Processingによるプログラミング入門 第5回
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Processingによるプログラミング入門 第5回

on

  • 1,109 views

Processing によるプログラミング入門の第 5 回目。研究室の勉強会で発表しました。 ...

Processing によるプログラミング入門の第 5 回目。研究室の勉強会で発表しました。
PowerPoint のファイルが欲しい場合は連絡をください。

[←前回] 第 4 回 http://www.slideshare.net/Reputeless/processing-4
[次回→] 第 6 回 (8月上旬更新予定)

Statistics

Views

Total Views
1,109
Views on SlideShare
1,109
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
10
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Processingによるプログラミング入門 第5回 Processingによるプログラミング入門 第5回 Presentation Transcript

  • 早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 長研究室 B4 鈴木 遼 16 July 2013
  • 今日やること  Processing とプログラミングの基礎  今日は 10 項目
  • 1. スケッチを保存する  プログラムを保存する  場所は Windows だとドキュメント/Processing
  • 画像を扱う準備  画像ファイル(.png, .jpg, .gif, .tga)を用 意する  画像の名前を覚えやすいものに変える 例) picture.png  画像ファイルは 1. のスケッチと同じフォ ルダに保存
  • 画像を扱う準備
  • 2. 画像  PImage 型の変数は画像を保持することが できる PImage picture; void setup() { size(600,400); } void draw() { }
  • 3. 画像データを読み込む [1/2]  loadImage(filename) は指定されたファイ ル名の画像を読み込む PImage picture; void setup() { size(600,400); picture = loadImage(“picture.png”); } void draw() { }
  • 3. 画像データを読み込む [2/2]  draw ブロックで毎フレーム画像を読み込む と動作が重くなるので避ける void setup() { size(600,400); } void draw() { PImage picture = loadImage(“picture.png”); }
  • 4. 画像データを表示する [1/2]  image(p,x,y) は PImage 型のデータ p を座 標 x, y の位置に表示する PImage picture; void setup() { size(600,400); picture = loadImage(“picture.png”); } void draw() { image(picture,30,50); }
  • 4. 画像データを表示する [2/2]  問題) 画像がマウスカーソルについてくるよ うなプログラムをつくる PImage picture; void setup() { size(600,400); picture = loadImage(“picture.png”); } void draw() { background(255,255,255); image(picture,mouseX,mouseY); }
  • 5. フレームの保存 [1/2]  save(filename) は現在のウィンドウを画 像ファイルとして保存する  draw ブロックの中で毎回 save をすると動 作が重くなるので注意 save(filename);
  • 5. フレームの保存 [2/2] void setup() { size(600,400); fill(0,0,255); } void draw() { background(255,255,255); ellipse(frameCount,200,80,80); if(frameCount==100) { save(“mypicture.png”); } }
  • 6. 複数の選択肢 [1/2]  else if で追加の条件を指定できる if(条件A) { // 条件 A が true } else if(条件B) { // それ以外で 条件 B が true } else { // どちらの条件にも当てはまらない }
  • 6. 複数の選択肢 [2/2] void setup() { size(600,400); float value = random(0,3); println(value); if(value<1.0) { background(255,0,0); } else if(value<2.0) { background(0,255,0); } else { background(0,0,255); } } void draw() { }
  • 7. 文字リテラル  シングルクオーテーション ‘ で囲まれた文 字は文字リテラルと呼ばれる文字データ  文字列リテラルと違って 1 文字 println(‘a’); println(‘B’); println(‘?’);
  • 8. char 型  文字リテラルは char (チャー) 型 char a = ‘a’; char b = ‘B’; println(a); println(b);
  • 9. キーボード入力 [1/2]  keyPressed はキーボードのキーが押され ていたら true, 押されていなかったら false になる boolean 型の変数 void setup() { size(600,400); } void draw() { println(keyPressed); }
  • 9. キーボード入力 [2/2] void setup() { size(600,400); } void draw() { background(0,0,0); if(keyPressed) { ellipse(300,200,200,200); } }
  • 10. キーの文字 [1/2]  key は最後に押されたキーの文字が保存さ れた, char 型の変数 void setup() { size(600,400); } void draw() { println(key); }
  • 10. キーの文字 [2/2] void setup() { size(600,400); } void draw() { if(keyPressed) { if(key==‘r’) { background(255,0,0); } else if(key==‘g’) { background(0,255,0); } else if(key==‘b’) { background(0,0,255); } } }
  • Complete! 100% スケッチの保存 PImage loadImage() image() save() if – else if - else 文字リテラル char 型 keyPressed key
  •  基礎編はここで終わり  続きは夏休みの集中講座で!
  • Questions? @Reputeless