事例から見る
テスト自動化の
ポイント
TABOK関西 → 検証コレクション(検これ)
前川 博志
森田 誠
川口 慎一郎
2013/12/1

発表諸元
•検これについて

•テスト事例をまとめてみた
•さらに具体的な事例紹介

2

システムテスト自動化カンファレンス
検これについて
前川 博志
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

検これって何?
• Validation / Verificationに関する、
現実・現場の課題や解決を共有する場所
•共有のやり方として…

• 参加者の経験・知識をコレクション
...
5
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

今の活動は?
•レビューとテスト(自動化)が主な対象

•レビュー

• テスト設計コンテストを集団レビューし、レ
ビュー技法を習得する

•テスト

• 自動テストパターンをあつめて...
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

誰がやってるの?
•前身は「TABOK関西勉強会」で、その中
心となる人たちが引き続きやってます。
•つまり・・・

• ソフトウェアテストに関心がある、関西の
ちょっと怖いお兄さんた...
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

現状は? ー レビューの部
•レビューの対象:テスト設計コンテスト
の資料
•現在は関心事に応じて2チームに

• レビューを反復して知識・経験をつむ
• 資料などから、レビュー手法を...
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

現状は? ー テストの部
•テスト自動化の事例をコレクション中。
• 成功事例を知り、自分の仕事に取り入れる
• 失敗事例を知り、そうならないように気を付ける

•今回は、その成果を発...
…の前に身近な自動化の
パターンを見てみましょう
10
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

トイレの歴史に学ぶ
自動化パターン
アンチ
【①部分的な自動化】
自動化を手動で動かし
てる、手動が増える

【②システム肥大化】
雪だるま式に巨大化、
エンドレス改造の道へ

ノズル...
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

自動化事例をまとめてみた
森田
12

誠
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

背景
•TABOK勉強会にて、自動化の失敗事例・
成功事例が見つかった
•試しに書き出してみると・・・

13
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

テスト自動化マップ
組織
組織

導入
堂々と導入

構築

保守・運用
文明の曙

自動テスト史上主義

強くてニューゲーム

自動化前提のテスト計画

原住民蜂起

自動化前提のテ...
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

テスト自動化マップ
•導入~運用の時間軸と、組織-技術視点の
軸で整理
•今回は、その中から面白そうなものだけ
をピックアップ

15
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

事例① 導入のパターン
•自動化の導入時、技術的なハードルで踏
み出せないことが多い
•事前に自分で自動化環境をある程度用意
しておき、紹介と同時に一気に運用まで
持っていった

16
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

事例① 導入のパターン

-3分クッキング導入

組織

運用・保守

導入

17

3分クッキング
技術
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

事例② 構築時のアンチパターン
• 「自動化すごいじゃん!!」
みんなが自動化を推進し始める
• 数々の自動化システムが構築されるが、評
価項目が被っているものなどが散見し始め
る
•...
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

事例② 構築時のアンチパターン

-自動化ハイ、建て増し旅館導入

組織

構築

管理者不在

運用・保守

導入

建て増し旅館

自動化ハイ

19

3分クッキング

技術
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

事例③ 運用時のアンチパターン
• 管理コストが増大した自動テストの維持が
しんどくなってくる
• そんなときに、主に管理していたエンジニ
アが配置転換。
• 落ちまくるテスト。どんど...
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

事例③ 運用時のアンチパターン
-原住民蜂起~そしてマニュアルへ導入

組織

構築

保守・運用

原住民蜂起
管理者不在

運用・保守

導入
建て増し旅館

自動化ハイ

21
...
2013/12/1

そして、時は流れ・・・

22

システムテスト自動化カンファレンス
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

事例④ 導入時のパターン
•「自動テストってすごいなー。やってみ
たいなー。」
•ある時、不思議なバッチを発見する。
「あれ?なんだこのバッチ。だれも使っ
てないけど」
•見るとびっく...
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

事例④ 導入時のパターン

-インディ・ジョーンズ導入

組織

構築

保守・運用

原住民蜂起

管理者不在

運用・保守

導入
建て増し旅館

インディジョーンズ

24

自...
システムテスト自動化カンファレンス

2013/12/1

続いて、事例紹介です
組織
組織

導入
堂々と導入

構築

保守・運用
文明の曙

自動テスト史上主義

強くてニューゲーム

自動化前提のテスト計画

強調した部分を中心に、
実...
事例紹介
川口 慎一郎
2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス
事例からみるテスト自動化のポイント

