• Like
Uploaded on

WLST (WebLogic Scripting Tool) によるWebLogic Serverの管理方法をご紹介します。WLSTを使用したWebLogic Serverの操作方法とコンフィグレーション・モニタ方法をご紹介します。また、WLSTによるコンフィグレーションの際に必要とされるMBeanの概念についても解説します。

WLST (WebLogic Scripting Tool) によるWebLogic Serverの管理方法をご紹介します。WLSTを使用したWebLogic Serverの操作方法とコンフィグレーション・モニタ方法をご紹介します。また、WLSTによるコンフィグレーションの際に必要とされるMBeanの概念についても解説します。

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
4,585
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
91
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. <Insert Picture Here>WLST 入門日本オラクル株式会社 オラクルユニバーシティ岡田 大輔2012年07月12日
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 2
  • 3. Agenda• WLSTとは?• WLSTコマンド• MBeanの調べ方• WLSTスクリプティング Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 3
  • 4. WLSTとは• WebLogic Server Scripting Tool • WebLogic ドメインの作成、管理、監視に使用できるコマン ドライン・スクリプト環境 (WebLogic Server 9.x ~) • WLST オンライン・WLSTオフライン • 対話モード・スクリプトモード・組み込みモード • Built on Jython (100% Pure Java の Python実装) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 4
  • 5. WLSTの実行方法• 前提: WLST実行前にCLASSPATHを設定 ⇒$WL_HOME/server/bin/setWLSEnv.sh (cmd)• 対話モード • > java weblogic.WLST• スクリプトモード ( -i : でスクリプト終了後に対話モード) • > java weblogic.WLST xxx.py • > java weblogic.WLST –i xxx.py • 対話モードで > execfile(xxx.py) でもスクリプト実行可能• 組み込みモード • weblogic.management.scritping.utils.WLSTInterpreter • exec(command_str)メソッドで実行 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 5
  • 6. WLSTの機能 複数のツールで実行していた Administration Console WebLogic Serverの管理作業を WLSTひとつに集約できる WLSTドメイン構成ウィザード weblogic.Deployer Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 6
  • 7. WLSTとMBean• WebLogic Serverのリソース(構成情報、監視情報)は JMXベースで管理されている • JMX管理対象オブジェクトをMBeanと呼ぶ • WLSTではMBeanをファイルシステムのように操作する • MBeanサーバ: ツリー(ドライブ) • MBean: ディレクトリ • MBeanの属性: ファイル コマンド ツリー serverConfig() ServerConfigurationMBean serverRuntime() ServerRutnimeMBean domainRuntime() DomainRuntimeMBean edit() EditMBean (管理サーバのみ) jndi() JNDI (注: MBeanサーバではない) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 7
  • 8. 3種類のMBeanMBean 説明 MBeanの場所ConfigurationMBean ドメイン構成情報を表す 管理サーバ ・管理対 MBean 象サーバ $DOMAIN/config配下の 情報RuntimeMBean サーバの実行時情報を表 管理サーバ・管理対象 すMBean サーバ Administration Consoleの [監視]タブの情報EditMBean ドメイン構成情報の編集 管理サーバ のために使われるMBean Administration Consoleの 編集ロック Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 8
  • 9. 構成管理アーキテクチャ 管理サーバ 管理対象サーバRuntime Edit Configuration Configuration Runtime Agent Layer読み込み 編集 読み込み 読み込み 読み込み Instrumentation Layer 編集中の一時ファイル 設定ファイル キャッシュファイル ($DOMAIN/pending) ($DOMAIN/config) ($SERVER_ROOT/config) config.xml config.xml config.xml Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 9
  • 10. 対話モードの操作 コマンド実行例• 対話モードでの操作はUnix環 wls:/ > connect(user, password, 境のディレクトリ操作に似て adminServer) wls:/ > cd(/Servers/AdminServer) いる wls:/ > get(ListenPort) • cdで移動 7001 • get/setで設定 wls:/ > ls() dr-- COM • lsで属性一覧 dr-- CandidateMachines dr-- Cluster 注意点: dr-- CoherenceClusterSystemResource 1. コマンドは大文字小文字を区 dr-- DataSource dr-- DefaultFileStore 別する dr-- ExecuteQueues 2. 文字列は引用符( or " ")で囲 dr-- FederationServices む dr-- IIOP • ○ cd (/Servers ) … • × cd ( /Servers ) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 10
