当たり前品質時代の情報センター運用術
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

当たり前品質時代の情報センター運用術

on

  • 470 views

2012年12月10日(月)13:30~17:00 ...

2012年12月10日(月)13:30~17:00
仙台国際ホテル 4階 広瀬(東)

主催
東北学術研究インターネットコミュニティ
CTCアカデミックユーザーアソシエーション
参加者
62名

Statistics

Views

Total Views
470
Views on SlideShare
470
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

CC Attribution License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

当たり前品質時代の情報センター運用術 当たり前品質時代の情報センター運用術 Presentation Transcript

  • スマホ・クラウド「当たり前品質」時代の情報センター運用術 武蔵学園理事(情報システム部) 小野成志 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • あらまし 本学園の紹介 「当たり前品質」とは何か 文系システム部門でのアウトソーシング シェアードサービスの可能性 1 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 本学園のご紹介 根津育英会 法人事務局 武蔵学園 教職員約200名武蔵高校・中学 武蔵大学 学生 約4,200名教職員 約60名生徒約1,000名 経済学部 人文学部 社会学部2 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 武蔵学園の情報システムの歴史 IP接続(1992) 基幹LAN 必修科目の登場 データセンター利用 人的アウトソーシング (2011)3 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 当たり前品質(狩野モデル) 満足度 満足魅力的品質:昔のインターネット 充足度 満足しない 当たり前品質: 不満 今のネットワー狩野・瀬良・高橋・辻,1984 ク4 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 魅力的品質と当たり前品質区分 魅力的品質 当たり前品質顧客 喜ばれる できて当たり前組織 自由 管理目標 革新 安定資金 少ない 多い人材 高度な専門性 一般化した技術要求 挑戦 熟練運用 不安定 ミスが許されない傾向 当たり前品質化 変化しない5 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 問われる品質 外部環境の急速な変化  競争環境の激化  (例えば)個人利用なら自組織外のインターネットが便 利 人材と組織のミスマッチ  時代の変化について行けない組織体制  変革の只中での手探りの運用 务化する品質  技術力がなければ品質务化に気付かない  务化した品質に多額の投資 6 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 文系情報システム部門に不足するもの 人  最も深刻  技術者不在 もの  古い技術  いい加減な運用 かね  投資計画の不在  過去にしがみついた投資 7 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • アウトソーシングの難易 easy hard Hardware Web Server Database Server Application Server Software DNS Mail Application8 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 人的アウトソーシング 企画課 システム計画情報システム部 運用担当者 運用課 ヘルプデスク アウトソーサー システム運用 予算の30%を占める9 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • アウトソーシング計画 5カ年計画(毎年度の支出抑制計画) 100 90 80 70 60 50 40 30 20 10 0 2011 2012 2013 2014 2015 10 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • アウトソーシング計画 物件費の抑制 500 450 400 350 300 250 200 150 100 50 0 2011 2012 2103 2014 2015 11 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 大学情報・メディア教育センター 教育部門として特化  予算は事実上ゼロ  事務職員ゼロ 情報システム部の支援  ヘルプデスクサービス  ネットワーク運用 12 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • アウトソーシングの目標 トップマネジメント以外は全てアウトソーシング可 能  米国では、授業もアウトソーシングしている大学がある ユーザのスキル以上の品質は出ない  アウトソーシングを管理するためにはアウトソーサー以 上の知識と経験が必要 経費削減を目指すことは誤り  生産性の向上がアウトソーシングの目標  しかし経費は無限ではないので、経費が品質を決定する 13 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • さらなる一歩:学内シェアードサービス セ 教 庶 ン 務 務 タ ー 一般業務サービス 情報基盤サービス14 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • シェアードサービスのケース 3人の要員が必要A部局:0.5人の必要要員 B部局:0.5人の必要要員 C部局:0.5人の要員が必要 1.0人に整理15 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • 大学間シェアードサービスの可能性 X大学 研究教育 Y大学 Z大学 一般業務サービス 情報基盤サービス16 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • シェアードサービスの問題 競争関係にある大学が本当に連携できるのか  現状もパレート最適解なのではないか? 成功例がない場合(囚人のジレンマ) 大 シェアー 学1 独自 ド 大学2 独自 (0,0) (0,-2) シェアード (-2,0) (1,1) シェアードサービスの成功例がある場合 大 シェアー 学1 独自 ド 大学2 独自 (0,0) (0,2) シェアード (2,0) (1,1) 17 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日
  • まとめ 中小文系大学のあるべき姿  大学間シェアードサービスを目指す 課題  成功体験のないシェアードサービスは成立しにくい  成功事例のために外的に強制された意志決定が必要 大規模大学については今後の課題  国立大学は運営交付金依存で年々の歳出カット  運用の閾値を割り込む日がいつか来る? 18 TOPIC=CAUA共催シンポジウム 2012年12月10日