• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Private Content
ゼロ・ダウンタイムを実現するアプリケーションサーバ Oracle WebLogic Server
 

ゼロ・ダウンタイムを実現するアプリケーションサーバ Oracle WebLogic Server

on

  • 1,993 views

■WebLogic Serverの進化 ...

■WebLogic Serverの進化
■WebLogic Server 10gR3 以前の機能Update
- ゼロダウンタイムと、より容易な運用管理を実現するWebLogic Serverの機能拡張
■WebLogic Server 11gR1 Update
- 運用管理機能の統合/Oracle製品との連携強化
■まとめ

Statistics

Views

Total Views
1,993
Views on SlideShare
1,993
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
35
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    ゼロ・ダウンタイムを実現するアプリケーションサーバ Oracle WebLogic Server ゼロ・ダウンタイムを実現するアプリケーションサーバ Oracle WebLogic Server Presentation Transcript

    • <Insert Picture Here>Oracle WebLogic Server ご紹介日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部ソリューション本部 Application Gridソリューション部
    • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
    • Agenda• WebLogic Serverの進化• WebLogic Server 10gR3 以前の機能Update • ゼロダウンタイムを実現するWebLogic Serverの機能拡張 • より容易な運用管理を実現するWebLogic Serverの機能拡張• WebLogic Server 11gR1 Update • 運用管理機能の統合 • Oracle製品との連携強化• まとめ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
    • Oracle WebLogic Serverのコンセプト• エンタープライズ環境を前提としたアプリケーション基盤 • 可用性・高速性・運用管理性を重視した堅牢なアプリケーション・ サーバ • JRockit JVM を利用することで更なる性能・運用管理性を追及• 標準仕様への早期対応 • Java EE仕様をはじめ企業システムのために標準化された仕様 にいち早く対応 • Webサーバ、DBサーバ等広く使われる他製品との接続にも幅広 く対応 生産性を高める エンタープライズ環境向け 標準仕様への早期対応 アプリケーション基盤 Oracle WebLogic Server Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
    • WebLogic Serverの進化の概要 各バージョンでの主なUpdate• WebLogic Server 9.x • 運用管理性の容易性を向上• WebLogic Server 10.0 • 最後のBEAリリースバージョン • Java EE 5 完全対応• WebLogic Server 10gR3 • 初のOracleリリースバージョン(ライセンスファイルが不要) • フルレイヤ・クラスタリングの完成• WebLogic Server 11gR1 • Oracle製品との統合 • OHS、Coherence*Web、Oracle Databaseとの連携を強化 パフォーマンス・堅牢性を前提とした エンタープライズ・アプリケーションサーバとしての進化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
    • WebLogic Server の機能と歴史 Oracle WLS 11g R1 Oracle WLS 10g R3(10.3) • Java EE 5 WLS 10.0 • JavaMail 1.4 • Java EE 5 • OracleASとの完全な統合 • JAX-WS 2.1 • Java EE 5 (OHS, WebCache、 • JAXB 2.1 WLS 9.x •Servlet 2.5 Forms/Reportsなど) • WS-ReliableMessaging 1.1 •JSP 2.1 • Oracle Fusion • WS-Policy 1.5 •JSF 1.2 Middleware 11gの基盤 • WS-SecurityPolicy 1.2 WLS 8.1 • J2EE 1.4 •EJB 3.0 • 更なるOracle RAC連携 •JMS 1.1 (GridLink for RAC) • Oracleブランドとして初の WS-Addressing •JCA 1.5 • WebLogic JMS - Oracle • 出荷(ライセンスファイル不• J2EE 1.3 •JAXB 2.0 AQ連携(Enteprise Grid • WS-Policy 要) • WS-Secure •StAX 1.0 etc Messaging) • Web 2.0対応• WS-Security • Cohereneとの統合 Conversation (HTTP Pub-Sub Server)• SOAP 1.1/1.2 • SAML • JAX-WS 2.0 (Active Cache) • Oracle DB/RAC 11g対応• WS-Reliable • WS-SecurityPolicy • 運用管理機能の拡張 • JAX-RPC 1.1 • デプロイ機能の拡張 Messaging • SAAJ 1.3 (Real Operations) • SAAJ 1.2 (FastSwap/On-Demand • JSR-181(JWS) • MTOM / XOP Deployment)• 非XAリソースサポート • 高可用性機能の拡張• パフォーマンス改善 • 高可用性機能の拡張 • 高可用性機能の拡張 (完全なサービス自動移行)• 運用管理機能改善 • 運用管理機能の拡張 • 容易な運用管理性• Tuxedo 接続性 • Java SE 5 • Apache Beehive • Java SE 6 • Java SE 5 2003 2005 2007 2008 2009 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