  • 11. まとめ• WLSTはWebLogic ドメインの作成、管理、監視に使 用できる • 構成情報、監視情報をあらわすMBeanを直接操作可能 • 構成情報: ConfigurationMBean / EditMBean • 監視情報: RuntimeMBean • Jythonベースのツール • 用途に応じた起動モード • 対話モード/スクリプトモード/組み込みモード Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 11
  • 12. Agenda• WLSTとは?• WLSTコマンド• MBeanの調べ方• WLSTスクリプティング Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 12
  • 13. WLST操作の基本的な流れ② 操作目的に応じてツリー(MBeanサーバ) 管理サーバ connectを移動 serverConfig serverRuntime WLST Runtime Edit Configuration edit edit server server ① サーバに接続 Runtime Config startEdit() cd cd cd ls ls set get get save activate ③ 目的のコマンドを実行 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 13
  • 14. WLST操作 ① サーバに接続② 操作目的に応じてツリー(MBeanサーバ)を移動 ③ 目的のコマンドを実行 a. ロックして編集 b. 管理対象サーバ作成 c. 保存 d. アクティブ化 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 14
  • 15. WLSTコマンド - 制御・参照・情報 -コマンド 説明 構文 任意のサーバに接続するconnect connect([username, password], [url], [timeout])(オフライン) timeout: milisec指定 接続中のサーバから接続disconnect 解除する disconnect()(オンライン) MBean階層を移動するcd cd(mbeanName)(オンライン|オフライン) 指定した管理オブジェクls トの属性、操作、子オブ ls( [ a | c | o ] [ moPath ]) a=属性のみ、c=子オブジェクトのみ、o=メソッドの(オンライン|オフライン) ジェクトを表示する み 現在の階層内でMBeanをfind 検索する find([name], [type], [searchInstancesOnly])(オンライン|オフライン) name =Mbean名、type=MBeanType 指定されたサーバのスレthreadDump ッド・ダンプを取得する threadDump([writeToFile], [fileName], [serverName])(オフライン) writeToFile: trueならファイル出力 WLSTを終了するexit exit([defaultAnswer], [exitcode]) exitcode: 終了コード (デフォルトは0)(オンライン|オフライン) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 15
  • 16. WLSTコマンド - 編集 -コマンド 説明 構文 編集セッションを開始すstartEdit る startEdit()(オンライン) 変更された編集内容を保save 存する save()(オンライン) 編集セッションをアクテactivate ィブ化する activate()(オンライン|オフライン) 編集セッションを停止しstopEdit て編集ロックを開放する stopEdit() ※ 編集セッション中の変更は破棄されない(オンライン) 編集セッションを取り消cancelEdit してロックを開放する cancelEdit() ※ 編集セッション中の変更は破棄される(オンライン) 保存前の変更の検証するvalidate validate()(オンライン) 保存されていない変更をundo 破棄する undo()(オンライン) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 16
  • 17. WLSTコマンド - 編集 -コマンド 説明 構文 MBeanの属性値を設定すset る set(attrName, value) ※ cmo.setattrName(value)と等価(オンライン|オフライン) MBeanの属性値を取得すget る get(attrName)(オンライン|オフライン) MBeanを作成するcreate create(name, childMBeanType, [baseProviderType])(オンライン|オフライン) childMBeanType: 作成するMBeanタイプ MBeanを削除するdelete delete(name, childMBeanType)(オンライン|オフライン) リソースを割り当てるassign assign(sourceType, sourceName, destinationType, destinationName)(オンライン) sourceType: 割り当てるMbeanタイプ desitinationType:宛先タイプ(Target,Cluster) 指定された文字列を暗号encrypt 化する encrypt(obj, [domainDir]) domainDir: 省略時は接続中のドメイン用の暗号化(オンライン) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 17
