• Like
Uploaded on

2013年11月27日に開催されたWebLogic Server勉強会@東京のLTセッションでFacebookの「やっぱりWebLogic!」グループ管理人、櫻井将一郎が使用した「やっぱりWTC!」資料です。

2013年11月27日に開催されたWebLogic Server勉強会@東京のLTセッションでFacebookの「やっぱりWebLogic!」グループ管理人、櫻井将一郎が使用した「やっぱりWTC!」資料です。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
894
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
8
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. WTC やっぱりWebLogic! 第41回Oracle WebLogic Server勉強会@東京 2013年11月27日 FaceBook やっぱりWebLogic!グループ管理人 櫻井将一郎
  • 2. はじめに(おことわりと自己紹介)  おことわり 本資料は、WebLogicやTuxedoのオンラインマニュアルにある内容 に沿って、“0”から設定を行ったものになります。 本資料の内容は私見によるものであり、私が所属している組織による 公式の見解ではございません。 合わせて設定内容においても推奨値を示しているものではありません ので、ご了承くださいますようお願い致します。  自己紹介 名前:櫻井将一郎@FBやっぱりWebLogic!グループ管理人 職業:Webアプリケーション開発担当を夢見がちなインフラ系SE 詳しくはWebで → http://www.facebook.com/shoichiro.sakurai 参考URL:http://www.facebook.com/groups/208829669205780/ 1
  • 3. WTCとは? Oracle Tuxedo(Transactions for Unix,Extended for Di strinuted Operations)とは、分散コンピューティング環境におけるO LTP(オンライントランザクション処理)を実現ためのTPモニタを提供す るミドルウェアです。 WTC(WebLogic Tuxedo Connector)は、このTuxedoとWe bLogic Server(以降、WLS)を連携(相互運用)するためのコネクタ 機能です。 WTC Domain Gateway Servlet EJB等 WebLogic 双方向の 通信が可能 Domain Gateway サービス Tuxedo 参考URL:http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/middleware/ application-grid/tuxedo-overview-302080-ja.pdf 2
  • 4. WTCのここが素敵 例えば、CやCOBOLで開発された資産(アプリケーション)をWLS上 に展開したJavaアプリケーションから「(インポート済みの)サービス」とし て呼び出すことができます。 逆にWLS上に展開したJavaアプリケーション(EJB)を「(エクスポート 済みの)サービス」としておくことでTuxedo上に実装した資産から呼び 出すことができます。 Tuxedo-WLSで相互運用する場合にJoltなどの他の選択肢があり ますが、トランザクションの伝播ができないと云ったこともあり、旧BEA社 はWTCの利用を推奨しておりました。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E38957_01/tuxedo/docs12c/interop/ iopwls.html 3
  • 5. 今回の検証環境  WebLogicサーバ(VirtualBox上の仮想マシン) OS:CentOS 6.4(32bit) AP:WebLogic Server 12c(12.1.1.0) ホスト名:wls001 IPアドレス:192.168.1.10  Tuxedoサーバ(VirtualBox上の仮想マシン) OS:CentOS 6.4(32bit) AP:Oracle Tuxedo 12cR1(12.1.1.0) ホスト名:tux001 IPアドレス:192.168.1.20 4
  • 6. 本資料のゴール WebLogic Tuxedo Connectorクイック・スタート・ガイド(下記 参考URL)に基づき、以下の構成により相互運用を検証する。 toupprクライアント (インポート済の サービス) WTC ホスト名:wls001 ローカルAP:TDOM2 →wls001:5678 リモートAP:TDOM1 →tux001:1234 Domain Gateway Domain Gateway WebLogic TOLOWER (エクスポート済の サービス) 渡された文字列を小文字に 変換するプログラム tolower クライアント ホスト名:tux001 ローカルAP:TDOM1 →tux001:1234 リモートAP:TDOM2 →wls001:5678 Tuxedo TOUPPER 渡された文字列を大文字に 変換するプログラム 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 5
  • 7. WebLogicの設定①  WTCサーバーの作成 ①管理コンソールのツリーより[相互運用性]-[WTCサーバー]を選択 ③チェンジ・センターより[ロックして編集]ボタンを押下 ④[新規]ボタンを押下し、[名前:]を入力し[OK]ボタンを押下 ここではクイック・スタート・ガイドに従い、“mySimpapp”を入力 ⑤[WTCサーバー]の表にある“mySimpapp”のリンクをクリック 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 6
  • 8. WebLogicの設定②  ローカル・アクセス・ポイントの作成 ①[WTCサーバー]表にある“mySimpapp”のリンクをクリック ②[ローカルAP]タブをクリックし、下表のように設定 設定項目名 設定値 アクセス・ポイント myLocalAp アクセス・ポイントID TDOM2 ネットワーク・アドレス //wls001:5678 ここで、WLS側でリスンするアドレス・ポートを設定 します。 ③[OK]ボタンを押下 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 7
