チーム開発2013 年 5 月 11 日Sean_SF大澤俊介の舞台裏
世界中の 25,000 以上の顧客が利用していますAtlassian は、全ての企業における全ての製品チームが、より良いソフトウェアを協力して開発できるよう支援します。
作業コードアイデアソフトウェア開発には「コラボレーション (協同作業)」が絶対に必要
Atlassian 製品はオンサイトでもオンデマンドでも利用可能.アジャイル計画アジャイルテストチームのコーディネートグループチャットあるいは作業 コードアイデアコードの管理、品質向上課題、プロジェクト管理コンテンツのコラボレーション、共有コー...
チーム開発の舞台裏
3,812,375行のコード
Jan ’12Aug ’115.0素早く作成 & 編集REST API変更履歴の検索共有、@メンションApr ’12 May ’12 Jun ’125.1Mar ’12GH 6スピード新しい UX新しいボード簡素化されたワークフローJan ’1...
74PM QA Design DocsDev
8 4 3 261PM QA Design DocsDev
PM QADesign DevBryan ChrisRoss Penny
on PM.
ペルソナ 要件ロードマップ プロジェクトステータス
Bryanビデオ
ストーリーから始める
ソーシャルの力元の投稿 翌日 一週間後62
on Design.
3.13
Rossビデオ
LooksVisual appearanceFeature PathWorkflowDoneX
on Dev.
集中型バージョン管理から分散型バージョン管理へ
ブランチが大変Subversion では
マージは地獄のようSubversion では
マージが終わるまで全員の仕事が止まるコーディング終了まで待っているビルド失敗の恐れブランチ、マージへの恐怖心
Chrisビデオ
チームは へ移行
ブランチがシンプルGit では
マージはそよ風のようGit では
全てのフィーチャーに対してブランチ作成
私が今 マージ をしたらビルド が失敗するのでは?... そしてチーム全体を止めてしまう!
全てのブランチに対してビルド
プルリクエスト
....√プルリクエスト1.ブランチ2.議論3.マージ
フィーチャーやバグフィックス内でマージ
議論とコードレビュー
マージの条件
Git Hooks でワークフローのカスタマイズ
自信を持ってマージ
トレーサビリティ
課題 + ソースコード + ビルド
on QA.
Development61x4xQA
Pennyビデオ
リリースハードニングコーディング QA2009 年の JIRAヶ月9
AssuranceQuality
AssistanceQuality
テスティングノート+ペアテスティングpublic MessageSet validate(final User searcher, finalFunctionOperand operand, final TerminalClausetermin...
コーディング前テスティングノート コーディング後テスティングノートユーザビリティフィードバックQA インプットコーディングDev/QAペアリング開発者によるテスト (DOT)リリース現在の JIRA週間2
The power of the crowd.
Pennyビデオ
PM QADesign DevBryan ChrisRoss Penny
10 月 1 日∼ 3 日米国サンフランシスコ
チーム開発2013 年 5 月 11 日Sean_SF大澤俊介の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
JIRA チーム開発の舞台裏
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

JIRA チーム開発の舞台裏

326

Published on

JJUG CCC 2013 Spring にて講演。
こちらのスライド版はビデオ再生がないため少しわかりづらいと思いますが、、、

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
326
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

