapore)©MROC JAPAN 21
  22. 22. プログラム第1日目 (2) ⑤14:00 Designing and executing successful qualitative research online: a crash course in 120 minutes Jeff Walkowski - President - QualCore.com (US) ⑥16:30 A smart opportunity or not? Using smartphones in online research communities Dianne Gardiner - Managing Director Latitude Insights (Australia) 詳細なプログラムは、 http://isw.umac.mo/nrs/binary?id=7UnJIvwy3dw_2BH_2BRYtY5JVya8iYD gsLnXgSa9FtBGSK1J9iZQpeLzOxZdCsN6dGnO©MROC JAPAN 22
  23. 23. プログラム第2日目 (1) ⑦09:15 Insight generation through DigiViduals: using search robots for mass ethnography Han Zantingh - Managing Director Brainjuicer China Jason Chin - Marketing Director Kraft Malaysia ⑧10:00 Exploring socialising the social way: an Australian case study of online research Communities Dianne Gardiner - Managing Director Latitude Insights (Australia) ⑨11:15 The effectiveness of tactical co-creation community method: The case of MROCs in Japan Shigeru Kishikawa - Chief Executive Officer MROC Japan ⑩12:00 Reviewing qualitative research trends in Web 2.0 learning: what are the challenges and opportunities? Heisawn Jeong - Associate Professor Hallym University (South Korea)©MROC JAPAN 23
  24. 24. プログラム第2日目 (2) ⑪14:00 Understanding the factors that motivate people to engage in online communities Facilitated by: Mark Michelson - Principal - Threads Consumer Anthropology (US) ⑫16:00 Academic transcription: considerations and recommendations on outsourcing to internet-based transcription services Garry Tan - Lecturer & Doctoral Candidate University of Western Australia (Singapore) 16:45 Closing remarks of day 2 from chair©MROC JAPAN 24
  25. 25. Jeff Walkowski - President - QualCore.com QRWEB2.0アジア・パシフィック会議 Qualitative Research in Web 2.0 By Merlien (1)The Rise of Online Qualitative: Reflections on the Evolving Qualitative Research Industry (2)Ten Steps to Successfully Design and Execute Online Qualitative http://www.merlien.org/upcoming-events/qrweba2011.html Research: A Two-Hour “Crash Course”©MROC JAPAN 25
  26. 26. Jeff Walkowski 1990年半ば以降、オンライ ン定性リサーチに取り組む パイオニアの1人。 2004年出版のQualitative Research Online共著者 定性リサーチャーのオンライン 教育 www.OnlineModerator.com©MROC JAPAN 26
  27. 27. OLFGの歴史 OLFG(Online Focus Groups) USのテキスト・ベースのチャットから始まる 決められて日時に参加者が集合 90分 モデレータによるリード 6-7人参加 謝礼付き その後、Waiting roomsや、Observation rooms、Uploadable guides、Moderator-controlled stimuli、Whiteboards、 Independent polling、Mark-up tools, Virtual sorting tools, Online collagesなどの機能が追加される©MROC JAPAN 27
  28. 28. Eventually  Webcams Courtesy Channel M2©MROC JAPAN 28
  29. 29. BBFGの登場 BBFG(Bulletin Board Focus Groups) Board掲示版の登場 「より深く、忙しい人にも聞ける」利点 BBFGの強化: ①Upload photos, video, documents ②Gather independent responses ③Flag posts, insert notes to help analysis ④Integrate quant tools ⑤Split into sub-groups©MROC JAPAN 29
  30. 30. Summary of the Evolution SYNCHRONOUS More AOL First MR Webcams Multi- Chats Chat Media Rooms 1995 2000 2005 2010 ListServs First MR Video Mobile Boards Boards ASYNCHRONOUS©MROC JAPAN 30
  31. 31. Bulletin Boards Dominate Today + Bulletin Boards Usage Real-Time Chats 0 Past Present Future©MROC JAPAN 31
