Your SlideShare is downloading. ×
  • Like

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

WebLogic Server 11g - Webサービス

  • 1,459 views
Published

Webサービス概要 …

Webサービス概要
・Webサービスとは/標準仕様/歴史
WebLogic Server 10.3.xのWebサービス新機能
・JAX-WS Stack 新機能/JAX-RPC Stack 新機能
その他新機能
・JAX-WSとは/JAX-WSとJAX-PRCの違い
・JAX-WSによるWebLogic Web サービスの構築手順
まとめ

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
1,459
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
29
Comments
0
Likes
1

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. <Insert Picture Here>Oracle WebLogic Server – WEBサービス日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部Application Gridソリューション部
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • 3. 【PR】 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 4. Agenda• Webサービス概要 • Webサービスとは • Webサービス標準仕様 • WebLogic Server Webサービスの歴史• WebLogic Server 10.3.xのWebサービス新機能 • JAX-WS Stack 新機能 • JAX-RPC Stack 新機能 • その他新機能• JAX-WSによるWebサービス構築 • JAX-WSとは • JAX-WS / JAX-PRC の違い • JAX-WSによるWebLogic Web サービスの構築手順• まとめ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • 5. Webサービス概要• Webサービスとは • 異なるシステムからサービスを呼び出す仕組み(異言語間) • XML形式のSOAPでメッセージ送受信 • サービスのインタフェースをWSDLで定義• Webサービスの必要性 • 多様なプラットフォームの分散型アプリケーション間の相互運用性 • HTTPプロトコルによる、アプリケーションへの容易なアクセス • 共通データモデル(XML) Clientアプリ WSDL SOAP SOAP Javaシ ステム .Netシステム Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  • 6. Webサービスの活用方法• Rich Client(Web型3層システムの応用)からの接続 • VB.Net(Client) + Webサービス(Java) など• 1対1/多対1の異なるシステム間の連携技術 連 携 • サーバ同士の連携 の 幅 • 異なるプラットフォーム(.Net/Java)システム間での連携 が 増• SOA基盤技術として 大 • 異なるシステムが提供するサービスをつないで、価値ある業務プ ロセスを柔軟に生成するのがSOA • サービスを提供するための基盤技術がWebサービス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • 7. Webサービスに関連する標準仕様 プログラミングAPI JAX-WS JAX-RPC XML⇔Java (Apache beehive JAXBJava バインディング XMLBeans)標 / Basic Security Profile準 アノテーション定義 Web Services Metadata Basic Profile 相 Webサービス+JEE Web Services for Java EE 互 運 用 性Web サービス定義 WSDL / WS-Policy / WS-PolicyAttachmentサー WS-Security / WS-Trust / データ転送 SOAP / WS-Addressingビ WS-ReliableMessagingス標準 データ形式 XML Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • 8. Webサービスに関連する標準仕様• 標準化団体 • W3C JAX-WS JAX-RPC • www技術の標準化 • OASIS JAXB (Apache beehive XMLBeans) JCP / Basic Security Profile • eビジネスの標準化 Web Services Metadata • WS-I Basic Profile • Webサービス相互運用性 Web Services for Java EE WS-I • JCP WSDL / WS-Policy / WS-PolicyAttachment • Javaの標準化 W3C SOAP / WS-Addressing OASIS WS-Security/WS-Trust/WS- ReliableMessaging XML Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • 9. WebLogic Server Webサービスの歴史 • 主なアップグレード(10.3.x) • JAX-WS2.1 / JAXB2.1 • WS-ReliableMessaging 1.1 • WS-Policy 1.5, WS-SecurityPolicy 1.2 WLS 10.3,x(’10) • WLS 10.0(’07) • WS-Security 1.1 WS-AtomicTransaction 1.2 • WS-Reliable Messaging 1.1 WLS 9.x(’05) • WS-Security • WS-Addressing 1.0 • WS-Security • WS-Reliable Messaging • WS-Policy 1.5 WLS 8.1(’03) • WS-Reliable • WS-Addressing • WS-SecurityPolicy 1.2 • Web Services Messaging • WS-Policy • WS-Secure Conversation WLS 7.0(’02) enhancements • WS-Addressing • WS-SecurityPolicy • WS-Trust 1.3 • Web Services • WS-Security • WS-Policy enhancements • WS-Secure Conversation WLS 6.1 (’01) • SOAP 1.1/1.2 • SAML 2.0 • WS-Secure • UDDI 2.0 Reliable • WS-Trust • JAX-WS 2.1 Conversation• Web Services Messaging • SOAP 1.1/1.2 • SAML • JAXB 2.1 • SAML• UDDI • JAXP 1.1 • JAX-WS 2.0 • JAX-RPC 1.1 • SAAJ 1.3• SOAP 1.1 • JAXB 2.0 • MTOM / XOP • SAAJ 1.2 • SAAJ 1.3 • XML Catalog• WSDL 1.1 • JSR181(JWS) • MTOM / XOP • WS-AtomicTransaction 1.2 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • 10. Webサービス 新機能(JAX-WSの追加機能)• JAX-WS 2.1 / JAXB 2.1のサポート • JSR 224 Maintenance Release 2 (May 8, 2007) • JSR 222 Maintenance Release (Dec 14, 2006) • JAX-WS RI 2.1.3, JAXB RI 2.1.6ベース• JAX-WS パフォーマンス改善 • Woodstox StAX Parser 3.2.4の使用による大幅なパフォーマン ス改善 • WLS 10.0よりも15% ~ 45% パフォーマンスが改善• JAX-WS でのサポート追加 • WS-Security 1.1、WS-SecurityPolicy 1.2 • XML Catalogs Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • 11. Webサービス 新機能(JAX-RPC追加機能)• 標準対応 • WS-Addressing v1.0 (Oldバージョンからアップグレード) • WS-ReliableMessaging v1.1 (v1.0からアップグレード) • WS-SecureConversation v1.3 • WS-Trust v1.3 Client• MTOM機能追加 • JavaBean byte配列対応, MTOM+WS-Security, MTOM+WS- RM• WS-I Basic Security Profile v1.0 and v1.1の対応強化• .NET 相互運用性(.NET 3.0 and .NET 3.5) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • 12. Webサービス 新機能(その他追加機能)• 適切なセキュリティ・ポリシーの選択 • 一つのサービスに複数のポリシー選択肢を設定可能 • 実行時に適切なポリシーを選択• SAML Token Profile 1.1• その他、標準仕様のアップグレード • WS-Policy 1.5, WS-SecurityPolicy 1.2.• WS-Security機能の拡張 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • 13. JAX-WS 概要• JAX-WSとは • WebサービスをJavaで実行するための標準APIを定義した仕様• JAX-RPCとの違い • J2EE 1.4にはJAX-RPCというWebサービスのためのJava API仕 様が定義されていたが、もともとRPCだけではなく、ドキュメント型 のMessageも扱えることから、実態と名前に差が発生していた。 • JAX-RPC 2.0へのバージョンアップでJAX-WS 2.0と名称変更。( JAX-RPCと別物ではなく、後続バージョンという位置づけ) • バインディング仕様の違いなどから、JAX-WSは下位バージョン( JAX-RPC1.1)と互換性が保障されない• Java EE 5では、JAX-RPC1.1も従来どおりに提供される ため、必ずしも既存のWebサービスをJAX-WSに移行す る必要はない Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  • 14. JAX-WS/JAX-RPCの判断基準• 基本的には、新規開発はJAX-WSを選択する • JAX-RPCはJAX-WSの下位バージョンであり、今後の拡張は予 定されていないため • ただし、JAX-RPCでサポートされている機能が、10.3のJAX-WS では使用できないものが一部ある • 使い分けに対してある程度の判断は必要 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  • 15. JAX-RPC と JAX-WSの違い 1/2 JAX-RPC 1.1 JAX-WS 2.1関連 • 下位バージョン • 上位バージョンSOAP 1.2 サポート • × (1.1 Only) • ○ (1.1/1.2) • × - データバインディングはデータバインディング/JAXBの使用 独自仕様(WebLogicでは • ○ JAXB 2.1 XML Beans) • ○(標準仕様にはないが、MTOMによるドキュメント添付 •○ WLS拡張として実装)EJB 3.0サポート •× •○JSR 181 (Web Services Metadata) •○ •○JSR 109 (Enterprise Web Services) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  • 16. JAX-RPC と JAX-WSの違い 2/2 • WebLogicではJAX-RPCの拡張機能を提供している • JAX-WSの場合、10.3では未サポートの機能があるJAX-RPCのWebLogic拡張 機能説明 JAX-WSでのサポート • 同一クライアントから一連のWebサービス会話形式のWebサービス •× 呼び出し • アプリケーション⇔サーバ間のメッセージ配信頼性のあるメッセージング •× 信を保障する非同期 Request-response • Webサービスの非同期呼び出し • ○ (JAX-WS仕様で代替可能)コールバック • Webサービスクライアントへの通知 • ○ (JAX-WS仕様で代替可能) • メソッド / オペレーションのJMSキューへのバッファ付きWebサービス (JMS) •× 格納接続プロトコルとしての JMS 転送 • Webサービスのデータ転送にJMSを使用 •× Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  • 17. JAX-WSを利用したWebサービス開発 1• WebLogic Webサービス • Web Services for Java EE 1.2(JSR-109)仕様に従い実装されて いる• WebLogic Webサービスの開発プロセス • プログラミング方法: • アノテーションを使用したJavaコード開発(JWSファイル) • コンパイル方法 • jwsc Ant タスク: JWSファイルのコンパイル/パッケージング Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  • 18. JAX-WSを利用したWebサービス開発 2• プログラミング方法 • JWSファイルは以下の2パターンで実装可能 • Webコンテナ内で実行されるJavaクラス • EJBコンテナ内で動作するステートレスセッションEJB • WebサービスはJWSアノテーションを使用して定義する • Web Service Metadata for Java Platform標準アノテーション • WebLogic固有アノテーション • アノテーションが記述されたJavaファイルをJWSファイルと呼ぶ • WSDLからアノテーションが記述されたJavaスケルトンコードを自 動生成することも可能(wsdlc Antタスクを使用する。) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  • 19. JAX-WSを利用したWebサービス開発 3• コンパイル方法 • JWSファイルのコンパイルツールとして、jwsc Antタスクを提供 • jwsc AntタスクはJWSファイルを入力として受け取り、WebLogic Webサービスの実行に必要なものをすべて生成する • サービスエンドポイントインタフェース、 (JWS_ClassNamePortType.java)など、WebService for Java EE(JSR-109)で規定されたクラスファイル • JAXBデータバインディングクラスファイル • デプロイに必要な記述子の作成 • web.xml/application.xml/weblogic-application.xml • ejb-jar.xml / weblogic-ejb.jar.xml (EJBモデルの場合) • これらのアーカイブ作成(EAR/WAR) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  • 20. JAX-WSを利用したWebサービス開発 4• 開発の流れ 開始 開始 wsdlc JWSファイル WSDL Antタスク Java/EJB ユーザ定義 Javaデータ型 アーカイブ jwsc (EAR/WAR) Antタスク デプロイ wldeploy Antタスク 終了 管理コンソール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  • 21. JWSファイルのプログラミング 1 • JWSファイルのアノテーション • 標準のEJB/Javaクラスにアノテーションを記述するアノテーション 説明 JAX-WS JAX-RPC • Webサービスの形態と動作を指定するための標準アノテーションWeb サービス メタデータ アノテ • javax.jws / javax.jws.soap パッケージ ○ ○ーション (JSR-181) • @WebService / @WebMethod etc…JAX-WS アノテーション (JSR- • JAX-WSのみで使用可能なアノテーション ○ ×224) • javax.xml.ws パッケージ • JAXBにて使用可能なアノテーションJAXB アノテーション (JSR-222) ○ × • javax.xml.bind.annotation パッケージ • WebLogic固有のアノテーションWebLogic 固有のアノテーション △ ○ • ほとんどがJAX-RPCのみで使用可能。JAX-WSは一部のみ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  • 22. JWSファイルのプログラミング 2 • JWSファイルのサンプルpackage examples.webservices.simple;import javax.jws.WebMethod;import javax.jws.WebService;import javax.jws.soap.SOAPBinding;@WebService(name="SimplePortType", serviceName="SimpleService", targetNamespace="http://example.org") @WebService@SOAPBinding(style=SOAPBinding.Style.DOCUMENT, use=SOAPBinding.Use.LITERAL, @SOAPBinding parameterStyle=SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED)public class SimpleImpl {@WebMethod() @WebMethod public String sayHello(String message) { return "Here is the message: " + message + ""; }} Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  • 23. JWSファイルのプログラミング 3• @WebServiceアノテーション • @WebService アノテーションを使用して、JWS ファイルが Web サービ スを実装することをクラス レベルで指定する @WebService(name="SimplePortType", serviceName="SimpleService", targetNamespace="http://example.org") • Web サービスの portType 名を「SimplePortType」、サービス名を「 SimpleService」、生成される WSDL で使用される targetNamespace を 「http://example.org」と指定している • ただし、いずれの属性も必須ではない • 未指定の場合は、適宜デフォルト値が使用される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  • 24. JWSファイルのプログラミング 4• @SOPBindingアノテーション • JWS ファイル内にクラス レベルで標準の @SOAPBinding アノテーショ ンを含めて、 WebサービスのSOAPバインディング(document- literal(wrapped)/document-encodedなど)を指定する @SOAPBinding(style=SOAPBinding.Style.DOCUMENT, use=SOAPBinding.Use.LITERAL, parameterStyle=SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED) • 未指定の場合は、デフォルト値が使用される 属性 指定できる値 デフォルト値 SOAPBinding.Style.RPC style SOAPBinding.Style. DOCUMENT SOAPBinding.Style.DOCUMENT use SOAPBinding.Use.LITERAL SOAPBinding.Use.LITERAL SOAPBinding.ParameterStyle.BARE parameterStyle SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  • 25. JWSファイルのプログラミング 5• @WebMethodおよび@OneWayアノテーション • @WebMethod アノテーションを使用して、JWS ファイルのメソッドを Web サービスのパブリック・オペレーションとして公開することを指定する @WebMethod(operationName="sayHelloOperation") public String sayHello(String message) { return "Here is the message: " + message + ""; } • @Onewayアノテーションを使用して、オペレーションが呼び出し側に値を 返さないことを指定可能(void メソッドのみ) @WebMethod() @Oneway() public void ping() { System.out.println("ping operation"); } Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  • 26. JWSファイルのプログラミング 6• @WebParamアノテーション • オペレーションのパラメータとWSDL要素のマッピングをカスタマイズする @WebMethod() @WebResult(name="IntegerOutput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") public int echoInt( @WebParam(name="IntegerInput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") int input) { System.out.println("echoInt " + input + " to you too!"); return input; } • 生成されるWSDLファイル内のechoIntオペレーションのパラメータ名は、 “IntegerInput”となる • targetNamespace 属性は、パラメータの XML ネームスペースを指定 • パラメータと XML 要素がマップされる、documentスタイルを使用す る場合にのみ有効 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  • 27. JWSファイルのプログラミング 7• @WebResultアノテーション • オペレーションの戻り値と WSDL 要素のマッピングをカスタマイズする @WebMethod() @WebResult(name="IntegerOutput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") public int echoInt( @WebParam(name="IntegerInput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") int input) { System.out.println("echoInt " + input + " to you too!"); return input; } • 生成されるWSDLファイル内のechoIntオペレーションの戻り値の名前は 、“IntegerOutput”となる • Name属性が未指定の場合、デフォルト値はハードコーディングされた resultの変数名となる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  • 28. JWSファイルのコンパイル 1• jwsc WebLogic Webサービス Antタスク • jwsc Ant タスクは、JWSアノテーションを含むJWSファイルを入力として 受取り、WebLogic Webサービスに必要なものをすべて生成する • ゼロからコーディングしたJWSファイルでもWSDLから自動生成したJWS ファイルでもどちらでも可能• 生成されるもの • JSR-109 Webサービス・クラスファイル • JAXBデータバインディング・クラスファイル • 必要なデプロイメント記述子 • サーブレットベースのWebサービス・デプロイメント記述子(web.xml) • Earデプロイメント記述子 (application.xml/weblogic- application.xml) ※ WSDLファイルはデプロイ時に生成される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  • 29. JWSファイルのコンパイル 2 • 事前準備 Ant build.xmlファイルの雛形 環境変数の設定<?xml version="1.0" encoding="windows-31j" ?