ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

ワンクリックデプロイ 〜いつまで手でデプロイしてるんですか〜 #devsumiA

  • 29,068 views
Uploaded on

2013/2/15に目黒雅叙園で行われたデブサミ2013 15-A-7セッションの資料です。

2013/2/15に目黒雅叙園で行われたデブサミ2013 15-A-7セッションの資料です。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
29,068
On Slideshare
22,682
From Embeds
6,386
Number of Embeds
35

Actions

Shares
Downloads
269
Comments
0
Likes
174

Embeds 6,386

http://www.ryuzee.com 4,589
http://event.shoeisha.jp 427
http://sezemi.hatenablog.com 229
http://unsolublesugar.com 201
http://s.deeeki.com 179
https://twitter.com 151
http://namihira.hatenablog.com 140
http://feedly.com 118
http://makopi23.blog.fc2.com 115
http://192.168.33.10 61
http://blog.hatena.ne.jp 61
http://misosouplover51.tumblr.com 35
http://www.feedspot.com 14
http://test-event.shoeisha.jp 10
http://localhost 9
https://www.chatwork.com 8
http://intra.iwest.in.infocom.co.jp 5
http://control.blog.fc2.com 5
http://digg.com 3
http://tweetedtimes.com 3
http://tech.intra.cybird.co.jp 3
http://www.google.co.jp 2
http://geechscamp.lovepop.jp 2
http://54.148.11.146 2
http://127.0.0.1 2
http://dev1.atosaku.com 2
http://133.242.3.32 2
http://10.17.142.22 1
https://web.tweetdeck.com 1
http://translate.googleusercontent.com 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
https://abs.twimg.com 1
http://pinterest.com 1
http://cptl.corp.yahoo.co.jp 1
http://r.awks.jp 1

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Developers Summit 15-A-7 #devsumiA ワンクリックデプロイ ∼いつまで手でデプロイしてるんですか?∼http://www.flickr.com/photos/nimasadigh/4921186134/ Ryuzee.com 吉羽龍太郎13年2月15日金曜日
  • 2. 吉羽 龍太郎 Ryutaro YOSHIBA アジャイルコーチ Ryuzee.com Twitter: @ryuzee13年2月15日金曜日
  • 3. 好評発売中! 定価:2520円 http://www.seshop.com/ product/detail/15395/ #scrumbcbook13年2月15日金曜日
  • 4. はじめに13年2月15日金曜日
  • 5. 本当に必要なものがわかるか?13年2月15日金曜日
  • 6. 13年2月15日金曜日
  • 7. 期待のマネジメントに失敗13年2月15日金曜日
  • 8. システムの機能の利用割合 7% 13% 45% 16% 19% Standishの2000年の調査より13年2月15日金曜日
  • 9. システムの機能の利用割合 7% 13% まったく使わない ほとんど使わない 45% たまに使う 16% よく使う いつも使う 19% Standishの2000年の調査より13年2月15日金曜日
  • 10. あなたの開発はムダだらけ? • 作りすぎのムダ • 手待ちのムダ • 運搬のムダ • 加工のムダ • 在庫のムダ • 動作のムダ • 不良をつくるムダ13年2月15日金曜日
  • 11. コストの見積りは正しいか? • 不確実性コーン13年2月15日金曜日
  • 12. ウォーターフォール(V字) 要件定義 受け入れ試験 基本設計 総合試験 詳細設計 結合試験 製造・単体13年2月15日金曜日
  • 13. ウォーターフォール(V字) 要件定義 受け入れ試験 すぎ か かり 基本設計 総合試験 時 間が は要 頃に 出 来た そも て、 そも 化。 変 詳細設計 ない 結合試験 求 が てい が あっ かる 要件 で分 ここ こ とが 製造・単体13年2月15日金曜日