  32. 32. A ‚Bouquet‛ of Online Qual Tools • Text-based methods – Chats – Message boards • Tailored for IDIs • Tailored for interactive discussion • Integrated with smart phones – Online survey “intercepts” • Webcam-based methods – Chats – Message boards©MROC JAPAN 32
  33. 33. Many Platforms to Choose From©MROC JAPAN 33
  34. 34. Partial List of Platforms Available Country Vendor Primary Emphasis Canada • Focus Forums Boards • Itracks Boards + Text-Based Chats • Lidlow Technologies Boards UK • Mindspace Audio Web Conferencing • The Thinking Shed Boards (for IDIs) • VisionsLive Boards + Text-Based Chats US • Artafact Webcam Chats • Channel M2 Webcam Chats • Gongos Research Boards + Text-Based Chats • iModerate Quant-Qual Hybrid • Inside Heads Text-Based Chats • QualBoard (20/20) Boards + Webcam Chats • QualVu Webcam Boards • Revelation Boards (for IDIs) • Stratalys Quant-Qual Hybrid©MROC JAPAN 34
  35. 35. But it’s not over! The evolution continues ...©MROC JAPAN 35
  36. 36. Hot Issues Related to Online Qual • Communities/MROCs • Qual-Quant Hybrid Solutions • So much data!©MROC JAPAN 36
  37. 37. Implications for Researchers • Online qual is NOT going away • To be a true consultant, need to be aware of all options to properly advise clients • Online moderating could be a career path • As profession continues to mature, specialization is not inappropriate©MROC JAPAN 37
  38. 38. Emerging Opportunities Social Networks MROCs Text-Based Multi-Media Blogs Mobile©MROC JAPAN 38
  39. 39. Implications for Research Buyers • Online qual is NOT going away • Traditional qual is NOT going away, either • No need to travel allows budgets to be stretched • There is an online option in most projects • Triangulate with online©MROC JAPAN 39
  40. 40. Ten-Step Process 1. Is online appropriate? 2. Which online method? 3. Which platform to use? 4. How many to recruit? 5. How to adapt screeners and recruit? 6. How much for incentives? 7. How to adapt guides? 8. How to best moderate online. 9. How to keep observers engaged. 10.Data analysis – any different online?©MROC JAPAN 40
  41. 41. The Right Number is Important Text-Based Chats Text-Based Boards Recommended 6-7 Participants 12-16 Participants Too Few • Wait times between posts • Long stretches of time with feel interminably slow no activity Too Many • Moderator misses probing • Extra ‚work‛ for the opportunities moderator • Respondents can’t keep • Reduced interaction; up, missing opportunities to respondents who show up late interact with each other are overwhelmed, so they ignore others’ posts©MROC JAPAN 41
  42. 42. Summary of Tips to Moderate Boards Inspire Attendance Maximize Foster Interaction Productivity  Phone Contact  Complete Answers  Train Respondents  Email Daily  Post Frequently  Encourage Humor  Proper Incentive  Use a Variety of  Control Number of Question Types Questions©MROC JAPAN 42
  43. 43. Dianne Gardiner - Managing Director Ob Latitude Insights (Australia)(1) Exploring socialising the social way: an Australian case study of online researchCommunities (2) A smart opportunity or not? Using smartphones in online research communities©MROC JAPAN 43