    • WebLogic Server 10gR3 以前の機能Update Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
    • ゼロダウンタイムを実現するWebLogic Serverの機能拡張 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ• フルレイヤクラスタリング • WebLogic ServerはJava EEのすべて WebLogic Server JTAサービス のスタックでクラスタ対応を実現 Webコンテナ EJBコンテナ JMSサービス 永続ストア • Web層 クラスタ クラスタ クラスタ JDBC 移行 • セッションレプリケーション(ver 4.5 ~) • EJB層 マルチデータソース • Stateful Session Beanのセッションレプリケーション( レプリカ レプリカ 移行 ver 6.0 ~) • JMS DB • 分散キューによるクラスタ化およびJMS移行(ver 7.0 ~) • データソース/JDBC • マルチデータソース(ver 6.0 ~) Webコンテナ EJBコンテナ JMSサービス JDBC • トランザクション(JTA) • 2PC対応(ver 4.5 ~)、JTA移行(ver 7.0 ~) JTAサービス WebLogic Server • 最も遅いものでもVer. 7より提供 • 単一点障害を排除 永続ストア Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバWeb/EJB層(1)• インメモリレプリケーション • セッションオブジェクトを各インスタンスのメモリにレプリケーショ ンする機能 • プライマリとセカンダリで冗長性を確保する WebLogic WLS-A BC AB WLS-B クライアント WLS-C Webサーバ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ Web/EJB層(2)• MAN / WANクラスタリング WLS 9.0 ~ • 従来のインメモリレプリケーションに加え、異なるドメイン/クラスタへの同期/非 同期レプリケーション機能を提供 非同期コピー プライマリ セカンダリ プライマリ セカンダリ クラスタA クラスタB クラスタA クラスタB ドメインA ドメインB ドメインA ドメインB <MANレプリケーション> <WANレプリケーション>• ユニキャストクラスタリング WLS 10.0 ~ • 従来のマルチキャストからユニキャストに変更 • 個別にセッションレプリケーションを行いネットワークトラフィックを軽減 • クラスタメンバーをグループに分割して、グループリーダーを設定 • グループリーダーは相互に接続 • グループメンバーはグループリーダとのみ接続 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ JMS層(1)  JMSクラスタ(分散キュー)  クライアントは仮想キューに対してメ ッセージを送信 WLS-A  実際には仮想キューに紐付けら れたメンバーキューのどちらか にメッセージは蓄積される 仮想キュー  負荷分散および片系がダウンし メンバキュー A ストアA ていてもサービスを継続クライアント  サービスの移行と併用して中断 されたメッセージの処理を継続  ストアの設定によるメッセージの メンバキュー B 永続化保障 WLS-B ストアB WebLogicの高性能なJMSメッセージングエンジンに高可用性を実現 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ JMS層(2) • JMS Store-and-Forward(JMS SAF) WLS 9.0 ~ クライアントは Cluster A上に構築 B1 はメッセージを受け JMS 1 された送り先A1に 4 取り、B2に送信する Producer 対してメッセージを 送信する (A1はB2をインポー トしたもの) B1 B2 Cluster A SAF Cluster B A1 A2 メッセージはB2のキュ 2 5 ーからコンシューマに SAF 受け取られるA1はSAF Agent A2に対して受信したメッセ 3 SAFストアに格納した 後、メッセージはB1に JMSージの送信依頼を行う 送られる Consumer 到達できない可能性があるエンドポイントへのデータ送信を可能にする Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ JMS層(3) • クライアントをSAFのエージェントとして利用する WLS 10.0 ~ • クライアントが接続されるまで、メッセージはクライアントの上に保存され る • ハブアンドスポーク型アーキテクチャ クライアントSAFはメッ セージをSAFストアに Client 配置し、 クライアントのクライアントは、 メッセージは操作リタ特定JNDIを使 Foo 2 ーンを送信する A1 メッセージは「Bar」い、まずJNDI初 1 クライアントSAFは A2 3 が待ち行列のとき期化してJMSの Cluster Aに「Bar」にメ に、待ち行列に入 ッセージを転送 る送信先“Foo”に対して、メッセー SAF