2013年8月1日
ITの中心でDevOpsを叫ぶ!
~ 日本CAのDevOps ~
#natsumiC1
CA Technologies
プリンシパルコンサルタント 西野 寛史
2
自己紹介
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
西野 寛史(にしの ひろふみ)
日本CA株式会社 勤務
略歴:
■開発者として…
SIerで16年間システム開発に従事
■運用コンサルタント(IT...
ITのゴール
自社のビジネスの成功のために
ビジネス価値を向上させるために
何ができるか?
ビジネス部門経営層
運用部門マネジメント開発部門マネジメント
開発としてすべき事は・・ 運用としてすべき事は・・
Process
プロセス
People
組織・教育
Technology
技術
4
開発部門の視点
開発部門
マネジメント
 ビジネスのスピードに追従
 もっと迅速な開発へ
 開発コストを可能な限り抑制
 品質を高く
開発チームディレク...
Process
プロセス
People
組織・教育
Technology
技術
運用部門の視点
運用部門
マネジメント
ITSM/ITILv3
COBIT
サービスデスクツール/監視ツール/インフラ管理ツール
ITIL v3 Foundatio...
要求 要求
 ビジネスのスピードに追従
 もっと迅速な開発へ
 開発コストを可能な限り抑制
 品質を高く
 安定稼働/信頼/高可用性
/高セキュリティ
 運用コストの削減
お互いのゴールは同じなのに・・
運用チーム開発チーム
企業と...
“DevOps”の定義とは?
1. Forrester Research, Inc., Improving The Ops In DevOps, July 21, 2011
2. Gartner, DevOps: Born in the Clo...
“DevOps”の本質的な意味
1. Forrester, Improving The Ops In DevOps: Six Steps IT Ops Can Take To Build A Tighter Relationship With ...
9
“DevOps”の取り組みで重要なもの
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
 “DevOps”はIT組織における改善活動の1つ
 改善活動で重要な“3つのP”
People(人・組織)
P...
Application Delivery
Service &
Portfolio
Management
Secure
Service Assurance
10
日本CAの“DevOps”=4つの視点
Copyright © 2013 CA. A...
11 Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
Application Delivery
Service &
Portfolio
Management
Secure
Service Assurance
...
12 Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
Application Delivery
Service &
Portfolio
Management
Secure
Service Assurance
...
13 Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
Application Delivery
Service &
Portfolio
Management
Secure
Service Assurance
...
14 Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
Application Delivery
Service &
Portfolio
Management
Secure
Service Assurance
...
開発・テスト
壁
障害
15
2つの視点
Service Assurance & Application Delivery
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
原因分析
運用ネガティブ
フィードバ...
開発・テスト
壁
障害
16
2つの視点
Service Assurance & Application Delivery
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
原因分析
運用ネガティブ
フィードバ...
開発・テスト
壁
障害
17
2つの視点
Service Assurance & Application Delivery
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
原因分析
運用ネガティブ
フィードバ...
開発・テスト
壁
障害
18
2つの視点
Service Assurance & Application Delivery
原因分析
運用ネガティブ
フィードバック
ビジネス要求 ビジネス部門
開発(Dev)部門
運用(Ops)部門
本当にうち...
充分にカバレッジする
テストシナリオは考えてある
しかし現実問題として、
テスト実施そのものが難しい
典型的な3つの“制約”
19
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
クリティカル
なシステム
(...
クリティカル
なシステム
(M/Fなど)
“サービス仮想化“による制約の解消
20 Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
20
外部
サービス
未完成の
システム
開発対象システム
(テストフェーズ...
21
サービス仮想化事例(米国の銀行)
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
App
I/F①
I/F②
I/F③
I/F④
銀行の担当者 開発を請け負った
外部ベンダ
BANK DEV
銀行内のテ...
22
Copyright © 2013 CA All Rights Reserved.
Virtual Service Environment
仮想サービス生成
メンテナンス利用
実サービスに基づく
仮想サービスのセルフ
ヒーリング
HTTP ...
23
CA LISA
もっと深く知るには(弊社セミナーご案内)
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
LISAを体感するチャンス!
■「CA LISA サービス仮想化」体験セミナー
場所:弊社東京本...
24
まとめ
Copyright © 2013 CA. All rights reserved.
DEV OPS
なぜDevOpsなのか?