  • 14. よくみかける光景 要件定義は順調です ○○設計は順調です 開発は遅れていますが挽回可能です 結合試験で重大な問題が出ています 受入れ試験でニーズ不一致が判明 リリースできません。てへっ13年2月15日金曜日
  • 15. よくみかける光景 要件定義は順調です ○○設計は順調です 多くのリスクが後半になって顕在 開発は遅れていますが挽回可能です 化する。顕在化した時点では取り 結合試験で重大な問題が出ています 返しがつかない 受入れ試験でニーズ不一致が判明 リリースできません。てへっ13年2月15日金曜日
  • 16. アジャイルマニフェスト • 2001年に、ケント・ベック、マーティン・ファウラー、ケ ン・シュウェイバーら、17人によって採択された Agileソフトウェア開発の原則を指す。13年2月15日金曜日
  • 17. アジャイルマニフェスト • プロセスやツールより人と人同士の相互作用を重視する • 包括的なドキュメントより動作するソフトウェアを重視する • 契約上の交渉よりも顧客との協調を重視する • 計画に従うことよりも変化に対応することを重視する13年2月15日金曜日
  • 18. アジャイルマニフェスト • プロセスやツールより人と人同士の相互作用を重視する • 包括的なドキュメントより動作するソフトウェアを重視する •顧客満足を最優先し、価値のあるソフトウェアを 契約上の交渉よりも顧客との協調を重視する •早く継続的に提供します。 計画に従うことよりも変化に対応することを重視する13年2月15日金曜日
  • 19. マーケットに製品を 早期に投入して 投資を回収し 利益に結びつける 必要性がある13年2月15日金曜日
  • 20. Developers Summit • MVPとフィードバックループ • ビジネスの成長とプロダクトの成長を同期させる http://www.flickr.com/photos/pagedooley/2120528888/13年2月15日金曜日
  • 21. アジャイルな開発 してますか?http://bit.ly/shZMnK13年2月15日金曜日
  • 22. Developers Summit アジャイルの範囲 今日の話は こちら側 平鍋健児氏の資料を許可を得て引用 http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2012/09/rightwing-and-leftwing-of-agile.html13年2月15日金曜日
  • 23. 毎日何回も本番環境にデプロイ できているか? 顧客に頻繁に価値を届けられて いるか?13年2月15日金曜日
  • 24. Developers Summit 1000+ deploys / hourhttp://bit.ly/XonkX713年2月15日金曜日
  • 25. Developers Summit よくある光景 運用でなんとかすんの があんたらの仕事だろ てめーもっとちゃ んとアプリ作れ あの∼、ビジネス のこと考えてよhttp://www.flickr.com/photos/makitani/3940687822/13年2月15日金曜日
  • 26. Developers Summit 会場調査 •ユニットテストを書いている方は挙手 •継続的インテグレーションサーバを使っている方は そのまま挙手 •結合テストを自動化している方はそのまま挙手 •デプロイを自動化している方はそのまま挙手 •環境構築を自動化している方はそのまま挙手13年2月15日金曜日
  • 27. Developers Summit 会場調査 •ユニットテストを書いている方は挙手 •継続的インテグレーションサーバを使っている方は そのまま挙手 最後まで残っていた方は帰って •結合テストを自動化している方はそのまま挙手 大丈夫です! •デプロイを自動化している方はそのまま挙手 •環境構築を自動化している方はそのまま挙手13年2月15日金曜日
  • 28. 一日にしてならずhttp://bit.ly/vPmiFJ13年2月15日金曜日
  • 29. No Silver Bullethttp://bit.ly/vj0b0v13年2月15日金曜日
  • 30. http://bit.ly/sygcE9自分たちのプロセスは自分たちで進化させるしかない13年2月15日金曜日
  • 31. Developers Summit 製品そのものをAgileな状態に保つ 技術的負債を少なく保つ http://www.flickr.com/photos/stuckincustoms/5094583941/13年2月15日金曜日
  • 32. 継続的デリバリー13年2月15日金曜日
  • 33. Developers Summit13年2月15日金曜日
  • 34. 継続的デリバリーの原則 ソフトウェアのリ 1 リースやデプロイの プロセスは繰り返し 可能であり信頼性が 高い必要がある。13年2月15日金曜日
  • 35. 継続的デリバリーの原則 2 全てを自動化する13年2月15日金曜日
  • 36. 継続的デリバリーの原則 難解なことや苦痛な 3 ことを繰り返し行い 自動化の方法を考え る13年2月15日金曜日
  • 37. 継続的デリバリーの原則 4 全てをソースコード 管理システムで管理 する13年2月15日金曜日