Barジを送る Cluster A コンシューマは「Bar」よ 4 りメッセージを受け取る JMS Consumer Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ JMS層(4)• JMS Unit-of-Order WLS 9.0 ~• JMS Unit-of-Work WLS 9.2 ~  JMS1.1仕様よりも強固なメッセージの Blue Group 順序付け(再配信、分散送り先など) MDB 1  順序単位内のメッセージは正しい順序 キュー で処理される MDB 2  トランザクションが解決された時点、ま 1 A 2 B 3 C 4 たはメッセージの確認応答があった時 点で処理は終了する MDB 2  同じキュー上の複数のメッセージが、そ Yellow Group れぞれ異なる順序単位に属していても かまわない キューに入ったメッセージはグループ(ユニット)  「順序単位」は次の方法で指定可能 単位で順序保障されて配信される  WLMessageProducerインタフェースを クラスタ環境でも保障 通じて動的に指定  接続ファクトリのコンフィグレーション  送り先のコンフィグレーション Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ データソース/JDBC• マルチデータソース • 複数のデータソースを利用して、DBクラスタなどに 対応するためのテクノロジ • 通常のデータソースと同じ方法で利用することがで AP AP AP きる(特別な設定は不要)• XAに対応のマルチデータソース WLS 9.0 ~ データソース データソース• 動的マルチデータソース WLS 9.2 ~ • 稼働中に動的にデータソースを追加・削除可能• Oracle Fast Connection Failover WLS 10.0 ~ DBクラスタ • DBクラスタがOracle RACを利用する場合、Oracle Fast Connection Failoverを利用し、RACの障害 <マルチデータソースの利用例> 通知を受け取り、切り替えが可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ サービス移行 WLS 7.0 ~ JTA/JMSサービスの移行  サーバダウン時のシングルトンサービス(JTA(XA)など一ヶ所(Atomic)でし か実行されないもの)の継続を実現  インスタンス再起動ではなく別のインスタンス上でサービスを実行  JNDIも移行されるため、クライアントは同名のサービスを継続して利用可能  JMSの場合はJMSクラスタを利用することを推奨  移行のために永続ストア(ファイルやDB)を共有して構成  サーバ復旧後の切り戻し(フェイルバック)も可能 JMS-A WLS-A WLS-A ストアA ストアAクライアント クライアント JMS-A JMS-A JMS-A WLS-B WLS-B ストアB ストアBクライアント クライアント Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバサーバ移行 サーバ移行 WLS 9.0 ~  WLSインスタンスやハードなどに障害が発生した場合に、WLSインスタンスを 別稼働中の別サーバ上で起動  クラスタ、サービス移行と組み合わせてより堅牢なシステムを構築 WLS-1 NM NM WLS-2 WLS-2 WLS-1 NM NM WLS-3 WLS-3 NM NM Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
    • 各バージョンでのWLS移行機能の対応状況 移行移行レベル 移行対象 WLS7.0/8.1 WLS9.0/9.1 WLS9.2 WLS10.0 WLS10.3 方法 手動 ○ ○ ○ ○ ○ JMSサービス 自動 × × × × ○ JTA 手動 ○ ○ ○ ○ ○サービス トランザクションレベル 回復サービス 自動 × × × ○ ○ ユーザ定義の 手動 × × ○ ○ ○ シングルトン サービス 自動 × × ○ ○ ○ サーバ 手動 × ○ ○ ○ ○サーバ インスタンスレベル 全体 自動 × ○*1 ○*2 ○*3 ○*3 *1 ・・・ Solaris/Linuxのみをサポート *2 ・・・ Solaris/Linux/HP-UXのみをサポート *3 ・・・ Solaris/Linux/HP-UX/Windowsをサポート Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバワークマネージャによる自動チューニング <ユーザ/グループに応じた優先度の設定> 一般グループ• ワークマネージャ WLS 9.0 ~ • スレッドプールのセルフチューニング 業務AP • デフォルト設定で最適なパフォー ワークマネージャX マンスを実現 • プライオリティベースでのルール定義 • 目標応答時間 / 割り当て比率 管理ユーザ • 最小スレッド数 / 最大スレッド数 <アプリケーション毎の優先度の設定> • 目標を達成するようにスレッドの割り当 一般グループ てをコントロール • アプリケーション、EJB、サーブレット毎 業務AP の設定が可能 ワークマネージャA 管理AP ワークマネージャB 管理ユーザ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ過負荷保護機能• オーバーロードプロテクション WLS 9.0 ~ • HTTPセッション数による流量制御 • 設定ファイル(weblogic.xml)のみで制御が可能 • より柔軟なキャパシティプランニングなどが可能になる セッション数が3に設定さ れていた場合 既存ユーザ AP セッション数はAP毎に 設定が可能 新規ユーザ AP weblogic.xmlの設定例 <wls:session-descriptor> <wls:max-in-memory-sessions>3</wls:max-in-memory-sessions> </wls:session-descriptor> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
