• Like
Oracle SOA Suite 11g/BPEL Process Manager 製品概要
 

Oracle SOA Suite 11g/BPEL Process Manager 製品概要

on

  • 1,918 views

『サービスを連携させる機能』は非常に重要ですがOracle BPEL Process ManagerおよびOracle SOA Suite ...

『サービスを連携させる機能』は非常に重要ですがOracle BPEL Process ManagerおよびOracle SOA Suite 11gでは、『連携させる』だけではなく、監視、管理、その他システム構成上求められる多くの機能が提供されます。
取り扱うBPELのソースコードは標準( BPEL4WS )に準拠しているため、上流の設計ツール等で生成されたBPELファイルをインポートしてコンパイル、実行することもできます。開発生産性、運用管理性を考慮した様々な機能により、『BPEL』を扱う最適な環境が提供されます。

Statistics

Views

Total Views
1,918
Views on SlideShare
1,918
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
14
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Oracle SOA Suite 11g/BPEL Process Manager 製品概要 Oracle SOA Suite 11g/BPEL Process Manager 製品概要 Presentation Transcript

    • <Insert Picture Here>Oracle SOA Suite 11gOracle BPEL Process Manager 製品概要日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部
    • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
    • SOA 11g 新機能概要 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
    • サービス基盤の変遷 サービス基盤 • 開発の容易さ 11g • ランタイムの最適化 • 運用管理の容易さ • 標準技術への準拠 SCA 10.1.3 BPEL ESB 10.1.2 WSDL Webサービス XSLT J2EE XML EAI メッセージング CORBA 4 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SOA 10gの課題• 複数の開発環境 • 開発ライフサイクルが複雑 • ツール習得が困難• 複数のランタイム • サービス間のオーバーヘッドが増大 • 設計/構築が困難• 複数の運用環境 • 複数ランタイムごとの運用管理が煩雑 • サービスをまたがった実行結果の追跡が困難 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
    • SOA 11g開発テーマ• Service Component Archtecture (SCA)への対応 • 統合開発環境:SOA Composite Editor • 統合ランタイム:Service Infrastructure • 統合運用環境:Fusion Middleware Control• 統合サービス/イベント基盤• WebLogic Server 11gとの完全な統合• SOA 10gからの容易なアップグレード Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
    • Service Component Architecture (SCA)とは? ① プロパティ Service Component Architecture(SCA):JavaインタフェースWSDLポートタイプ • 開発言語に非依存 • コンポーネント指向 S S C1 • アセンブリ手順の標準化 サービス R ワイヤ • 多くのベンダー参加による仕様策定 バインディング: SOAP • http://www.OSOA.org JMS • OASISによる標準化 JCA S … C2 R R SCAの技術要素: コンポーネント リファレンス • コンポジット:デプロイの単位 コンポジット • サービス:コンポジットへの呼び出しインタフェース • コンポーネント:ビジネスロジックの提供 • リファレンス:外部サービスへの参照 • ワイヤ:サービス、コンポーネント、リファレンスへ の接続 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
    • Service Component Architecture(SCA)とは? ②• コンポジットがデプロイ単位となる• 標準化されたアセンブリ手順 • コンポーネント、サービス、リファレンス、ワイヤ• コンポーネントは様々な実装を含めることができる • Mediator、BPEL、Human Workflowなど プロパティ サービス リファレンス S S S R R WS Mediator BPEL R R WS ワイヤ S BPEL R R WS コンポジット 8 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SOA Composite EditorSOA統合開発環境 サービス・コンポーネントと アダプタのパレット Webサービスや アダプタメディエーション オーケストレーション ワークフロー ビジネス・ルール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
