学習情報基盤の構築
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

学習情報基盤の構築

on

  • 368 views

6th moodle moot Japan

6th moodle moot Japan
19-21 February, 2104

Statistics

Views

Total Views
368
Views on SlideShare
366
Embed Views
2

Actions

Likes
0
Downloads
1
Comments
0

1 Embed 2

http://www.slideee.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

学習情報基盤の構築 学習情報基盤の構築 Presentation Transcript

  • Moodleを利用した学習基盤の構築 NPO法人 CCC-TIES 副理事長小野成志 The 6th Moodle Moot Japan 20 February 2014 © 2014 NPO CCC-TIES
  • あらまし    TIESの歴史と理念 TIESのMoodle化への取り組み オープンエデュケーションへの取り組み © 2014 NPO CCC-TIES 2
  • 3 TIES の歴史 © 2014 NPO CCC-TIES
  • 日本のオープンエデュケーション  非常に古くからある » 1997年 » 1998年  WIDE SOI TIES 本格化? » 2005年 » 2013年 © 2014 NPO CCC-TIES JOCW JMOOC
  • TIES Founding Members The late Dr. Yasuji Kotou Dr. Koichi Nakajima Dr. Atuhiro Mukai Ms. Masumi Hori © 2014 NPO CCC-TIES 5
  • TIES 1999 ビジョン 中嶋航一・ 向井篤弘  インターネットへの期待   「大学 情報革命」の考察 ―帝塚山大学 TIES の挑戦―」1999年12月 教育は高密度の情報→インターネットとの親和性 新しい教育方法の模索 » 象牙の塔の打破 » 何を学ぶかを学習者が選ぶ  技術的な挑戦 » learning web » 教材共有、特に教材の部品化  コンテンツ流通 » コミュニティを越えた流通 © 2014 NPO CCC-TIES
  • TIESの誕生と進化 文部科学大臣賞 受賞 HISTORY OF TIES 1996年 1998年 1999年 沿 2001年 TIES v1 TIES v2 TIES v3 講義資料の Web配信開始 帝塚山大学にて プロジェクト 開始 TIESによる 5大学連携開始 データセンターによる ASPサービス開始 2010年 2008年 2004年 TIES v6 TIES v5 TIES v4 戦略GPサブシステム 追加 eポートフォリオ 追加 Live!TIESによる 授業収録・配信開始 2013年 2014年 2011年 TIES v7 TIES v8 ASP型Moodle 未リリース © 2014 NPO CCC-TIES TIES v9 & CHiLOs 7 革
  • TIESの進化 -TIES v1(1998)- © 2014 NPO CCC-TIES
  • TIESの進化 -TIES v2,V3(2001)- © 2014 NPO CCC-TIES
  • 私情協奨励賞 © 2014 NPO CCC-TIES 10
  • TIESの進化 -TIES v4(2004)- © 2014 NPO CCC-TIES
  • TIESの普及 共有・公開・連携 © 2014 NPO CCC-TIES 12
  • TIES のBlended Learning 学生 教員 コンテンツ作成 • 講義資料 • 練習問題 • 宿題 予習 TIESに登録 受講 TIESで講義 復習 宿題 TIES に講義ビデオ登 録 授業 © 2014 NPO CCC-TIES TIES授業収録 システム
  • 14 産経eカレッジの概要 ■企画名称 産経eカレッジ「みんなde大学」 ■主催 産経新聞社 ■共催 NPO法人CCC-TIES(サイバー・キャンパス・コンソーシアムTIES) ■後援 フジサンケイ ビジネスアイ ■協力 産経デジタル ■企画協力 nokiten ■実施時期 8月5日(火)~9月15日(月) 期間限定 ■URL http://www.minnade-daigaku.com ■講義数 大学講義=33講義/103ビデオ、特別講義=2講義/2ビデオ ■参加大学 愛知工科大学、関西学院大学、札幌学院大学、札幌大学、新潟産業大学、創価大学、 中京大学、帝塚山大学、桃山学院大学、日本福祉大学、武蔵大学、名古屋学院大学、 明治薬科大学、愛知学院大学 ■視聴方法 インターネットを活用した専用ホームページでの配信 ■受講料 無料 ■告知 産経新聞全国版での告知広告 msn産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/ イザ! http://www.iza.ne.jp/ サンスポ・コム http://www.sanspo.com/ zakzak http://www.zakzak.co.jp/ フジサンケイ ビジネスアイ http://www.business-i.jp/ B&G Network © 2014 NPO CCC-TIES http://www.boys-girls.jp/
  • 15 トップ画面 会員登録 産経eカレッジとは © 2014 NPO CCC-TIES 開講講座のご案内 特別講座