    • ゼロダウンタイムアプリケーションサーバ プロダクション再デプロイメント• プロダクション再デプロイメント WLS 9.0 ~ WebLogic Server • アプリケーションを更新の際に緩やか アプリケーション V1.0 アプリケーション V2.0 なバージョン移行を実現 • 既存のセッションは更新前のアプリケー セッション情報 セッション情報 ションに振分け • 新規セッションは新規アプリに振分け 新規セッションは • 対応モジュールタイプ 既存セッションは 新バージョンへ 保持 • WAR 既存ユーザ 新規ユーザ • EAR(HTTP経由で利用するもの) • Web Services Manifestファイルのバージョン情報 • RMI Client Manifest-Version: 1.0 • バージョンコントロールフレームワーク Weblogic-Application-Version: 1.0.1 • マニフェスト内のバージョン情報からア プリケーションのバージョン情報を把握 アプリケーションの更新によるダウンタイムを極小化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
    • より容易な運用管理を実現するWebLogic Serverの機能拡張 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
    • 運用管理を支援する機能拡張 管理コンソールとWLST <管理コンソール>• 拡張可能な管理コンソール WLS 9.0 ~ • 独自拡張可能な管理コンソール・フレームワー クを提供 • WLSを診断するためのWLDF拡張コンソール を提供 WLS 9.1 ~ • チェンジセンタによる整合性を確保した管理設 定• 管理スクリプト・ツールWLST WLS 9.0 ~ • Jythonベースの管理スクリプトWebLogic Scripting Tool(WLST)を提供 • 設定・管理の自動化を実現 • Windows/UNIX等異なるプラットフォーム間で の共通化が可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
    • 運用管理を支援する機能拡張WLST Recording機能• WLST Recording機能 WLS 10.0 ~ • 管理コンソール上のオペレーションをWLSTのスクリプトとして記録 • 作成されたスクリプトをカスタマイズすることで繰り返し行われる作業をスクリ プトで一括処理が可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
    • 運用管理を支援する機能拡張 診断フレームワーク(WLDF) <取得された情報>• 診断フレームワーク(WLDF) WLS 9.0 ~ • WebLogic Serverの状態を把握可能な情報 を診断イメージとして一括取得 • 各サブシステムの情報を収集してZIPで出力 • JDBCデータソースの利用状況 • JMS キュー/トピックのメッセージ数 • JNDIツリー • スレッドダンプ <管理コンソールより設定> • その他 • 取得方法 • 管理コンソールから手動で取得 • サーバのFirst-Failure時に自動取得 • 監視機能を利用し自動的に取得 • CPU使用率 90% 以上、etc. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
    • 運用管理を支援する機能拡張診断フレームワーク(WLDF) <ログ出力>• プロアクティブな監視・通知 WLS 9.0 ~ • 監視対象 • サーバログ • 収集されたメトリック情報(MBean) • 通知方法 • SNMPトラップの送信 • 電子メール(SMTP)送信 <送信されたメール> • JMX通知の発行 • JMSキューへのメッセージの送信 • 診断イメージの採取• サーバログやメトリック(MBean)の情 報をトリガに通知や診断情報の採取を 自動化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
    • Java Platform, Enterprise Edition 5.0 WLS 10.0 ~• 3年ぶりのEnterprise Editionのメジャーリリース• Javaをもっと簡単に(Ease Of Use)をコンセプトに登場  EJB 3.0 EJB開発をより簡単にする、Java EE 5 の中核規格  Java Annotations アノテーション(コメント)を活用し、余分な設定ファイルの記述から開放  Dependency Injection 依存性を注釈(後付け設定)することで、開発とテストの容易性が向上  Web アプリケーション開発  JSF, JSTLが規格に正式採用  Servlet、JSPも最新バージョン(2.5/2.1)に  Web Services  アノテーション/メタデータ開発を実現(JSR181)  さらに高機能なWebサービスの実現(JAX-WS/JAXB 2.0) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