ファクトリーオートメーションにおける
システムテスト自動化事例

ファクトリ―オートメーション機器の開発
テスト専門部隊所属
川口 慎一郎
目次
はじめに
ファクトリーオートメーションとは?
事例
システムテスト「自動化」の歩み。
システムテスト自動化 改めて振り返る。
ひとつの解釈
ファクトリーオートメーションで自動化を紐解く。
ファクトリーオートメーションから見る自動化の...
ファクトリーオートメーションとは
 簡単な事例
 要求される品質
製造工程を自動化したのが
Factory Automation(FA)
人間による作業ミスの削減/作業効率/人間に対
する安全性の向上(ウィキペディアより)
運んで
段取り決めたり

検査して

作って

品質管理したり
要求される品質

信頼性
 私たちの作っているモノは、FA制御用の汎用機器。
 さまざまな、利用条件・環境条件にさらされる。
 誤動作は絶対しない/ひとの安全性は絶対に守る。
 テストの実施の量・保証項目数はすごく多い。
 プロダクト...
システムテスト「自動化」の歩み
 自動化システム事例
 自動化の効果
初めての自動化

フェーズ1

自動化の加速

フェーズ2
信頼性検証:自動化システム初号機
「最大・競合・高負荷・云々・・・全部入り。
いかなる条件でも絶対止まりません!」
自動資源変動

結果モニタ&表示
自動で結果判定

自動負荷制動

その名は TITAN

自動全機能確認

ノイズばり乗り

...
初めての システムテスト自動化
TITANは、良い子?悪い子?
・何をされても止まらないことは確認できた。
・稼働までにかかる期間・労力…半端なし。
・デバッグ/改造/システム調整・・・半端なし。

TITANマインドマップ
イメージ図
しかし、自動化の効果は検証している。
経験を活かし、次のフェーズへ!
効果を実証するつもりがないなら、やらない方が良い。
楽しい
仕
事
が
楽
し
く
な
っ
た
感
苦行

期待値

フェーズ1

期待値

フェーズ2

自動化の量

 ...
テスト設計の観点/テストスイート
多品種大量生産
既
存
シ
ス
テ
ム
強
化
新
シ
ス
テ
ム
の
展
開

複製・コピー

観点注射

テストタイプ投与

ATEHAシリーズ

四神シリーズ

四神
相変わらず、
自動化の効果は検証している。
効果を実証するつもりがないなら、やらない方が良い。
楽しい
仕
事
が
楽
し
く
な
っ
た
感
苦行

期待値

フェーズ1

フェーズ2

自動化の量

 ごめん、、もう無理。。
システムテスト自動化
「2点観察」で「診る」
 各フェーズの傾向分析
今までを振り返ってみた。
システムテスト自動化の変遷

一撃必殺

波状攻撃

英雄型

軍団型

フェーズ1

フェーズ2
建て増し旅館、ビックバン自動化
 自動化の目的はコストと納期だ。
 早くものを動かしたくってしょうがない。
 Low Levelから一気にHigh Levelに行くことを“効率“と呼んでいた。
 自分の勘を信じることが、安心につながる。...
建て増し旅館

2号館

別館

新館 自動化ハイ

 手順をまとめて、テストスイートづくりが楽しかった。

 テストシステムの数と種類が半端ない。
 お蔵入りのテストシステム・機材がたくさんある。
 自動化率向上と言い出した。自動化で...
ファクトリーオートメーション
自動化を紐解く
 自動化の難しさの源
 成功の秘訣
 私たちのパラダイムシフト
俺たち何を自動化してたっけ?
-FAシステムと捉えて逆アセンブル表面上に見えていた行為と、ホントは人がやってた仕事の差。
一人の熟練者(職人)がいれば全てを分かってました。
ひとが作業順番考えてました
結果は紙に書いてました
昔は手渡しでした
...
自動化の難しさの根っこに気づく。
 従来、ひと(手作業・あたま・経験/勘)でやってた仕事って、
実はすごく賢いし、情報流れとか簡単には見えてこない。
 無意識でやっている事は、見えるようにすることすら、とても
難しい。