  • 9. WebLogicの設定③  リモート・アクセス・ポイントの作成 ①[リモートAP]タブをクリックし、下表のように設定 設定項目名 設定値 アクセス・ポイント myRemoteAp アクセス・ポイントID TDOM1 ローカル・アクセス・ポイント myLocalAp ネットワーク・アドレス //tux001:1234 リモートアクセスポイント(Tuxedo側)のリスンする アドレス・ポートを設定し、これと紐づけるローカル アクセスポイントを設定します。 ②[OK]ボタンを押下 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 8
  • 10. WebLogicの設定④  エクスポートされたサービスの作成 ①[エクスポート済み]タブをクリックし、下表のように設定 設定項目名 設定値 リソース名 TOLOWER ローカル・アクセス・ポイント myLocalAp EJB名 tuxedo.services.TOLOWERHome リモート名 TOLOWER WLSでサービスをエクスポートすることで 「リモート名」を使ってTuxedo側からWLSの サービスをコールすることができます。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 9
  • 11. WebLogicの設定⑤  インポートされたサービスの作成 ①[インポート済み]タブをクリックし、下表のように設定 設定項目名 設定値 リソース名 TOUPPER ローカル・アクセス・ポイント myLocalAp リモート・アクセス・ポイント・リスト myRemoteAp リモート名 TOUPPER Tuxedo側のサービスをWLSにインポート することで、WLSからTuxedoのサービスを コールすることができます。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 10
  • 12. WebLogicの設定⑥  WTCサービスのデプロイ~ユーザの作成 ①[ターゲット]タブをクリックし、WLSサーバインスタンスをチェックし、これまで設定したW TCの設定をインスタンスで動作するように設定 ②Tuxedo側からWLSに展開するサービスをコールする際に、リモート・アクセス・ポイント のアクセス・ポイントIDで呼ばれるので、アクセス・ポイントIDをユーザとして登録しておく。 [セキュリティ・レルム]ー[myRealm]リンクー[ユーザーとグループ]タブー[ユーザー]を 選択する。 [新規作成]ボタンをクリックし、“TDOM1”(名前・パスワードとも)を追加し、 [OK]ボタンをクリックする ※ これを行わないとTuxedoクライアント実行時にPermission Deniedを示す“TPE PERM”(8)が発生します。これはリモートアクセスポイント[セキュリティ]タブの[ACLポ リシー]を“グローバル”にすることでも回避できます。  Tuxedo 6.5との相互運用について 今回の検証環境ではTuxedo12cと接続しますが、Tuxedo6.5とWTCを行う場合、 Tuxedo6.5のリモート・アクセス・ポイントに紐づけるローカル・アクセス・ポイントに対し て、 [接続]タブの[相互運用]フィールドを“はい”にしておく必要があります。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 11
  • 13. Tuxedoインストール  Tuxedoのインストール ①Tuxedoをダウンロードし、インストールする http://www.oracle.com/technetwork/jp/middleware/tuxedo/downloads/index.html ②インストーラを実行する(コンソール・モード) # sh△tuxedo12cR1_32_Linux_01_x86.bin△-i△console ここでは、  Oracleホーム 【/opt/oracle】  インストール先 【/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0】 を指定。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E38957_01/tuxedo/docs12c/install/ inscon.html 12
  • 14. Tuxedoの設定①  サンプルソースのビルド ①telnetやsshにて、Tuxedoサーバにログイン ②Cコンパイラが必要なので、開発ツールが入っていない場合は事前に以下の通りインス トールしておく。(インターネットに接続できる環境の場合) # yum△groupinstall△‘Development tools’ →インターネット接続できない場合は-- disablerepo/--enablerepoオプションなどを利用する。 例)# yum△--disablerepo=¥*△--enablerepo=c6-media△groupinstall△'Development tools' ③Tuxedoがインストールされたディレクトリに移動し、環境変数を読み込む # cd△/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/ # source△tux.env ※全量は後述 ④サンプルソースをビルドする(必要であれば別のディレクトリに複製してから) # cd△/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/ # buildclient△-o△simpcl△-f△simpcl.c →TuxedoからWLSのサービスを呼び出すサンプル # buildserver△-o△simpserv△-f△simpserv.c△-s△TOUPPER →WLSからTuxedoのサービスを呼び出すサンプル 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 13
  • 15. Tuxedoの設定②  ubbconfig(ubbdomain)の設定 ①サンプルに同梱されたファイルからubbconfigの設定を行う # cd△/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/ # cp△-p△ubbsimple△ubbconfig # vi△ubbconfig 設定を変更する箇所は以下の通り ※全量は後述 設定項目名 設定値 IPCKEY 123456 APPDIR “/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp” TUXCONFIG “/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/tuxconfig” TUXDIR “/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0” *MACHINES tux001 ②ubbconfigをロードして、tuxconfigを生成する # tmloadcf△-y△ubbconfig 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 14