    • Java EE 5 / Webサービス標準対応状況JavaSE/J2EE 標準 Version Webサービス 標準 VersionJava SE 6.0, 5.0(client only) Web Services Java EE 1.2, 1.1Java EE 5.0 Web Services Metadata for Java 2.0, 1.0 Platform (JWS)Java 標準 Version JAX-WS 2.1, 2.0EJB 3.0, 2.1, 2.0, 1.1 SOAP 1.1, 1.2JMS 1.1, 1.0.2b WSDL 1.1JDBC 4,0, 3.0 WS-Security 1.1, 1.0JNDI 1.2 WS-Policy 1.5, 1.2OTS/JTA 1.2 / 1.1 WS-SecurityPolicy 1.2Servlet 2.5, 2.4, 2.3, 2.2 WS-PolicyAttachment 1.5, 1.2JSP 2.1, 2.0, 1.2, 1.1 1.0, 2004/08 memberJSF 1.2, 1.1 WS-Addressing submission WS-ReliableMessaging 1.1, 1.0JSTL 1.2, 1.1 WS-Trust 1.3RMI/IIOP 1.0 WS-SecureConversation 1.3JMX 1.2, 1.0 UDDI 2.0Java Mail 1.2 (10.3.1) / 1.4 (10.3.2) SAML 2.0, 1.1JAAS 1.0 Full SAML Token Profile 1.1, 1.0JCA 1.5, 1.0 その他 標準 VersionJCE 1.4 SSL v3Java RMI 1.0 X.509 v3JAX-B 2.1, 2.0 LDAP v3JAX-P 1.2, 1.1 TLS v1 HTTP 1.1JAX-RPC 1.1, 1.0(deprecated) SNMP SNMPv1, v2, v3JAX-R 1.0 XACML 2.0SAAJ 1.3, 1.2 Partial implementation of Core andStreaming API for XML(StAX) 1.0 Hierarchical Role Based Access 2.0Java EE Management(JSR 77) 1.1 Control Profile of XACMLJava EE Application Deployment 1.2 Internet Protocol (IP) v6, v4JACC(Java Authorization Contact for 1.1Containers) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
    • WebLogic Server 11gR1 Update Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
    • WebLogic ServerとOracleASの完全統合• WebLogic ServerにOracleASのコンポーネントを移植 WebLogic Server Oracle Application Server • Java EEコンテナの安定性 • DBとの統合運用管理機能 • 拡張ライブラリ/フレームワーク : TopLink, ADF • インフラの堅牢性 • その他の機能 : OHS, WebCache, Forms/Reports • APサーバーの運用性 OHS WebCache Forms Reports Discoverer Portal Enterprise Manager セキュリティ ADF DMS MDS TopLink … OWSM OEPE Java Required Files(JRF) Control FMW JSF/Servlet JMS EJB POJO Webサービス JCA Web 2.0 メッセージング JDeveloper (DB連携) 永続化 ワークロード プロトコル Console セキュリティ Admin トランザクション 接続プール フレームワーク マネジメント 制御 WebLogic Server カーネル Oracle WebLogic Server 11g R1 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
    • 運用管理機能の統合 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
    • Real Operations 規模に合わせた運用管理環境の提供• Oracle WebLogic Server 11g R1の運用管理・監視ツール群 タスク名 機能名 プロビジョニング ドメイン・テンプレート Real コンフィギュレーション Admin Console / WLST / JMX Operations Automation デプロイ Admin Console / WLST / Dev Tool (運用管理) Admin Console / WLST / EM オペレーション Smart Update Real Operations エンタープライズレベル Grid Control Real FMW Control 11g New Operations FMWレベル Insight (監視) WebLogic Server Admin Console / WLDF レベル AD4J / JRMC コンポジットアプリ CAMM ケーション・レベルDev Tool コンフィギュレーション ウィザード Administration Console WSLT Smart Update Grid Control FMW Control CAMM Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33
    • Real Operations 管理ツールの位置づけ• Grid Control Grid Control • データベース、アプリケーションサーバ、アプリ パフォーマンス ケーションにまたがる統合管理/監視 管理/監視 プロビジョニング 構成管理 • 複数WebLogicドメインの管理 マルチドメイン Coherence管理 Diagnostics 管理 11g New• Fusion Middleware Control Fusion Middleware Control • Fusion Middlewareコンポーネントの管理 • 単一WebLogicドメイン SOA Suite管理 WebCenter Suite 管理 IdM管理 OHS/WebCache ADF/TopLink Forms/Reports 管理 管理 管理• WebLogic Server Administration Console • 従来ベースのWebLogic Server管理 WebLogic Administration Console WebLogic クラスタ/サーバー アプリケーション ドメイン管理 管理 管理 Java EE JMS管理 セキュリティ管理 サービス管理 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