 目に見えている...
自動化の成功の秘訣に気づく。
 FAでは、ひとがやっていること(5感)を機械化する技術がす
ごく発達している。
 それぞれの技術が嵌るように、生産システムは構造化設計さ
れている。
 さらに、技術を嵌めた時、プロセス全体の流れが最適になる...
Manufacturing =人の知恵と技術の結集

automate

Testing =人の知恵と技術の結集
そして僕らに、パラダイムシフトが起こる。
 人間の役割を自動化することの難しさを理解する。

 無意識を意識化し、人のやっていることを表面
化・形式化させることが第一歩である。
 それを(人の思考・行為)を自動化するには、高
度な専門知識...
現在の取り組み
テストプロセス全体を通して
 無意識の意識化(振り返り中)
 テスト自動化に必要な技術を整理(最中)

 獲得技術の適応性を考慮に入れた、テストシ
ステムとしての最適化・構造化(始めた)
FAを越えろ!
テスト工程の自動化を考えたい!
 狙うは“テストに必要なアクティビティ”が“最適に”自動化
されたテストシステム。

作って

睨み利かして

検査して

自動化
自動化
自動化

運んで

管理して

自動化
自動化
自動化
そして、新たな一歩を進む。

一撃必殺

波状攻撃

英雄型

軍団型

フェーズ1

フェーズ2

そして
覚醒
フェーズ3
自動化とは?

[オムロンの事例]
自動化の背景にある概念と文化
私たちの自動化の根っこにある
概念と文化

「機械にできることは機械に任せ、
人間はより創造的な分野で
活動を楽しむべきである」
オムロン株式会社 創業者 立石一真氏
自動化の「その先にあるもの」を考えてみませんか?
それが、魅力ある風景に映る...
2013/12/1

システムテスト自動化カンファレンス

まとめ
•検これ、関西で絶賛開催中

• レビューとテスト自動化に分かれて活動中

•今回はテスト自動化チームの成果を報告
• テスト自動化マップ
• 現場での導入・改善事例

•関西...
ご清聴ありがとうございました。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

事例から見るテスト自動化のポイント

15,705

Published on

システムテスト自動化カンファレンスでの #検これ の発表です。

Published in: Technology
0 Comments
21 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
15,705
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
73
Comments
0
Likes
21
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 次から、ウォシュレットの例のように、ストーリー仕立てで説明する
  • 事例から見るテスト自動化のポイント