  • 16. Tuxedoの設定③  domainconfigの設定 ①WebLogicサンプルに同梱されたファイルからdomainconfigの設定を行う # cp△-p△dom1config.template△¥ /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/domainconfig # vi△domainonfig 設定を変更する箇所は以下の通り ※全量は後述 設定項目名 設定値 TDOM1 GWGRP GROUP2 TDOM1 NWADDR “//tux001:1234” TDOM2 NWADDR “//wls001:5678” ②domainconfigをロードして、bdmconfigを生成する # dmloadcf△-y△domainonfig ③WLSサービスを呼ぶためのサンプルクライアントをビルドする # buildclient△-f△tolower.c△-o△tolower 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 15
  • 17. WebLogicAPのデプロイ  WebLogicアプリケーションサンプルのビルド ①WTCのサンプルとして提供されている【simpapp】【simpserv】を入手する。WLS7 /8.1では同梱されていたが、現バージョンではOTNにあるらしい。 (・・・が、見つけられていないので、各自何とか探し出す) ②antタスクを利用してサンプル【simpapp】をビルドする # cd△【simpapp】のあるディレクトリ(build.xmlが同梱されている) # source△/opt/oracle/weblogic/wlserver_12.1/server/setWLSEnv.sh # TUXDIR=/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0;△export△TUXDIR ※build.xml内で環境変数TUXDIRが必要なためセットします。不要であればコメント化。 # ant ③【wtc_toupper.jar】が生成されるので、管理コンソールからデプロイを行う ④同様に【simpserv】をビルドすると【wtc_tolower.jar】が生成されるので、これもデ プロイを行う。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 16
  • 18. Tuxedoの起動  Tuxedoの起動 ①以下のコマンドでTuxedoを起動する # tmboot△-y Booting all admin and server processes in /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/tuxconfig INFO: Oracle Tuxedo, Version 12.1.1.0, 32-bit, Patch Level (none) Booting admin processes ... exec BBL -A : process id=4169 ... Started. Booting server processes ... exec simpserv -A : BBL・・・Tuxedo管理プロセス process id=4170 ... Started. DMADM・・・Domains管理サーバ exec DMADM -A : GWADM・・・ゲートウェイ管理サーバ process id=4171 ... Started. GWTDOMAIN・・・Tdomainゲート exec GWADM -A : ウェイ・サーバ(WLSとの接続を確立 process id=4172 ... Started. exec GWTDOMAIN -A : するサーバプロセス) process id=4173 ... Started. 5 processes started. なお、停止の際には“tmshutdown△-y”で停止します。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 17
  • 19. Tuxedoの起動確認  Tuxedoの起動確認 ①以下のコマンドでTuxedoを起動確認する # tmadmin > printserver Prog Name --------BBL DMADM simpserv GWADM GWTDOMAIN Queue Name ---------123435 00002.00001 00001.00001 00002.00002 00002.00003 Grp Name -------SITE1 GROUP2 GROUP1 GROUP2 GROUP2 ID RqDone Load Done Current Service -- ------ --------- --------------0 0 0 ( IDLE ) 1 6 300 ( IDLE ) 1 0 0 ( IDLE ) 2 0 0 ( IDLE ) 3 9 0 ( IDLE ) > printservice Service Name -----------DMADMIN TOUPPER TDOM1 TOLOWER TMS Routine Name -----------DMADMIN TOUPPER GWS GWS GWS Prog Name Grp Name --------- -------DMADM GROUP2 simpserv GROUP1 GWADM GROUP2 GWTDOMAIN GROUP2 GWTDOMAIN GROUP2 ID -1 1 2 3 3 Machine ------SITE1 SITE1 SITE1 SITE1 SITE1 # Done -----0 0 0 9 0 Status -----AVAIL AVAIL AVAIL AVAIL AVAIL 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 18
