「さかのぼり日本史」ならぬ    さかのぼりWBC理想のWBC → 実際のWBC 2012/3/14 南相馬市立総合病院主催の講演会資料より抜粋        東京大学 早野龍五
理想のWBC完全な遮蔽                 それでも誤差はある → 統計誤差周りすべてが測定器                      1分で何個壊れるかはガンマ線の全エネルギーを見落とさず測定                  ...
理想のWBCにヒトが入ると自己吸収                    自己吸収を考慮した校正係数が必須コンプトン散乱K-40         ×             ×   自己吸収            自己吸収           ...
検出器が全てを覆っていないWBC自己吸収                   自己吸収と立体角を考慮した校正係数コンプトン散乱                   「当て逃げ」バックグラウンドの正しい差し引きK-40はずれ(立体角補正)当て逃げ...
遮蔽が不完全なWBC自己吸収コンプトン散乱                     バックグラウンドの体格補正K-40はずれ(立体角補正)当て逃げ(コンプトン散乱バックグラウンド)バックグラウンドと,その「体格補正」        ×     ...
エネルギー分解能の低いWBC自己吸収コンプトン散乱                   134Csと137CsをK-40                      正しく別々に定量できるか?はずれ(立体角補正)当て逃げ(コンプトン散乱バックグラ...
WBCの理想と現実‣ 統計誤差 神のサイコロ.同じ人を二度続けて測定しても結果は異なる‣ 自己吸収 検出効率が体格に依存 - 線源入ファントムによる校正必須‣ 測定器の大きさ 「当たり」と「はずれ」の割合.線源入ファントムによる校正必須‣ 不十...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

(プロ向け資料)ホールボディーカウンター 理想と現実

2,179

Published on

理想のホールボディーカウンターと,現実のWBCの比較をしてみました.WBC測定の何が難しいのか.

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,179
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
30
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

(プロ向け資料)ホールボディーカウンター 理想と現実

  1. 1. 「さかのぼり日本史」ならぬ さかのぼりWBC理想のWBC → 実際のWBC 2012/3/14 南相馬市立総合病院主催の講演会資料より抜粋 東京大学 早野龍五
  2. 2. 理想のWBC完全な遮蔽 それでも誤差はある → 統計誤差周りすべてが測定器 1分で何個壊れるかはガンマ線の全エネルギーを見落とさず測定 「神のサイコロ」エネルギー分解能が良い N± N cpmピークのカウント数 Bq 値 × 1カウント増える カウント 1個壊れると エネルギー 原子核1個崩壊でガンマ線1個,β線は検出されないと仮定
  3. 3. 理想のWBCにヒトが入ると自己吸収 自己吸収を考慮した校正係数が必須コンプトン散乱K-40 × × 自己吸収 自己吸収 K-40 カウント K-40 散乱 エネルギー 散乱
  4. 4. 検出器が全てを覆っていないWBC自己吸収 自己吸収と立体角を考慮した校正係数コンプトン散乱 「当て逃げ」バックグラウンドの正しい差し引きK-40はずれ(立体角補正)当て逃げ(コンプトン散乱バックグラウンド) × 当て逃げ はずれ はずれ K-40 カウント 当て逃げ エネルギー
  5. 5. 遮蔽が不完全なWBC自己吸収コンプトン散乱 バックグラウンドの体格補正K-40はずれ(立体角補正)当て逃げ(コンプトン散乱バックグラウンド)バックグラウンドと,その「体格補正」 × バックグラウンド バックグラウンドの 人体遮蔽 カウント バックグラウンド × エネルギー バックグラウンドのγ線をWBCが検出してしまう 人体がそれを遮蔽(遮蔽度合いは体格に依存) 人体がバックグラウンドを遮蔽
  6. 6. エネルギー分解能の低いWBC自己吸収コンプトン散乱 134Csと137CsをK-40 正しく別々に定量できるか?はずれ(立体角補正)当て逃げ(コンプトン散乱バックグラウンド)バックグラウンドと,その「体格補正」エネルギー分解能 Cs-134, 137の分離 134Cs 137Cs 137Cs 134Cs カウント エネルギー
  7. 7. WBCの理想と現実‣ 統計誤差 神のサイコロ.同じ人を二度続けて測定しても結果は異なる‣ 自己吸収 検出効率が体格に依存 - 線源入ファントムによる校正必須‣ 測定器の大きさ 「当たり」と「はずれ」の割合.線源入ファントムによる校正必須‣ 不十分な遮蔽 バックグラウンドγ線を人体が遮蔽.《線源が入っていない》ファントムによる体格依 存バックグラウンド校正必須‣ エネルギー分解能 134Csと137Csを正しく分離できるか?解析ソフトウエアの品質
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×