  • 18. WLSTコマンド - ライフサイクル・ノードマネージャ -コマンド 説明 構文 NodeManagerを使用しstart てサーバを起動 start(name, [type], [url], [block]) type: ServerかClusterを指定(オンライン) block: falseを指定すると起動完了まで制御を ブロックしない 実行中のサーバ・クラスshutdown タを停止 shutdown([name], [entityType], [ignoreSessions], [timeOut], [force],(オンライン) [block]) entityType: ServerかClusterを指定 ignoreSessions: trueの場合HTTPセッションを直 ちに中止 force: force=trueの場合強制停止 NodeManagerに接続nmConnect nmConnect([username, password], [host], [port], [domainName], [domainDir] [nmType],(オフライン) [verbose]) mnType: NodeManagerタイプ (ssl|plain|ssh|rsh) NodeManagerで起動しnmKill たサーバを強制停止 nmKill([serverName], [serverType]) serverType: WebLogicかCoherenceを指定(オンライン|オフライン) NodeMangerを使用してnmStart サーバを起動 nmStart([serverName], [domainDir], [props], [writer], [serverType])(オフライン) props: makePorpertiesObject(‘name=value’) で指定可能 (要 from java.util import Properties) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 18
  • 19. (補足) start と nmStart• nmStart / start • nmStart: NodeManagerに対して配下のサーバを起動すること を指定するコマンド • 管理サーバが停止していても起動可能 • start: 管理サーバに対してドメイン内のサーバを起動するこ とを指定するコマンド • startは複数台のサーバ連続で起動する際は便利 • block= false と typeにCluster を指定可能 • 両者は特長を把握して状況に応じて使い分ける• 停止は shutdown Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 19
  • 20. WLST グローバル変数 - WLSTで使用できる定義済み変数 -変数名 説明connected WLSTオンラインかどうかdomainName 接続中のドメイン名serverName 接続中のサーバ名isAdminServer 接続中のサーバが管理サーバかどうかrecording WLST記録中かどうかusername 接続中のユーザ名version WebLogic Serverのバージョンcmo 現在の管理オブジェクトcmoの使用例 wlst:/domain/ServerConfig> serverRuntime()  cmoはServerRuntimeMBean wlst:/domain/ServerRuntime> cmo.getState() wlst:/domain/ServerRuntime> svrRuntime = cmo Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 20
  • 21. WLSTコマンド - デプロイメント -コマンド 説明 構文 アプリケーションをデプdeploy ロイ deploy(appName, path, [targets], [stageMode], [planPath], [options])(オンライン) appName: デプロイメント名 アプリケーションをアンundeploy デプロイ undeploy(appName,[targets],[options])(オンライン) アプリケーションを再デredeploy プロイ redeploy(appName, [planPath], [options])(オンライン) アプリケーションを起動startApplication startApplication(appName, [options]) option: adminMode=trueを 指定すると管理モ(オンライン) ードで起動 アプリケーションを停止stopApplication stopApplication(appName, [options])(オンライン) アプリケーションを分散distributeApplic distributeApplication(appPath, [planPath], [targets], [options])ation ※ appNameは appPath のファイル名が使われる(オンライン) デプロイ済みアプリケーlistApplications ションの一覧 listApplications()(オンライン) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 21
  • 22. コマンドラインデプロイメント コマンドラインデプロイメントはWLST、 デプロイなし またはweblogic.Deployerで実行可能 * コマンドは管理サーバに対して実行 ① ④ WLST weblogic.Deployer 準備完了 ① distributeApplication() -distribute⑤ ⑥ ② startApplication() -start ② ③ ③ stopApplication() -stop ② 管理 ③ ④ undeploy() -undeploy ② ③ ⑤ deploy() -deploy ⑥ undeploy() -undeploy アクティブ ⑦ redeploy() -redeploy ⑦ 管理モード起動時は管理ポートを有効化する必要 がある (主にプロダクション再デプロイメント用) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 22
  • 23. WLSTでSSL接続を行う場合• 管理ポートを有効化した場合、全ての管理トラフィ ックは管理ポート(SSL)を経由してアクセスする • 管理コンソール ( https://<hostname>:<admin_port>/console ) • コマンドラインツール (WLST, weblogic.Deployer …) • 管理対象サーバ起動時の管理サーバ指定 • $ startManagedWebLogic.sh <sever_name> t3s://<hostname>:<admin_port>• コマンドラインツールでSSL接続を行う場合は起動オ プションでキーストアを指定する必要がある • -Dweblogic.security.TrustKeyStore=<KeyStore> • キーストアの指定 (デモ用証明書の場合: DemoTrust) • -Dweblogic.security.ssl.ignoreHostnameVerification=true • ホスト名検証の無効化 (デモ用証明書使用時のみ) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 23