  • 20. WTCの接続状態  WTCの接続状態 ①以下のコマンドで接続状態を確認する # netstat△–a (WebLogic側) tcp tcp 0 0 0 wls001:5678 0 wls001:56532 *:* tux001:1234 LISTEN ESTABLISHED *:* wls001:56532 LISTEN ESTABLISHED # netstat△–a (Tuxedo側) tcp tcp 0 0 0 tux001:1234 0 tux001:1234 どちらからかサービスが呼ばれると、WTC接続は”ESTABLISHED”として接続します。 なお、WebLogicでリモートアクセスポイントの[接続]タブにある[接続ポリシー]が “起動時”、またはTuxedoで【domainconfig】のDM_LOCAL_DOMAINSセクショ ンにCONNECTION_POLICY=ON_STARTUPが設定されていると、起動時から恒久的に 接続し続けます。 また先に接続してきた方が相手のリスンポートに接続し、自身はhighポート(anyポート) を使います。上記の場合は、WebLogic側から接続してきた例になります。 19
  • 21. リモートサービスの呼び出し  TuxedoからWebLogicのサービスを呼び出す ①以下のコマンドを実行する # cd△/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp # ./tolower△ALLSMALL Returned string is: allsmall  WebLogicからTuxedoのサービスを呼び出す ①以下のコマンドを実行する # cd△./clientclasses (simpappビルド時に生成されるEJBクライアントの出力先) # java△examples.wtc.atmi.simpapp.Client△string-to-convert△¥ “t3://192.168.1.10:7001”△ユーザ名△パスワード Beginning statefulSession.Client... Creating Toupper converting string-to-convert converted to: STRING-TO-CONVERT End statefulSession.Client... 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65958/toc.htm 20
  • 22. WTC通信時のパケットキャプチャ  WTC通信時のパケットキャプチャ 左図:Tuxedo→WebLogicのサービス呼び出し時にWebLogic上でキャプチャ 右図:WebLogic→Tuxedoのサービス呼び出し時にTuxedo上でキャプチャ プロトコル仕様は公開されていないため、よくわからないですが、メッセージは飛んでいそ うです。 21
  • 23. Tuxedo通信の概要①  Tuxedoサービスへの接続 1:try { 2: ctx = new InitialContext(); 3: tcf = 4: (TuxedoConnectionFactory) 5: ctx.lookup("tuxedo.services.TuxedoConnection"); 6:} catch (NamingException ne) { // Tuxedo オブジェクトを取得できなかった場合にTPENOENT を送出する 7: throw new TPException(TPException.TPENOENT, 8: "Could not get TuxedoConnectionFactory : " + ne); 9:} 10:myTux = tcf.getTuxedoConnection(); TuxedoConnectionFactoryを使用してJNDIツリーの「tuxedo.services.TuxedoConne ction」をルックアップ、リモートドメインへの接続を確立し、TuxedoConnectionオブジェクト を取得します。その後でgetTuxedoConnection() を使用してTuxedo オブジェクトへの接 続を作成します。なお、“TPENOENT”(6)は、相手側のサービスが参照できない(エント リがない)場合のTuxedoエラーになります。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65957/ clients.htm 22
  • 24. Tuxedo通信の概要②  Tuxedoへのメッセージ送信 1:myData = new TypedString(<文字列>); 2:try { 3: myRtn = myTux.tpcall(“<リモートサービス名>", myData, 0); 4:} catch (TPReplyException tre) { 5: throw tre; 6:} catch (TPException te) { 7: throw te; 8:} catch (Exception ee) { 9: throw new TPException(TPException.TPESYSTEM, "Exception: " + ee); 10:} 11:myData = (TypedString) myRtn.getReplyBuffer(); 12:myTux.tpterm(); // Tuxedo との関連をクローズする ここではtpcall()によってTuxedoサービスを同期呼び出しします。他にもtpacall()と云う 非同期タイプの呼び出し方法もあります。 例外は最終的に一般なシステムエラーを示す“TPESYSTEM”(12)にまとめています。 メッセージ送信後は、tpterm()によりTuxedoサービスとの接続を切断します。 参考URL:http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65957/ clients.htm 23
  • 25. Tuxedo通信の概要③  C言語によるクライアントのコーディング 関数名 内容 tpinit() アプリケーションへの参加する tpalloc() 送信または応答メッセージのバッファを確保する tpcall() メッセージを送信する tpterm() アプリケーションを終了する tpfree() tpalloc()で確保したバッファを解放する C言語でクライアントアプリケーションを作る場合にはこうした関数が必要となります。 (atmi.hヘッダファイルをincludeしておく必要があります) 参考URL: http://docs.oracle.com/cd/E38957_01/tuxedo/docs12c/tutor/tutsi.html http://docs.oracle.com/cd/E38957_01/tuxedo/docs12c/pgc/pgclt.html 24
