AirDao

2,577 views

Published on

Spark Project 勉強会 #10 発表資料

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,577
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AirDao

  1. 1. AirDao Adobe AIR OR/Mapper 無所属 冨永和志 (Seacolor) http://seacolorswind.sakura.ne.jp/blog/
  2. 2. 発表者について <ul><li>フリーエンジニア
  3. 3. Java と ActionScript が専門
  4. 4. Adobe AIR で作った Wassr クライアント「 whony 」の開発者
  5. 5. お仕事募集中 </li></ul>
  6. 6. AirDao とは? <ul><li>Adobe AIR 用の O/R Mapper
  7. 7. 非同期通信
  8. 8. 型安全
  9. 9. メタタグによる定義 </li></ul>
  10. 10. 何が出来るの? <ul><li>テーブルの自動作成
  11. 11. SQL を書かないレコードの操作 </li><ul><li>取得
  12. 12. 追加
  13. 13. 削除
  14. 14. 更新 </li></ul><li>自動トランザクション
  15. 15. キュー
  16. 16. 作成日時 / 更新日時の自動設定 </li></ul>
  17. 17. どうやって使うの? <ul><li>動作環境 </li><ul><li>Adobe Flex SDK
  18. 18. ActionScript Thread Library 1.0 ( そうめん ) </li></ul><li>以上 </li></ul>
  19. 19. どうやって使うの? <ul><li>ライブラリの導入
  20. 20. エンティティクラスの作成 </li></ul>
  21. 21. 付録 1. エンティティクラスの例 package entity { import flash.utils.ByteArray; [Table(name=&quot;user&quot;)] public class User { [Primary] public var id:String; public var password:String; public var profile_image:ByteArray; public var created_on:Date; public var updated_on:Date; } }
  22. 22. どうやって使うの? <ul><li>ライブラリの導入
  23. 23. エンティティクラスの作成
  24. 24. AirDao のメソッドの呼び出し </li></ul>
  25. 25. 付録 2. メソッド呼び出しの例 package { import com.seacolorswind.dbi.AirDao; Import dbi.User public class AirDaoSample extends Application { public function AirDaoSample():void { var users:AirDao = new AirDao( File.applicationStorageDirectory.resolvePath( &quot;users&quot; ) ); users.read(User, function(record:Array):void { trace(record[0].id); // seacolor }, { id: &quot;seacolor&quot; }); } } }
  26. 26. 問題はあるの? <ul><li>関連レコードの取得ができない
  27. 27. 等価条件しか指定できない
  28. 28. テーブル結合検索に対応していない </li></ul>
  29. 29. 今後は? <ul><li>等価以外の条件を指定できるように
  30. 30. SQL の結果を型安全に受け取れるように </li></ul>
  31. 31. 終わりに まだまだ発展途上なので ご意見・ご要望は [email_address] までどんどんどうぞ
  32. 32. ご静聴ありがとうございました

×