  • 24. SSLを使用するWLST接続カスタムキーストアの場合の指定例:-Dweblogic.security.TrustKeyStore=CustomTrust ¥-Dweblogic.security.CustomTrustKeyStoreFileName=/home/wluser/cert/myTrust.jks ¥-Dweblogic.security.CustomTrustKeyStoreType=jks ¥-Dweblogic.security.SSL.trustedCAKeyStore=/home/wluser/cert/myTrust.jks 管理ポートを指定 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 24
  • 25. 参考: 管理ポートの設定 Activateすると管理ポートが有効になるため、管 理ポート経由で接続していない現在のWLSTセッ ションはエラーになる 対応策: disconnect後に管理ポート経由でconnect Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 25
  • 26. まとめ• コマンド使用方法の調べ方 1. WLST helpコマンド 2. WebLogic Scripting Tool コマンド・リファレンス • http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65931/toc.h tm Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 26
  • 27. Agenda• WLSTとは?• WLSTコマンド• MBeanの調べ方• WLSTスクリプティング Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 27
  • 28. MBeanの一覧表示- WLST lsコマンド- 子MBean 属性名と値 メソッド Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 28
  • 29. MBeanの一覧表示- JRockit Mission Control - Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 29
  • 30. MBeanの調べ方 (ConfigurationMBean)- config.xmlから推測 - 複合型子要素=ConifigurationMBean, 単純型子要素=該当MBeanの属性 ConfigrationMBeanは属性値にMBean(子MBean)を持つ ものがある Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 30
  • 31. Administration Consoleのチャートとグラフ Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 31
  • 32. MBeanの調べ方 (RuntimeMBean)- 監視ダッシュボード - メトリック・ブラウザでは RuntimeMBeanの一覧を表示可能 • MBean名(タイプ) • MBean属性名 (メトリック) Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 32
  • 33. MBeanの調べ方 (全MBean)- WebLogic Server MBean Reference - Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 33
  • 34. まとめ• WLSTを使いこなすにはMBeanの理解が重要なポイン ト • MBeanを操作するのでMBeanの属性や階層関係を把握してお く必要がある • MBeanの属性や階層関係は、製品ドキュメントなどを参照 • どこに情報があるのかを把握して必要に応じて参照する Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 34
  • 35. Agenda• WLSTとは?• WLSTコマンド• MBeanの調べ方• WLSTスクリプティング Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 35
  • 36. Jython構文の基本• Javaパッケージをインポート可能 from java.lang import * #WLSTは標準で実行 import time• メソッドの実行 print System.currentTimeMillis()• 文字列変換 str(5)• ループ文や分岐文 if(flag): for i in range(1,10) print yes print i else: print no Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 36
  • 37. WLSTスクリプティングではインデントに注意!!• Jythonではコードブロックをインデントで表現する ( { } などは使わない) if(true): if(true): print a print a else: else: print b print b print c print c• 空ブロック if(true): print a else: pass Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 37
  • 38. 例1: ロックしているユーザを確認from weblogic.management.mbeanservers.edit import NotEditorException### define variablesusername = weblogicpassword = welcome1adminServer = t3://localhost:7001### connect to the Administartion Serverconnect(username, password, adminServer)### obtain the Configuration ManagerMBeancfgManager = getConfigManager()try: cfgManager.getChanges() print ===> Currently there is a Session if cfgManager.isEditor() == true: ### you are making changes!!! print ===> Looks like you started that session print ===> You can check the console for any pending changes print ===> Try rerunning this script after you release or commit the pending changes sys.exit() Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 38