    1. 1. 事例から見る テスト自動化の ポイント TABOK関西 → 検証コレクション(検これ) 前川 博志 森田 誠 川口 慎一郎
    2. 2. 2013/12/1 発表諸元 •検これについて •テスト事例をまとめてみた •さらに具体的な事例紹介 2 システムテスト自動化カンファレンス
    3. 3. 検これについて 前川 博志
    4. 4. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 検これって何? • Validation / Verificationに関する、 現実・現場の課題や解決を共有する場所 •共有のやり方として… • 参加者の経験・知識をコレクション • それらを元にディスカッションすることで新 たな知見を獲得! •みたいなやり方で進めているので・・・ 4
    5. 5. 5
    6. 6. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 今の活動は? •レビューとテスト(自動化)が主な対象 •レビュー • テスト設計コンテストを集団レビューし、レ ビュー技法を習得する •テスト • 自動テストパターンをあつめて、色々整理。
    7. 7. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 誰がやってるの? •前身は「TABOK関西勉強会」で、その中 心となる人たちが引き続きやってます。 •つまり・・・ • ソフトウェアテストに関心がある、関西の ちょっと怖いお兄さんたちが集まってきてい ます。 •活動地域は「関西」(大阪周辺)です。 7
    8. 8. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 現状は? ー レビューの部 •レビューの対象:テスト設計コンテスト の資料 •現在は関心事に応じて2チームに • レビューを反復して知識・経験をつむ • 資料などから、レビュー手法を学習する 8
    9. 9. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 現状は? ー テストの部 •テスト自動化の事例をコレクション中。 • 成功事例を知り、自分の仕事に取り入れる • 失敗事例を知り、そうならないように気を付ける •今回は、その成果を発表します! 9
    10. 10. …の前に身近な自動化の パターンを見てみましょう 10
    11. 11. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 トイレの歴史に学ぶ 自動化パターン アンチ 【①部分的な自動化】 自動化を手動で動かし てる、手動が増える 【②システム肥大化】 雪だるま式に巨大化、 エンドレス改造の道へ ノズルの調整ってマジ手動? ノズル誰が掃除すんの?? 俺気付いたんだ けど!?あれも これも自動化で きちゃうじゃん 【③システムの不適合】 効率・用途・特性が合 わなくて、むりくり 【④過剰な自動化】 目的の喪失と投資対効 果意識の欠如 なーんか、どう見ても、 アンチ自動化、 無理やりじゃね? いっちょあがり! 3万円なり。 豪華すぎ? 200万円なり。
    12. 12. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 自動化事例をまとめてみた 森田 12 誠
    13. 13. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 背景 •TABOK勉強会にて、自動化の失敗事例・ 成功事例が見つかった •試しに書き出してみると・・・ 13
    14. 14. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 テスト自動化マップ 組織 組織 導入 堂々と導入 構築 保守・運用 文明の曙 自動テスト史上主義 強くてニューゲーム 自動化前提のテスト計画 原住民蜂起 自動化前提のテスト設計 メトリクスの見える化 こっそり導入 割れ窓を塞ぐ 管理者不在 エラーレポート 最適化 導入 運用・保守 建て増し旅館 自動化 レトロスペクティブ ビッグバン自動化 やり易い所から自動化 インディジョーンズ 14 3分クッキング 自動化ハイ ゴールデンハンマー シルシルミシル 技術 武蔵運用 自動テストのインフラ化 自動化システムの品質指標
    15. 15. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス テスト自動化マップ •導入~運用の時間軸と、組織-技術視点の 軸で整理 •今回は、その中から面白そうなものだけ をピックアップ 15
    16. 16. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 事例① 導入のパターン •自動化の導入時、技術的なハードルで踏 み出せないことが多い •事前に自分で自動化環境をある程度用意 しておき、紹介と同時に一気に運用まで 持っていった 16
    17. 17. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 事例① 導入のパターン -3分クッキング導入 組織 運用・保守 導入 17 3分クッキング 技術
    18. 18. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 事例② 構築時のアンチパターン • 「自動化すごいじゃん!!」 みんなが自動化を推進し始める • 数々の自動化システムが構築されるが、評 価項目が被っているものなどが散見し始め る • 結果的に管理コストが増大していく。。。 18