><project default="all"> ドメインディレクトリ(※)のbinサブディレクトリに <target name="all" あるsetDomainEnv.cmd (Windows) または depends="clean,build-service,deploy" /> setDomainEnv.sh (UNIX) コマンドを実行する <target name="clean"> <delete dir="output" /> </target> <target name="build-service"> ※ ドメインディレクトリ <!-- ここに jwsc タスク、関連するタスクを追加 --> $BEA_HOME/user_projects/domains/domainName </target> <target name="deploy"> <!--ここに wldeploy タスクを追加 --> </target></project> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  • 30. JWSファイルのコンパイル 2 • コンパイルおよびアーカイブのためのjwscの記述 • <target name=“build-service”>に記述<taskdef name="jwsc" • ear_directory – 生成されたファイルを格納 classname="weblogic.wsee.tools.anttasks.JwscTask" /> するディレクトリを指定<target name="build-service"> • src_directory - JWS ファイルのパッケージ 名に対応するディレクトリの最上位を指定 <jwsc srcdir="src_directory" • JWS_file - src_directory 属性の値に対して destdir="ear_directory" 相対的な JWS ファイルのパス名を指定 > <jws file="JWS_file" • WSDLC_Generated_JAR - wsdlc Ant タス compiledWsdl="WSDLC_Generated_JAR" クによって生成された JAR ファイル(WSDL type="WebService_type"/> から生成していない場合は不要) </jwsc> • WebService_type - Web サービスの種類 </target> (JAXWS または JAXRPC) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  • 31. JWSファイルのコンパイル 3 • jwscの使用例 jwsc実行後の生成物 .build.xml │ build.xml <taskdef name="jwsc" │ classname="weblogic.wsee.tools.anttasks.JwscTask" /> ├─output ─ SimpleImplEAR │ ├─examples Output <target name="build-service"> │ │ └─webservices <jwsc │ │ └─simple srcdir="src" │ │ SimpleImpl.war │ │ フ destdir=“output/SimpleImplEAR" ァ > │ └─META-INF イ <jws file=" examples/webservices/simple/SimpleImpl.java" │ application.xml ル type="JAXWS"/> │ weblogic-application.xml </jwsc> │ └─src Input </target> └─examples └─webservices フ └─simple ァ SimpleImpl.java イ ル Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
  • 32. JWSファイルのコンパイル 4• jwscの高度な使用方法 • 複数の JWS ファイルを一度に処理する • 生成された Web サービスをそれぞれ別の Web アプリケーシ ョン WAR ファイルにパッケージ化するか、すべての Web サ ービスをグループ化して 1 つの WAR ファイルにパッケージ化 するかを選択可能 • Web サービスの呼び出し時にクライアントアプリケーションが使用 できる転送手段 (HTTP/HTTPS) を指定 • 新規作成ではなく、既存のアプリケーションを更新する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
  • 33. wldeploy Antタスクを使用したWebサービス のデプロイ 1• デプロイ用のwldeploy Antタスクの記述<target name="deploy"> •DeploymentName – デプロイメント名。管理コ <wldeploy action="deploy" ンソールのデプロイメント・リストに表示される name="DeploymentName" •Source – 対象のEARまたは展開されたディレ source="Source“ クトリ user="AdminUser" •AdminUser – 管理ユーザ名 password="AdminPassword" adminurl="AdminServerURL" •AdminPassword - 管理パスワード targets="ServerName"/> •AdminServerURL -管理サーバURL 通常は t3://localhost:7001</target> •ServerName - Webサービスをデプロイする WebLogic Serverインスタンス名 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33
