Ruby on Rails3 Tutorial Chapter1
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
4,143
On Slideshare
3,744
From Embeds
399
Number of Embeds
6

Actions

Shares
Downloads
20
Comments
0
Likes
6

Embeds 399

http://d.hatena.ne.jp 320
http://sea-mountain.hatenablog.jp 59
http://paper.li 14
http://webcache.googleusercontent.com 4
http://www.hanrss.com 1
http://a0.twimg.com 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide
  • Eclipse のプラグインバージョンとスタンドアローンバージョンがあるみたい
  • IntellJ を出している、 JetBRAINS から出されている
  • ダウンロード販売らしい…
  • プラグインという文字のところに Ruby on Rails の文字がありました。
  • 11 分位だった!

Transcript

  • 1. RUBY ON RAILS3 Tutorial を日本語訳してみた Chapter1 2011-09-14
  • 2. RUBY ON RAILS3 Tutorial って?
    • RubyKaigi 参加 LT したときに紹介したサイト
      • http://ruby.railstutorial.org/ruby-on-rails-tutorial-book
  • 3. 目次
    • Chapter1 Rails 導入からデプロイ
    • Chapter2 デモアプリ
    • Chapter3 大部分が静的なページについて
    • Chapter4 Rails 風 Ruby
    • Chapter5 スタイルを追加する
    • Chapter6 User Model と View その 1
    • Chapter7 User Model と View その 2
  • 4. 目次
    • Chapter8 ユーザ登録
    • Chapter9 ログイン・ログアウト
    • Chapter10 ユーザデータの更新・編集・追加
    • Chapter11 ミニブログ ( ツイート )
    • Chapter12 ユーザのフォロー
  • 5. 1.1 Introduction
    • Rails 開発に入る前に、環境構築などについて
    • Ruby をまだ触ったことがない人へ
      • もし「軽く試してみてから Rails をやりたい!」という人
      • オンラインチュートリアル
        • http://www.ruby-lang.org
        • http://rubylearning.com
  • 6. 1.2.1 Development Environments
    • 開発環境について
    • IDEs
      • RadRails
  • 7. 1.2.1 Development Environments
    • RubyMine
  • 8. 1.2.1 Development Environments
    • 3rdRails
  • 9. 1.2.1 Development Environments
    • NetBeans
  • 10. 1.2.1 Development Environments
    • 今紹介した 4 つが主な IDE
    • それぞれ IDE で「良い」という話を聞く
    • ただし、すべての要望を叶えたものは無い。全く使えない時もある。
  • 11. 1.2.1 Development Environments
    • テキストエディタやコマンドラインの利用の場合
    • Mac なら
      • 筆者は TextMate がお好き
      • 他の選択肢、 Emacs ・ MacVim ・ Vim
      • ちなみに、ターミナルとしては iTerm を利用
      • 他を選ぶなら Terminal.app
  • 12. 1.2.1 Development Environments
    • Linux
      • 基本的には Mac と一緒 (TextMate 除く )
      • おすすめは
        • gVim
        • gedit(Gmate プラグイン付きで )
        • Kate
  • 13. 1.2.1 Development Environments
    • Windows
    • 「個人的におすすめは Windows だとできないので、ぐぐって」
    • 大体 2 つの組み合わせが多い
      • Vim(windows 版 )+Console (Akita On Rails 氏おすすめ )
      • E Text Editor(Console 付き ) + Cygwin (Ben Kittrell 氏おすすめ )
    • この読者では、 Lomodo Edit や Subline Text editor の提案もよくある
    • 筆者は Cygwin をおすすめする
      • Unix のターミナルと同等
  • 14. 1.2.1 Development Environments
    • Vim 使いの人へ
      • Vim 使いの Rails コミュニティがあるので参照して
      • rails.vim と NERD tree project 使ってみるといいよ
  • 15. 1.2.2 Ruby,RubyGems,Rails and Git
    • Rails3 では Ruby1.8.7 以上
      • 一番いいのは 1.9.2
    • 余談  Rails3.1 release notes では
      • Ruby1.8.7 以上を使って欲しい
      • Ruby 1.8.7 p248 and p249 はバグで Rails がクラッシュする
      • Ruby1.9.1 ではエラーが出るので 1.9.2 からのバージョンを使って
  • 16. 1.2.6 Model-View-Controller(MVC)
    • app/ 以下にある models views controllers 中に作成する
    • MVC モデルについて軽く説明有り
    • 詳細については後ろの章で説明
    http://ruby.railstutorial.org/ruby-on-rails-tutorial-book#sec:mvc
  • 17. 1.3 Version Control with Git
    • バージョン管理を行うことで、変更を追える
    • 間違って消しても元に戻せる
    • おすすめ本 : Pro Git by Scott Chacon
      • 日本語版があった! ( http://progit.org/book/ja/ )
        • 無料
  • 18. 1.3 Version Control with Git
    • 1.3.1 Installation and Setup
    • 1.3.2 Adding and Commiting
    • 1.3.3 What Good Does Git Do You?
    • 1.3.4 GitHub
    • 1.3.5 Branch, Edit, Commit, Merge
    • Git の基本的な使い方が載っています。
      • コマンドの記述が多いので、 Guides 本体を参照下さい
  • 19. 1.4 Deploying
    • デプロイ方法
      • Phusion Passenger(Apache や Nginx のモジュール )
      • Engine Yard や Rails Machine( ホスティングサービス )
      • Engine Yard Cloud や Heroku( クラウド )
    • 筆者のお気に入りは Heroku
  • 20. 次回予告
    • Chapter2 A Demo App
      • scaffold の話
    • できれば、 1 回 3 章ペースでやりたいけれど、分量が多くなりすぎるかも…