  • 26. おわりに WTCには本番環境では必要となるフェイルオーバー構成やラウンドロ ビン構成、タイムアウト設計、またWTCから呼ばれるサービスの専用実 行スレッドやその設定方法など、今回紹介しきれていないTIPSがまだま だあります。 冒頭の通りCなどの資産があり、Javaからそれを利用したい(例えば Webアプリケーションとして利用できるようにしたい)、と云った場合に、 Tuxedo+WebLogicによるWTCでこれを実現する手段もあります。 本資料でWTCと云うテクノロジーを認識し、興味を持って頂けたら幸 いです。 以上、ご清聴ありがとうございました。 25
  • 27. (参考)Tuxedoインストールログ① # sh tuxedo12cR1_32_Linux_01_x86.bin -i console Preparing to install... Extracting the JRE from the installer archive... Unpacking the JRE... Extracting the installation resources from the installer archive... Configuring the installer for this system's environment... Launching installer... Preparing CONSOLE Mode Installation... =============================================================================== Choose Locale... ---------------- (つづき) =============================================================================== インストール セットを選択 ------------このインストーラでインストールするインストール セットを選択してください。 ->123456- Full Install Server Install Full Client Install Jolt Client Install ATMI Client Install CORBA Client Install 7- カスタマイズ... 1- English ->2- 日本語 CHOOSE LOCALE BY NUMBER: 2 =============================================================================== Tuxedo 12.1.1.0 (created with InstallAnywhere by Macrovision) ------------------------------------------------------------------------------- =============================================================================== 開始画面 ---- インストール セットの番号を入力するか、デフォルトを使用する場合は <ENTER> キーを押してください。 : 1 =============================================================================== Oracleホームの選択 ------------ 1- 新しいOracleホームを作成します 数字を入力してください: 1 新しいOracleホーム・ディレクトリを指定してください: /opt/oracle InstallAnywhere の指示に従って操作していくと、Tuxedo 12.1.1.0 を簡単にインストールできます。 このインストールを続行する前に、すべてのプログラムを終了することをお勧めします。 各指示に従って操作すると、次のインストール手順へ進むことができます。前の手順で指定した内容を変更する場合は、[戻る] ボタンをクリックしてください。 =============================================================================== 製品ディレクトリの選択 ----------- [終了] ボタンをクリックすると、いつでもインストールをキャンセルできます。 続行するには <ENTER> キーを押します。: (つづく) 1- 現在の選択を変更します(/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0) 2- 現在の選択を使用します(/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0) 数字を入力してください: 2 サンプルのインストール (Y/N): Y (つづく) 26
  • 28. (参考)Tuxedoインストールログ② (つづき) =============================================================================== インストール前の要約 ---------- (つづき) =============================================================================== SSL Installation Choice. ------------------------ 続行するには <ENTER> キーを押してください。情報が間違っている場合は、[戻る] をクリックして変更を行ってください。 Would you like to install SSL Support? 製品名: Tuxedo 12.1.1.0 ->1- Yes 2- No 選択する項目の番号を入力するか、デフォルトを使用する場合は <ENTER> キーを押してください。: インストール フォルダ: /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0 Required Space: 374 MB Available Space: 2822 MB 続行するには <ENTER> キーを押します。: =============================================================================== インストール準備完了 ---------お使いのシステムに Tuxedo 12.1.1.0 をインストールする準備が整いました。