  • 38. 継続的デリバリーの原則 5 完了は「リリースさ れたこと」を意味す る13年2月15日金曜日
  • 39. 継続的デリバリーの原則 6 品質を作りこむ13年2月15日金曜日
  • 40. 継続的デリバリーの原則 7 すべての人にリリー スプロセスに対して の責任がある13年2月15日金曜日
  • 41. 継続的デリバリーの原則 8 継続的に改善する13年2月15日金曜日
  • 42. 継続的デリバリーの4プラクティス • バイナリは一度だけビルドする • すべての環境にデプロイするのに完全に同一の メカニズムを使う • デプロイメントでスモークテストを実施する • 何か問題が起こったらラインを止める13年2月15日金曜日
  • 43. テスト自動化13年2月15日金曜日
  • 44. テスト自動化の必要性 小規模リリースのたびに手動でテス トするとコードベースが大きくなるに つれてテストコストが膨らむ • アジャイル開発においてはテスト自動化は必須 • アジャイルかどうかに関係なくソフトウェアのライフサイク ルを考慮する必要がある。13年2月15日金曜日
  • 45. 自動化されたテストの損益分岐点 ITアーキテクト「機能テストの自動化について考える」  より引用 http://www.itarchitect.jp/print/?menu3=2460113年2月15日金曜日
  • 46. 自動化されたテストの損益分岐点 テスト自動化にかかるコストよりも 手動テストのコストがすぐ高くなる ITアーキテクト「機能テストの自動化について考える」  より引用 http://www.itarchitect.jp/print/?menu3=2460113年2月15日金曜日
  • 47. 問題は早めに解決する フェーズ 修正までの時間 要求や設計 5分 コードやユニットテスト 15分 結合テストやシステムテスト 1時間 ベータテスト 2時間 リリース後 1日 • 早く見つけて速く直す13年2月15日金曜日
  • 48. デプロイのたびに 人手でテストするのは無理13年2月15日金曜日
  • 49. テストしていない ものを目を瞑って デプロイしてはい けない 設定ファイル1行だ 囁 き し大丈夫だよね? 魔 の 悪http://bit.ly/rAOG9h13年2月15日金曜日
  • 50. 清水の舞台から 飛び降りないhttp://bit.ly/tnB8i013年2月15日金曜日
  • 51. アジャイルテストの4象限13年2月15日金曜日
  • 52. Developers 自動テストに求められる特性 Summit • 繰り返し可能 (Repeatable) • 独立性 (Independent) • 自己検証 (Self validation) • 簡単実行 (Easy) http://www.flickr.com/photos/spackletoe/90811910/13年2月15日金曜日
  • 53. Developers Webアプリケーションだと... Summit • テストの実行時間を短く、依存関係を少なく • 自信のない箇所をテスト • 問題は実装箇所に近いところで見つける • モデル、ヘルパー、コンポーネント単位でのテストを書く • コントローラーのテストを沢山書かざるを得ないのは、Fat Controllerや密結合の証 • そうなる前にペアプロ、コードレビュー、TDD、リファクタ リング13年2月15日金曜日
  • 54. 完了の定義 • 完了の定義を作り、何をもって出荷可能かを定 める • 全部を短い間隔で出来れば頻繁にリリース可能 コード ユニット カバレッジ チェックイン レビュー テスト 75% 受け入れ クロス 結合テスト 静的解析 テスト ブラウザ ドキュメント 性能 セキュリティ デプロイ13年2月15日金曜日
  • 55. フィーチャー単位で完了 フィーチャー フィーチャー フィーチャー フィーチャー フィーチャー フィーチャー フィーチャー コードレビュー コードレビュー コードレビュー コードレビュー コードレビュー コードレビュー コードレビュー チェックイン チェックイン チェックイン チェックイン チェックイン チェックイン チェックイン ユニットテスト ユニットテスト ユニットテスト ユニットテスト ユニットテスト ユニットテスト ユニットテスト カバレッジ カバレッジ カバレッジ カバレッジ カバレッジ カバレッジ カバレッジ 静的解析 静的解析 静的解析 静的解析 静的解析 静的解析 静的解析 結合テスト 結合テスト 結合テスト 結合テスト 結合テスト 結合テスト 結合テスト 受け入れテスト 受け入れテスト 受け入れテスト 受け入れテスト 受け入れテスト 受け入れテスト 受け入れテスト クロスブラウザ クロスブラウザ クロスブラウザ クロスブラウザ クロスブラウザ クロスブラウザ クロスブラウザ ドキュメント ドキュメント ドキュメント ドキュメント ドキュメント ドキュメント ドキュメント セキュリティ セキュリティ セキュリティ セキュリティ セキュリティ セキュリティ セキュリティ 性能 性能 性能 性能 性能 性能 性能 デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ デプロイ13年2月15日金曜日
  • 56. XPのプラクティスの利用 ! ! ! YAGNI13年2月15日金曜日
  • 57. 13年2月15日金曜日