    • Service Infrastructure SOA統合ランタイム サービス間連携、オーケストレーションリポジトリ Business Human Mediator BPEL Rules Workflow SOA Composite EditorBAM 11g Service Infrastructure JCAアダプタ イベント配信基盤 セキュリティ・ポリシー 開発者 最適化され た連携 B2B Oracle Service Bus Fusion Middleware 運用管理者 Control Microsoft IBM SAP Siebel People 共有サービス、サービスの仮想化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
    • Fusion Middleware Control SOA統合運用環境 インスタンス テスト実行 コンポジット・アプリケーション FMWコンポーネント エラー ドリルダウン・ トラッキング Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
    • WebLogic Server 11gとの統合• インストーラの統合• ランタイムの統合 • Java EE/Springコンテナ • WebLogic Server JMS • トランザクション管理/スレッド管理• システムアーキテクチャ • WebLogicドメイン • 高可用性 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
    • BPEL Process Manager 1. BPEL Process Manager概要 2. SCAとBPEL 3. 11gでの新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
    • Oracle BPEL Process Manager概要 サービス・オーケストレーションを実現するサービス・コンポーネント BPELプロセス Receive BPEL PMの特徴 BPELにネイティブ準拠 Switch レガシートランザクション SCAコンポーネント レガシー Assign Assign 使い易いモデリングツール Invoke Invoke Javaサービス スケーラブルで信頼性の高い実行 Service Consumer エンジンJEEアプリ Transform ヒューマン・ワークフロー連携 データベース ストアドプロシージャ リッチな管理環境とモニタリング機能 Invoke 外部サービスと連携可能な意思決定 ERP サービス(Business Rules) Invoke (Oracle EBS 、SAP …) Webアプリ Human Task ユーザ・タスク Reply (ワークフロー) 14 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • BPEL4WSに完全準拠 BPEL4WS GUIによるプロセス開発• Business Process Execution Language (ビジネス・プロセス実行言語)• OASISで標準化策定 • Oracle、IBM、MS、SAP、Sun、Tibco、 webMethods、NECなどが参加• ベンダ固有のプロセス定義言語によるロック インを回避• プロセス定義の再利用性と相互運用性の 向上 BPELプロセスのソース (XML)• ビジネス・プロセスの流れ (サービス呼び出し、 分岐処理などのロジック、変数操作など) を XMLで記述• BPELプロセス自体も1つのWebサービスと して外部から呼び出し可能 15 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle BPEL Process Manager 概要• 『サービスを連携させる機能』は非常に重要ですがOracle BPEL Process Manager およびOracle SOA Suite 11gでは、『連携させる』だけではなく、監視、管理、その他 システム構成上求められる多くの機能が提供されます。• 取り扱うBPELのソースコードは標準( BPEL4WS )に準拠しているため、上流の設 計ツール等で生成されたBPELファイルをインポートしてコンパイル、実行することも できます。• 開発生産性、運用管理性を考慮した様々な機能により、『BPEL』を扱う最適な環境 が提供されます。 Oracle BPEL Process Manager BPEL拡張 Workflow BPEL4WS 付加機能 Business Rules BPEL4WSで不足している関数や 『連携させて動作させる』だけではなく、 BPEL4WSに完全準拠 ワークフロー機能などを拡張 監視や管理コンソールなど様々な付加機能を提供 16 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • アーキテクチャおよびデプロイメントBPA Suite BPEL Designer BPELコンポーネント BPEL BPEL Rules Human Task SCAコンポジット SAR SOA Composite Editor (サービス・ アーカイブ) Business Human Mediator BPEL Rules Workflow MDS 11g Service Infrastructure Common JCA-based connectivity infrastructure Policy Manager Web-based console Dehydration Store 17 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SOA Service Infrastructure の全体像(概要) • 以下が全体の概要図になります。この各機能に関して一つ一つ解説して行きます。 