  • 39. 例1: ロックしているユーザを確認except NotEditorException, e: if cfgManager.getCurrentEditor() is None: ### no session print Currently there is no Session else: ### someone else is making changes userWithSession = cfgManager.getCurrentEditor().replace( , ) print ===> Currently there is a Session print ===> User ¥" +userWithSession+¥" is making the changes print ===> Wait until ¥" +userWithSession+¥" complete the current session sys.exit()except Exception: ### other Errors print ===> Error, see log for more info sys.exit(1) Q. 他のユーザがロックを取得して いる場合のロック解除方法は? A. cancelEdit() ※Adminロールのユーザで実行 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 39
  • 40. 例2: ThreadPoolRuntimeMBeanの監視### method for obtaining the information of ThreadPoolRuntimeMBeandef getThreadPoolInfo(threadPoolRuntime): ## get attribute value executeThreadTotalCount = threadPoolRuntime.getExecuteThreadTotalCount() executeThreadIdleCount = threadPoolRuntime.getExecuteThreadIdleCount() standbyThreadCount = threadPoolRuntime.getStandbyThreadCount() activeThreadCount = executeThreadTotalCount - executeThreadIdleCount - standbyThreadCount ## convert to String strTime = str(System.currentTimeMillis()) + , strExecuteThreadTotalCount = str(executeThreadTotalCount) + , strExecuteThreadIdleCount = str(executeThreadIdleCount) + , strStandbyThreadCount = str(standbyThreadCount) + , strActiveThreadCount = str(activeThreadCount) + ¥n ## return as array return [strTime, strExecuteThreadTotalCount, strExecuteThreadIdleCount, strStandbyThreadCount, strActiveThreadCount] Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 40
  • 41. 例2: ThreadPoolRuntimeMBeanの監視### method for writing to a filedef writeToFile(oList): f = open(fileName, a) for v in oList: print v f.write(v) f.close()### define variables (for Connection)username = ‘weblogicpassword = welcome1admin_url = t3://localhost:7001### define variables (for Scripting)fileName = c:¥¥tmp¥¥threadmonitor.logdelimiter1 = ,delimiter2 = ¥n Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 41
  • 42. 例2: ThreadPoolRuntimeMBeanの監視### connect to serverconnect(username, password, admin_url)### change drive to serverRuntimeserverRuntime()### obtain ThreadPoolRuntimeMbeanthreadPoolRuntime = getMBean(ThreadPoolRuntime/ThreadPoolRuntime)while(true): try: ## call method threadPoolInfoList = getThreadPoolInfo(threadPoolRuntime) writeToFile(threadPoolInfoList) ## sleep 5 secs Thread.sleep(5000) except: print <<<error has been occurred>>> Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 42
  • 43. Administration ConsoleのWLSTスクリプト記録 TIPS. WLST コマンドでもスクリプト記録可能 wls:/ > startRecording(script_filename) wls:/ > stopRecording() Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 43