  • 2008年 eカレッジの成果  視聴者:33,020名  登録受講生:2,274名 33% 67% © 2014 NPO CCC-TIES 希望する 希望し ない
  • 2011年のTIES 2008 2010 33,020 10,594 4,129 222,861 70,132 19,283 5.39 4.93 2.97 0:02:07 W eb 2009 0:03:05 0:03:45 9,252 5,190 9,241 14 18 31 37 11 97 2010 33 103 © 2014 NPO CCC-TIES 65 12 14 38.2% 42 382 13 38 42 119 130 2011 3,274 41,666 5.21 0:07:17 16,796 20 63.1% 48 1,729 20 109 335
  • 従来のTIESの成功と課題 e-teachingという優 れたコンセプト ユニークなコミュニティ ビジョン スケーラビリ ティに課題 • ASP型サービ ス • 人的サポート サービス © 2014 NPO CCC-TIES 戦略的課題 • サービスの負 荷増大 • サービスに対 する不満の増 大 収益構造の課題 • 特定の大学に 依存 • 各大学の経営 状態に左右 • 助成金に依存
  • TIESの課題  成長の限界 » サンケイe-カレッジ以降マイナス成長 » 教育GP終了後の資金難  システムの限界 » ASP型サービスによるコスト増 » システムの老朽化、複雑化  2012年に一年間の休眠を決断 © 2014 NPO CCC-TIES 19
  • TIESの経験からわかった 大学におけるe-learning 導入の課題 COST • システム開発・運用 • コンテンツ開発 Know How • e-learning(システム・教授法)が分 かる人がいない Teachers • 伝統的な教員 Student • やる気のない学生 © 2014 NPO CCC-TIES 20
  • TIESシステムの再開発 • 独自開発 • ASP型 • 運用の限界 Ver.6 © 2014 NPO CCC-TIES Ver.7 • Moodleベース • ASP型 • 未リリース • Moodle2.5 • 分散運用型 Ver.8
  • 22 TIES V7( Next TIES) © 2014 NPO CCC-TIES
  • Yokohama Fire Bureau systems engineering section and ‘Moodle for Call Center Training’ given by t he head of A dobe Syst ems Support Center. M art in D ougiamas, founder and lead developer of M oodle, and D r. H ar uhi ko O k umur a, developer of the M ie University version of Moodle, both delivered K eynot e speeches at t he 2011 6) 2012年度役員選出  Board member election for 201 2 TIES V7の告知 The 2011 Moot held at Kochi University of Technology raised 723,20 0 yen wh i ch was cont ri but ed t o M oodle headquarters to help with the development of M oodle code. T he donation was presented to Martin Dougiamas by H ideto H arashima and Don H inkelman. (Don Hinkelman & Paul Daniels) 23 7) 2012年度予算計画  Planning of Budget 201 2 8) 2012年度活動計画  Planning of businessesfor 201 2 9) 次年度のMoot場所 Moot 201 venue 3 10)その他 Other businesses Nex t TIES : TIES のM o o d le版 TIES(タイズ)は大学教育の 「連携・共有・公開」のビジョ ンを基に,帝塚山大学が1997年 より開発運営し,大学教員に対 して公開・提供してきたネット ワーク 型教育 システムで す ( http:/ / www.tiesnet.jp/ )。現 在、TIES参加大学は83大学,学 生ユーザー数は7万人,教員ユー ザー数は約1150人,講義数は約 1800,46分野にわたる共有可能 な素材は約4万点,そのうち講義 ! © 2014 NPO CCC-TIES のビデオ教材は1万点を超えてい ます。 さてTIESは長年にわたり機能 追加を繰り返してきたため,シス テムが複雑化し拡張性・保守性・ 安定性に欠け,システム上・運用 上の問題を抱えるようになりまし た。それらを解決するため,次期 TIES (Next TIES)の開発を行って います。 Next TIESはMoodleを基盤に して,M oodleプラグイン対応の サブシステム群を豊富に構築 し,Moodleコミュニティと連 携 を 進 め た い と 考 えて い ま す。 またこれから,リカレント 教育,キャリア教育,生涯教 育,電子書籍・出版などの事 業を計画しており,Moodleコ ミュニティの教員の参加を期 待しています。 (中嶋航一) 2
