Your SlideShare is downloading. ×
0

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

WebLogic Server運用管理 - 管理対象サーバ起動方法の選定

5,066

Published on

WebLogic Server運用管理 - 管理対象サーバ起動方法の選定 …

WebLogic Server運用管理 - 管理対象サーバ起動方法の選定

やっぱりWebLogic! グループ 道脇 翔平

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
5,066
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
82
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 第25回 WebLogic Server勉強会 LT資料 やっぱりWebLogic!グループ 勉強会ではお話しできなかった Linux環境の起動方法についても 道脇 翔平 後半のシートで紹介しています 2012年6月28日 Twitter @mitchydeath Powered by @yamadamn
  • 2. 管理対象サーバを起動する事が出来る 方法は?1. 起動スクリプト(startManagedWebLogic)を実行する2. WLSTのnmStart()コマンド3. WLSTのstart()コマンド4. 管理コンソール上から起動5. Windowsサービスに登録し、起動
  • 3. 管理対象サーバを起動する事が出来る 方法は?1. 起動スクリプト(startManagedWebLogic)を実行する2. WLSTのnmStart()コマンド3. WLSTのstart()コマンド4. 管理コンソール上から起動5. Windowsサービスに登録し、起動 以上、全ての方法で起動が出来る。 ※Linux環境ではさらに他の起動方法もある
  • 4. 観点①自動化が出来るか②信頼性③起動設定のしやすさ(保守性)環境Windows Server 2008(32bit)Oracle WebLogic Server 11gR1(10.3.6)
  • 5. ①自動化が出来るか(いきなりまとめ)1. 起動スクリプト2. WLSTのnmStart() ○(コマンドで実行可能)3. WLSTのstart()4. 管理コンソール ×(すべて手動)5. Windowsサービス ○(コマンドで実行可能)
  • 6. ②信頼性Q.起動方法で 信頼性が変わるの?A.変わります
  • 7. > startManagedWebLogic ・・・管理対象サーバを起動するスクリプト> startWebLogic ・・・管理サーバを起動するスクリプト WebLogicドメイン マシン 管理対象 管理 サーバ サーバ ・プロセスツリー startManagedWebLogic startWebLogic java weblogic.Server 起動 # 管理対象サーバ スクリプト
  • 8. > java weblogic.WLST> nmConnect() # ノードマネージャに接続> nmStart() # 管理対象サーバ(管理サーバ)を起動 WebLogicドメイン マシン 管理対象 管理 ・プロセスツリー サーバ サーバ startNodeManager java weblogic.NodeManager # ノードマネージャ ノードマネージャ java weblogic.Server # 管理対象サーバ WLST
  • 9. > java weblogic.WLST> connect() #管理サーバに接続> start() #管理対象サーバを起動(プロセスツリーはnmStart()と同じ) WebLogicドメイン シングルポイント障害 マシン1 マシン2 管理対象 管理 管理対象 サーバ サーバ サーバ 起 動 接 ノード 続 ノード マネージャ マネージャ WLST WLST
  • 10. beasvc.exe ・・・Windowsサービスから起動した際に 実行されるプロセス (WLS12cではwlsvc.exe) WebLogicドメイン マシン 管理対象 管理 ・プロセスツリー サーバ サーバ beasvc (このプロセスのみ) Windows サービス
  • 11. 1. 起動スクリプト ○2. WLSTのnmStart()コマンド ○3. WLSTのstart() コマンド △5. Windowsサービス ○・start()による起動方法は、他の起動方法に比べて信頼性が若干低くなる
  • 12. 1.起動スクリプト & 5.Windowsサービス 2.WLSTのnmStart()コマンド管理対象 管理対象 管理対象 サーバ サーバ サーバ 起 起 動 動 ノードマネージャWindows 起動サービス スクリプト WLST ノードマネージャの機能を 使えない 使える
  • 13. ・管理対象サーバ(javaプロセス)に 障害が発生した際、管理対象サーバの 自動再起動を行わせる事が出来る。※障害(OutOfMemory、 スレッドが長時間停止した状態等)
  • 14. 1. 起動スクリプト ○2. WLSTのnmStart()コマンド ◎3. WLSTのstart() コマンド △5. Windowsサービス ○・start()による起動方法は、他の起動方法に比べて信頼性が若干低くなる・nmStart()による起動方法は、ノードマネージャの機能を使用する事で信頼性が高くなる。
  • 15. ここでいう起動設定とは・java起動時に渡す引数 (クラスパス等)
  • 16. 2. 起動スクリプト 3. WLSTのnmStart()コマンド 管理対 管理 管理対象 象 サーバ サーバ サーバ ノードマネージャ 起動 スクリプト WLST起動スクリプトを直接編集 管理コンソールから編集 起動方法によって設定個所が変わる。
  • 17. 起動スクリプトを直接編集する(以下詳細)『トラブルに強いWebLogic Serverの設計と構築』http://www.slideshare.net/OracleMiddleJP/weblogic-server-weblogic-server 管理対象 管理 複数ある管理対象サーバを サーバ サーバ 一括して設定できる 起動 スクリプト