目指すゴールは同じだが相互の欲求は相反
DevOpsとは何なのか?
明確な定義はない。言葉に惑わされ...
Thank You!
Q&A
25
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies

1,276

Published on

Developer Summit Summer 2013
C1 Session
CA Technologies -Hirofumi Nishino-

Published in: Technology
1 Comment
2 Likes
Statistics
Notes
  • 8月1日開催@渋谷
    Developer Summit Summer 2013
    『ITの中心でDevOpsを叫ぶ ~日本CAのDevOps~』
    資料をアップしました~
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
1,276
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
54
Comments
1
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Developer Summit Summer 2013 C1セッション CA Technologies

  1. 1. 2013年8月1日 ITの中心でDevOpsを叫ぶ! ~ 日本CAのDevOps ~ #natsumiC1 CA Technologies プリンシパルコンサルタント 西野 寛史
  2. 2. 2 自己紹介 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. 西野 寛史(にしの ひろふみ) 日本CA株式会社 勤務 略歴: ■開発者として… SIerで16年間システム開発に従事 ■運用コンサルタント(ITIL)として… 日本CA入社 ■CA LISA担当プリセールスとして… 現職 『開発と運用はもっと愛し合える』 ■『愛』というコトバが好き ■飛行機ヲタである(自宅のフライトシムに費やした総額X百万) ■経歴に一貫性が無い(開発だったり運用だったり) ■開発と運用、どちらの“キモチ”も身近に感じてきた ■そして今いちばん思うことは…
  3. 3. ITのゴール 自社のビジネスの成功のために ビジネス価値を向上させるために 何ができるか? ビジネス部門経営層 運用部門マネジメント開発部門マネジメント 開発としてすべき事は・・ 運用としてすべき事は・・
  4. 4. Process プロセス People 組織・教育 Technology 技術 4 開発部門の視点 開発部門 マネジメント  ビジネスのスピードに追従  もっと迅速な開発へ  開発コストを可能な限り抑制  品質を高く 開発チームディレクタ チーフアーキテクト PMO部門開発者 テスト実施者 開発プロセスの標準化 CMMIレベル取得 ウォーターフォール/アジャイル ISO9001、デザインレビュー インスペクション、ウォークスルー ソース/ドキュメント/要件/バグ管理の効率化 統合開発環境の活用 機能テストツールの導入 アプリケーションフレームワークの採用 人的リソース管理 負荷テストツールの導入 プロジェクト管理 情報処理技術者試験 TOGAF認定資格
  5. 5. Process プロセス People 組織・教育 Technology 技術 運用部門の視点 運用部門 マネジメント ITSM/ITILv3 COBIT サービスデスクツール/監視ツール/インフラ管理ツール ITIL v3 Foundation認定保持者の育成 監視・オペレータ  安定稼働/信頼/高可用性/高セキュリティ  運用コストの削減 仮想化 ISO20000の認定取得 プライベートクラウドの仕組み導入 自動化 ITIL Master認定保持者の 育成 ワークフローツール リリースポリシー の標準化 オペレーションマニュアルの 整備・標準化 DCIM セキュリティ ポリシー 運用チーム ディレクター リリース管理チーム サービスデスク チーム CSO セキュリティ対策室 ISMS監査対応 アクセス制御 ID管理 SSO 多要素認証 証跡管理
  6. 6. 要求 要求  ビジネスのスピードに追従  もっと迅速な開発へ  開発コストを可能な限り抑制  品質を高く  安定稼働/信頼/高可用性 /高セキュリティ  運用コストの削減 お互いのゴールは同じなのに・・ 運用チーム開発チーム 企業としてのゴールは同じなのに相反する欲求が引き起こされている 開発部門 マネジメント 壁 運用部門 マネジメント リリースの スピード 機能 コードのストリーミング プロダクションの修正 容易なアクセス 直ぐに実施 実用性重視 オープンなアクセス コードへの直接書き込み 迅速な レスポンス 安定した システム シンプルさ リリースをブロック ロールバック 厳重なセキュリティ 正しく実施 準拠重視 厳格なコントロール ドキュメンテーション 計画された レスポンス
