Oracle WebLogic Serverで学ぶDockerの基本

654 views

Published on

2016年4月28日に開催された第57回WebLogic Server勉強会@東京のセッションです。
WebLogic ServerはDocker上での動作がサポートされています。WebLogic Server環境構築の作業を通してDockerの基本機能を説明をします。デモを交えながら、WebLogic ServerとDockerについて分かり易く解説します。WebLogic Server初心者の方、またはこれからDockerを初めてみたい方にお勧めします。

日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 柳原 伸弥

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
654
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
17
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oracle WebLogic Serverで学ぶDockerの基本

  1. 1. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic Serverで学ぶDockerの基本 2016年 4月28日 日本オラクル株式会社 クラウドテクノロジー事業統括 Fusion Middleware事業統括本部 柳原 伸弥 第57回 WebLogic Server 勉強会@東京
  2. 2. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。 以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するもの ではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関 して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決 定されます。 2
  3. 3. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Program Agenda 1 2 3 4 Docker概要 -DockerとLinuxコンテナ技術- OracleとDocker -OracleのDockerへの取り組み- WebLogicとDocker -WebLogicマルチテナントとDocker- Dockerを利用したWebLogic環境構築 -GitHub公開サンプルの紹介- 3
  4. 4. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Program Agenda 1 2 3 4 Docker概要 -DockerとLinuxコンテナ技術- OracleとDocker -OracleのDockerへの取り組み- WebLogicとDocker -WebLogicマルチテナントとDocker- Dockerを利用したWebLogic環境構築 -GitHub公開サンプルの紹介- 4
  5. 5. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 5
  6. 6. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 6 Docker WebLogic Server White Paper http://www.oracle.com/technetwork/middleware/weblogic/ overview/weblogic-server-docker-containers-2491959.pdf GitHub https://github.com/oracle/docker-images Supported Virtualization and Partitioning Technologies for Oracle Fusion Middleware http://www.oracle.com/technetwork/jp/middleware/ias/or acleas-supported-virtualization-089265.html
  7. 7. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 「Docker」への関心の推移 7 As of 2016/4/27 Google Trendより引用 2013年後半頃より関心が高まる傾向
  8. 8. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 8
  9. 9. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | What is Docker ? 9 Dockerは アプリケーションとアプリケーションに依存関係のある全てを ソフトウェア開発のために共通化された単位にパッケージする事を可能とする Docker, inc Web siteより引用: https://www.docker.com/what-docker アプリケーション データ 3rdパーティ ライブラリ OS (Linuxディストリ ビューション) ファイル システム アプリケーション サーバ アプリケーションに関連する 様々なコンポーネント Docker
  10. 10. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 10 物理マシン ホストOS ハイパーバイザ 物理マシン ホストOS Linux カーネル Docker Engine OSファイル ミドルウェア アプリケーション ゲストOS ミドルウェア アプリケーション Dockerと仮想マシンとの比較 仮想マシン 物理レベルから (CPUやメモリなど) エミュレーションを行う フルスタックの仮想環境 Docker ホストOSとカーネル空間 は共有し、ユーザ空間 を論理的に複数に分割 した仮想環境を提供 同一OS上の隔離空間 という表現が適切 隔離空間をコンテナと 呼んでいる ハイパーバイザ型 仮想化 ハイパーバイザ型 仮想化 コンテナ型 仮想化
  11. 11. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 11 物理マシン ホストOS Linux カーネル Docker Engine OSファイル ミドルウェア アプリケーション コンテナ型仮想化による隔離空間 ホストOSとなるLinuxのKernel機能 によりコンテナ型仮想空間を実現 相互に隔離された ユーザ空間 隔離・制御されるリソース •プロセステーブル コンテナ毎に独立したプロセス テーブルを利用 コンテナ内のプロセスから、外部 のプロセスは不可視 •ファイルシステム コンテナ毎に特定ディレクトをルー トファイルシステムとして設定 •ネットワーク コンテナごとに独立したネットワー ク設定 •「/dev」配下のデバイスファイル −CPU −メモリ −デバイス Linux Kernel機能 による隔離空間の 制御