  • 58. 継続的インテグレーション13年2月15日金曜日
  • 59. CIサーバ • プロジェクト初期の段階でコードがなくても構築する • コードのメトリクス取得や静的解析は初期から継続的に実施 する方が効果がある • 常にグリーン(Jenkinsなら青)の状態を保ち、エラーがある 状態に慣れない • 常にグリーンに保つにはアトミックな単位での作業、マイグ レーションとの連携、チームのコミットに対する態度が欠か せない13年2月15日金曜日
  • 60. CIアンチパターン • 頻繁にバージョン管理システムにコミットしない • テストコードを書かない • テストコードと製品コードを同時にコミットしない • 定時ビルドのみでコミットビルドがない・夜間ビルドしかな い • 帰り際にコミットしてそのままCIの結果を見ずに帰る • CIでテストを通すために手作業の準備が必要 • メインラインのみで大きなブランチをCI対象にしていない13年2月15日金曜日
  • 61. CIアンチパターン • 様々な種類のテストをまとめて行っている • ビルドの失敗に気付かない • ビルドに失敗しても放置している • ビルドの失敗に気づいても、修正コード以外のコードをコ ミットする • 何も変更していないのにビルドが落ちたり落ちなかったり • 頻繁にビルドが失敗するので、失敗するのが普通だと思う • CIからの通知メッセージが大量すぎる13年2月15日金曜日
  • 62. CIアンチパターン • CIが落ちても何も通知しない • CIサーバのリソースが貧弱 • ビルドが肥大化して結果が出るまでに時間がかかる • 本番環境やステージング環境と大幅に環境が異なる • コードの静的解析をCIで行わずに人手で行う • CIサーバがおかしくなったときに直せる人がいない • ずっとCIでのチェック内容が変わらない、プロセスが変わら ない13年2月15日金曜日
  • 63. バージョン管理13年2月15日金曜日
  • 64. ソースコードのバージョン管理 • いわずもがな。全ての起点はここにある • コードの共同所有の原則への理解 • このソースコードは本番環境または開発環境な どで同じように動作しなければならない • テストを書く習慣、コミット前に他のテストも 含めて通してからコミットする習慣13年2月15日金曜日
  • 65. 設定情報のバージョン管理 • 環境によって異なる設定値(接続先データベース情報 など)が書かれた設定ファイルもバージョン管理する • 開発環境用、ステージング環境用、本番環境用などに 分けて定義し、容易に切り替え可能にする • 本番環境に配置する際に、アプリケーションの各所を 書き換えなければ動作しないとかアマチュア以下13年2月15日金曜日
  • 66. マージって何? Excel台帳じゃ だめ? コンフリクトするとつ らいから動かなくても コミットしますね!http://www.flickr.com/photos/seanmolin/7028040701/13年2月15日金曜日
  • 67. バージョン管理は 開発者のしつけ http://bit.ly/utD8aA13年2月15日金曜日
  • 68. どの断面でも再現可能か?http://www.flickr.com/photos/55310085@N06/8436234163/13年2月15日金曜日
  • 69. リリースした際に、前のバージョンに即座に戻 せるか?これはコードだけでなくデータベース 等も含む http://bit.ly/tgbmyr13年2月15日金曜日
  • 70. マイグレーション13年2月15日金曜日
  • 71. データベーススキーマの管理 このバージョンはス これ試すのにどのSQL適 キーマ違うの??? 用すればいいの? データベースのスキーマの状態とリリースの状態を関連 付けることによって再現可能にする13年2月15日金曜日
  • 72. 既存のアプローチの問題 • SQLスクリプトファイルは管理が煩雑 • SQLスクリプトは自動実行に向かない • ロールバックやデータ移行の考慮もしづらい • 複数のSQLスクリプトの実行順序が分からないhttp://bit.ly/vbtqZc13年2月15日金曜日
  • 73. 問題の例 • SQLの実行順序で状態が変わる 1.sql 1.sql→2.sql alter table users add column lastlogin datetime after name; 2.sql 2.sql→1.sql alter table users add column disabled boolean default false after name;13年2月15日金曜日
  • 74. マイグレーション13年2月15日金曜日
  • 75. マイグレーション $ ls -1 1301223401_addchangelogs.php 前後関係は、ファイル先頭の 1313445291_addinformation.php 1317489252_addpriorities.php 数字の大小で判断される。 1318776293_addprojects.php (規約) 1318889397_addremainingtimes.php 1320243212_addresolutions.php 1321049290_addsprints.php 1321509396_addschemamigrations.php 1322392147_fix_project_invalid_default_value.php 1322446269_add_action_name_to_log.php 1322993218_addstories.php 1323001299_addstorycomments.php 1323449303_addusers.php 1324059101_addtasks.php 1325101301_addteammembers.php 1326548301_addteams.php 1327491204_addwiki.php13年2月15日金曜日