  • 44. まとめ• WLSTスクリプティングは定型化された管理タスクを 実行する際に効果を発揮 • Jython構文に基づく • 設定変更の際は整合性に注意 • WLST validateコマンドなどを活用 • Administration Consoleのスクリプト記録で作成できるテ ンプレートを活用 • サンプルスクリプトも参照可能 • WLST オンラインサンプル • $WL_HOME/samples/server/examples/src/examples/wlst/online • WLSTオフラインサンプル • $WL_HOME/common/templates/scripts/wlst Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 44
  • 45. 今回のまとめ• WLSTはWebLogic ドメインの管理をサポートする強 力なコマンドライン・スクリプティングツールです • ある目的に対して対応するツールは複数存在します。状況に 応じて最も効率が良いと思われるツールを選択しましょう。• WLSTではMBeanをダイレクトに操作するのでMBean の理解を深める必要があります • MBeanの構造が理解できるとWebLogic ドメインの設定作業 は格段にわかりやすくなります 効率的な運用管理のためにWLSTも活用ください!! Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 45
  • 46. Reference:• Oracle WebLogic Scripting Tool • http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65932/toc.htm• WebLogic Scripting Tool コマンド・リファレンス • http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/web.1211/b65931/toc.htm• Oracle WebLogic Server MBean Reference • http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/apirefs.1211/e24403/core/inde x.html• Oracle WebLogic Server MBean Javadoc • http://docs.oracle.com/cd/E28613_01/apirefs.1211/e24395/toc.htm• The Jython Project • http://www.jython.org/ Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 46
  • 47. Oracle Universityからのお知らせ• WLSTによるサーバ管理をはじめとしたWebLogic Serverの管理方法を学習したい方に最適な研修コース をご提供しています。 • Classroomトレーニングだけでなく、Live Virtual Class、『Oracle ト レーニング・オンデマンド』など多様な受講形態から選択いただけ ます。 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 47
  • 48. ミドルウェア Oracle WebLogic Server 11g: 管理 Oracle Application Gridの基盤を支える Oracle WebLogic Server 11gの管理コース! このコースでは、Web管理者がOracle WebLogic Server 11gのインストールおよび設定 する方法について説明します。Web管理者が管理コンソールやコマンドライン、および スクリプトツール(WLST)などを使用して、Java EEアプリケーションをOracle WebLogic Server 11gにデプロイする方法についても説明します。 その他に、Oracle WebLogic Server のWebインタフェースとしてOracle HTTP Serverを設 定する方法を解説し、またOracle WebLogic Serverクラスタを設定してアプリケーショ ンのフェイルオーバーとロードバランシングをサポートする方法を学習します。また、 WebLogic Server管理者の管理タスクの概要について説明します。 ■Oracle Fusion Middleware の概要 ■WebLogic Serverのアーキテクチャ ■Oracle WebLogic Serverのインストール ■管理コンソールおよび他の管理ツールの概要 ■WebLogic Server ドメインのコンフィグレーション ■Oracle WebLogic Server の管理およびロギングの使用コース内容 ■アプリケーションのデプロイ ■データソース、JDBCドライバ、接続プールの設定 ■JMS アプリケーションのコンフィグレーション ■WebLogic Serverの基本セキュリティのコンフィグレーション ■Oracle HTTP Server のコンフィグレーション ■Oracle WebLogic クラスタのコンフィグレーション ■バックアップおよびリカバリの管理 ■全体バックアップ、増分バックアップ ・Linux の基本コマンドおよびデスクトップのナビゲーション 受講 ・クライアント/サーバーの概念における TCP/IP ネットワークに関する基本的な知識前提条件 ・Java EE の基礎知識(サーブレットや JSP など) ※推奨 ・Oracle WebLogic Server 11g/12c管理者対象者 ・Javaアプリケーション開発者 5日間 次回開催日程 ■7/9(月) - 7 /13(金) トレーニングキャンパス青山コース日程 日程の詳細は Oracle University Webサイト にてご確認ください。 ■8/27(月) - 8/31(金) 三田(芝浦)会場受講料 定価¥363,825(税込) ※Oracle PartnerNetwork会員様は、パートナー割引価格で受講いただけます。 Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved.
  • 49. WebLogic Server勉強会 参加者の皆さまの特典http://education.oracle.co.jp/campaign_wlstudy/ Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 49
  • 50. Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved.
  • 51. Copyright© 2012, Oracle. All rights reserved. 51