Service Infrastructure (SCA) 接続対象 Binding Component Service Engines Oracle JDeveloper Webサービス JMS BPEL レガシー BPEL Process JCA Instance BPEL Process Instance BPEL Process Database Instance Service BPELプロセス/ Consumer File SCAコンポジットのJEEアプリ 開発 Socket Business Human Mediator Rules Workflow B2B FMW Control Webアプリ Oracle Portability Layer (JRF) / OWSM / EDN / UMS WebLogic Server 監視・管理機能 18 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SOA Service Infrastructureの全体像(概要)• BPEL プロセスの実行に関連するコンポーネントについての紹介① フロント・インターフェース:サーブレット クライアントからのリクエストを受け付けるフロント部分はサーブレット(FabricProviderServlet)で構成され、SOAP Binding ComponentからFabricを介して適切なサービス・エンジンでリクエストを処理します。② Binding Component:WSDL JCA Binding 外部サービスとのメッセージのやり取りはプロトコルに応じたBinding Componentを介して処理されます。③ BPELエンジン:EJB BPELプロセス定義を解析し、定義されたフローに従って処理を実行します。 BPELプロセス内のすべてのデータはXMLとして処理されています。④ MDS(Oracle Metadata Services) Repository : O/Rマッピング - RDBMS デプロイメントやバージョンなどのBPELを含めたコンポジットに関するメタデータを格納・管理します。⑤ Dehydration Store : O/Rマッピング - RDBMS MDSに登録されたコンポジット・インスタンスの実行状況、メッセージ等の情報が記録されます。 終了までに長時間かかるようなプロセスをサポートするためには必須の機能で、Dehydration Storeと呼ばれます。 Service Infrastructure (SCA) 接続対象 Binding Component Webサービス Service Engines 4 BPEL レガシー JMS BPEL 3 21 Process JCA Instance BPEL 2 Process Instance BPEL Process Database Instance3 JEEアプリ Service Consumer 1 File 5 Socket B2B Mediator Business Rules Human Workflow 5 4 Webアプリ Oracle Portability Layer (JRF) / OWSM / EDN / UMS WebLogic Server 19 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SCA Composite との連携 • Binding Componentに関して解説致します。 Service Infrastructure (SCA) 接続対象 Binding Component Service Engines Oracle JDeveloper Webサービス JMS BPEL レガシー BPEL Process JCA Instance BPEL Process Instance BPEL Process Database Instance Service BPELプロセス/ Consumer File SCAコンポジットのJEEアプリ 開発 Socket Business Human Mediator Rules Workflow B2B FMW Control Webアプリ Oracle Portability Layer (JRF) / OWSM / EDN / UMS WebLogic Server 監視・管理機能 20 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SCA Composite との連携 • Webサービスを利用した連携  SCA Compositeと連携する事ができる対象は様々です。Webサービスを提供している システム/アプリケーションであれば連携する事は容易です。  SCA Composite内部のBPELプロセスやその他のコンポーネントは外部から直接アク セスすることは無く、Service(公開されたサービス)を通じて呼び出されます。 また、SCA Componentから外部サービスを呼び出す場合にも同様に、Reference(外 部参照)を通じて呼び出されます。これらServiceおよびReferenceの実体がBinding Componentです。 公開された コンポーネント 外部参照 サービス BPEL Process BPEL Process Receive Receive Service Binding Component Switch Switch Reference Binding Component Assign Assign Human Human Service Web Task Task 外部Web Reference Consumer Service Invoke Invoke ServiceWebService Client Transform Transform Java Webアプリ BPEL Invoke Invoke C# … Reply Reply 21 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SCA Compositeとの連携• Webサービスを実装していないシステムとの連携  前述の通り、Webサービスを実装しているシステムであれば連携は容易ですが、様々なアプリケーション が全てWebサービスを実装しているわけではありません。 