  • ベンダーのフィージビリティ    V6からMoodleへの移植は可能 現状のシステムを機能分割し、モジュー ル化 追加のモジュールを製作する必要はある。 © 2014 NPO CCC-TIES 24
  • Moodleコア部分の移植  コア部分の評価 » 認証…Moodleに従う » 講義管理…ほとんど違いは無い » コンテンツ管理…多尐の調整が必要 » 試験・成績管理…以降は容易だが部分回収が 必要 » コミュニケーション…Moodleに従う » 参照型コンテンツ…移植は容易 » 外部設計…未調査、調査しなくても行ける  結論…移植可能性に問題はない © 2014 NPO CCC-TIES 25
  • モジュールの評価  モジュール単位の評価 » 動画配信…容易 » Flash変換…容易 » Wiki…Media Wikiに置き換え » SNS…容易 » ライブ…可能だが、慎重に検討  結論 » ライブに工夫は必要だが容易に移植できる © 2014 NPO CCC-TIES 26
  • ベンダーが見落としたこと    V6の仕様書は不完全 データはスパゲッティ状態で簡単には引 き出せない TIESにはコース単位という概念がない » 講義=コースになっていない » ユーザ登録→ロールのみが設定 » ケイパビリティは固定  教材共有の仕組み » 教材共有はリンクを共有するだけ » 教材本体はリポジトリに保存 © 2014 NPO CCC-TIES 27
  • プロジェクトの挫折  データ移行から出発 » 6ヶ月後も移植は終了せず  開発の遅れ » ベータ版のアナウンスは何度かあったがユー ザがレビューできない  ユーザのロール割り当てをTIESに合わせよ うとしてコア部分を修正する » 成果物無し © 2014 NPO CCC-TIES 28
  • レビュー1  仕様書ベースのレビュー » 工期・工数に見合う成果が無い • 異常に尐ない成果物 • 異常に多いブランチバージョン • 検討段階の文書、Moodleのマニュアルまで納品 物に • ベータ版をバージョンアップしても、内容は同一 » ソフトウェア品質に問題がある • Agile開発を適切な手法で用いていない • 未確認部部が多数残存 © 2014 NPO CCC-TIES 29
  • レビュー2  ソースコードベースのレビュー » 仕様書が提示されていない » 納期の著しい遅れ » 修正したと言われているソースコードがオリ ジナルのまま » バグが取り除かれていない © 2014 NPO CCC-TIES 30
  • 課題  プロジェクトマネージメント » ベンダーはAgile開発で進めるといいながらプ ロトタイプが提示できず » 真の問題が何かを把握できる要員がいない » 納期管理ができていない » 問題が発生しそうだということを検知できな い  仕様の曖昧さ » フィージビリティから仕様書に落とした気配 が無い © 2014 NPO CCC-TIES 31
  • 帰結  最終納品物は、ほぼMoodleのまま » 実はそれでも良かったのかも… » 根本的な発想転換が必要  PM失敗の教訓はV8に活かす © 2014 NPO CCC-TIES 32
  • 33 TIES V8 © 2014 NPO CCC-TIES
  • 電子書籍とShibboleth認証を用いた オープンエデュケーション情報基盤の提案 インターネットへの 新しいポータル 変わる電子書籍の位置づけ • インターネットのポータルとしての機能を追加することで、電子書籍によりイン ターネット上のアカデミックリソースをマッシュアップ。 学認フェデレーションの 新しいサービス Produced by NPO法人CCC-TIES 奈良市帝塚山7-1-1 帝塚山大学5号館 2F 学認 アカデミック リソース ナノレクチャー 学認フェデレーションの拡大と高等教育機関SPの充 実 学習 • 学認SPを標準実装した教育学習基盤(TIES V8)をGPL配布することで、学認を 組織化された世界標準の教育レポジトリーとする。さらにそれらを電子書籍より 提供することで、学認フェデレーションによる教育サービスを充実。 コンテンツ ナノレクチャー (1分のレクチャービデオ) ナノレクチャー、 学認アカデミックリソー ス 学習コンテンツ をマッシュアップ オープンエデュケーション 学認アカデミックリソース 電子書籍を無償提供 電子書籍からの学認認証 学認認証 学習コンテンツ eLibrary Service eBook Service TIES V8 教育・学術リソース TIES V8 統一認証 システム VOD モジュール アカデミックリソーへ安全なアクセス eJournal Service TIES V8 TIES V8 ビデオ問題作成 モジュール eラーニングリソース 高等教育機関が自律分散運用 その他のバックボーン レポート評価 モジュール OSSを中心に パッケージ化 TIES V8 ライブ・録画 モジュール GakuNin SINET CHiLOBook 大学・研究機関 TIES V8 パッケージ オープンソース © 2014 NPO CCC-TIES
  • TIES v8の狙い コンテンツ流通 LRMI,JaLC等 TIESサポート メタデータ 権利処理 標準化 TIES v8 大 学 、 研 究 機 関 、 教 育 機 関 コンテンツ共有ライブラリ e-learningシステム e-learningシステム e-learningシステム e-learningシステム メタデータ 権利処理 標準化 TIESサポート コンテンツ共有 教育ノウハウ共有 コンテンツ提供 作成支援 TIESコミュニティ © 2014 NPO CCC-TIES 教育改善 質保証
  • V8の実績  乏しい実績 » 帝塚山大学 » 関西学院大学 » 武蔵大学  共有化はほとんどされていない © 2014 NPO CCC-TIES 36