    • 11g New Real Operations Fusion Middleware Control• Fusion MiddlewareコンポーネントのためのWeb管理コンソール • WebLogic ServerとWebTier を跨った管理を実現• 以下のコンポーネントを管理可能 • Oracle SOA Suite • Oracle WebCenter Suite • JRF(=Oracle Portablity Layer) • ADF • TopLink • Oracle Diagnostics Loggingなど • Oracle Web Tier • Oracle HTTP Server • Oracle WebCache • Oracle Classicコンポーネント Oracle Fusion Middleware Control(FMW Control) • Forms and Reports • Discoverer http://<管理サーバのホスト>:<ポート番号>/em • Portal ユーザ名: weblogic、 パスワード:ドメイン構成時に設定したパスワード Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 35
    • 11g New Real Operations Fusion Middleware Controlの管理タスク• Oracle WebLogic Serverで可能な管理作業 • 管理サーバ/管理対象サーバの起動・停止 • アプリケーションのデプロイ • パフォーマンス統計、MBeanブラウザ、ログ管理 • Webサービスの管理・テスト • TopLinkセッションの管理• OHS / WebCacheで可能な管理作業 • OHS、WebCacheの起動・停止 • パフォーマンス統計、負荷状況の確認、ログ管理 • OHSの管理・設定(サーバ構成、ポート、ルーティング、Virtual Host、ロギングなど ) • WebCacheの管理・設定(サーバ構成、キャッシュルール、有効期限など) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36
    • Oracle製品との連携強化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 37
    • GridLink for RAC RAC連携をより容易に 11g New  サービス・インスタンス指定によるRACとのデータソース連携  Oracless Driver (Thin) for RAC Service-Instance connections  Oracles Driver (Thin XA) for RAC Service-Instance connections 管理コンソールから設定できるデータベースの種類に 「Service-Instance」接続が追加されています。【生成される接続文字列】jdbc:oracle:thin:@(DESCRIPTION=(ADDRESS_LIST=(ADDRESS=(PROTOCOL=TCP)(HOST=racdb-vip)(PORT=1521)))(CONNECT_DATA=(SERVICE_NAME=SERVICE1)(INSTANCE_NAME=INST1))) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 38 38
    • GridLink for RAC マルチデータソースの利用イメージ  WebLogicがRAC側のリソース制御を動的に検知して反映する仕組み WebLogic Server データソース(FIN-RAC1) FIN RAC1 コネクションプール RAC1接続 FIN用マルチデータソース ACTIVE データソース(FIN-RAC1) データソース(FIN-RAC2) ACTIVE データソース(FIN-RAC2) コネクションプール RAC2接続 データソース(FIN-RAC3) データソース(FIN-RAC3) コネクションプール RAC2 データソース(HR-RAC1) コネクションプール HR用マルチデータソース データソース(HR-RAC1) 有効な物理接続が無い データソース(HR-RAC2) RAC1とRAC2でFINサー データソース(HR-RAC2) コネクションプール ビスを設定 HRサービスはRAC3のみ ACTIVE データソース(HR-RAC3) HR RAC3 データソース(HR-RAC3) コネクションプール RAC3接続RACサービス数=マルチデータソース数マルチデータソースに含まれるデータソースの数=RACインスタンス数 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 39
    • Enterprise Grid Messaging Oracle AQとの連携• 従来のWebLogic ServerのJMS実装をそのまま継承• Oracle Advanced Queueを外部JMSとして設定してJMS化 11g New • 通常のWebLogic JMSキューと同じ要領で利用が可能 外部JMSとしてJNDI アプリケーションは通常の ツリーに登録 WebLogicのJMSと同等の 手順で利用可能 従来のOracle MDB AQの利用法の まま利用可能 JMS データソース Oracle AQユーザ 内部的にはJDBC経由で接続 RAC構成もサポート Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 40