    19. 19. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 事例② 構築時のアンチパターン -自動化ハイ、建て増し旅館導入 組織 構築 管理者不在 運用・保守 導入 建て増し旅館 自動化ハイ 19 3分クッキング 技術
    20. 20. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 事例③ 運用時のアンチパターン • 管理コストが増大した自動テストの維持が しんどくなってくる • そんなときに、主に管理していたエンジニ アが配置転換。 • 落ちまくるテスト。どんどん自動テスト環 境が閉じられていく。。。 • 最終的に、元に戻る。 20
    21. 21. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 事例③ 運用時のアンチパターン -原住民蜂起~そしてマニュアルへ導入 組織 構築 保守・運用 原住民蜂起 管理者不在 運用・保守 導入 建て増し旅館 自動化ハイ 21 3分クッキング 技術
    22. 22. 2013/12/1 そして、時は流れ・・・ 22 システムテスト自動化カンファレンス
    23. 23. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス 事例④ 導入時のパターン •「自動テストってすごいなー。やってみ たいなー。」 •ある時、不思議なバッチを発見する。 「あれ?なんだこのバッチ。だれも使っ てないけど」 •見るとびっくり!主なシステムテストが 実施されるバッチだった。よし、これで 自動化してみよう! 23
    24. 24. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 事例④ 導入時のパターン -インディ・ジョーンズ導入 組織 構築 保守・運用 原住民蜂起 管理者不在 運用・保守 導入 建て増し旅館 インディジョーンズ 24 自動化ハイ 3分クッキング 技術
    25. 25. システムテスト自動化カンファレンス 2013/12/1 続いて、事例紹介です 組織 組織 導入 堂々と導入 構築 保守・運用 文明の曙 自動テスト史上主義 強くてニューゲーム 自動化前提のテスト計画 強調した部分を中心に、 実際の事例を交えて こっそり導入 ポイントを紹介します メトリクスの見える化 原住民蜂起 自動化前提のテスト設計 割れ窓を塞ぐ 管理者不在 エラーレポート 最適化 導入 運用・保守 建て増し旅館 自動化 レトロスペクティブ ビッグバン自動化 やり易い所から自動化 インディジョーンズ 25 3分クッキング 自動化ハイ ゴールデンハンマー シルシルミシル 技術 武蔵運用 自動テストのインフラ化 自動化システムの品質指標
    26. 26. 事例紹介 川口 慎一郎 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス
    27. 27. 事例からみるテスト自動化のポイント ファクトリーオートメーションにおける システムテスト自動化事例 ファクトリ―オートメーション機器の開発 テスト専門部隊所属 川口 慎一郎
    28. 28. 目次 はじめに ファクトリーオートメーションとは? 事例 システムテスト「自動化」の歩み。 システムテスト自動化 改めて振り返る。 ひとつの解釈 ファクトリーオートメーションで自動化を紐解く。 ファクトリーオートメーションから見る自動化の本質。 現在の取り組み。 最後に 私たちにとっての自動化とは?
    29. 29. ファクトリーオートメーションとは  簡単な事例  要求される品質
    30. 30. 製造工程を自動化したのが Factory Automation(FA) 人間による作業ミスの削減/作業効率/人間に対 する安全性の向上(ウィキペディアより) 運んで 段取り決めたり 検査して 作って 品質管理したり
    31. 31. 要求される品質 信頼性  私たちの作っているモノは、FA制御用の汎用機器。  さまざまな、利用条件・環境条件にさらされる。  誤動作は絶対しない/ひとの安全性は絶対に守る。  テストの実施の量・保証項目数はすごく多い。  プロダクト単体システムテスト~システム統合テスト  信頼性の向上を目指して自動化も頑張ってます。
    32. 32. システムテスト「自動化」の歩み  自動化システム事例  自動化の効果
    33. 33. 初めての自動化 フェーズ1 自動化の加速 フェーズ2
    34. 34. 信頼性検証:自動化システム初号機 「最大・競合・高負荷・云々・・・全部入り。 いかなる条件でも絶対止まりません!」 自動資源変動 結果モニタ&表示 自動で結果判定 自動負荷制動 その名は TITAN 自動全機能確認 ノイズばり乗り ランダム例外発生
    35. 35. 初めての システムテスト自動化 TITANは、良い子?悪い子? ・何をされても止まらないことは確認できた。 ・稼働までにかかる期間・労力…半端なし。 ・デバッグ/改造/システム調整・・・半端なし。 TITANマインドマップ イメージ図
    36. 36. しかし、自動化の効果は検証している。 経験を活かし、次のフェーズへ! 効果を実証するつもりがないなら、やらない方が良い。 楽しい 仕 事 が 楽 し く な っ た 感 苦行 期待値 フェーズ1 期待値 フェーズ2 自動化の量  思ったほど仕事が楽しくなってないぞ。  プラマイしたたら、マイナスじゃないか?  投資回収出来るの、だいぶ先だぞ?
    37. 37. テスト設計の観点/テストスイート 多品種大量生産 既 存 シ ス テ ム 強 化 新 シ ス テ ム の 展 開 複製・コピー 観点注射 テストタイプ投与 ATEHAシリーズ 四神シリーズ 四神