  • 18. 管理コンソールにて、左ペインの[環境]⇒[サーバー]を選択。右ペインの[管理対象サーバ名]⇒[構成]タブ⇒[サーバーの起動]タブ 管理対象サーバ ごとにタブが 用意されている & 設定個所が多い 詳細⇒ http://docs.oracle.com/cd/E28389_01/web.1111/b60998/overview.htm
  • 19. echo offSETLOCALset DOMAIN_NAME=weblogic_domain 左図の様なバッチを作成し、set 所定のディレクトリに配置、USERDOMAIN_HOME=C:¥Oracle¥Middleware¥user_projects¥domains¥weblogic_domain 実行する事で、set WLS_USER=weblogic Windowsサービスにset WLS_PW=******set SERVER_NAME=ManagedServer 登録される。set PRODUCTION_MODE=trueset JAVA_OPTIONS=-~"set ADMIN_URL=http://localhost:7001set MEM_ARGS=-Xms512m -Xmx512mcall"C:¥Oracle¥Middleware¥wlserver_10.3¥server ※登録後、起動設定の変更を¥bin¥installSvc.cmd" 行う場合はサービスの再登録がENDLOCAL 必要 詳細 ⇒ http://docs.oracle.com/cd/E28389_01/web.1111/b60991/winservice. htm
  • 20. 1. 起動スクリプト ◎2. WLSTのnmStart()コマンド △3. WLSTのstart() コマンド △5. Windowsサービス △・起動スクリプトは編集する際の 設定個所が他の起動方法と比べて 少ないため、保守性が高い
  • 21. 観点 ③設定しやすさ ①自動化 ②信頼性起動方法 (保守性)起動スクリプト ○ ○ ◎nmStart() ○ ◎ △start() ○ △ △管理コンソール × △ △Windowsサービス ○ ○ △ 起動スクリプトとnmStart()がおしい・・・
  • 22. 信頼性も保守性も 高く出来る方法があります
  • 23. [WL_HOME]¥common¥nodemanager¥ nodemanager.properties StartScriptEnabled=false (~WLS11gデフォルト) StartScriptEnabled=true (~WLS12c デフォルト) 以上のように変更する事で・・・
  • 24. 2.nmStart()(nodemanager.properties変更後) 管理対象 管理 サーバ サーバ ・プロセスツリー startNodeManager 起 動 java weblogic.NodeManager # ノードマネージャ 起動 スクリプト startWebLogic java weblogic.Server ノードマネージャ # 管理対象サーバ= nmStart()での起動時には ノードマネージャの機能を使える& 起動スクリプト内で設定変更を行える
  • 25. 観点 ③設定しやすさ起動方法 ①自動化 ②信頼性 (保守性)起動スクリプト ○ ○ ◎nmStart() ○ ◎ △start() ○ △ △管理コンソール × △ △Windowsサービス ○ ○ △nmStart()(nodemanager.pro ○ ◎ ◎perties変更後)起動スクリプトとノードマネージャの好いとこ取りができる!
  • 26. nodemanager.propertiesの変更を行い、WLSTのnmStart()コマンドを使用する方法が、信頼性、保守性という面で一番優れている。(12cからは設定変更がデフォルトで行われている)なお、上記の方法以外では、start()を使用する起動方法以外はどれも一長一短。ノードマネージャの機能に拘らなければ他の起動方法(start()以外)を選んでも問題はない。と思う
  • 27. ※このシートから、勉強会では時間の都合上 お話しできなかった内容になります。Windows環境の起動方法に加え、「wlscontrol(スクリプトベースのノードマネージャ)を使用して管理対象サーバを起動する」という起動方法がある。※信頼性、保守性はnmStart()に変わりない。 ただし、こちらの方が起動手順は簡単。 (ちなみにnmStart()での起動方法は「Javaベースの ノードマネージャ」を使用している)
  • 28. 管理対象 管理 ・プロセスツリー サーバ サーバ wlscontrol # スクリプトベースのノードマネージャ 起 動 startWebLogic 起動 java weblogic.Server スクリプト # 管理対象サーバ ノードマネージャ※基本的にnmStart()と同じフロー。 起動設定は起動スクリプト内で行い、 もちろんノードマネージャの機能も使用可能。
  • 29. [WL_HOME]/common/bin/wlscontrol.sh -d %D -r %R -c -s %S START%D:WebLogicドメイン名%R:ドメインディレクトリ %S:管理対象サーバ名以上のコマンドのみで起動する事が出来るため、あらかじめノードマネージャを起動しておく必要がない※別マシンから起動させる場合はSSHを使用したホスト認証を行っておく必要がある http://docs.oracle.com/cd/E28389_01/web.1111/b60998/script_ nodemgr.htm詳細 ⇒ http://docs.oracle.com/cd/E28389_01/web.1111/b60998/startin g_nodemgr.htm
  • 30. 観点 ③設定しやすさ起動方法 ①自動化 ②信頼性 (保守性)起動スクリプト ○ ○ ◎nmStart() ○ ◎ △start() ○ △ △管理コンソール × △ △nmStart()(nodemanager.pro ○ ◎ ◎perties変更後)wlscontrol.sh ○ ◎ ◎
  • 31. wlscontrol.sh(スクリプトベースのノードマネージャ)を使用した起動方法は信頼性、保守性も高くnmStart()コマンドより起動方法が簡単である。Windows環境同様、ノードマネージャの機能が必要でなければ、起動スクリプトによる起動方法でも機能性に問題はない。
  • 32. ご静聴ありがとうございました

×