  12. 12. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerが利用しているLinux Kernel 機能 12 Namespaces Cgroups Storage Networking Security PID MNT IPC UTC NET CPU CPUSET MEMORY DEVICE Device Mapper BTRFS AUFS OverlayFS VFS ZFS veth bridge iptables Capability SELinux seccompUSER ユーザプロセスが動作する空間を 分離する機能 プロセス群に割り当てる システムリソースを管理する機能 コンテナイメージを管理方式(Copy on Write)を実現する機能 コンテナ毎に独立したネットワーク を設定・制御する機能 コンテナ毎の権限やアクセス制御 に関わるセキュリティ機能
  13. 13. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | DockerイメージとDockerコンテナ 13 Docker Engine OSファイル ミドルウェア アプリケーション Docker イメージ Dockerイメージから Dockerコンテナを起動 ベースイメージ (Linux ディストリビューション) イメージ層 コマンド毎にレイヤを追加 Dockerfile 構成定義(全てのコマンド)を ファイルにまとめて記述
  14. 14. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerイメージ 概要 • 一般的な仮想イメージ(VMDK,VDI,OVA,OVFなど)とは概念が異なる – WLS MTのパーティション・アーカイブに近い • 内容 – 使用するファイルシステムをtarで集めたもの – 必要なメタ情報(マウントするボリュームやポート番号、権限など) • 構造 – 積み上げ方式のレイヤ構造 14 $ docker images -a oraclelinux 7 befb6606d561 3 weeks ago 205.9 MB oraclelinux 7.2 befb6606d561 3 weeks ago 205.9 MB oraclelinux latest befb6606d561 3 weeks ago 205.9 MB <none> <none> 63adc2d9636b 3 weeks ago 205.9 MB <none> <none> f359075ce4d8 11 months ago 0 B f359075ce4d8 63adc2d9636b befb6606d561 親コンテナ 参照 親コンテナ 参照
  15. 15. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerイメージ 差分管理 15 Oracle Linux ディストリビューション JDKパッケージ 追加 WebLogicインストール 現在のコンテナ ベースイメージ コミットイメージ コミットイメージ 書き込み可能イメージ 差分参照 差分参照 差分参照 Read Only $ docker build $ docker commit Writable $ docker run Docker Image バージョン Docker Imageのファイルシステムは全て書き込み禁止となっている コンテナとして起動した環境内で書き込まれた内容はレイヤとして保存される Copy on Write形式
  16. 16. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | DockerイメージとJavaの比較 16 Docker イメージ 起動 (docker run) Docker Engine Docker コンテナ new (インスタンス化) Javaクラス Javaインスタンス Java仮想マシン テンプレートを実体化したものは、 環境問わず、実行エンジン上で稼働する
  17. 17. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerを利用するメリット 17 ホストOS Linux カーネル Docker Engine OSファイル ミドルウェア アプリケーション カーネルを共有 Linux Kernelの共有から得られる利点 • コンテナ環境はホストのカーネルを 直接利用するためオーバーヘッドが 小さい • コンテナ環境内にカーネルを含まな いため、メモリ消費量・ディスク消費 量を削減できる • コンテナに含めるリソースが少ないた め、多数のコンテナを立ち上げる事 が可能 • Linux Kernelによる隔離された空間の ため独立した環境の運用が可能 集約性 分離性
  18. 18. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerを利用するメリット 18 イメージの差分管理方式から得られる利点 • 各差分イメージはコミットする事で新 しいイメージとして保存ができるため、 ソフトウェアのバージョン管理のよう に利用できる • 以前のイメージへのロールバック • git checkout的な動作 • 派生版のイメージの作成 • git branch的な動作 • Dockerfileに製品インストールや設定 作業と定義できるため「Infrastructure as Code」として構築する環境の再現 性を担保できる ベースイメージ (Linux ディストリビューション) イメージ層 Docker イメージ Dockerfile 再現性
  19. 19. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerコンテナ ライフサイクル 19 Docker イメージ Docker コンテナ run Docker Image’ buildcommit inspect diff history Docker コンテナ rm Docker イメージ rmi ps images logs $ docker run Docker コンテナの実行 $ docker ps Docker コンテナ一覧 $ docker build Docker イメージの作成 $ docker images Docker イメージ一覧 $ docker commit Docker コンテナのイメージ化 $ docker stop Docker コンテナの停止 $ docker rm Docker コンテナの削除 $ docker rmi Docker イメージの削除
  20. 20. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerfile 20 Docker Image Docker Image’ Dockerfile build OSイメージから アプリケーションの動作するまでを 記述したコード パラメータ 用途 FROM ベースのDockerイメージの指定 MAINTAINER 公開者の情報 RUN コマンド実行 ADD ファイル・ディレクトリの追加 CMD コンテナの実行コマンド パラメータ 用途 ENTRYPOINT コンテナの実行コマンド WORKDIR 作業ディレクトリ ENV 環境変数の指定 USER 実行ユーザの指定 VOLUME 外部ボリュームのマウント