  7. 7. “DevOps”の定義とは? 1. Forrester Research, Inc., Improving The Ops In DevOps, July 21, 2011 2. Gartner, DevOps: Born in the Cloud and Coming to the Enterprise, Cameron Haight, Refreshed May 3, 2012; First Published October 27, 2010 3. 451 Research, DevOps Mixing Dev, Ops, Agile, Cloud, Open Source and Business, Jay Lyman, March 3, 2010 7 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. “アプリケーション開発、インフラ、運用、品質管理を担当するIT部門 間において一緒になりコミュニケーションをとり、コラボレーションや 統合することでより目的にあったタイムリーなソフトウェアーやサービ スを生むための一連のプロセスや手法、システムである” – Forrester1 “DevOpsとは元々クラウド・サービスから始まったもので、オンライ ンビジネスの増加により、運用チームと開発チームがコラボレーショ ンすることで、効率性を向上させることに注目した概念です。.” – Gartner2 “DevOpsとは会社のアプリケーション開発チームとシステム運用チー ムによりタスクを統合することです。.” – TechTarget アプリケーションの「開発」において、テスト工程からQA、プロダク ションから「運用」まで、役割を一緒にし、アプローチを統合することで ベネフィットを出すことです。” – The 451 Group3 “ソフトウェア開発(アプリケーション/ソフトウェア開発者)とIT 運用(システムアドミニストレーター・インフラ)のプロフェッショ ナル間のコミュニケーションやコラボレーション、インテグレーショ ンを実現するための、新しい主義、方法論や慣習” - Wikipedia, April 2012 “ソフトウェア開発チームとIT専門チーム間のコミュニケーションやコラ ボレーション、インテグレーションに重点を置いたソフトウェアの手法で ある- Wikipedia, July 2012
  8. 8. “DevOps”の本質的な意味 1. Forrester, Improving The Ops In DevOps: Six Steps IT Ops Can Take To Build A Tighter Relationship With Development Groups, by Stephen Mann, Glenn O'Donnell, with Robert Whiteley, Eric Chi, July 21, 2011 2. Gartner, DevOps: Born in the Cloud and Coming to the Enterprise, Published: 27 October 2010, last reviewed on 3 May 2012. ID:G00208163, Analyst(s): Cameron Haight 3. The 451 Group, DevOps mixing dev, ops, agile, cloud, open source and business, Jay Lyman, March 3, 2010 8 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. “アプリケーション開発、インフラ、運用、品質管理を担当するIT部門 間において一緒になりコミュニケーションをとり、コラボレーションや 統合することでより目的にあったタイムリーなソフトウェアーやサービ スを生むための一連のプロセスや手法、システムである” – Forrester1 “DevOpsとは元々クラウド・サービスから始まったもので、オンライ ンビジネスの増加により、運用チームと開発チームがコラボレーショ ンすることで、効率性を向上させることに注目した概念です。.” – Gartner2 “DevOpsとは会社のアプリケーション開発チームとシステム運用チー ムによりタスクを統合することです。.” – TechTarget アプリケーションの「開発」において、テスト工程からQA、プロダク ションから「運用」まで、役割を一緒にし、アプローチを統合することで ベネフィットを出すことです。” – The 451 Group3 “ソフトウェア開発(アプリケーション/ソフトウェア開発者)とIT 運用(システムアドミニストレーター・インフラ)のプロフェッショ ナル間のコミュニケーションやコラボレーション、インテグレーショ ンを実現するための、新しい主義、方法論や慣習” - Wikipedia, April 2012 “ソフトウェア開発チームとIT専門チーム間のコミュニケーションやコラ ボレーション、インテグレーションに重点を置いたソフトウェアの手法で ある- Wikipedia, July 2012 方法 コミュニケー ション 統合 コラボレーシ ョン 開発 運用
  9. 9. 9 “DevOps”の取り組みで重要なもの Copyright © 2013 CA. All rights reserved.  “DevOps”はIT組織における改善活動の1つ  改善活動で重要な“3つのP” People(人・組織) Process(プロセス) Product(ツール)  ツールだけに着目すべきではない  ただ、アンケート調査によると92%の 回答者が、DevOpsの成功はツールに 依存すると回答  ツールはDevOpsの取り組みにおいて とりわけ重要な要素 Source: Replay Solutions & HP, DevOps 2011 Trends Survey, April 2011 Product DevOps
  10. 10. Application Delivery Service & Portfolio Management Secure Service Assurance 10 日本CAの“DevOps”=4つの視点 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. ネガティブ フィードバック (本番障害対応)
