Your SlideShare is downloading. ×
0
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

「I osアプリエンジニア養成読本」のここを読め

1,011

Published on

Published in: Mobile
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,011
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  1. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. Date http://classmethod.jp/ Title Sub Author VersionVol. 1 「iOSアプリエンジニア養成読本」のここを読め おおはしりきたけ 2014/4/22
  2. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 2 営業、マネージャーはココを読め!
  3. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 3 iOS開発前の認識合わせ • 巻頭企画 – P11:受託開発時のライセンスの使い分け – P11:アプリリリース体験の必要性 – P17:iOSのリリースサイクルとアプリ開発のサイクル – P19:テスト用端末とiOSバージョン管理 – P20:クロスプラットフォーム対応の開発環境 • 一般記事 – P24:iOSアプリ開発案件の現状と今後の動向
  4. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 4 知っておくべき開発基礎知識 • 特集1 – P28:そもそもiOSアプリはどのように動いているか – P52:iOS SDKフレームワーク活用術 • 特集2 – P64:Gitリポジトリ管理サービス – P67:iOSアプリケーションのアドホック配布 • 特集3 – P88:Apple標準のナビゲーションモデル – P100:実機での確認 • 特集4 – P105:OSSを使い際に注意しなければならない事
  5. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 5 スマホアプリ開発を成功させるために
  6. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 6 プロジェクトの成功とは 「納期」「品質」「コスト」を守ってプロジェクトを完了 品質 納期 コスト
  7. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 7 あしたのためにその1(スケジュール) ■無理なスケジュール ○○月リリースですという無理なスケジュールでプロジェクトを始めてしま う。元々無理なスケジュール(残業、土日出勤あたりまえ)で進めているので、 スケジュールにバッファがなく結果としてデスマーチに ■クラスメソッドでは ・そもそもスケジュールは本当に死守? ・現実的なスケジュールをしっかり説明し、納得していただく。 ⇒死守と言われお断りした後に、結局スケジュールに間に合わなかったんで どうにかなりませんか?という問い合わせもあったりする
  8. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 8 あしたのためにその2(対象技術) ■技術的な不安 技術的な検証をせず不安を抱えたままプロジェクトを始めてしまい、技術的な 課題にはまってしまい予定外の工数がかかってしまう。最悪技術の変更もある ■クラスメソッドでは ・新しい技術については、調査しブログに書く ⇒結果的にその技術でお客様から問い合わせをいただくことも ⇒把握している技術のため技術的なリスクが無いまま始められる ・受注前に技術検討を行う
  9. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 9 あしたのためにその3(金額) ■安い値段 受託をやっていると、要員の空きを埋めようとし、空いているなら安い値段の 案件でも受けがち、安い値段で受けてしまうのと、受注のため焦って取ってしま いリスクの検討などもしないまま受注結果的に大赤字に。。。 ■クラスメソッドでは ・値段が合わない案件はそもそも乗らない。(我慢が必要な時もある) ・受注時にしっかり準備を検討する
  10. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 10 あしたのためにその4(管理) ■ファットな管理 スマホ開発は納期も短く、大規模SIの様な開発の管理方法ではファット過ぎる そもそも規模も小さいので、管理者専属という体制は厳しい ■クラスメソッドでは ・最小限のコミュニケーションで対応 ・プロジェクトを掛け持ちしたりもする
  11. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 11 管理のイメージ 大規模SI スマホアプリ
  12. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 12 まとめ
  13. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 13 まとめ ・スケジュールは余裕を! ・対象技術に自信を! ・適切な価格で受注を! ・スリムな管理体制でスピード感ある開発を!
  14. Copyright ©Classmethod.inc All Right Reserved. 14 最後に

×