  • 76. マイグレーション実行(例) # 最新のバージョンへ更新 $ php doctrine_cli.php migrate # 指定したバージョンへ更新 $ php doctrine_cli.php migrate 29 マイグレーションファイルをソースコードとしてバージョ ン管理し、CIのビルド定義の中にマイグレーションコマ ンドを組み込むことで、自動的にDBの状態を連動させる13年2月15日金曜日
  • 77. 13年2月15日金曜日
  • 78. 環境構築自動化13年2月15日金曜日
  • 79. 環境構築の自動化が必要なわけ • そもそも時間がかかる • 数が増えれば単純作業の繰り返し • 人手による単純作業はミスを誘発 • ミスした場合でも検知する仕掛けが本番障害しかない • 手順書がメンテナンスされないことがある • 手順書の手順の妥当性の評価が難しい • 手順の逆転により状態が変わりうる13年2月15日金曜日
  • 80. 設定やインストールの自動化 • いつでもクリーンな動作 環境を作れるようにするhttp://bit.ly/vMHRjL13年2月15日金曜日
  • 81. 設定やインストールの自動化 この自動化によっ て後はアプリケー ションをデプロイ すればすぐ動作す る状態にするhttp://bit.ly/v30Zl713年2月15日金曜日
  • 82. 設定やインストールの自動化 http://bit.ly/ttwsmT 本番環境と開発環境の 各種バージョンをあわせる13年2月15日金曜日
  • 83. 設定やインストールの自動化 • ミドルウェアのバージョンをあげたり、 パッチを適用する場合も、 この自動化機構を使って行うhttp://bit.ly/tkSfaO13年2月15日金曜日
  • 84. Chef / Chef Solo13年2月15日金曜日
  • 85. Chefの概要 • Ruby製のシステム管理ツール • 出来ること • OSのパッケージのインストールや管理 • OSの設定やミドルウェアの設定 • サービスの起動・停止 • クーロンの設定 • 特徴 • Rubyでジョブや設定を記述する • Chef自体はクライアント/サーバモデル • Chef-soloを使えばローカル単体で動作 • Recipeが多数公開されている13年2月15日金曜日
  • 86. バージョンを指定 してパッケージを インストールする ことも可能13年2月15日金曜日
  • 87. 多数のRecipeがOSS で公開されている13年2月15日金曜日
  • 88. 13年2月15日金曜日
  • 89. 仮想化と自動化(Vagrant)13年2月15日金曜日
  • 90. VagrantでSandbox Sandbox機能を使うことで、ミドルウェアのバージョンアッ プの検証・構成の変更の検証・デプロイの試験などを気軽に行 えるようになる(何度でも変更をRollbackできる) $ sudo git clone https://github.com/jedi4ever/sahara.git $ cd sahara $ sudo rake build $ cd pkg $ sudo gem install ./sahara-0.0.13.gem13年2月15日金曜日
  • 91. クラウドの利用 • Stampパターンで自由にインスタンスを複製可能13年2月15日金曜日
  • 92. 環境構築自動化の敷居の低下 • 仮想マシンを使うことで、何度でも簡単に自動化の試験をお こなうことが可能 • 環境構築でTDDを行う例も登場 • 不要になったインスタンスは削除すれば良く、調達コストは 極めて低い • 一方で有償ソフトウェアのライセンス管理をどうするかは課 題の1つ http://www.flickr.com/photos/stuckincustoms/393494014/13年2月15日金曜日
  • 93. デプロイ自動化13年2月15日金曜日
  • 94. Developers Summit 当たり前の話 ( ゚皿゚)キーッ!! Day1 Day2 Day3 Day4 DayN13年2月15日金曜日
  • 95. Developers Summit 当たり前の話 (^_^;) ( ゚皿゚)キーッ!!13年2月15日金曜日
  • 96. ゼロデプロイ プロジェクト最初に、 (デプロイするものがなくても) デプロイを自動化するhttp://bit.ly/vd1Nin13年2月15日金曜日
  • 97. プロジェクトのあいだ、 ずっとデプロイスクリプトを 使うことで、 プロセスがテストされ続ける 開発環境・本番環境問わず、 同じ方法でデプロイするhttp://bit.ly/u27Oiz13年2月15日金曜日