  21. 21. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerfileサンプル(GitHub公開のWLS12.2.1用) 21 FROM oraclelinux:latest MAINTAINER Bruno Borges <bruno.borges@oracle.com> ENV JAVA_PKG=server-jre-8u*-linux-x64.tar.gz ¥ JAVA_HOME=/usr/java/default ¥ FMW_PKG=fmw_12.2.1.0.0_wls_Disk1_1of1.zip ¥ FMW_JAR=fmw_12.2.1.0.0_wls.jar ¥ ORACLE_HOME=/u01/oracle ¥ USER_MEM_ARGS="-Djava.security.egd=file:/dev/./urandom" ¥ PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin:$ORACLE_HOME/oracle_common/common/bin COPY $FMW_PKG install.file oraInst.loc /u01/ ADD $JAVA_PKG /usr/java/ RUN chmod a+xr /u01 && ¥ useradd -b /u01 -m -s /bin/bash oracle && ¥ echo oracle:oracle | chpasswd && ¥ ln -s $(ls -1 /usr/java) $JAVA_HOME && ¥ cd /u01 && $JAVA_HOME/bin/jar xf /u01/$FMW_PKG && cd - && ¥ su -c "$JAVA_HOME/bin/java -jar /u01/$FMW_JAR -silent -responseFile /u01/install.file -invPtrLoc /u01/oraInst.loc -jreLoc $JAVA_HOME -ignoreSysPrereqs -force -novalidation ORACLE_HOME=$ORACLE_HOME INSTALL_TYPE=¥"WebLogic Server¥"" - oracle && ¥ chown oracle:oracle -R /u01 && ¥ rm /u01/$FMW_JAR /u01/$FMW_PKG /u01/oraInst.loc /u01/install.file USER oracle WORKDIR $ORACLE_HOME CMD ["bash"]
  22. 22. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Program Agenda 1 2 3 4 Docker概要 -DockerとLinuxコンテナ技術- OracleとDocker -OracleのDockerへの取り組み- WebLogicとDocker -WebLogicマルチテナントとDocker- Dockerを利用したWebLogic環境構築 -GitHub公開サンプルの紹介- 22
  23. 23. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 23 Oracle ?
  24. 24. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Open Container Initiative コンテナ実装の統一した標準仕様の推進 • 2015年6月:Open Container Projectの発足 – 「Open Container Format」発表:ユニバーサルなOSコンテナの中間フォーマット – Dockerだけではなく様々なツールがOCFに従い、実装する事がゴール • その後「Open Container Initiative」に名称変更 • オラクルはOCIのメンバーとして加入している 24 Open Container Initiative:https://www.opencontainers.org/
  25. 25. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerが使用するストレージドライバー 25 Btrfs(B-tree File System) Btrfsは大規模のストレージシステム利用を 前提に設計されたCopy on Write形式のファ イルシステム オラクルが開発を推進している ZFS オラクル開発している次世代のファイルシ ステム 128ビット・アドレッシングを特徴とし、管理 性、拡張性、安全性、完全性、機能性を兼 ね備えたファイルシステム
  26. 26. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Cloud Platform Application Container Cloud Service • 概要 – 多様な開発言語に対応 Java, Node.js, Ruby, Python, PHP… – ロードバランサーを内包、無停止で 拡張/縮退が可能 • 特徴 (Java Runtime) – Java Flight Recorder(JFR) : 組み込みJFRによる稼働記録 – Oracle Javaの長期保守 : Java SEのupdateを長期間提供 26 Dockerベースの軽量プラットフォーム Load Balancer Node (App 2) Docker Java SE (App 1) Docker Java SE (App 3) Docker Node (App 2) Docker Java SE (App 1) Docker Java SE (App 3) Docker Java SE Node.js Ruby https://www.ruby-lang.org/ja/about/logo/
  27. 27. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Program Agenda 1 2 3 4 Docker概要 -DockerとLinuxコンテナ技術- OracleとDocker -OracleのDockerへの取り組み- WebLogicとDocker -WebLogicマルチテナントとDocker- Dockerを利用したWebLogic環境構築 -GitHub公開サンプルの紹介- 27
  28. 28. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 28 WebLogic マルチテナント
  29. 29. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic マルチテナント・アーキテクチャ概要 エンタープライズ・マルチテナント・アプリケーション・プラットフォーム 29 Oracle JVM Java Runtime Resource Management Flight Recorder G1GC CoherenceTraffic Director WebLogic Server 12cR2 管理対象サーバ管理サーバ フルレイヤクラスタリングWork Manager Active GridLink for RAC Application Continuity リソースグループ 仮想ターゲット ドメインパーティション エンタープライズ基盤として 培った技術を礎とする マルチテナント・プラットフォーム
  30. 30. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic マルチテナントの特性 分離性 環境間の独立性を担保 CPU Mem IO CPU Mem IO CPU Mem IO WebLogic MT 可搬性 環境間の移行を容易に実現 WebLogic MT Java Cloud Service 集約性 軽量,省リソース WebLogic ドメイン WebLogic ドメイン WebLogic ドメイン WebLogic MT WebLogic MT Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps Resources Apps ドメインやインスタンス数の抑制 テナント毎のセキュリティやリソース の管理による環境の独立性 アプリケーションと環境設定を カプセル化した容易な環境移行 システム リソースの 独立性 サーバ移行 クラウド移行 テナント間で 以下を分離 ・管理権限 ・認証認可 リソース 共有 効率的な リソース 利用 30