既存の資産と連携させて動作させるには様々な形式のアプリケーションと接続する必要があります。  この様々なアプリケーションから出力されるデータをBPEL上で扱うキーテクノロジと して大きく3つの方法があります。  Oracle SOA Suite 付属のOracle JCA Adapter を使用した連携 外部ファイルやDBへのアクセスなどのような一般的に使われがちな外部処理をすぐに利用できるように、Oracle SOA Suiteに付属するOracle JCA Adapterアダプタ(File / FTP / JMS / DB / MQ / AQ / Socket)を使用する方法  オラクルが提供するオプションのOracle JCA Adapter を使用した連携 オラクルが提供しているオプションのアダプタ(Oracle EBSやSAP、SIEBEL、JD Edwards といったERP製品など) が提供されています。  3rdパーティ製アダプタを使用した連携 3rdパーティ製アダプタを使用する方法があります。(iWay, Attunity)コンポーネント BPEL Process 外部参照 Receive JDBC Switch DB2 Assign ※ JDBCドライバーを置き換えることで様々な Human データベースへ接続が可能になります。 Database Invoke Task Oracle 様々なデータベース連携する必要がある場合でもで Adapter あってもOracle以外のデータベースと接続して コンポジットを構築する事ができます。 Transform Other Invoke Reply 例)データベース・アダプタ 22 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • (参考)JCA Adapter 11g ラインナップ• Oracle JCA Adapter (日本オラクルが販売、サポート) • iWay アダプタ • テクノロジ・アダプタ(標準アダプタ) • 250以上のアダプタを提供 • ファイル/FTP • アイウェイ・ソフトウェアが販売、サポート • データベース • データ・アダプタ • Adabas、Adabas/C、C-ISAM、CA-IDMS、Essbase、 • JMS 無償利用可能 InfoMan、Millennium、MUMPS、NOMAD、Nucleus、 • IBM MQSeries PROGRESS、RMS、SUPRA、TOTAL、UNISYS DMS II、 UniVerse など • Oracle AQ • テクノロジー・アダプタ • Socket • C、C++、COBOL、COM、FOCUS、FORTRAN、JacORB、 • パッケージアプリケーション・アダプタ MS Exchange (MAPI)、Orbix、Pascal、Python、RPG、 Visibroker など • Oracle E-Business Suite • アプリケーション・システム・アダプタ • Siebel • Baan、BroadVision、Clarify、i2、Lawson、Vantive など • PeopleSoft • トランザクション・プロセッシング・アダプタ • JD Edwards • Software AG Natural など • SAP R/3 、mySAP • ターミナル・エミューレーション・アダプタ • 3270 (メインフレーム、zSeries)、5250 (AS/400、iSeries) • レガシー・アダプタ • E-ビジネス・アダプタ • VSAM • AS1/AS2/AS3、ebXML、EDI-ANSI X12、EDI-EDIFACT、 • CICS EDIG@S、EDIINT、FIX、FIXML、HIPAA、HL7、ISO 15022、OAG BOD、SWIFT、SWIFTML、UCCnet、xCBL • IMS/DB など • IMS/TM • Tuxedo 23 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle JDeveloper におけるBPELプロセス・フロー設計 • BPELプロセス・フローの設計はOracle JDeveloperで行います。 Service Infrastructure (SCA) 接続対象 Binding Component Service Engines Oracle JDeveloper Webサービス JMS BPEL レガシー BPEL Process JCA Instance BPEL Process Instance BPEL Process Database Instance Service BPELプロセス/ Consumer File SCAコンポジットのJEEアプリ 開発 Socket Business Human Mediator Rules Workflow B2B FMW Control Webアプリ Oracle Portability Layer (JRF) / OWSM / EDN / UMS WebLogic Server 監視・管理機能 24 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle JDeveloper におけるBPELプロセス・フロー設計 • 『BPELプロセス・フロー 』のデザインにはOracle JDeveloperを使用します。フローは全て BPELで記述しますが『各サービス間の連携で流れているデータ、流れの中で処理されている データ』 は全てBPEL内部の変数として処理されています。 