Your SlideShare is downloading. ×
0
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
ノハナ立ち上げをUXerの視点で振り返る
2013.10.7 株式会社ノハナ 馬場沙織
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
自己紹介
• デザイナー、#nohanaの
人、#ShibuyaUX の世話
人です。
• Webエンジニアの夫、3歳
の長女、リクガメのだん吉
と...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
今日お話すること
1. ノハナの紹介
2. 初期プロダクトの成功要因
3. UXerとして初期プロダクトにどのように関わった
か?
4. UXerと...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
ノハナの紹介
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
ノハナの紹介
➡ノハナの営業用資料をご紹介します
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
チーム紹介
立ち上げメンバー:「家族」をテーマに集まった
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
チーム紹介
現在のメンバー:法人化と同時に総勢14名に
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
• 意思決定がしやすい
• チームがまとまる
明確なビジョン:「家族を笑顔に」
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
• 検証対象が社内にいる
→誰得プロダクトを作らず
に済んだ
明確なターゲット:「ママが使いたい」
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
• フォトブック市場約95億円で急成長中、写真館市場
約700億円で成長中
→コンセプトがはまれば成長可能
広いマーケット...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
• ユーザーベネフィットがはっきり
→マーケティングが楽チン
強いコンセプト:「毎月1冊無料フォトブック」
13年10月1...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
初期プロダクトの成功要因
• 問い合わせ多い課題
を解決
→顧客満足向上しリ
ピート
CSと継続的改善:「顧客の成長と呼吸を合わせる」
13年10月...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトに
どのように関わったか?
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Customer Development(顧客開発) :Learn
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Customer Development(顧客開発) :Learn
• 社内ママインタビュー「...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Customer Development(顧客開発) :Learn
• インタビューの成果:
...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Minimum Viable Product
(最小の出荷可能なプロダクト):Build
13...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Minimum Viable Product
(最小の出荷可能なプロダクト):Build
• ...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Minimum Viable Product
(最小の出荷可能なプロダクト):Build
13...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Minimum Viable Product
(最小の出荷可能なプロダクト):Build
13...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Minimum Viable Product
(最小の出荷可能なプロダクト):Build
13...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
• 心理的側面:
• ママに「自分たちのサービス」と
感じてもらうために
• メッセージやビジ...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
• 美的側面:
• ビジュアルコンセプトに基づくアートディレクション
• 美的側面も価値の1つ...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
Validated Learning(検証による学習):Measure
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
• リリース前
• 価値検証:社内ママ
• ユーザビリティ検証:社内パパ・ママ
Validat...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
• リリース後
• 定期
• コンバージョン確認(毎日)
• 問い合わせ確認(毎日)
• 定例...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか?
• リリースが最高の価値検証の場
• 価値が曖昧なまま作ってはいけない
• たとえば美的価値も...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後
どのように関わるか?
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
• 継続的な顧客価値提供(サービスの成功)のために
は利益(ビジネスの成功)が必須
• なんのために働いてい...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
• 顧客中心のLearn → Build → Measureのフィード
バックサイクルへの参加を促す
• 顧...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
13年10月11日金曜日
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
• デザインとは課題解決のために概念を要素化→再構
成する力
• プロダクトのビジュアルデザインだけを守備範...
Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved.
UXerとして今後どのように関わるか?
ひきつづきがんばります!
13年10月11日金曜日
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

ノハナ立ち上げをUXerの視点で振り返る

2,655

Published on

Published in: Design
0 Comments
43 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,655
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5
Actions
Shares
0
Downloads
37
Comments
0
Likes
43
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "ノハナ立ち上げをUXerの視点で振り返る"