    • 11g New ActiveCache Coherence*Webによる連携 Web Server• WebLogic ServerとCoherenceの連携 WebLogic ク 強化と設定簡易化 ラスタ • WebLogic SPIを利用しHTTPセッションを WebLogic Server WLS WebLogicインスタンス外へ格納( WLS Coherence*Web) Coherence*Web Coherence*Web • WebLogic PortalのPortalCacheProvider Coherence*Web 機能も提供• Coherence*Web利用のメリット • APサーバー障害時のデータ保護 セッションデータ専用 Coherence • セッション情報格納領域のスケールアウト Coherence • APサーバプロセスでは確保できないサ Coherence Coherence イズのセッション情報も保持可能 Coherence Coherence • ソースコードの修正は一切不要 • 異種APサーバーを跨ったセッション情報 の共有も可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 41
    • 11g NewActiveCacheWebLogic SPIによる構成の簡易化• WebLogic上のWEBアプリケーションに対して汎用的なCoherence*Webの 設定がされたライブラリモジュール• war形式(coherence-web-spi.war)でCoherenceに同梱され、WebLogicに ライブラリとしてデプロイすることで利用可能 • WebLogic に同梱されているものではない • coherence.jarも$DOMAIN_HOME/libに配備しておく必要がある • アプリケーションはDDでライブラリ参照「coherence-web-spi」を設定して利用する 。 • アプリケーションに個別の設定を行う場合はweb.xmlでパラメータ値を上書き設定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 42
    • 11g New Oracle TopLink 11g• Oracle TopLink 11g Oracle TopLinkの概要 • Javaオブジェクトの永続化フレームワーク • マッピング機能(O/R、O/X、EIS) • オブジェクトキャッシュ Application • TopLink Grid(Coherence連携機能) Javaオブジェクトとしてデータ操作 • WebLogic Server 11g R1にデフォルトバンドル JPA JAXB SDO • Oracle Kodoは非推奨 TopLink JDBC JCA XML Parser • JPA実装を含むコア機能のソースをEclipseプロ ジェクトに寄贈(EclipseLink) • TopLink 11gはEclipseLinkベース • JPA 1.0 リファレンス実装 RDB 外部システム XML • JPA 2.0、SDO 2.1.1 のリファレンス実装 (EIS) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 43
    • 11g New Oracle TopLink 11g TopLink Grid TopLink と組み合わせた場合の動作• TopLinkのL2キャッシュもしくはデータストア そのものとしてCoherenceをシームレスに利用す ることが可能• メリット Application • DBの負荷軽減 EntityManager API • Java SE環境での利用 (find, query, persist, merge) • Coherence分散キャッシュの機能 (拡張性、クエリ機能など) TopLink JPA• 動作パターン Cache API Coherenceによる • Coherence Read (get, put, filter) 分散キャッシュ • JPAの読取り(find,Query)をCoherenceにリ ダイレクト • 書込みはJPAで実行 SQL • Coherence Read/Write CacheLoader/Store • JPAの読取り、書込みをCoherenceに リダイレクト CacheLoader/Storeにより SQL • Coherence L2 Cache DBから読取り、書込み • CoherenceによるL2キャッシュの実装 • キャッシュヒットは主キーアクセスのみ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 44
    • まとめ 各バージョンにおける新機能• WLS 9.x から容易な運用管理を実現する以下の機能を追加 • ワークマネージャ • WebLogic Scripting Tool • WebLogic 診断フレームワーク• WLS 10gR3の段階でフルレイヤクラスタリングの機能が完成 • 従来からのクラスタリング機能 • サーバ移行、サービス移行の完全自動化• WLS 11gR1はOracle製品との統合に軸を置いた機能拡張 • WebTierを含んだ管理ツールとしての Fusion Middleware Control • Oracle DBが提供する機能との連携強化(RAC連携、AQ連携) • Coherence*Web の連携の容易化 • TopLink JPAの採用によるJPA-Coherence連携 WLSのコア機能のUpdateは9.x~10gR3にも多い! Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 45