  44. 44. MROC(エムロック) MROC(エムロック)とは、 マーケティング・リサーチ・オンライン・コミュニティのことです。 Facebookのようなナチュラル・コミュニティではなく、 またMyStarbucksIdeaのようなオープンなブランド・コミュニティでも ない、 マーケティング・リサーチを目的として作られた リサーチ専用のコミュニティです。 オンライン上の生活者コミュニティを活用してリサーチを行います。 定性調査や、定量調査、定性と定量の混合ハイブリッド・リサーチが可能。 課題の発見と解決が目的で、単発課題に対応する短期的なコミュニティか ら、マルチの課題に対応する長期的なコミュニティがあります。©MROC JAPAN 44
  45. 45. リサーチの変革: 背景 ソーシャル・メディア(WEB2.0)の台頭に よるMRの変革: MR2.0(New MR)へ AskingからリスニングListeningへ オンライン・パネルからオンライン・ コミュニティへ マーケティング3.0による生活者参加・ 協働マーケティング、共創Co-Creation©MROC JAPAN 45
  46. 46. MROCs MR+WEB2.0(CGM)+Marketing 3.0=MROCs マーケテイング・リサーチ エムロック *Consumer Generated Media(CGM:消費者生成メディア)。そこで生成されるコンテ ンツは、User Generated Content(UGC:ユーザー生成コンテント)。©MROC JAPAN 46
  47. 47. 第4回 ツイッチャーの会 勉強会 2010年8月 ブレインジューサー社 イノベーション・コミュニティの ご紹介 以前の 勉強会 2010年8月25日 で。。。 ECナビ AJITO©MROC JAPAN 47
  48. 48. 消費者エンゲージメントのためのプラットフォーム INDEPENDENT Independent Open-source Multi-Client MROC CLOSEDOPEN Branded Open-source Brand MROC BRANDED©MROC JAPAN 48
  49. 49. 欧米で急成長している MROC企業 代表的企業: コミュニスペース (US) フォーチュン500社の企業において、 400以上のブランド・コミュニティを運営 社員数300人、売上高 50億円弱 #1メディア・サービスのコングロマリット 企業であるオムニコム・グループ による買収©MROC JAPAN 49
  50. 50. イノベーション・コミュニティのまとめ  製品開発におけるコンセプト開発のための定性調査として構築され たMROC(インサイトの提供を目的としたMRのためのオンライン・コ ミュニティ)  マルチクライアントMROC  ブランドに限定していない  限定された参加者  早くて安くて、これまでの定性調査(グルイン)が提供できなかっ たインサイトを提供する点ではブランドMROCーCommunispaceが代 表ーと同じ  長期にわたるコミュニティ関与による参加者の疲弊/惰性/バイア スを軽減  ブランドMROCはブランドにコミュニケーションが集中=偏る  コストとリソースの面で、ブランドMROCよりも低価格、負担軽減  さまざまな興味のある製品の開発に関与できる「おもしろさ」が、 参加協力のモチベーションづけ  インセンティブと結果のフィードバックによるモチベーションづけ  企業と消費者の出会いを作るマッチングの場の提供©MROC JAPAN 50
  51. 51. MROCとBBFG©MROC JAPAN 51
  52. 52. Short-term MROC? A short-term MROC which Im defining here as at least one month - PluggedIn ‘We do not call it a community unless the members can build relationships with each other!’ - Diane Hessan, CEO of Communispace On the other hand, ‘Communities do not have to be permanent; temporary communities work well for gathering insights for specific projects and initiatives.’ - Tom de Ruyck of Insites Consulting©MROC JAPAN 52
  53. 53. Key Elements of MROCs Building relationship Sharing common Interaction Creating natural LISTE interests conversation NING Strengthening engagement©MROC JAPAN 53
  54. 54. フォレスター・リサーチ MROCの名づけ親であるUSフォレスター・リサーチ社の ブラッド・ボートナーの言葉 (「Web 2.0はマーケティング・リサーチを変革するだろう か?」2008年4月) 「マーケティング・リサーチ・オンライン・コミュニティ (MROC)は、従来の定性リサーチの世界に衝撃 を与えた。なぜならMROCは、安くて、早くて、か つグルインなどの伝統的な定性リサーチの手法が 現在提供できていない新しいタイプのインサイトを 創出することができるからである」©MROC JAPAN 54
  55. 55. Warc Online Research: Now & Next 2011 WARC(World Advertising Research Center)主催の会 議:2011年3月1日、ロンドンで開催 MROCs have risen to the top of the social media food chain. Communities are arguably the most established of the social media methodologies and when executed by experienced agencies can be effective sources of consumer opinion and feedback. -Reg Baker ‘Survey Geek’©MROC JAPAN 55
  56. 56. MROC企業 GLOBALPARK dub InSites Consulting PluggedIn Revelation©MROC JAPAN 56
  57. 57. Dianne Gardiner - Managing Director Ob Latitude Insights (Australia)(1) Exploring socialising the social way: an Australian case study of online researchCommunities (2) A smart opportunity or not? Using smartphones in online research communities©MROC JAPAN 57