  1. 1. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. ノハナ立ち上げをUXerの視点で振り返る 2013.10.7 株式会社ノハナ 馬場沙織 13年10月11日金曜日
  2. 2. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 自己紹介 • デザイナー、#nohanaの 人、#ShibuyaUX の世話 人です。 • Webエンジニアの夫、3歳 の長女、リクガメのだん吉 と暮らしています。 13年10月11日金曜日
  3. 3. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 今日お話すること 1. ノハナの紹介 2. 初期プロダクトの成功要因 3. UXerとして初期プロダクトにどのように関わった か? 4. UXerとして今後どのように関わるか? 13年10月11日金曜日
  4. 4. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. ノハナの紹介 13年10月11日金曜日
  5. 5. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. ノハナの紹介 ➡ノハナの営業用資料をご紹介します 13年10月11日金曜日
  6. 6. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. チーム紹介 立ち上げメンバー:「家族」をテーマに集まった 13年10月11日金曜日
  7. 7. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. チーム紹介 現在のメンバー:法人化と同時に総勢14名に 13年10月11日金曜日
  8. 8. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 13年10月11日金曜日
  9. 9. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 • 意思決定がしやすい • チームがまとまる 明確なビジョン:「家族を笑顔に」 13年10月11日金曜日
  10. 10. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 • 検証対象が社内にいる →誰得プロダクトを作らず に済んだ 明確なターゲット:「ママが使いたい」 13年10月11日金曜日
  11. 11. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 • フォトブック市場約95億円で急成長中、写真館市場 約700億円で成長中 →コンセプトがはまれば成長可能 広いマーケット:「潜在顧客約300万人」 13年10月11日金曜日
  12. 12. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 • ユーザーベネフィットがはっきり →マーケティングが楽チン 強いコンセプト:「毎月1冊無料フォトブック」 13年10月11日金曜日
  13. 13. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. 初期プロダクトの成功要因 • 問い合わせ多い課題 を解決 →顧客満足向上しリ ピート CSと継続的改善:「顧客の成長と呼吸を合わせる」 13年10月11日金曜日
  14. 14. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトに どのように関わったか? 13年10月11日金曜日
  15. 15. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Customer Development(顧客開発) :Learn 13年10月11日金曜日
  16. 16. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Customer Development(顧客開発) :Learn • 社内ママインタビュー「家族の写真活用」 • ターゲット:仕事・家事・育児で忙しい、難しいことは 苦手 • ニーズ:スマホで撮りためた写真を形に残したい、しか も手間なくお得に • 心理的背景:自分が両親にしてもらったように自分も子 どもにアルバムを残したい 13年10月11日金曜日
  17. 17. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Customer Development(顧客開発) :Learn • インタビューの成果: • ユーザー・ニーズ・利用状況の明確化 →アイデア展開→「毎月1冊無料フォトブック」 • チームメンバーの共感の醸成:「ママってこうなんだ!」 13年10月11日金曜日
  18. 18. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  19. 19. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build • 機能的側面: • アプリ:機能要件定義(ユーザーストーリーマッピング)→画面 設計→パーツ制作→アプリ実装(エンジニアと)→QA • フォトブック:造本設計→プロト制作→InDesignデータ制作→組 版システム実装(エンジニア) • Webサイト他プロモツール:要件定義(マーケターと)→メッセ ージライン設計(マーケターと)→画面設計→実装 13年10月11日金曜日
  20. 20. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  21. 21. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  22. 22. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  23. 23. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? • 心理的側面: • ママに「自分たちのサービス」と 感じてもらうために • メッセージやビジュアルをママに最適化 • 認知負荷下げる工夫 • 達成感を感じてもらう工夫 Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  24. 24. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? • 美的側面: • ビジュアルコンセプトに基づくアートディレクション • 美的側面も価値の1つ: 「シンプルでオシャレだから使いたい」 ➡コンセプトシートをお見せします Minimum Viable Product (最小の出荷可能なプロダクト):Build 13年10月11日金曜日
  25. 25. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? Validated Learning(検証による学習):Measure 13年10月11日金曜日
  26. 26. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? • リリース前 • 価値検証:社内ママ • ユーザビリティ検証:社内パパ・ママ Validated Learning(検証による学習):Measure 13年10月11日金曜日
  27. 27. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? • リリース後 • 定期 • コンバージョン確認(毎日) • 問い合わせ確認(毎日) • 定例MTGでKPI確認(毎週) • 不定期 • マダム会 • アンケート調査 • ユーザー会 Validated Learning(検証による学習):Measure 13年10月11日金曜日
  28. 28. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして初期プロダクトにどのように関わったか? • リリースが最高の価値検証の場 • 価値が曖昧なまま作ってはいけない • たとえば美的価値も重要なら検証できるレベルまで作る • 作りすぎてはいけない • 価値を外してないなら80点主義は重要 Validated Learning(検証による学習):Measure 13年10月11日金曜日
  29. 29. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後 どのように関わるか? 13年10月11日金曜日
  30. 30. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? • 継続的な顧客価値提供(サービスの成功)のために は利益(ビジネスの成功)が必須 • なんのために働いているのか?を忘れない • 全国、全世界の「家族の笑顔」 • 自分たちの笑顔(自分、自分の家族、チーム、ステーク ホルダー) 黒字化する 13年10月11日金曜日
  31. 31. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? 13年10月11日金曜日
  32. 32. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? • 顧客中心のLearn → Build → Measureのフィード バックサイクルへの参加を促す • 顧客への共感の場を作る 様々なプロダクトを様々なメンバーと作る 13年10月11日金曜日
  33. 33. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? 13年10月11日金曜日
  34. 34. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? • デザインとは課題解決のために概念を要素化→再構 成する力 • プロダクトのビジュアルデザインだけを守備範囲にしてい ないか? • プロダクトは顧客価値提供の一手段 • ビジュアルデザインはデザインの一手段 • さまざまな課題にデザイナーの力を使おう • スタートアップでは特にそれが必要 デザイナーの力をチームのために使う 13年10月11日金曜日
  35. 35. Copyright (C) nohana, Inc. All rights reserved. UXerとして今後どのように関わるか? ひきつづきがんばります! 13年10月11日金曜日
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×