    • 各種情報• Oracle WebLogic Server 11g R1製品ダウンロード • http://www.oracle.com/technology/global/jp/software/products/ias/htdocs/wls_main.html• Oracle WebLogic Server 11g R1(10.3.4) 製品ドキュメント • http://download.oracle.com/docs/cd/E23549_01/wls.htm • 新機能一覧 • WLS 11gR1) http://download.oracle.com/docs/cd/E14571_01/web.1111/e13852/toc.htm • WLS 10gR3) http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/wls/docs103/notes/new.html • WLS 10.0) http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/wls/docs100/notes/new.html • WLS 9.2) http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/wls/docs92/notes/new.html • WLS 9.1) http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/wls/docs91/notes/new.html • WLS 9.0) http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/wls/docs90/notes/new.html• FAQ • http://www.oracle.com/technology/software/products/ias/files/middleware_download_faq.pdf• Certification Matrix • http://www.oracle.com/technology/software/products/ias/files/fusion_certification.html• ライセンス・インフォメーション • http://download.oracle.com/docs/cd/E12839_01/doc.1111/e14860/toc.htm Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 46
    • オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/ 最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 47
    • OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN オンデマンド ※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 48
    • Oracle エンジニアのための技術情報サイトオラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 oracletechnetjphttp://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ • 技術資料• ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを多 様な方法で検索できます• キーワード検索、レベル別、カテゴリ 別、製品・機能別 • コラム• オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします• 決してニッチではなく、誰もが明日か ら使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 49
    • OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 50
    • ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス ■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス •Oracle Database構成相談サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •サーバー統合支援サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •仮想化アセスメントサービス ■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス •SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス •DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス •Sybaseからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス •MySQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス •Postgre SQLからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW •Accessからの移行支援サービス •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)•Oracle Application ServerからWeblogicへ NEW Webアップグレード相談サービス 移行支援サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 51
    • 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析インストールすることなく、すぐに体験いただけます • サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 52
    • あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 55