JIRA チーム開発の舞台裏

  1. 1. チーム開発2013 年 5 月 11 日Sean_SF大澤俊介の舞台裏
  2. 2. 世界中の 25,000 以上の顧客が利用していますAtlassian は、全ての企業における全ての製品チームが、より良いソフトウェアを協力して開発できるよう支援します。
  3. 3. 作業コードアイデアソフトウェア開発には「コラボレーション (協同作業)」が絶対に必要
  4. 4. Atlassian 製品はオンサイトでもオンデマンドでも利用可能.アジャイル計画アジャイルテストチームのコーディネートグループチャットあるいは作業 コードアイデアコードの管理、品質向上課題、プロジェクト管理コンテンツのコラボレーション、共有コードの洞察CIGit ホスティングコードレビュー
  5. 5. チーム開発の舞台裏
  6. 6. 3,812,375行のコード
  7. 7. Jan ’12Aug ’115.0素早く作成 & 編集REST API変更履歴の検索共有、@メンションApr ’12 May ’12 Jun ’125.1Mar ’12GH 6スピード新しい UX新しいボード簡素化されたワークフローJan ’13 Feb ’13GH 6.1Sep ’12 Oct ’125.2エピッククイックフィルター新しい検索Webhooks
  8. 8. 74PM QA Design DocsDev
  9. 9. 8 4 3 261PM QA Design DocsDev
  10. 10. PM QADesign DevBryan ChrisRoss Penny
  11. 11. on PM.
  12. 12. ペルソナ 要件ロードマップ プロジェクトステータス
  13. 13. Bryanビデオ
  14. 14. ストーリーから始める
  15. 15. ソーシャルの力元の投稿 翌日 一週間後62
  16. 16. on Design.
  17. 17. 3.13
  18. 18. Rossビデオ
  19. 19. LooksVisual appearanceFeature PathWorkflowDoneX
  20. 20. on Dev.
  21. 21. 集中型バージョン管理から分散型バージョン管理へ
  22. 22. ブランチが大変Subversion では
  23. 23. マージは地獄のようSubversion では
  24. 24. マージが終わるまで全員の仕事が止まるコーディング終了まで待っているビルド失敗の恐れブランチ、マージへの恐怖心
  25. 25. Chrisビデオ
  26. 26. チームは へ移行
  27. 27. ブランチがシンプルGit では
  28. 28. マージはそよ風のようGit では
  29. 29. 全てのフィーチャーに対してブランチ作成
  30. 30. 私が今 マージ をしたらビルド が失敗するのでは?... そしてチーム全体を止めてしまう!
  31. 31. 全てのブランチに対してビルド
  32. 32. プルリクエスト
  33. 33. ....√プルリクエスト1.ブランチ2.議論3.マージ
  34. 34. フィーチャーやバグフィックス内でマージ
  35. 35. 議論とコードレビュー
  36. 36. マージの条件
  37. 37. Git Hooks でワークフローのカスタマイズ
  38. 38. 自信を持ってマージ
  39. 39. トレーサビリティ
  40. 40. 課題 + ソースコード + ビルド
  41. 41. on QA.
  42. 42. Development61x4xQA
  43. 43. Pennyビデオ
  44. 44. リリースハードニングコーディング QA2009 年の JIRAヶ月9
  45. 45. AssuranceQuality
  46. 46. AssistanceQuality
  47. 47. テスティングノート+ペアテスティングpublic MessageSet validate(final User searcher, finalFunctionOperand operand, final TerminalClauseterminalClause)    {        MessageSet messages = new MessageSetImpl();        final List<String> arguments = operand.getArgs();         //Make sure we have the correct number ofarguments.        if (arguments.isEmpty())        {            messages.addErrorMessage(descriptor.getI18nBean().getText("rolefunc.bad.num.arguments",operand.getName()));            return messages;        }        //Make sure the project arguments are valid ifprovided.        if (arguments.size() > 1)        {            for (String project : arguments.subList(1,開発者によるテストDeveloper on Test (DOT)
  48. 48. コーディング前テスティングノート コーディング後テスティングノートユーザビリティフィードバックQA インプットコーディングDev/QAペアリング開発者によるテスト (DOT)リリース現在の JIRA週間2
  49. 49. The power of the crowd.
  50. 50. Pennyビデオ
  51. 51. PM QADesign DevBryan ChrisRoss Penny
  52. 52. 10 月 1 日∼ 3 日米国サンフランシスコ
  53. 53. チーム開発2013 年 5 月 11 日Sean_SF大澤俊介の舞台裏

×