WebLogic Server 11g - Webサービス
 

WebLogic Server 11g - Webサービス

on

  • 1,687 views

Webサービス概要 ...

Webサービス概要
・Webサービスとは/標準仕様/歴史
WebLogic Server 10.3.xのWebサービス新機能
・JAX-WS Stack 新機能/JAX-RPC Stack 新機能
その他新機能
・JAX-WSとは/JAX-WSとJAX-PRCの違い
・JAX-WSによるWebLogic Web サービスの構築手順
まとめ

Statistics

Views

Total Views
1,687
Views on SlideShare
1,687
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
28
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

WebLogic Server 11g - Webサービス WebLogic Server 11g - Webサービス Presentation Transcript

  • <Insert Picture Here>Oracle WebLogic Server – WEBサービス日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部Application Gridソリューション部
  • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • 【PR】 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • Agenda• Webサービス概要 • Webサービスとは • Webサービス標準仕様 • WebLogic Server Webサービスの歴史• WebLogic Server 10.3.xのWebサービス新機能 • JAX-WS Stack 新機能 • JAX-RPC Stack 新機能 • その他新機能• JAX-WSによるWebサービス構築 • JAX-WSとは • JAX-WS / JAX-PRC の違い • JAX-WSによるWebLogic Web サービスの構築手順• まとめ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • Webサービス概要• Webサービスとは • 異なるシステムからサービスを呼び出す仕組み(異言語間) • XML形式のSOAPでメッセージ送受信 • サービスのインタフェースをWSDLで定義• Webサービスの必要性 • 多様なプラットフォームの分散型アプリケーション間の相互運用性 • HTTPプロトコルによる、アプリケーションへの容易なアクセス • 共通データモデル(XML) Clientアプリ WSDL SOAP SOAP Javaシ ステム .Netシステム Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  • Webサービスの活用方法• Rich Client(Web型3層システムの応用)からの接続 • VB.Net(Client) + Webサービス(Java) など• 1対1/多対1の異なるシステム間の連携技術 連 携 • サーバ同士の連携 の 幅 • 異なるプラットフォーム(.Net/Java)システム間での連携 が 増• SOA基盤技術として 大 • 異なるシステムが提供するサービスをつないで、価値ある業務プ ロセスを柔軟に生成するのがSOA • サービスを提供するための基盤技術がWebサービス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • Webサービスに関連する標準仕様 プログラミングAPI JAX-WS JAX-RPC XML⇔Java (Apache beehive JAXBJava バインディング XMLBeans)標 / Basic Security Profile準 アノテーション定義 Web Services Metadata Basic Profile 相 Webサービス+JEE Web Services for Java EE 互 運 用 性Web サービス定義 WSDL / WS-Policy / WS-PolicyAttachmentサー WS-Security / WS-Trust / データ転送 SOAP / WS-Addressingビ WS-ReliableMessagingス標準 データ形式 XML Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • Webサービスに関連する標準仕様• 標準化団体 • W3C JAX-WS JAX-RPC • www技術の標準化 • OASIS JAXB (Apache beehive XMLBeans) JCP / Basic Security Profile • eビジネスの標準化 Web Services Metadata • WS-I Basic Profile • Webサービス相互運用性 Web Services for Java EE WS-I • JCP WSDL / WS-Policy / WS-PolicyAttachment • Javaの標準化 W3C SOAP / WS-Addressing OASIS WS-Security/WS-Trust/WS- ReliableMessaging XML Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • WebLogic Server Webサービスの歴史 • 主なアップグレード(10.3.x) • JAX-WS2.1 / JAXB2.1 • WS-ReliableMessaging 1.1 • WS-Policy 1.5, WS-SecurityPolicy 1.2 WLS 10.3,x(’10) • WLS 10.0(’07) • WS-Security 1.1 WS-AtomicTransaction 1.2 • WS-Reliable Messaging 1.1 WLS 9.x(’05) • WS-Security • WS-Addressing 1.0 • WS-Security • WS-Reliable Messaging • WS-Policy 1.5 WLS 8.1(’03) • WS-Reliable • WS-Addressing • WS-SecurityPolicy 1.2 • Web Services Messaging • WS-Policy • WS-Secure Conversation WLS 7.0(’02) enhancements • WS-Addressing • WS-SecurityPolicy • WS-Trust 1.3 • Web Services • WS-Security • WS-Policy enhancements • WS-Secure Conversation WLS 6.1 (’01) • SOAP 1.1/1.2 • SAML 2.0 • WS-Secure • UDDI 2.0 Reliable • WS-Trust • JAX-WS 2.1 Conversation• Web Services Messaging • SOAP 1.1/1.2 • SAML • JAXB 2.1 • SAML• UDDI • JAXP 1.1 • JAX-WS 2.0 • JAX-RPC 1.1 • SAAJ 1.3• SOAP 1.1 • JAXB 2.0 • MTOM / XOP • SAAJ 1.2 • SAAJ 1.3 • XML Catalog• WSDL 1.1 • JSR181(JWS) • MTOM / XOP • WS-AtomicTransaction 1.2 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • Webサービス 新機能(JAX-WSの追加機能)• JAX-WS 2.1 / JAXB 2.1のサポート • JSR 224 Maintenance Release 2 (May 8, 2007) • JSR 222 Maintenance Release (Dec 14, 2006) • JAX-WS RI 2.1.3, JAXB RI 2.1.6ベース• JAX-WS パフォーマンス改善 • Woodstox StAX Parser 3.2.4の使用による大幅なパフォーマン ス改善 • WLS 10.0よりも15% ~ 45% パフォーマンスが改善• JAX-WS でのサポート追加 • WS-Security 1.1、WS-SecurityPolicy 1.2 • XML Catalogs Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • Webサービス 新機能(JAX-RPC追加機能)• 標準対応 • WS-Addressing v1.0 (Oldバージョンからアップグレード) • WS-ReliableMessaging v1.1 (v1.0からアップグレード) • WS-SecureConversation v1.3 • WS-Trust v1.3 Client• MTOM機能追加 • JavaBean byte配列対応, MTOM+WS-Security, MTOM+WS- RM• WS-I Basic Security Profile v1.0 and v1.1の対応強化• .NET 相互運用性(.NET 3.0 and .NET 3.5) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • Webサービス 新機能(その他追加機能)• 適切なセキュリティ・ポリシーの選択 • 一つのサービスに複数のポリシー選択肢を設定可能 • 実行時に適切なポリシーを選択• SAML Token Profile 1.1• その他、標準仕様のアップグレード • WS-Policy 1.5, WS-SecurityPolicy 1.2.• WS-Security機能の拡張 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • JAX-WS 概要• JAX-WSとは • WebサービスをJavaで実行するための標準APIを定義した仕様• JAX-RPCとの違い • J2EE 1.4にはJAX-RPCというWebサービスのためのJava API仕 様が定義されていたが、もともとRPCだけではなく、ドキュメント型 のMessageも扱えることから、実態と名前に差が発生していた。 • JAX-RPC 2.0へのバージョンアップでJAX-WS 2.0と名称変更。( JAX-RPCと別物ではなく、後続バージョンという位置づけ) • バインディング仕様の違いなどから、JAX-WSは下位バージョン( JAX-RPC1.1)と互換性が保障されない• Java EE 5では、JAX-RPC1.1も従来どおりに提供される ため、必ずしも既存のWebサービスをJAX-WSに移行す る必要はない Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  • JAX-WS/JAX-RPCの判断基準• 基本的には、新規開発はJAX-WSを選択する • JAX-RPCはJAX-WSの下位バージョンであり、今後の拡張は予 定されていないため • ただし、JAX-RPCでサポートされている機能が、10.3のJAX-WS では使用できないものが一部ある • 使い分けに対してある程度の判断は必要 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  • JAX-RPC と JAX-WSの違い 1/2 JAX-RPC 1.1 JAX-WS 2.1関連 • 下位バージョン • 上位バージョンSOAP 1.2 サポート • × (1.1 Only) • ○ (1.1/1.2) • × - データバインディングはデータバインディング/JAXBの使用 独自仕様(WebLogicでは • ○ JAXB 2.1 XML Beans) • ○(標準仕様にはないが、MTOMによるドキュメント添付 •○ WLS拡張として実装)EJB 3.0サポート •× •○JSR 181 (Web Services Metadata) •○ •○JSR 109 (Enterprise Web Services) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  • JAX-RPC と JAX-WSの違い 2/2 • WebLogicではJAX-RPCの拡張機能を提供している • JAX-WSの場合、10.3では未サポートの機能があるJAX-RPCのWebLogic拡張 機能説明 JAX-WSでのサポート • 同一クライアントから一連のWebサービス会話形式のWebサービス •× 呼び出し • アプリケーション⇔サーバ間のメッセージ配信頼性のあるメッセージング •× 信を保障する非同期 Request-response • Webサービスの非同期呼び出し • ○ (JAX-WS仕様で代替可能)コールバック • Webサービスクライアントへの通知 • ○ (JAX-WS仕様で代替可能) • メソッド / オペレーションのJMSキューへのバッファ付きWebサービス (JMS) •× 格納接続プロトコルとしての JMS 転送 • Webサービスのデータ転送にJMSを使用 •× Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  • JAX-WSを利用したWebサービス開発 1• WebLogic Webサービス • Web Services for Java EE 1.2(JSR-109)仕様に従い実装されて いる• WebLogic Webサービスの開発プロセス • プログラミング方法: • アノテーションを使用したJavaコード開発(JWSファイル) • コンパイル方法 • jwsc Ant タスク: JWSファイルのコンパイル/パッケージング Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  • JAX-WSを利用したWebサービス開発 2• プログラミング方法 • JWSファイルは以下の2パターンで実装可能 • Webコンテナ内で実行されるJavaクラス • EJBコンテナ内で動作するステートレスセッションEJB • WebサービスはJWSアノテーションを使用して定義する • Web Service Metadata for Java Platform標準アノテーション • WebLogic固有アノテーション • アノテーションが記述されたJavaファイルをJWSファイルと呼ぶ • WSDLからアノテーションが記述されたJavaスケルトンコードを自 動生成することも可能(wsdlc Antタスクを使用する。) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  • JAX-WSを利用したWebサービス開発 3• コンパイル方法 • JWSファイルのコンパイルツールとして、jwsc Antタスクを提供 • jwsc AntタスクはJWSファイルを入力として受け取り、WebLogic Webサービスの実行に必要なものをすべて生成する • サービスエンドポイントインタフェース、 (JWS_ClassNamePortType.java)など、WebService for Java EE(JSR-109)で規定されたクラスファイル • JAXBデータバインディングクラスファイル • デプロイに必要な記述子の作成 • web.xml/application.xml/weblogic-application.xml • ejb-jar.xml / weblogic-ejb.jar.xml (EJBモデルの場合) • これらのアーカイブ作成(EAR/WAR) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  • JAX-WSを利用したWebサービス開発 4• 開発の流れ 開始 開始 wsdlc JWSファイル WSDL Antタスク Java/EJB ユーザ定義 Javaデータ型 アーカイブ jwsc (EAR/WAR) Antタスク デプロイ wldeploy Antタスク 終了 管理コンソール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  • JWSファイルのプログラミング 1 • JWSファイルのアノテーション • 標準のEJB/Javaクラスにアノテーションを記述するアノテーション 説明 JAX-WS JAX-RPC • Webサービスの形態と動作を指定するための標準アノテーションWeb サービス メタデータ アノテ • javax.jws / javax.jws.soap パッケージ ○ ○ーション (JSR-181) • @WebService / @WebMethod etc…JAX-WS アノテーション (JSR- • JAX-WSのみで使用可能なアノテーション ○ ×224) • javax.xml.ws パッケージ • JAXBにて使用可能なアノテーションJAXB アノテーション (JSR-222) ○ × • javax.xml.bind.annotation パッケージ • WebLogic固有のアノテーションWebLogic 固有のアノテーション △ ○ • ほとんどがJAX-RPCのみで使用可能。JAX-WSは一部のみ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  • JWSファイルのプログラミング 2 • JWSファイルのサンプルpackage examples.webservices.simple;import javax.jws.WebMethod;import javax.jws.WebService;import javax.jws.soap.SOAPBinding;@WebService(name="SimplePortType", serviceName="SimpleService", targetNamespace="http://example.org") @WebService@SOAPBinding(style=SOAPBinding.Style.DOCUMENT, use=SOAPBinding.Use.LITERAL, @SOAPBinding parameterStyle=SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED)public class SimpleImpl {@WebMethod() @WebMethod public String sayHello(String message) { return "Here is the message: " + message + ""; }} Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  • JWSファイルのプログラミング 3• @WebServiceアノテーション • @WebService アノテーションを使用して、JWS ファイルが Web サービ スを実装することをクラス レベルで指定する @WebService(name="SimplePortType", serviceName="SimpleService", targetNamespace="http://example.org") • Web サービスの portType 名を「SimplePortType」、サービス名を「 SimpleService」、生成される WSDL で使用される targetNamespace を 「http://example.org」と指定している • ただし、いずれの属性も必須ではない • 未指定の場合は、適宜デフォルト値が使用される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  • JWSファイルのプログラミング 4• @SOPBindingアノテーション • JWS ファイル内にクラス レベルで標準の @SOAPBinding アノテーショ ンを含めて、 WebサービスのSOAPバインディング(document- literal(wrapped)/document-encodedなど)を指定する @SOAPBinding(style=SOAPBinding.Style.DOCUMENT, use=SOAPBinding.Use.LITERAL, parameterStyle=SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED) • 未指定の場合は、デフォルト値が使用される 属性 指定できる値 デフォルト値 SOAPBinding.Style.RPC style SOAPBinding.Style. DOCUMENT SOAPBinding.Style.DOCUMENT use SOAPBinding.Use.LITERAL SOAPBinding.Use.LITERAL SOAPBinding.ParameterStyle.BARE parameterStyle SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED SOAPBinding.ParameterStyle.WRAPPED Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  • JWSファイルのプログラミング 5• @WebMethodおよび@OneWayアノテーション • @WebMethod アノテーションを使用して、JWS ファイルのメソッドを Web サービスのパブリック・オペレーションとして公開することを指定する @WebMethod(operationName="sayHelloOperation") public String sayHello(String message) { return "Here is the message: " + message + ""; } • @Onewayアノテーションを使用して、オペレーションが呼び出し側に値を 返さないことを指定可能(void メソッドのみ) @WebMethod() @Oneway() public void ping() { System.out.println("ping operation"); } Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  • JWSファイルのプログラミング 6• @WebParamアノテーション • オペレーションのパラメータとWSDL要素のマッピングをカスタマイズする @WebMethod() @WebResult(name="IntegerOutput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") public int echoInt( @WebParam(name="IntegerInput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") int input) { System.out.println("echoInt " + input + " to you too!"); return input; } • 生成されるWSDLファイル内のechoIntオペレーションのパラメータ名は、 “IntegerInput”となる • targetNamespace 属性は、パラメータの XML ネームスペースを指定 • パラメータと XML 要素がマップされる、documentスタイルを使用す る場合にのみ有効 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  • JWSファイルのプログラミング 7• @WebResultアノテーション • オペレーションの戻り値と WSDL 要素のマッピングをカスタマイズする @WebMethod() @WebResult(name="IntegerOutput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") public int echoInt( @WebParam(name="IntegerInput", targetNamespace="http://example.org/docLiteralBare") int input) { System.out.println("echoInt " + input + " to you too!"); return input; } • 生成されるWSDLファイル内のechoIntオペレーションの戻り値の名前は 、“IntegerOutput”となる • Name属性が未指定の場合、デフォルト値はハードコーディングされた resultの変数名となる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  • JWSファイルのコンパイル 1• jwsc WebLogic Webサービス Antタスク • jwsc Ant タスクは、JWSアノテーションを含むJWSファイルを入力として 受取り、WebLogic Webサービスに必要なものをすべて生成する • ゼロからコーディングしたJWSファイルでもWSDLから自動生成したJWS ファイルでもどちらでも可能• 生成されるもの • JSR-109 Webサービス・クラスファイル • JAXBデータバインディング・クラスファイル • 必要なデプロイメント記述子 • サーブレットベースのWebサービス・デプロイメント記述子(web.xml) • Earデプロイメント記述子 (application.xml/weblogic- application.xml) ※ WSDLファイルはデプロイ時に生成される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  • JWSファイルのコンパイル 2 • 事前準備 Ant build.xmlファイルの雛形 環境変数の設定<?xml version="1.0" encoding="windows-31j" ?