  58. 58. 飲酒行動についてのコ ミュニティ 定性アプローチを使った 理由 広さ、深さ 長期間 インターラクティブ 匿名性©MROC JAPAN 58
  59. 59. Welcome to ‘The Lounge’©MROC JAPAN 59
  60. 60. 2グループ コミュニティ参加者: 各100人 18-35歳 独身あるいは 子育て前のカップル 学生と社会人のミックス ライトとヘビー・ドリンカー Marcail©MROC JAPAN 60
  61. 61. 100人 30才以上 多くは子供がいるライトとヘビー・ドリンカー Susan©MROC JAPAN 61
  62. 62. コミュニティ期間:3カ月 10月ー1月©MROC JAPAN 62
  63. 63. 共有Sharing 育成 Nurturing 信ぴょう性を示す Demonstrating authenticity 自己開示の姿勢 Self-disclosure 偏った[個人的・一方 的・断定的判断を避 ける Non-judgmental 信頼の構築©MROC JAPAN Building trust 63
  64. 64. 会話を促進する Stimulating conversations©MROC JAPAN 64
  65. 65. コミュニティ運 それぞれのコミュニティはユニー 営のヒント クである フレクシブルであるべき ディスカッション/会話ガイドは、 それぞれのコミュニティで時間と ともに進化させるべき モデレーターは、協働かつ独立的 に活動すべき©MROC JAPAN 65
  66. 66. Ob 1990年半ば以降、オンライン定性リサーチに 取り組むパイオニアの1人。©MROC JAPAN 66
  67. 67. Ob Shigeru Kishikawa - Chief Executive Officer MROC Japan ‘Tactical Co-Creation Community Research Method: The Case of MROCs in Japan‘©MROC JAPAN 67
  68. 68. ソーシャルメディア・ リサーチ・サービス by MROC Japan TCC MROCs ソーシャルメディア・ リサーチ SCC ソーシャル・ メディア・マイニ ング©MROC JAPAN 68
  69. 69. 共創コミュニティ・リサーチ・ サービス ①戦略的共創コミュニティ (SCC: Strategic Co-Creation Community) -長期的コミュニティ ー共通の関心で結ばれた参加意識の高いコミュニティ・メンバーの発見と 相互交流での絆の強化による継続的リサーチ・コミュニティの運営と体系 的なビジネス課題の発見と解決 ②戦術的共創コミュニティ (TCC: Tactical Co-Creation Community) -短期的コミュニティ ー参加条件・人数・期間限定 ー課題共有・目的設定 ーイノベータとインフルエンサー、フォロアーによる構成(製品開発)©MROC JAPAN 69
  70. 70. 共創リサーチ・コミュニティ 企業 リスニング アドバイス インサイト創出 評価 ニーズの発見 共創コミュニティ 生活者 生活者 コミュニティメンバー コミュニティメンバー 会話/情報や 意見の共有 n=2から数百、数千人©MROC JAPAN 70
  71. 71. Tactical Co-Creation Community Research Method: The Case of MROCs in Japan Prepared for QRWEB2.0 Prepared by Shiggy Kishikawa, MROC Japan Ryota Sano, Talk Eye Haruo Yamasaki, Cross Marketing Davy Chen, MROC Japan Feb.23, 2011©MROC JAPAN 71
  72. 72. (株)クロス・マーケティング・チーム©MROC JAPAN 72
  73. 73. Objective of TCC Case Study To build the hypotheses on rejuvenation of ‘Fruitche’ brand of House Foods Corporation, especially generation of new product ideas©MROC JAPAN 73
  74. 74. TCC Research Design (1) Participants: 26 mothers aged 30s and 40s Current and lapsed users of Fruitche Group 1: 8 Innovators Group 2: 8 Influencers Group 3: 10 followers Length of TCC: 2 weeks©MROC JAPAN 74
  75. 75. Fruitche (2) http://housefoods.jp/products/special/dessert/index.html©MROC JAPAN 75
  76. 76. TCC Research Design (2) Focus groups to compare them with 6 same participants Interaction before the TCC 4 topics (2 days for each topic) Discussion Guide:  Background information on Children’s foods and snacks /desserts + Free discussion  Discussion on usage and attitude of Fruitche  Idea generation of Fruitche new products at the end of week  Idea evaluation Natural conversation TCC evaluation survey after the TCC©MROC JAPAN 76
  77. 77. Comparison (1): TCC vs. Focus Groups Focus Massive insightful TCC Groups remarks on each topic at verbatim record of TCC against FG because of accelerating interaction Effective evaluation of each ideas at TCC©MROC JAPAN 77