  11. 11. 11 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. Application Delivery Service & Portfolio Management Secure Service Assurance 日本CAの“DevOps”=4つの視点
  12. 12. 12 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. Application Delivery Service & Portfolio Management Secure Service Assurance 日本CAの“DevOps”=4つの視点 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ… 本番環境の設定 情報を教えて また?こないだ 教えたじゃん 本番環境アクセ スに制限多すぎ 厳格にセキュリ ティ確保したい DEV OPS As-Is
  13. 13. 13 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. Application Delivery Service & Portfolio Management Secure Service Assurance 日本CAの“DevOps”=4つの視点 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ… 本番環境の設定 情報を教えて また?こないだ 教えたじゃん 本番環境アクセ スに制限多すぎ 厳格にセキュリ ティ確保したい DEV OPS To-Be障害検知、切り分け、 アプリの原因箇所特定 まで本番環境上で実施 リリース作業の無人化 と 制約のないテスト環境 情報共有 特権ID自動貸し出し 特権ID操作ログ取得 本当だ!了解。 すぐ調査するよ 障害発生!原因 はアプリです 原因のメソッド がすぐわかった スピーディな対 応、ありがとう こちらの負担も 減って助かるよ リリース作業は 自動化したよ 制約解消で存分 にテストできた 本番での障害が 減って嬉しいよ 環境設定をすぐ 確認できたよ 問合せが減って 助かってるよ 本番環境アクセ スできたよ セキュリティ面 は安心できるよ
  14. 14. 14 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. Application Delivery Service & Portfolio Management Secure Service Assurance 日本CAの“DevOps”=4つの視点 障害検知、切り分け、 アプリの原因箇所特定 まで本番環境上で実施 リリース作業の無人化 と 制約のないテスト環境 情報共有 特権ID自動貸し出し 特権ID操作ログ取得 アプリケーション監視 CA Application Performance Management リリース自動化 CA LISA Release Automation サービス仮想化 CA LISA Service Virtualization 今日はこの2つの視点について 掘り下げてみましょう テクノロジ論点視点
  15. 15. 開発・テスト 壁 障害 15 2つの視点 Service Assurance & Application Delivery Copyright © 2013 CA. All rights reserved. 原因分析 運用ネガティブ フィードバック ビジネス要求 ビジネス部門 開発(Dev)部門 運用(Ops)部門 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ…
  16. 16. 開発・テスト 壁 障害 16 2つの視点 Service Assurance & Application Delivery Copyright © 2013 CA. All rights reserved. 原因分析 運用ネガティブ フィードバック ビジネス要求 ビジネス部門 開発(Dev)部門 運用(Ops)部門 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ… Service Assurance 障害検知、切り分け、 アプリの原因箇所特定 まで本番環境上で実施 アプリケーション監視 CA Application Performance Management 性能問題の予兆を 見つけるアプリケーションの問題個所を 特定する 原因領域を 切り分ける 本当だ!了解。 すぐ調査するよ 障害発生!原因 はアプリです 原因のメソッド がすぐわかった スピーディな対 応、ありがとう
  17. 17. 開発・テスト 壁 障害 17 2つの視点 Service Assurance & Application Delivery Copyright © 2013 CA. All rights reserved. 原因分析 運用ネガティブ フィードバック ビジネス要求 ビジネス部門 開発(Dev)部門 運用(Ops)部門 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ… 本当だ!了解。 すぐ調査するよ 障害発生!原因 はアプリです 原因のメソッド がすぐわかった スピーディな対 応、ありがとう Application Delivery リリース作業の無人化 リリース自動化 CA LISA Release Automation コンセプトは “人”を介在させない ゼロタッチ・デプロイメント こちらの負担も 減って助かるよ リリース作業は 自動化したよ