SCA Composite ダイアグラム・ビュー ドラッグ&ドロップで プロセスフローのモデリング BPELダイアグラム・ビュー BPELソース・ビュー特徴: BPELのネイティブ・サポート ドラッグアンドドロップ方式のプロセス・モデラー GUIでのフロー定義を行うと Universal Description, Discover, and Integration(UDDI)および BPELソースが生成される Web Services Inspection Language(WSIL)との接続 ビジュアルXPathエディタによる開発支援 ワンクリックによる作成とデプロイが可能JDeveloperによって作成されたBPELフロー定義はJDeveloper上で 様々なサービス連携におけるプロセス統合をGUIで定義コンパイルされClassとなる。※インタプリタではない 25 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 開発手順イメージ - Drag & Drop操作によるプロセス開発1. SOA Composite Editorにて、 2. BPEL Designerにて、BPELプロセスを開発コンポジットを開発 一般的な手順: 1.コンポーネントの配置 • BPELコンポーネント • 他のサービス・コンポーネント • バインディング・コンポーネント 2.コンポーネントのワイヤ接続 一般的な手順: 1. 事前設定: XMLスキーマ、変数の定義 2. パートナー・リンクとのやり取り (Invoke, Receive, Reply) の設定 3. 他のサービス・コンポーネント (Human Task, Rules) の埋め込み 4. フロー (Switch, Flowなど) の作成 5. 変数間のデータ・コピー (Assign, Transform) の設定 26 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle JDeveloper におけるBPELプロセス・フロー設計• BPELプロセスでは以下の事項を定義します。 • フロー制御 – 条件分岐(Switch アクティビティ) – 並行処理(Flow, FlowNアクティビティ) BPELアクティビティ – 繰り返し(While アクティビティ) – 例外処理(Catch, CatchAll ブランチ、Throwアクティビティ) – 割り込み処理(Pick アクティビティ) • 内部XMLデータの変換 – XPath関数を利用した変換(Assign アクティビティ) – XSLTを利用した変換(Transform アクティビティ) • 外部サービスとの連携 – 呼び出し(Invoke アクティビティ) – 結果の取得(Receive アクティビティ) • 拡張機能 – 埋め込みJavaコードの実行(JavaEmbedding アクティビティ)• また、以下のコンポーネント間の連携の詳細を定義できます。 • Oracle User Messaging Service – E-mail JCA アダプタ – Instant Messenger など • 他のSCAコンポーネント – Human Workflow Service (Human Task) – Oracle Business Rules (Decision Service) • Binding コンポーネント – Oracle JCA Adapter(File / FTP / DB / JMS / MQ / AQ / Socket など) BPELプロセス・フローの作成とサービス連携の定義情報を記述する XMLファイルを構文を意識せずにビジュアルに構成できるよう Oracle JDeveloperが提供されています 27 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle JDeveloper におけるBPELプロセス・フロー設計• 同期型と非同期型に関して  Webサービスには同期型と非同期型の連携方法があります。同期型Webサービスは、呼び出し側は処理が 完了するまで待機状態になりますが、非同期型Webサービスの場合は、呼び出し側はWebサービスの処理 の進捗状況に関わらず、自分のフローを進めることができます。一般に、BPEL仕様において非同期型Web サービスと連携する場合には、相関セット(CorrelationSet)を設定する方法とWS-Addressingを使用する 方法がありますが、Oracle BPEL Process Managerはその両方に対応しています。  JDeveloperでBPELプロセスを新規作成する場合、プロセスのタイプとして同期、非同期または一方向かを 選択できます。ここで非同期を選択すると、BPELプロセスがBPELサーバーにデプロイされるときに、WS- Addressingを利用したWebサービスとして構成されます。  他のシステムとのメッセージの受け渡しの基本的な方法は以下の3種類です。 Request-Response(同期) One-Way(非同期:一方向) Callback(非同期:双方向)クライアント サーバー 要求元 要求先 クライアント サーバー リクエスト イベント リクエスト ブロックされる ブロックされない レスポンス レスポンス 28 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • SOA環境の監視・管理 • SOA環境の監視・管理はFusion Middleware Controlで行います。 