Your SlideShare is downloading. ×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Pragmatic Cloud and PaaS with Java EE 7 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】

687

Published on

このセッションは、次期 Java EE プラットフォーム仕様と Java EE 参照実装(GlassFish) が …

このセッションは、次期 Java EE プラットフォーム仕様と Java EE 参照実装(GlassFish) が
クラウドコンピューティングにもたらす成果について紹介します。社内でクラウド展開を利用
するか、もしくはパブリッククラウドを活用するかに関係なく Java EE PaaS 機能は、マルチ
テナンシー、オート・プロビジョニング、伸縮性のあるアプリケーション配備といった機能を提
供し、これらを実現するためにアプリケーションに対して変更を加える必要があります。

Java EE 開発者が将来提供される機能を把握することで、Java EE コンポーネントのプロ
グラミング・モデル・配備方法、実行環境に対してどのように影響するかについて紹介しま
す。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
687
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Pragmatic Cloud and PaaS with Java EE 7 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】 • このセッションは、次期 Java EE プラットフォーム仕様と Java EE 参照実装(GlassFish) が クラウドコンピューティングにもたらす成果について紹介します。社内でクラウド展開を利用 するか、もしくはパブリッククラウドを活用するかに関係なく Java EE PaaS 機能は、マルチ テナンシー、オート・プロビジョニング、伸縮性のあるアプリケーション配備といった機能を提 供し、これらを実現するためにアプリケーションに対して変更を加える必要があります。 • Java EE 開発者が将来提供される機能を把握することで、Java EE コンポーネントのプロ グラミング・モデル・配備方法、実行環境に対してどのように影響するかについて紹介しま す。 • 32スライド • 資料ダウンロード • JavaOne Tokyo 2012セッション資料公開ページへ • JavaOne Tokyo 2012 公式ページへ1 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 2. 2 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 3. Pragmatic Cloud and PaaS with Java EE 7How GlassFish turns into a PAAS providerJohn Clingan – Principal Product Manager 3 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 4. The following is intended to outline our general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, and timing of any features or functionality described for Oracle’s products remains at the sole discretion of Oracle.4 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 5. Agenda • Introduction • PaaS • GlassFish as a PaaS provider • IaaS Management Service • Orchestration • Elasticity5 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 6. Want to try ? • Source code and builds – http://glassfish.java.net/ • The aquarium – http://blogs.oracle.com/theaquarium/ • The specs – http://javaee-spec.java.net/6 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 7. 7 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.
  • 8. Pragmatic Cloud and PaaS with Java EE 7 【JavaOne Tokyo 2012 セッション資料紹介】 • このセッションは、次期 Java EE プラットフォーム仕様と Java EE 参照実装(GlassFish) が クラウドコンピューティングにもたらす成果について紹介します。社内でクラウド展開を利用 するか、もしくはパブリッククラウドを活用するかに関係なく Java EE PaaS 機能は、マルチ テナンシー、オート・プロビジョニング、伸縮性のあるアプリケーション配備といった機能を提 供し、これらを実現するためにアプリケーションに対して変更を加える必要があります。 • Java EE 開発者が将来提供される機能を把握することで、Java EE コンポーネントのプロ グラミング・モデル・配備方法、実行環境に対してどのように影響するかについて紹介しま す。 • 32スライド • 資料ダウンロード • JavaOne Tokyo 2012セッション資料公開ページへ • JavaOne Tokyo 2012 公式ページへ8 Copyright © 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights Insert Information Protection Policy Classification from Slide 8 reserved.

×