  78. 78. #1 Premium Fruitche including #9 many real Coffee #8 Fruitche fruits flavored which makes Fruitche up the lack of #2 vegetables Fruitche for adults #7 Fruitche in small quantity #3 Fruitche #6 Fruitche with with less good nutrition sweet balance which #5 makes up for #4 Fruitche Fruitche the loss of with for nutrients collagen breakfast©MROC JAPAN 78
  79. 79. Comparison (2): Innovators vs. Influencers vs. Followers 10 potential ideas among To generate the ideas Innovators 19 new ideas from Innovators To judge if it is worth buzzing, word of mouth Influencers To check the acceptance of new ideas Followers©MROC JAPAN 79
  80. 80. Comparison (3): Discussion Guide vs. Free Discussion Asking the participants LISTENING to freely discuss any topics/issues/questions related to snack for child or Fruitche at the end of the week session. Trying to create a more natural conversation ASKING among members to find the unexpected  Finding the Fruitche for adults topics/issues/opinions.©MROC JAPAN 80
  81. 81. Results of Survey on TCC (1) Participants were satisfied with TCC and will attend one next time Overall satisfaction • 15 very much satisfied, 11 satisfied, 0 dissatisfied Good points Intention of participation in future of • 19 will definitely participate, 7 will participate participation Interested to hear others’ opinions, which are helpful Convenient to participate in accessible time at home Can express my own view as much as possible without regard for others Can take time to think or organize my thoughts©MROC JAPAN 81
  82. 82. Results of Survey on TCC (2) 4 out of 6 participants who All participants preferred to attended both focus groups use ‘handle name’ rather and TCC told that they had than actual name, which something which forgot, or made them tell real opinions. did not come to mind at off- line group session. TCC Most felt appropriate both the length and All participants wanted amount of incentive. to hear the results.©MROC JAPAN 82
  83. 83. Conclusion & Discussion TCC, short-term MROCs would work, i.e., provide more effective insights than BBFG: IF: 1) we gather the participants who share the common interests, 2) we promote interaction among participants to build relationships and to create natural conversation TCC could be the good introduction to build the long-term MROCs for the Japanese clients Discussion: How to expand online qualitative research & MROCs in Japan and how to improve TCC©MROC JAPAN 83
  84. 84. 最近のUSからの依頼事例 ロイヤルな顧客をもつグローバルブランド企業 6か月か12カ月(コストにより決定) グローバル・プロジェクト(日本を含む複数の国で実施) フルサービス・ベンダー=企画、モデレート、分析、報告書 1週間に2トピックスを提示(1カ月に8トピックス) モデレーション:1ディスカッションについて2-3時間。月25-30時間。 50-75人メンバー。クライアントから提供 強いブランドなので、参加者は積極的でテーマに関心があり、アク ティブで関与度を高く維持する点で問題は起こらないと推測される。 月ベースでレポートを提出(サマリーレポート8-12頁スライド)©MROC JAPAN 84
  85. 85. まとめ MROC≠BBFG 共通な関心を持った生活者のコネクト、情報共有、インターラク ションから生じた自然な会話(対話)のリスニング(傾聴)から インサイト創出 「使い方は無限とも言える可能性」 (萩原氏、77頁) it‘s still the ‚wild west.‛ (Reg Baker) MROCに決められた方法は存在しない。 それぞれの企業が、独自のMROCスタイルを創造すべき。 リサーチのハブ/次世代MRプラットフォーム(オールインワン調査) 今後、『コミュニティ・リサーチ』は、定量調査による意思決定の 精度を向上させるための有効な仮説・インサイト創出の「インサイト 調査」の主要な方法に(MROC+オンライン定量調査)©MROC JAPAN 85
  86. 86. THANK YOU FOR LISTENING!©MROC JAPAN 86
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×