  • 98. デプロイが失敗した場合に ロールバックできるように するhttp://bit.ly/vFzaU913年2月15日金曜日
  • 99. デプロイが途中で失敗 した場合、その先を手 動でやらない http://bit.ly/w34bFM13年2月15日金曜日
  • 100. Capistrano Railsアプリのデプロイに利用されることが多いが、もちろん それ以外にも利用可能。SSHで接続し、サーバに対して色々 な操作を行うことが出来る。13年2月15日金曜日
  • 101. Capコマンド cap deploy # Deploys your project. cap deploy:check # Test deployment dependencies. cap deploy:cleanup # Clean up old releases. cap deploy:pending # Displays the commits since your last deploy. cap deploy:pending:diff # Displays the `diff since your last deploy. cap deploy:rollback # Rolls back to a previous version and restarts. cap deploy:rollback:code # Rolls back to the previously deployed version. cap deploy:setup # Prepares one or more servers for deployment. cap deploy:symlink # Updates the symlink to the most recently deployed ... cap deploy:update # Copies your project and updates the symlink. cap deploy:update_code # Copies your project to the remote servers. cap deploy:upload # Copy files to the currently deployed version. cap deploy:web:disable # Present a maintenance page to visitors. cap deploy:web:enable # Makes the application web-accessible again. cap develop # Set the target stage to `develop. cap invoke # Invoke a single command on the remote servers. cap multistage:prepare # Stub out the staging config files.13年2月15日金曜日
  • 102. 13年2月15日金曜日
  • 103. Webistrano13年2月15日金曜日
  • 104. Fabric13年2月15日金曜日
  • 105. よくあるデプロイ方法 メンテ中ページに アプリケーションの LBから切り離す 新規環境構築 差し替える デプロイ データベースの アプリケーションの アプリケーションの マイグレーション デプロイ デプロイ アプリケーションの スモークテスト スモークテスト デプロイ スモークテスト LB対象に戻す LB切り替え メンテ中ページから データベースの不可逆な変更を避けるよ 戻す うにアプリケーションを作りこんだ方が 良い場合が多い13年2月15日金曜日
  • 106. ビルドパイプライン 各種テストや静的解析、ステージング環境 リリース、本番環境リリースなどを 一元的に管理できる。13年2月15日金曜日
  • 107. Action13年2月15日金曜日
  • 108. 通常時のリリース • テストが完了してから リリースまで1日以内? • テストが完了してから リリースまで3日以内? • テストが完了してから リリースまで1週間以内? • それ以上かかる?http://bit.ly/wo4eyD13年2月15日金曜日
  • 109. 障害発生時のリリース • テストが完了してからリリースまで1日以内? • テストが完了してからリリースまで3日以内? • テストが完了してからリリースまで1週間以内? • それ以上かかる? http://bit.ly/zeFv2G13年2月15日金曜日
  • 110. 障害時に1日でリリースできるのであれば、 今のリリースプロセスには組織的なムダがある。 ワンクリックでデプロイできたとしても リリースの意思決定に時間がかかったら 無意味! http://bit.ly/rZyM3H13年2月15日金曜日
  • 111. Developers Summit 組織のアジリティを高める • 変化しないとゆるやかに死ぬ • 自分たちで変えていく。できることは沢山あるはず! http://www.flickr.com/photos/eole/4350200158/13年2月15日金曜日
  • 112. まとめ • ビジネスのために継続的に成果を届ける • そのためにはAgileなやり方が必要 • テストの自動化は必須 • 常に出荷可能な状態に保つ • デプロイや環境構築も自動化 • 改善をずっと続ける13年2月15日金曜日