  18. 18. 開発・テスト 壁 障害 18 2つの視点 Service Assurance & Application Delivery 原因分析 運用ネガティブ フィードバック ビジネス要求 ビジネス部門 開発(Dev)部門 運用(Ops)部門 本当にうちのア プリが原因? 障害発生! 協力して! 開発環境で再現 するまで待って。 早く修正してほ しいのに… リリースだけが 仕事じゃない リリース作業に 時間かかりすぎ テスト環境に制 約があるんだ! そもそも開発の 品質がさぁ… 本当だ!了解。 すぐ調査するよ 障害発生!原因 はアプリです 原因のメソッド がすぐわかった スピーディな対 応、ありがとう こちらの負担も 減って助かるよ リリース作業は 自動化したよ Copyright © 2013 CA. All rights reserved. Application Delivery 制約のないテスト環境 サービス仮想化 CA LISA Service Virtualization 品質を高める有効な手段の1つ アプリケーションテスト 開発者は常にテストにベストを尽くしている しかし現実的には… テスト環境の“制約”が阻害要因になることがある
  19. 19. 充分にカバレッジする テストシナリオは考えてある しかし現実問題として、 テスト実施そのものが難しい 典型的な3つの“制約” 19 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. クリティカル なシステム (M/Fなど) 外部 サービス 未完成の システム 開発対象システム (テストフェーズ) ¥ 可用性 制約 課金 制約 未完成 制約 連携先サービス 制約 19 DEV OPS
  20. 20. クリティカル なシステム (M/Fなど) “サービス仮想化“による制約の解消 20 Copyright © 2013 CA. All rights reserved. 20 外部 サービス 未完成の システム 開発対象システム (テストフェーズ) 連携先サービス 連携先サービスの “ふるまい”を仮想化 “制約のない開発”の実現 Service Virtualization
  21. 21. 21 サービス仮想化事例(米国の銀行) Copyright © 2013 CA. All rights reserved. App I/F① I/F② I/F③ I/F④ 銀行の担当者 開発を請け負った 外部ベンダ BANK DEV 銀行内のテスト環境 App ① ② ③ ④ I/F仕様書 開発したApp Appに不具合が多い! BANK DEV App I/F① I/F② I/F③ I/F④ App 開発したApp 仮想化したI/F 必要なI/Fすべて仮想化 目に見えて品質改善 実際に機能する環境で開発 Before With LISA
  22. 22. 22 Copyright © 2013 CA All Rights Reserved. Virtual Service Environment 仮想サービス生成 メンテナンス利用 実サービスに基づく 仮想サービスのセルフ ヒーリング HTTP JMS JDBCSOAP ライブトラフィックキャプチャ (LISAキャプチャ機能) (外部PCAPファイルの取込み) CA LISA Workstation 開発・テスト チーム 性能チーム WSDL , フラットファイル , 仕様書(スクラッチ)など 様々なシステム間連携プロトコルに対応 SOAP・MQ・JMS・EJB・JDBC・HTTP(S)・独自プロトコル等 ダイナミック (動的)な生成 主に保守開発、 エンハンスメ ントなど スタティック (静的)な生成 主に新規開発、 並行開発など CA LISAの“サービス仮想化“手法
  23. 23. 23 CA LISA もっと深く知るには(弊社セミナーご案内) Copyright © 2013 CA. All rights reserved. LISAを体感するチャンス! ■「CA LISA サービス仮想化」体験セミナー 場所:弊社東京本社オフィス(永田町) 期日:8月22日(木)13:30~17:30 8月28日(水)13:30~17:30 詳細・ご登録:http://www.ca-seminar.info/Lisa_20130620/ DevOpsや開発生産性向上に関する情報収集チャンス! ■システム構築を革新するサービス仮想化セミナー ~ DevOpsとサービス仮想化 ~ 場所:JPタワー(東京・大手町) 期日:9月11日(水)13:30~16:20 詳細・ご登録:http://www.ca-seminar.info/LISA0911/
  24. 24. 24 まとめ Copyright © 2013 CA. All rights reserved. DEV OPS なぜDevOpsなのか? 目指すゴールは同じだが相互の欲求は相反 DevOpsとは何なのか? 明確な定義はない。言葉に惑わされず本質を捉える DevOpsはツールか? DevOpsは改善活動。ゆえに「3つのP」が重要 しかし先駆者は“ツールは重要な要素”と語る DevOpsに対する4つの視点 Service Assurance Application Delivery Secure Service&Portfolio Management ITを“中心”から俯瞰 すると、見えてくる ネガティブフィードバックの削減 アプリケーションの品質向上 阻害要因の1つ「テスト環境の制約」を解消 サービス仮想化(CA LISA)
  25. 25. Thank You! Q&A 25
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×