  31. 31. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Linuxコンテナ技術とWebLogic マルチテナント 31 OS OS アプリケーション サーバ コンテナ テナント アプリケーション /リソース テナント アプリケーション /リソース テナント Linuxコンテナ WebLogicマルチテナント WebLogicマルチテナントのコンテナアプローチは、管理対象が狭く、ファイルサイズも小さくなる Javaアプリケーション用のコンテナという観点では、非常に効果的なコンテナアプローチといえる コンテナエンジン OSファイル ライブラリ アプリケーション サーバ アプリケーション /リソース フルスタックのコンテナ • OSレイヤでは、Kernel は含まないものの、 Distribution関連のOS ファイルは含む • 製品イメージを含む アプリケーション焦点の コンテナ • OSは含まない • 製品イメージ含まず • アプリケーションに とって必要最低限な リソースをコンテナ化 • コンテナエンジン導入 済み環境で、コンテナ 単体の稼働可能 • コンテナサイズは大 • WebLogic導入済み環 境で、コンテナ単体の 稼働可能 • コンテナサイズは小
  32. 32. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Program Agenda 1 2 3 4 Docker概要 -DockerとLinuxコンテナ技術- OracleとDocker -OracleのDockerへの取り組み- WebLogicとDocker -WebLogicマルチテナントとDocker- Dockerを利用したWebLogic環境構築 -GitHub公開サンプルの紹介- 32
  33. 33. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | 事前準備 33 •Dockerfile公式サンプル取得 •Oracle JDK取得 •WebLogic インストールメディア取得
  34. 34. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Dockerfileオラクル公式サンプル取得 34 # git clone https://github.com/oracle/docker-images.git コンテンツ取得 取得サイトサイト: https://github.com/oracle/docker-images OracleWebLogic/ └── dockerfiles ├── 12.2.1 │ ├── Checksum.developer │ ├── Checksum.generic │ ├── Checksum.infrastructure │ ├── Dockerfile.developer │ ├── Dockerfile.generic │ ├── Dockerfile.infrastructure │ ├── fmw_12.2.1.0.0_infrastructure_Disk1_1of1.zip.download │ ├── fmw_12.2.1.0.0_wls_Disk1_1of1.zip.download │ ├── fmw_12.2.1.0.0_wls_quick_Disk1_1of1.zip.download │ ├── install.file │ └── oraInst.loc └── buildDockerImage.sh 取得内容抜粋 xxx.downloadにxxxを ダウンロードし配置する
  35. 35. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Java Runtime取得 35 ダウンロードサイト: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html Server JRE 選択 ライセンス 許諾をチェック
  36. 36. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle JDK配置 36 取得したserver-jre-8u91-linux-x64.tar.gzを配置 OracleJDK/ ├── java-7 │ ├── Dockerfile │ └── server-jre-7u80-linux-x64.tar.gz.download ├── java-8 │ ├── build.sh │ ├── Dockerfile │ └── server-jre-8u91-linux-x64.tar.gz.download └── README.md 該当箇所へファイルを配置 OracleJDK/ ├── java-7 │ ├── Dockerfile │ └── server-jre-7u80-linux-x64.tar.gz.download ├── java-8 │ ├── build.sh │ ├── Dockerfile │ └── server-jre-8u91-linux-x64.tar.gz └── README.md
  37. 37. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogic インストールメディア取得 37 ダウンロードサイト: http://www.oracle.com/technetwork/jp/middleware/weblogic/downloads/index.html ライセンス 許諾をチェック 以下、 ダウンロード
  38. 38. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Docker インストール 38 •Docker インストールスクリプト実行
  39. 39. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Docker インストールスクリプト実行 39 # curl -fsSL https://get.docker.com/ | sh インストールスクリプトを呼び出し最新版を導入(1.11) as of 2016/4
  40. 40. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | JDK 8 ベースイメージ作成 40