  • 37 TIES V9 and CHiLOs © 2014 NPO CCC-TIES
  • The Virtual Learning Environment on Large Scale Online Courses LSOCs: Large Scale Online Courses VLE on LSOCs Learning Contents Contents Platform User Authentication © 2014 NPO CCC-TIES Learning Application 38
  • Micronized VLE, CHiLOs 39 Creative Higher Education Learning Objects Key Key Key Key -word -word -word -word 1min 1min 1min 1min CHiLO AIF LMS LMS Lectures Micro lectures such as one-minute nano lectures CHiLO LMS Learning Contents Contents Platform Books Micro LMSs using e-books Badges User Authentication CHiLO User authentications and issues of certificate using Academic Identify Federation Communities Learning Application CHiLO Personalized learning using ubiquitous environment © 2014 NPO CCC-TIES
  • The Block Diagram of CHiLOs’ Implement http://chilos.jp Distribute Under development 40 iPad/iPhone/Android Device Learning Contents one-minute nano lectures CHiLO Lectures Contents Platform iBooks / EPUB CHiLO Books API Control Layer Learning Application CHiLO LMS CHiLO Badges © 2014 NPO CCC-TIES Canvas Moodle Quiz module Quiz module Open Badge User Authentication Sakai Quiz module Communities Open Badge SNS Open Badge Individual SNS AIF(GakuNin) Open ID Facebook
  • facebook CHiLO Book iPhone/iPad/Android/PC ダウンロード CHiLO Book ラーニングコミュニティ Moodle オンライン コンテンツ 学習履歴 練習問題 バッジ © 2014 NPO CCC-TIES ePub版 iBooks版
  • 42 © 2014 NPO CCC-TIES
  • MoodleとNIHONGO STARTER  43 課題 » コース中心構造 • enroll – 受講登録をなくす ためにAutoEnroll plug-iin利用 – Moodleの全ての コースがマイコー スに表示されてし まう。 • Grade Report – 複数のコースの成 績を同時に確認で きない • コース・教材横断検 索がない © 2014 NPO CCC-TIES
  • 44 School Curriculum Learning connoisseur Course Course by Teacher Enroll Enroll Enroll Student at Class © 2014 NPO CCC-TIES Learning connoisseur Learning connoisseur Learning connoisseur Learning connoisseur
  • 実装ロードマップ 2013 2014 TIES V9系 V9.0α V9.1β フォーマット iBooks iBooks/ePub2 LMS Moodle2.3.1 Moodle2.6+ Module システム連携 V8.4RT TIES V8系 Moodle2.3.1 Facebook Facebook Facebook認証 V8.5RT V8.6RT 学認 V8.7RT Moodle2.5+ Moodle2.6+ • 管理モジュール改 修 • TIES Skin バグフィックス Module • mPlayer バグフィックス • TIES Sikin改修 VOD Wowza 3.1.2 Wowza 3.6.2 Live OpenMeetings 2.0 OpenMeetings 2.1.1 統一認証基盤 学認 © 2014 NPO CCC-TIES Moodle2.x Canvas • CHiLOスキン 統一認証基盤 LMS V9.xRT
  • これからのTIES 2013 2014 2015 オープンエデュケーション TIES V9 大規模オンラインコース基盤 人生を豊かにするために学ぶ Non Scholae sed vitae CHiLOs 教育学習基盤 TIES V8 © 2014 NPO CCC-TIES ノウハウ共有 効率化 経費削減
  • CHiLOs’ Portal © 2014 NPO CCC-TIES http://chilos.jp/ 47
  • © 2014 NPO CCC-TIES