• Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
708
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
4
Comments
0
Likes
6

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. G空間情報のオープン化・流通を支える CKANプラットフォーム ーアーバンデータチャレンジを事例にー 瀬戸寿一(東京大学空間情報科学研究センター) 2014/06/19 CKAN日本コミュニティミーティング
  • 2. 2011年9月〜 社会基盤情報の流通を目指した活動(AIGID) 2013年4月〜 実践的試み「アーバンデータチャレンジ東京2013」 賞金総額約200万円 2 Source: http://aigid.jp/GIS/udct/2013/index.html
  • 3. 3お申込み:
  • 4. ところで…CKANでG空間情報? 4
  • 5. <参考>2012年に登場した米国版 G空間プラットフォーム ➞CKAN連携
  • 6. Geoplatformの概要 • Geo.data.gov (Data.govに統合)からジオコンテン ツを派生?(中身はほぼCKANのgeospatialタグ のもの) • Federal Geographic Data Committee (FGDC)がホ スト.USGSのリエゾン • 約80000データセット(政府系50%,大学10%, 州 政府4%) • HTMLが全体の50% • アーキテクチャは,CKAN・ArcGISOnline・ Geoportal (esriのオープンソース)
  • 7. Cだけでない!? CKAN(Data.gov)-DKAN(Data.gov.uk) 7Sources: http://dataforjapan.org/ http://www.offenedaten-koeln.de/
  • 8. UDCT2013におけるCKAN導入の契機 ポータルサイトの検討段階では… GeonodeやGeonetwork、Worldmapなど機能拡張可 能なオープンソースのデータカタログを比較検討 アーバンデータチャレンジ東京2013で提供される データはPDFやCSVなど地理空間情報以外の フォーマットが多いと予想。将来的な可能性として RDFなどLOD的な拡張性も念頭に CKANは、緯経度付きCSV・GeoJSONなどは標準的 に地図表示可能。WMSもプレビュー表示可能。 Data.govではSHPなども登録済み Hervesting機能も充実している 8
  • 9. 9 チャレンジのためのデータ提供 • 21自治体(順不同:433データセット) 赤: CC-BY • 茨城県・静岡県・山梨県 • 伊奈町・蓮田市(以上、埼玉県)・横浜市・海老名市・小 田原市・相模原市(以上、神奈川県)・八王子市・豊島 区・大島町・国立市(以上、東京都)・甲府市(山梨県)・ 古河市・水戸市(茨城県)・千葉市・船橋市・流山市・八 街市(以上、千葉県)・福井県鯖江市 • NTT空間情報「GEOSPACE」(道路地図SHP・航空写 真GEOTIFF) • 国土数値情報(広域に渡って特に有用なデータセットを KMLやSHPで) • CSIS「人の流れデータセット」(H20東京大都市圏) → オープンデータのライセンスを適用できないデータセットは, UDCT2013への参加のみで使える独自ライセンス・利用規約を適用
  • 10. データセットの提供フォーマット 10 HTML 130 SHP 7 PDF 122 SHP,KML 5 CSV 37 XML 5 CSV,XLS 32 RDF,CSV,XLS 3 XLS 25 CSV,SHP 2 HTML,PDF 14 XDW 2 HTML,XLS 14 HTML,PDF,XLS 1 PDF,XLS 14 JPG 1 XML,RDF 14 TMS 1 RSS 1 総計 434 全体の約6割は、HTMLやPDF。全体の3割はCSVやXLS
  • 11. CKAN (ckanext-geospatial) の地図表示機能で大体は対応 11Sources: http://udct-data.aigid.jp/
  • 12. <参考>GeoJSON形式のプレビュー機能 (点・線・面のベクターデータ) 12Sources: http://bit.ly/1sqevha
  • 13. UDCT2013データ提供プラットフォーム:UDCT-CKAN • CKAN 2.1をベースに一部カスタマイズ • 地図サービス:Leaflet + Geoserver(追加機能) • データベース: PostgreSQL + PostGIS • 地理空間関連: ckanext-spatial・ckanext-harvest – カタログサービス: pycsw 13 追加機能として試験実装
  • 14. CKAN(pycsw・Leafletなど) UDCT2013用CKANの全体構成 メタデータ 実データ DB(PostgreSQL) ユーザ・組織管理 実データ・メタデータ登録 単一データセット のプレビュー実データ・メタデータ 検索 データに関連した アプリ・リンクの登録 API・インポート ハーベスティング 試験的な拡張機能 重ねあわせ地図機能 Geoserverで配信し、 Leafletで描画する。 Geoserver (TMS・Mapproxyなど) データ変換 機能(定期的) ベースマップ OSM・GoogleMapsなど 管理者 利用者 14
  • 15. 15 CKANと並列してGeoserverを設置:重層表示
  • 16. 16 タイル地図画像(TMS)を生成(約20都市分500GB程度)
  • 17. <参考>タイル地図画像のキャッシュ 17http://mapproxy.org/
  • 18. CKANのカタログサービス・ハーヴェスティング • Catalogue Services for the Web – オープンソースのPythonカタログサービスである pycswを利用 – ブラウザベースでメタデータを管理可能 – ファイル単位でメタデータがある場合にはデータセット に別添(検索には引っかからない?) • CKAN-Spatial Harvester – csw_harvester - CSW server – waf_harvester - WAF (Web Accessible Folder) – doc_harvester – ドキュメント単位 • CKAN-API – CKAN同士の受け渡し 18 • UDCT2013では 組織名 該当URL 形式 代表点の位置座標(GeoJSON) ライセンス(UDCT2013独自 or CC系) 位が必要 CKANのインターフェース上で フィルタ検索・地図検索可能な要素
  • 19. ハーベスト機能のインターフェース化 CKAN&CSWサーバーなど 19 • ハーベスト先URI • ソース種別 • 更新頻度 ※それぞれ設定可能 Source: http://data.linkedopendata.jp/dataset?groups=sabae ハーベスト元が CKANやCSWを 採用している必 要がある
  • 20. これから…? 20
  • 21. 静岡県:リアルタイム河川情報 21 http://sipos.shizuoka2.jp/sipos/
  • 22. 会津若松市:走行情報 22 http://www.data4citizen.jp/app/users/openDa taTop/show/o_traffic_patrol;jsessionid=358E1 02EF6E08FC4D822EDB8CD63E246
  • 23. 23 重ねあわせスタイル地図を簡単に作成 github ✕ GitSpatial ✕ Leaflet Vector Layers Sources: http://gitspatial.com/ https://jasonsanford.github.io/leaflet-vector-layers/
  • 24. GeoDataに特化したCMSとの連携 GeoNode 24