  41. 41. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | JDK 8 ベースイメージ作成 41 # cd docker-images/OracleJDK/java-8 # sh build.sh Sending build context to Docker daemon 59.87 MB Step 1 : FROM oraclelinux:latest latest: Pulling from library/oraclelinux a3ed95caeb02: Pull complete ffe36b360c6d: Pull complete Digest: sha256:105bd14defcd159cf35bc1ae4a180516c2b6d6da6faaa78c59617e0454d8566e Status: Downloaded newer image for oraclelinux:latest ---> adf2d3d00fce Step 2 : MAINTAINER Bruno Borges <bruno.borges@oracle.com> ---> Running in 4ee22e07c841 Removing intermediate container 4ee22e07c841 Step 3 : ENV JAVA_PKG server-jre-8u*-linux-x64.tar.gz JAVA_HOME /usr/java/default PATH $PATH:/usr/java/default/bin ---> Running in fb610e4757a0 ---> a17aae039a1d Removing intermediate container fb610e4757a0 Step 4 : ADD $JAVA_PKG /usr/java/ ---> 0b2aa6294db2 Removing intermediate container d792dd25d031 Step 5 : RUN mv $(ls -1 -d /usr/java/*) $JAVA_HOME ---> Running in d4f2006d38c2 ---> 85f78325eb86 Removing intermediate container d4f2006d38c2 Successfully built 85f78325eb86
  42. 42. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | JDK 8 ベースイメージ確認 42 # docker images REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE oracle/jdk 8 85f78325eb86 About a minute ago 519.9 MB oraclelinux latest adf2d3d00fce 7 weeks ago 205.9 MB 作成したDockerイメージを確認 # docker images -a REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE oracle/jdk 8 85f78325eb86 2 minutes ago 519.9 MB <none> <none> 0b2aa6294db2 2 minutes ago 362.9 MB <none> <none> a17aae039a1d 3 minutes ago 205.9 MB <none> <none> 11fade4670cf 3 minutes ago 205.9 MB oraclelinux latest adf2d3d00fce 7 weeks ago 205.9 MB
  43. 43. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ作成 43
  44. 44. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ作成 44 # cd OracleWebLogic/dockerfiles # sh buildDockerImage.sh -v 12.2.1 -d Checking if required packages are present and valid... fmw_12.2.1.0.0_wls_quick_Disk1_1of1.zip: OK ===================== Building image 'oracle/weblogic:12.2.1-developer' ... Sending build context to Docker daemon 221.3 MB Step 1 : FROM oracle/jdk:8 ---> 85f78325eb86 Step 2 : MAINTAINER Bruno Borges <bruno.borges@oracle.com> ---> Running in 4ee07ce1b484 Step 3 : ENV FMW_PKG fmw_12.2.1.0.0_wls_quick_Disk1_1of1.zip FMW_JAR fmw_12.2.1.0.0_wls_quick.jar ORACLE_HOME /u01/oracle USER_MEM_ARGS "- Djava.security.egd=file:/dev/./urandom" PATH $PATH:/usr/java/default/bin:/u01/oracle/oracle_common/common/bin ---> Running in 45c132b9117d ---> 73a7a40fb54c Removing intermediate container 45c132b9117d Step 4 : COPY $FMW_PKG install.file oraInst.loc /u01/ ---> ba162aee088f Removing intermediate container 0cfe19c46a5c Step 5 : RUN chmod a+xr /u01 && useradd -b /u01 -m -s /bin/bash oracle && echo oracle:oracle | chpasswd && cd /u01 && $JAVA_HOME/bin/jar xf /u01/$FMW_PKG && cd - && su -c "$JAVA_HOME/bin/java -jar /u01/$FMW_JAR -invPtrLoc /u01/oraInst.loc -jreLoc $JAVA_HOME -ignoreSysPrereqs -force - novalidation ORACLE_HOME=$ORACLE_HOME" - oracle && chown oracle:oracle -R /u01 && rm /u01/$FMW_JAR /u01/$FMW_PKG /u01/oraInst.loc /u01/install.file ---> Running in dcd6eb4cef9a
  45. 45. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ作成 45 / Launcher log file is /tmp/OraInstall2016-04-27_04-54-06PM/launcher2016-04-27_04-54-06PM.log. Extracting files.... Starting Oracle Universal Installer Checking if CPU speed is above 300 MHz. Actual 2594.116 MHz Passed Checking swap space: must be greater than 512 MB. Actual 1023 MB Passed Checking if this platform requires a 64-bit JVM. Actual 64 Passed (64-bit not required) Checking temp space: must be greater than 300 MB. Actual 9181 MB Passed Preparing to launch the Oracle Universal Installer from /tmp/OraInstall2016-04-27_04-54-06PM Log: /tmp/OraInstall2016-04-27_04-54-06PM/install2016-04-27_04-54-06PM.log Setting ORACLE_HOME to /u01/oracle ***************************************************** Distribution Name : Oracle Fusion Middleware 12c WebLogic and Coherence Developer Distribution Version : 12.2.1.0.0 Oracle Inventory : /u01/oracle/.inventory Oracle Home : /u01/oracle Java Home : /usr/java/default *****************************************************
  46. 46. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ作成 46 Copyright (c) 1996, 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Skipping Software Updates [24/319]Validations are enabled for this session. Verifying data Copying Files Percent Complete : 10 Percent Complete : 20 Percent Complete : 30 Percent Complete : 40 Percent Complete : 50 Percent Complete : 60 Percent Complete : 70 Percent Complete : 80 Percent Complete : 90 Percent Complete : 100 The installation of Oracle Fusion Middleware 12c WebLogic and Coherence Developer 12.2.1.0.0 completed successfully. Logs successfully copied to /u01/oracle/cfgtoollogs/oui. [8/319] ---> fc1ca4a19c94 Removing intermediate container dcd6eb4cef9a Step 6 : USER oracle ---> Running in 5073466f0324 ---> cc3844cc8fe8 Removing intermediate container 5073466f0324 Step 7 : WORKDIR $ORACLE_HOME ---> Running in 2d2775d58785 ---> ee4ca74299b0 Removing intermediate container 2d2775d58785
  47. 47. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ作成 47 Step 8 : CMD bash ---> Running in a637a34369d8 ---> 16c978fca666 Removing intermediate container a637a34369d8 Successfully built 16c978fca666 WebLogic Docker Image for 'developer' version 12.2.1 is ready to be extended: --> oracle/weblogic:12.2.1-developer Build completed in 546 seconds.
  48. 48. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ確認 48 # docker images REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE oracle/weblogic 12.2.1-developer 16c978fca666 17 minutes ago 1.317 GB oracle/jdk 8 85f78325eb86 37 minutes ago 519.9 MB oraclelinux latest adf2d3d00fce 7 weeks ago 205.9 MB 作成したDockerイメージを確認 # docker images -a REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE oracle/weblogic 12.2.1-developer 16c978fca666 17 minutes ago 1.317 GB <none> <none> ee4ca74299b0 17 minutes ago 1.317 GB <none> <none> cc3844cc8fe8 18 minutes ago 1.317 GB <none> <none> fc1ca4a19c94 18 minutes ago 1.317 GB <none> <none> ba162aee088f 25 minutes ago 741.2 MB <none> <none> 73a7a40fb54c 26 minutes ago 519.9 MB <none> <none> 663add4a8bed 26 minutes ago 519.9 MB oracle/jdk 8 85f78325eb86 38 minutes ago 519.9 MB <none> <none> 0b2aa6294db2 38 minutes ago 362.9 MB <none> <none> a17aae039a1d 38 minutes ago 205.9 MB <none> <none> 11fade4670cf 39 minutes ago 205.9 MB oraclelinux latest adf2d3d00fce 7 weeks ago 205.9 MB
  49. 49. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | WebLogicインストールイメージ確認 49 Step 8 : CMD bash ---> Running in a637a34369d8 ---> 16c978fca666 Removing intermediate container a637a34369d8 Successfully built 16c978fca666 WebLogic Docker Image for 'developer' version 12.2.1 is ready to be extended: --> oracle/weblogic:12.2.1-developer Build completed in 546 seconds.
  50. 50. Copyright © 2016 Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. | Oracle Confidential – 50

×