インストール先: /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0 =============================================================================== SSLサポートのためのLDAP設定を入力 -------------------LDAPサービス名: a LDAPポートID: b LDAP基本オブジェクト: c LDAPフィルタ・ファイルの場所 [Enter]を押して、デフォルトの /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/udataobj/security/bea_ldap_filter.dat を使用するか、新規に入力します: =============================================================================== インストール完了 -------- インストールするには <ENTER> キーを押してください。: おめでとうございます。 Tuxedo 12.1.1.0 が次の場所にインストールされました。 =============================================================================== インストール中... ---------- <ENTER> キーを押すと、インストーラが終了します。: /opt/oracle/tuxedo12.1.1.0 [==================|==================|==================|==================] [------------------|------------------|------------------|------------------] =============================================================================== tlistenサービスの構成 -------------パスワード: パスワードの確認: パスワードが受理されました。お待ちください... (つづく) 27
  • 29. (参考)Tuxedo設定ファイル 【 tux.env 】 TUXDIR=/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0; export TUXDIR JAVA_HOME=$TUXDIR/jre; export JAVA_HOME JVMLIBS=$JAVA_HOME/lib/i386/server:$JAVA_HOME/jre/bin PATH=$TUXDIR/bin:$JAVA_HOME/bin:$PATH; export PATH COBCPY=:$TUXDIR/cobinclude; export COBCPY COBOPT="-C ANS85 -C ALIGN=8 -C NOIBMCOMP -C TRUNC=ANSI -C OSEXT=cbl"; export COBOPT SHLIB_PATH=$TUXDIR/lib:$JVMLIBS:$SHLIB_PATH; export SHLIB_PATH LIBPATH=$TUXDIR/lib:$JVMLIBS:$LIBPATH; export LIBPATH LD_LIBRARY_PATH=$TUXDIR/lib:$JVMLIBS:$LD_LIBRARY_PATH; export LD_LIBRARY_PATH WEBJAVADIR=$TUXDIR/udataobj/webgui/java; export WEBJAVADIR APPDIR=/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp;export APPDIR TUXCONFIG=/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/tuxconfig;export TUXCONFIG BDMCONFIG=/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/bdmconfig;export BDMCONFIG 【 domainconfig 】 *DM_RESOURCES VERSION=U22 *DM_LOCAL_DOMAINS TDOM1 GWGRP=GROUP2 TYPE=TDOMAIN DOMAINID="TDOM1" BLOCKTIME=20 MAXDATALEN=56 MAXRDOM=89 DMTLOGNAME="DMTLOG_TUXDOM" DMTLOGDEV="/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/tlog" AUDITLOG="/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/aud" *DM_REMOTE_DOMAINS TDOM2 TYPE=TDOMAIN DOMAINID="TDOM2" *DM_TDOMAIN TDOM1 NWADDR="//tux001:1234" TDOM2 NWADDR="//wls001:5678" *DM_REMOTE_SERVICES TOLOWER RDOM="TDOM2" 【 ubbconfig 】 *RESOURCES IPCKEY 123456 DOMAINID simpapp MASTER SITE1 MODEL SHM LDBAL N MAXACCESSERS 20 MAXSERVERS 15 MAXSERVICES 20 *MACHINES tux001 LMID = APPDIR = TUXCONFIG = TUXDIR = *GROUPS GROUP1 LMID=SITE1 SITE1 "/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp" "/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0/samples/atmi/simpapp/tuxconfig" "/opt/oracle/tuxedo12.1.1.0" GRPNO=1 OPENINFO=NONE GROUP2 LMID=SITE1 GRPNO=2 OPENINFO=NONE *SERVERS DEFAULT: CLOPT="-A" simpserv SRVGRP=GROUP1 SRVID=1 DMADM GWADM GWTDOMAIN SRVGRP=GROUP2 SRVID=1 SRVGRP=GROUP2 SRVID=2 SRVGRP=GROUP2 SRVID=3 *SERVICES TOUPPER 28