    38. 38. 相変わらず、 自動化の効果は検証している。 効果を実証するつもりがないなら、やらない方が良い。 楽しい 仕 事 が 楽 し く な っ た 感 苦行 期待値 フェーズ1 フェーズ2 自動化の量  ごめん、、もう無理。。
    39. 39. システムテスト自動化 「2点観察」で「診る」  各フェーズの傾向分析
    40. 40. 今までを振り返ってみた。 システムテスト自動化の変遷 一撃必殺 波状攻撃 英雄型 軍団型 フェーズ1 フェーズ2
    41. 41. 建て増し旅館、ビックバン自動化  自動化の目的はコストと納期だ。  早くものを動かしたくってしょうがない。  Low Levelから一気にHigh Levelに行くことを“効率“と呼んでいた。  自分の勘を信じることが、安心につながる。  テスト設計する前に、テストの環境が決まっている。  自動化したが、仕事が楽になっていない気がする。 自動化の前に、テストとして健全な認識を持つことから始める。 不衛生な数値目標はやめたし、どう考えてもテスト設計が先だし。
    42. 42. 建て増し旅館 2号館 別館 新館 自動化ハイ  手順をまとめて、テストスイートづくりが楽しかった。  テストシステムの数と種類が半端ない。  お蔵入りのテストシステム・機材がたくさんある。  自動化率向上と言い出した。自動化できるところを探し始めた。  無人化された反動で、探索テストが無いと落ち着かない。  自動化したが、仕事が増えている気がする。 もっと上手くできないもんか? 俺たち、Factory Automation の仕事してんだぜ。
    43. 43. ファクトリーオートメーション 自動化を紐解く  自動化の難しさの源  成功の秘訣  私たちのパラダイムシフト
    44. 44. 俺たち何を自動化してたっけ? -FAシステムと捉えて逆アセンブル表面上に見えていた行為と、ホントは人がやってた仕事の差。 一人の熟練者(職人)がいれば全てを分かってました。 ひとが作業順番考えてました 結果は紙に書いてました 昔は手渡しでした 熟練者の勘でOK/NGつけてました ひとが目で見て検査してました 昔は手で組み立 ててました 工程間の申し送りは朝礼でした。 色々、目で見てました。 大量にモノをつくってないから 管理もいらないし 製造工程のトラブルが発生しても、ひとに聞けば、だいたい原因判りました。
    45. 45. 自動化の難しさの根っこに気づく。  従来、ひと(手作業・あたま・経験/勘)でやってた仕事って、 実はすごく賢いし、情報流れとか簡単には見えてこない。  無意識でやっている事は、見えるようにすることすら、とても 難しい。  目に見えているところだけの自動化をやってしまうと、さら に、“やってること”が、隠ぺいされて行くことにつながる。
    46. 46. 自動化の成功の秘訣に気づく。  FAでは、ひとがやっていること(5感)を機械化する技術がす ごく発達している。  それぞれの技術が嵌るように、生産システムは構造化設計さ れている。  さらに、技術を嵌めた時、プロセス全体の流れが最適になる ように計算されている。  そして、そこ(生産現場)には、必ずと言っていいほど、効果の 計測・振り返りをベースとした、たゆまぬ改善がある。
    47. 47. Manufacturing =人の知恵と技術の結集 automate Testing =人の知恵と技術の結集
    48. 48. そして僕らに、パラダイムシフトが起こる。  人間の役割を自動化することの難しさを理解する。  無意識を意識化し、人のやっていることを表面 化・形式化させることが第一歩である。  それを(人の思考・行為)を自動化するには、高 度な専門知識・技術獲得・体系化が必要となる。  獲得する技術をより明らかにし、かつ適用可能に するために、システムの構造化は必須。
    49. 49. 現在の取り組み
    50. 50. テストプロセス全体を通して  無意識の意識化(振り返り中)  テスト自動化に必要な技術を整理(最中)  獲得技術の適応性を考慮に入れた、テストシ ステムとしての最適化・構造化(始めた)
    51. 51. FAを越えろ! テスト工程の自動化を考えたい!  狙うは“テストに必要なアクティビティ”が“最適に”自動化 されたテストシステム。 作って 睨み利かして 検査して 自動化 自動化 自動化 運んで 管理して 自動化 自動化 自動化
    52. 52. そして、新たな一歩を進む。 一撃必殺 波状攻撃 英雄型 軍団型 フェーズ1 フェーズ2 そして 覚醒 フェーズ3
    53. 53. 自動化とは? [オムロンの事例] 自動化の背景にある概念と文化
    54. 54. 私たちの自動化の根っこにある 概念と文化 「機械にできることは機械に任せ、 人間はより創造的な分野で 活動を楽しむべきである」 オムロン株式会社 創業者 立石一真氏 自動化の「その先にあるもの」を考えてみませんか? それが、魅力ある風景に映るなら、諦めずに進みましょう。 自動化は、とても創造的で楽しい仕事に変わるかもしれません。 平社員 川口 慎一郎
    55. 55. 2013/12/1 システムテスト自動化カンファレンス まとめ •検これ、関西で絶賛開催中 • レビューとテスト自動化に分かれて活動中 •今回はテスト自動化チームの成果を報告 • テスト自動化マップ • 現場での導入・改善事例 •関西にご旅行の際は、是非 検これ に!
    56. 56. ご清聴ありがとうございました。
    1. A particular slide catching your eye?

      Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

    ×