Rゲン語で可視化について

パヴェウ・ルシン
株式会社ブリリアントサービス
自己紹介
●

Paweł Rusin (パヴェウ・ルシン)

●

pawel.rusin@brilliantservice.co.jp

Facebook: Paweł Rusin                   (
iofar@o2....
自己紹介
自己紹介
http://kansaizeror.blogspot.jp
R言語について

●

無料

●

オーペンソース

●

スキリプト言語

●

スプレッドシートソフトとプログラミング言語の妥協

●

統計に迎えて

●

パッケージ「多くて使いやすい」
統計に迎えて
> 42
[1] 42
> -273.15
[1] -273.15
> 2.3e4
[1] 23000
> Inf
[1] Inf
> 1+1i
[1] 1+1i
統計に迎えて
>2+2
[1] 4
> -273.15*33.8
[1] -9232.47
> 3^4
[1] 81
> Inf*100000000000000000
[1] Inf
sqrt(-4+0i)
[1] 0+2i
統計に迎えて
ベクター
> c(1,3,-1,8,0)

1

2

3

4

5

...

,2

,3

[1] 1 3 -1 8 0

配列
,1

> matrix(111:119,3,3)
1,

[,1] [,2] [,3]
[...
統計に迎えて
Python

LOD
XLS
CSV

Twitter
データフレーム

year
1 2008
2 2008
3 2008
4 2008
5 2008
6 2008

surface city
street
n.rooms c...
統計に迎えて
a = c(1:10)
[1] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
sum(a)

min(a)

max(a)

[1] 55

[1] 1

[1] 10

mean(a)

var(a)

[1] 5,5

[1] 9...
統計に迎えて

plot(faithful$eruptions,faithful$waiting)
基本的な機能が足りない場合に
は?
パッケージ
RandomForest

機会学習

lattice

Ggplot2

Rmysql

可視化
Shiny
googleVis

e1071

rmongodb

データを処理

bigVis

rjson

SPARQL

C...
パッケージ

CRAN – Comprehensive R Archive Network
[5019 パッケージ] 
パッケージ

Source: http://blog.revolutionanalytics.com/
パッケージ

install.packages("パッケージの名前 ")
library(パッケージの名前 )
ggplot2
lattice
Shiny
googleVis
RStudio
デモ
パッケージを準
備

install.packages("SPARQL")
library(SPARQL)
データを取得

endpoint <- "http://lod.hozo.jp/endpoint/osakatest"
データを取得

query <- "PREFIX blab:
<http://linkdata.org/resource/rdf1s924i/>
SELECT ?s ?p ?o
WHERE {?s ?p ?o}
limit 10"
データを取得

qd <- SPARQL(endpoint,query)$results
データを表示

Install.packages(„googleVis”)
Library(googleVis)
plot(gvisMap(data, locationvar="latlong", tipvar="name"))
データを表示
ありがとうございまし
た!
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

LOD METI

231

Published on

1 Comment
1 Like
Statistics
Notes
  • みましたよ。

    Rゲン語 ・・・ どうしてここだけカタカナ!?(ほかのスライドでは言語ってなってるのに)
    スキリプト言語 ・・・ 日本語表記では「スクリプト言語」が多いですね。
    統計に迎えて ・・・ 何だろう…meet? 「統計処理にむいている言語」ってことかな。

    またどこかでお会いしたいですね!
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
231
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
1
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

LOD METI

  1. 1. Rゲン語で可視化について パヴェウ・ルシン 株式会社ブリリアントサービス
  2. 2. 自己紹介 ● Paweł Rusin (パヴェウ・ルシン) ● pawel.rusin@brilliantservice.co.jp Facebook: Paweł Rusin                   ( iofar@o2.pl) ● 会社: ●  株式会社ブリリアントサービス ● 業務: ● データマイニング ● ウェアラブルOS開発
  3. 3. 自己紹介
  4. 4. 自己紹介 http://kansaizeror.blogspot.jp
  5. 5. R言語について ● 無料 ● オーペンソース ● スキリプト言語 ● スプレッドシートソフトとプログラミング言語の妥協 ● 統計に迎えて ● パッケージ「多くて使いやすい」
  6. 6. 統計に迎えて > 42 [1] 42 > -273.15 [1] -273.15 > 2.3e4 [1] 23000 > Inf [1] Inf > 1+1i [1] 1+1i
  7. 7. 統計に迎えて >2+2 [1] 4 > -273.15*33.8 [1] -9232.47 > 3^4 [1] 81 > Inf*100000000000000000 [1] Inf sqrt(-4+0i) [1] 0+2i
  8. 8. 統計に迎えて ベクター > c(1,3,-1,8,0) 1 2 3 4 5 ... ,2 ,3 [1] 1 3 -1 8 0 配列 ,1 > matrix(111:119,3,3) 1, [,1] [,2] [,3] [1,] 111 114 117 [2,] 112 115 118 [3,] 113 116 119 2, 3, x
  9. 9. 統計に迎えて Python LOD XLS CSV Twitter データフレーム year 1 2008 2 2008 3 2008 4 2008 5 2008 6 2008 surface city street n.rooms condition 20 Warszawa Bagno 1 do remontu 25 Warszawa Pruszkow 1 do remontu 26 Warszawa Marymoncka 1 do remontu 27 Warszawa Sienna 1 dobry 28 Warszawa Raclawicka 1 do remontu 28 Warszawa Miaczynska 2 dobry lat 52.22947 52.17162 52.27114 52.24238 52.19814 52.19814 lon 21.00761 20.80639 20.95003 20.98659 21.01752 21.01752
  10. 10. 統計に迎えて a = c(1:10) [1] 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 sum(a) min(a) max(a) [1] 55 [1] 1 [1] 10 mean(a) var(a) [1] 5,5 [1] 9.166667
  11. 11. 統計に迎えて plot(faithful$eruptions,faithful$waiting)
  12. 12. 基本的な機能が足りない場合に は?
  13. 13. パッケージ RandomForest 機会学習 lattice Ggplot2 Rmysql 可視化 Shiny googleVis e1071 rmongodb データを処理 bigVis rjson SPARQL C API 高速化 parallel 並列計算 GPU froeach gputools stats C/C++ Rcpp
  14. 14. パッケージ CRAN – Comprehensive R Archive Network [5019 パッケージ] 
  15. 15. パッケージ Source: http://blog.revolutionanalytics.com/
  16. 16. パッケージ install.packages("パッケージの名前 ") library(パッケージの名前 )
  17. 17. ggplot2
  18. 18. lattice
  19. 19. Shiny
  20. 20. googleVis
  21. 21. RStudio
  22. 22. デモ
  23. 23. パッケージを準 備 install.packages("SPARQL") library(SPARQL)
  24. 24. データを取得 endpoint <- "http://lod.hozo.jp/endpoint/osakatest"
  25. 25. データを取得 query <- "PREFIX blab: <http://linkdata.org/resource/rdf1s924i/> SELECT ?s ?p ?o WHERE {?s ?p ?o} limit 10"
  26. 26. データを取得 qd <- SPARQL(endpoint,query)$results
  27. 27. データを表示 Install.packages(„googleVis”) Library(googleVis) plot(gvisMap(data, locationvar="latlong", tipvar="name"))
  28. 28. データを表示
  29. 29. ありがとうございまし た!
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×