  • 34. wldeploy Antタスクを使用したWebサービス のデプロイ 2• wldeploy 使用例 . <target name="deploy"> │ build.xml │ ├─output ─ SimpleImplEAR <wldeploy action="deploy" │ ├─examples Input name="SimpleImpl" │ │ └─webservices source="output/SimpleImplEAR" │ │ └─simple user="weblogic" │ │ SimpleImpl.war デ password="weblogic" │ │ ィ レ adminurl="t3://localhost:7001" │ └─META-INF ク targets="myserver"/> │ application.xml ト │ weblogic-application.xml リ </target> │ └─src └─examples 元 └─webservices ソ └─simple ー SimpleImpl.java ス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
  • 35. (参考) アンデプロイの指定方法• アンデプロイ 使用例 • アンデプロイは“name”属性のみでターゲットを指定します。 . │ build.xml │ ├─output ─ SimpleImplEAR <target name="undeploy"> │ ├─examples Input │ │ └─webservices │ │ └─simple <wldeploy action="undeploy" │ │ SimpleImpl.war デ name=" SimpleImpl " │ │ ィ user="weblogic" レ │ └─META-INF ク password="weblogic" verbose="true" │ application.xml ト adminurl="t3://localhost:7001" │ weblogic-application.xml リ targets="myserver"/> │ └─src </target> └─examples 元 └─webservices ソ └─simple ー SimpleImpl.java ス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 35
  • 36. OEPEを利用したWebLogic Webサービス 開発• Oracle Enterprise Pack For Eclipseには、WebLogic Server 10.3のWebサービス開発環境が統合済み • JavaクラスからのWebサービス自動生成 • WSDLからのWebサービス自動生成 • WSDLからのWebサービスクライアント自動生成 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36
  • 37. WebLogic Webサービスの開発• WebLogic管理コンソールを利用したWebサービステスト 実行とSOAP通信内容のキャプチャ SOAP通信の内容 サービス 呼び出し 引数入力 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 37
  • 38. まとめ• WebLogic Servre 10.3での主な機能追加 • JAX-WS 2.1 / JAXB 2.1対応• JAX-WSの開発 • アノテーションを使用した開発 • JWSファイル開発(jwsc Antタスク) • 既存WSDLからの開発(wsdl Antタスク)• WebLogic10.3のWebサービス開発環境 • Oracle Enterprise Pack For Eclipseに統合済み Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 38
  • 39. オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 39
  • 40. OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN オンデマンド※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 40
  • 41. Oracle エンジニアのための技術情報サイト オラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 http://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ oracletechnetjp• 技術資料 • ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを 多様な方法で検索できます • キーワード検索、レベル別、カテゴ リ別、製品・機能別• コラム • オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします • 決してニッチではなく、誰もが明日 から使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中 オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 41
  • 42. OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 42
  • 43. ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス NEW Webアップグレード相談サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 43
  • 44. 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析 インストールすることなく、すぐに体験いただけます • サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 44
  • 45. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル 専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 ※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 46. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 47. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 47