><project default="all"> ドメインディレクトリ(※)のbinサブディレクトリに <target name="all" あるsetDomainEnv.cmd (Windows) または depends="clean,build-service,deploy" /> setDomainEnv.sh (UNIX) コマンドを実行する <target name="clean"> <delete dir="output" /> </target> <target name="build-service"> ※ ドメインディレクトリ <!-- ここに jwsc タスク、関連するタスクを追加 --> $BEA_HOME/user_projects/domains/domainName </target> <target name="deploy"> <!--ここに wldeploy タスクを追加 --> </target></project> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  • JWSファイルのコンパイル 2 • コンパイルおよびアーカイブのためのjwscの記述 • <target name=“build-service”>に記述<taskdef name="jwsc" • ear_directory – 生成されたファイルを格納 classname="weblogic.wsee.tools.anttasks.JwscTask" /> するディレクトリを指定<target name="build-service"> • src_directory - JWS ファイルのパッケージ 名に対応するディレクトリの最上位を指定 <jwsc srcdir="src_directory" • JWS_file - src_directory 属性の値に対して destdir="ear_directory" 相対的な JWS ファイルのパス名を指定 > <jws file="JWS_file" • WSDLC_Generated_JAR - wsdlc Ant タス compiledWsdl="WSDLC_Generated_JAR" クによって生成された JAR ファイル(WSDL type="WebService_type"/> から生成していない場合は不要) </jwsc> • WebService_type - Web サービスの種類 </target> (JAXWS または JAXRPC) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  • JWSファイルのコンパイル 3 • jwscの使用例 jwsc実行後の生成物 .build.xml │ build.xml <taskdef name="jwsc" │ classname="weblogic.wsee.tools.anttasks.JwscTask" /> ├─output ─ SimpleImplEAR │ ├─examples Output <target name="build-service"> │ │ └─webservices <jwsc │ │ └─simple srcdir="src" │ │ SimpleImpl.war │ │ フ destdir=“output/SimpleImplEAR" ァ > │ └─META-INF イ <jws file=" examples/webservices/simple/SimpleImpl.java" │ application.xml ル type="JAXWS"/> │ weblogic-application.xml </jwsc> │ └─src Input </target> └─examples └─webservices フ └─simple ァ SimpleImpl.java イ ル Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
  • JWSファイルのコンパイル 4• jwscの高度な使用方法 • 複数の JWS ファイルを一度に処理する • 生成された Web サービスをそれぞれ別の Web アプリケーシ ョン WAR ファイルにパッケージ化するか、すべての Web サ ービスをグループ化して 1 つの WAR ファイルにパッケージ化 するかを選択可能 • Web サービスの呼び出し時にクライアントアプリケーションが使用 できる転送手段 (HTTP/HTTPS) を指定 • 新規作成ではなく、既存のアプリケーションを更新する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
  • wldeploy Antタスクを使用したWebサービス のデプロイ 1• デプロイ用のwldeploy Antタスクの記述<target name="deploy"> •DeploymentName – デプロイメント名。管理コ <wldeploy action="deploy" ンソールのデプロイメント・リストに表示される name="DeploymentName" •Source – 対象のEARまたは展開されたディレ source="Source“ クトリ user="AdminUser" •AdminUser – 管理ユーザ名 password="AdminPassword" adminurl="AdminServerURL" •AdminPassword - 管理パスワード targets="ServerName"/> •AdminServerURL -管理サーバURL 通常は t3://localhost:7001</target> •ServerName - Webサービスをデプロイする WebLogic Serverインスタンス名 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33
