Your SlideShare is downloading. ×
海外Ta事情から日本のta像について考えてみる
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

海外Ta事情から日本のta像について考えてみる

2,058
views

Published on

Published in: Education, Technology

0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,058
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 北米のTA事情から今後の日本のTA像について考えてみる 株式会社 バンダイナムコゲームス技術サウンドディビジョン 技術部 プロジェクトサポート課 長舩龍太郎
  • 2. 大まかな流れはじめにTAの歴史TAの定義(役割、必要なスキル)日米のTA事情の比較まとめ 1
  • 3. 自己紹介経歴 業界12年目のTECスタッフ 1998年~2008年:バンダイナムコゲームス 2009年~2010年:Namco Bandai Games America Inc.主な過去の開発タイトル タイムクライシス2 ブレイクダウン テイルズオブレジェンディア エースコンバット6 SplatterHouse 等… 2
  • 4. TECスタッフとは 旧ナムコのテクニカルサポートチーム(TEChnical support) アーティスト向け開発環境のサポート部隊 プログラマ寄りのTAの集団とも言える? 具体的な業務内容 アセット管理環境の構築 エフェクトツールの開発 リアルタイムデモ環境の構築 シェーダー編集環境の構築 リアルタイムシェーダー書き 各種エキスポーターの開発 各種DCCツールサポート スタンドアロンツールの開発等…
  • 5. 本講演の目的 • 日米でPS3 / Xbox360タイトルの開発 をTECとして経験 自分の • 海外のTA事情に明るいTA的特徴 • 日米双方の視点からTA事情を整理 • 本質的なTAの定義を考える本講演の • 今後の日本TA像を考えるきっかけとする 目的 4
  • 6. TAの歴史GDC2002でLucasArtsがArt Technical Dirctorに関する講演GDC2007頃からTechnnical Artist RoundTableが開始GDC2008後にTechArtist.Org(以下TAO)が発足CEDEC2010後にsig-TARTが発足 5
  • 7. TAの定義~役割① プロジェクト内の”問題解決” • 作業効率の向上(ボトルネックの抽出、自動化処理等) • 製品品質の向上(新しい表現の具現化、最新技術の応用等)② アーティストとプログラマの”橋渡し” • プログラマ⇔アーティスト間の相互インターフェース • アーティストには噛み砕いてシンプルに、プログラマーにはロジカルに・・・ 6
  • 8. TAの定義~2種類のTA① アーティスト寄りTA 実作業に基づいた効果的ツールの提案・作成 様々なビジュアル実現の手段として技術を活用② プログラマ寄りTA アーティストをリードする存在 アーティストからの要望、問題をプログラミングで解決 双方バランスの良い経験が求められる どちらも”中途半端”な存在に陥る危険性 © Hiroshi Chiyama 7
  • 9. TAの定義~TAに必要な3つのスキル①専門的スキル  アーティスト寄りTA(アート基礎、各DCCツールの習熟)  プログラマ寄りTA(プログラミング基礎)②問題解決スキル  全体俯瞰力(パイプラインのボトルネック抽出→解決)  コミュニケーション力(分かりやすく論理的に伝達)③情報処理スキル  情報収集力(最新技術動向チェック、英語力)  情報共有力(ナレッジマネジメント力)  ドキュメント作成力 8
  • 10. TAの定義に有益な参考資料GDC2002 「The Role of the Technical Director at LucasArts」  LucasArts社Scott Brew氏の講演CEDEC2008 「TechArt@Bungie」  Bungie社Steve Theodore氏の講演GDC2009 「Unknown Soldiers : Technical Artists」  Exigent Technologies社RapczakJesse氏の講演GDC2010China 「How to train your Technical Artist」  Volition社JeffHanna氏の講演 9
  • 11. 日米TA事情の比較~北米編TAという職種の認知度が高いTAの人材が豊富TA間の情報共有がうまい  TAO、GDCのRoundTableで活発な情報交換Python / C#が人気  Pythonは特に人気がある最新技術に強い  最新技術情報は英語ベース 10
  • 12. 日米TA事情の比較~すごい海外TAの紹介Jeff Hanna氏  Volition社のTA、GDCのTARTのモデレータAdam Pletcher氏  Volition社のTA、PythonTAの顔Ben Cloward氏  BioWare社のTA、ShaderTAの顔Jesse Rapczak氏  Exigent Technologies社のTA、アジア系外注委託管理のプロ 等… 11
  • 13. 日米TA事情~日本編優秀なTA、TA予備軍は少なくない  北米のTAもピンキリ  むしろ日本の方が優秀なTA率が高いかもTAという職種の認知度がまだ低い  職種・組織としてTAと成立してるケースが少ない  空き時間にTA的作業をやらざるを得ない?  評価にあまり結び付かない事が多い?ナレッジマネジメント力が弱い  TA間の交流、情報共有がうまくできてない  英語力が弱い(日本人の英語力は世界最低レベル)  英語は世界公用語(技術情報の質量がけた違い)  最新技術の把握に遅れをとりがち 12
  • 14. まとめ~整理本質的なTAの役割・必要なスキルを整理してみた  各自TAの定義を整理し日々の業務をアレンジしていき 国内のTAの認知度を上げていこう日米のTA事情を比較してみた  全ての面(歴史、人材、必要スキル)で 北米のTAに一日の長がある幾つか日本のTAは”弱み”を持っている  英語力(技術力)、ナレッジマネジメント力  ”弱み”を強化するだけでも効果があるはず北米のTA事情(強み)を参考にしながら…  日本ならではのTA像を模索しアレンジしていこう  CEDEC-TART, sig-TARTは非常に良い傾向 13
  • 15. まとめ~提案弱み“英語力, ナレッジマネジメント力”を強化していこうTART勉強会(CEDEC-TART, sig-TART)を有効活用していこう  TART-MLで問題提起→勉強会で意見交換→TART-MLで復習 するような仕組みを作るのが理想か  TART-MLで国内著名TAのインタビュー記事を連載するとか  各TAの経験、業務内容、お勧め書籍、興味ある技術等…  GDCで海外著名TAと友達になってCEDECに招待するとか TART勉強会 で意見交換 TART-ML TART-MLで ネタ出し 復習 14
  • 16. ご質問はありますか? 15
  • 17. 参考資料 Tech-Artist.Org セガ麓氏とJCGS痴山氏のTA対談(CG-ARTS協会) GDC2008に見るAI,プロシージャル、製作パイプライン技術の発展(IGDA日本) The Role of the Technical Director at LucasArts (GDC2002) TechArt@Bungie (CEDEC2008) Unknown Soldiers : Technical Artists (GDC2009) How to train your Technical Artist (GDC2010 China) Ben’s Learning LOG Tech Art Tiki Jeff Hannna Official Page Volition GDC Presentation Archive 16
  • 18. ご清聴ありがとうございました 17