  • wldeploy Antタスクを使用したWebサービス のデプロイ 2• wldeploy 使用例 . <target name="deploy"> │ build.xml │ ├─output ─ SimpleImplEAR <wldeploy action="deploy" │ ├─examples Input name="SimpleImpl" │ │ └─webservices source="output/SimpleImplEAR" │ │ └─simple user="weblogic" │ │ SimpleImpl.war デ password="weblogic" │ │ ィ レ adminurl="t3://localhost:7001" │ └─META-INF ク targets="myserver"/> │ application.xml ト │ weblogic-application.xml リ </target> │ └─src └─examples 元 └─webservices ソ └─simple ー SimpleImpl.java ス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
  • (参考) アンデプロイの指定方法• アンデプロイ 使用例 • アンデプロイは“name”属性のみでターゲットを指定します。 . │ build.xml │ ├─output ─ SimpleImplEAR <target name="undeploy"> │ ├─examples Input │ │ └─webservices │ │ └─simple <wldeploy action="undeploy" │ │ SimpleImpl.war デ name=" SimpleImpl " │ │ ィ user="weblogic" レ │ └─META-INF ク password="weblogic" verbose="true" │ application.xml ト adminurl="t3://localhost:7001" │ weblogic-application.xml リ targets="myserver"/> │ └─src </target> └─examples 元 └─webservices ソ └─simple ー SimpleImpl.java ス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 35
  • OEPEを利用したWebLogic Webサービス 開発• Oracle Enterprise Pack For Eclipseには、WebLogic Server 10.3のWebサービス開発環境が統合済み • JavaクラスからのWebサービス自動生成 • WSDLからのWebサービス自動生成 • WSDLからのWebサービスクライアント自動生成 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36
  • WebLogic Webサービスの開発• WebLogic管理コンソールを利用したWebサービステスト 実行とSOAP通信内容のキャプチャ SOAP通信の内容 サービス 呼び出し 引数入力 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 37
  • まとめ• WebLogic Servre 10.3での主な機能追加 • JAX-WS 2.1 / JAXB 2.1対応• JAX-WSの開発 • アノテーションを使用した開発 • JWSファイル開発(jwsc Antタスク) • 既存WSDLからの開発(wsdl Antタスク)• WebLogic10.3のWebサービス開発環境 • Oracle Enterprise Pack For Eclipseに統合済み Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 38
  • オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 39
  • OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN オンデマンド※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 40
  • Oracle エンジニアのための技術情報サイト オラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 http://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ oracletechnetjp• 技術資料 • ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを 多様な方法で検索できます • キーワード検索、レベル別、カテゴ リ別、製品・機能別• コラム • オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします • 決してニッチではなく、誰もが明日 から使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中 オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 41
  • OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 42
  • ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス NEW Webアップグレード相談サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 43
  • 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析 インストールすることなく、すぐに体験いただけます • サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 44
  • あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル 専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 ※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 47