Service Infrastructure (SCA) 接続対象 Binding Component Service Engines Oracle JDeveloper Webサービス JMS BPEL レガシー BPEL Process JCA Instance BPEL Process Instance BPEL Process Database Instance Service BPELプロセス/ Consumer File SCAコンポジットのJEEアプリ 開発 Socket Business Human Mediator Rules Workflow B2B FMW Control Webアプリ Oracle Portability Layer (JRF) / OWSM / EDN / UMS WebLogic Server 監視・管理機能 29 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 管理操作イメージ - ドリル・ダウンによる一元管理1. 実行中/完了したコンポジット・インスタンスのリスト 3. BPELコンポーネントの実行結果トレース2. コンポジット・インスタンスの実行結果トレース 4. BPELアクティビティの詳細 30 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • BPEL Process Manager 1. BPEL Process Manager概要 2. SCAとBPEL 3. 11gでの新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
    • SCAとBPEL - SCA視点とBPEL視点でのシームレスな開発 SOA Composite Editor BPEL Designer (B) (A)A) SCAコンポジット上でBPELコンポーネントに B) BPELコンポーネント上でWebサービス、アダプタ、 サービス, 参照, コンポーネントをワイヤ接続する サービス・コンポーネントを追加する BPELコンポーネント上に、対応するパートナー・  SCAコンポジット上に、対応するコンポーネントが、 リンクが追加される BPELとワイヤ接続された形で追加される 32 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • BPEL視点でのSCA対応の利点開発生産性の大幅な向上コンポジット内での他のサービス・コンポーネントと組合せ• 統合開発環境: ワイヤによるコンポーネントの組合せ• 統合実行環境: サービス・コンポーネント間コミュニケーションの最適化• 統合モニタリング環境: コンポジット実行結果を統合表示コンポジット内で複数のBPELプロセスを開発• 親子関係、依存関係のあるBPELプロセス間の関係性の可視化• リソースの共有: • WSDL, xsd, XSLT等の定義ファイル • Binding Component (パートナー・リンク、アダプタ)開発タスクの分離• サービス接続設定 (バインディング定義)  SOA Composite Editor(*10gでは、BPEL Designer内でパートナー・リンク追加時に設定)• プロセス・フロー定義  BPEL Designer• 他のサービス・コンポーネントの開発  各コンポーネントのEditor画面(*10gでは、BPEL Designer内でアクティビティ追加時に設定) 33 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • BPEL Process Manager 1. BPEL Process Manager概要 2. SCAとBPEL 3. 11gでの新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
    • 11gリリースにおける新機能1. Scalable DOM • メッセージ・ペイロード全体をJVM上に 大容量データの利用 展開せず、DBに格納して利用2. エンティティ変数 リアルタイム・データの • SDO / ADF-BCによるデータ・アクセスの 利用 ための変数3. Transformation機能拡張 複雑なTransform設定の • 複数ソースの指定 開発生産性の向上 • XSLTマッパーの機能拡張4. SOA Spring コンポーネント 既存資産の有効活用 • Java資産の有効活用5. SOAパーティション • SOAコンポジットアプリケーションの 管理性の向上 グループ化6. バインディング機能拡張 • OSB、HTTP直接バインディング 他システムとの連携強化 WS-ATのサポート Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 35
    • 新機能1大容量データの取り扱い SOA製品における一般的な課題大容量データの取り扱いが苦手•XMLマーシャル/アン・マーシャル・コスト•DOMツリーによるメモリ消費•JVMヒープ・サイズの圧迫 10gでの解決策機能 概要 考慮点デバッチ データに複数件のレコード 1 BPELインスタンスあたりで扱われるデータは小さくなるが、 が含まれる場合、デバッチ その分インスタンス数が増加する (分割)した上でBPELイン スタンスを起動添付 BPELインスタンス内に BPELインスタンス内でのXMLデータアクセス/操作ができない(attachment) データ自体を取り込まず、 参照のみをやり取りする不透明 (opaque) データ全体を、BASE64 • BPELインスタンス内でのXMLデータアクセス/操作ができないスキーマ エンコードされたプレーン・ • BPELインスタンス内をデータが流れるので、大容量には データとして扱う さほど適さない • BPELインスタンス内でのXMLデータアクセス/操作ができない 36 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能1 Scalable DOM 概要およびアーキテクチャ 11g - Scalable DOM• Oracle XDK (XML Development Kit)の XML 11gでの新機能• ファイル / FTPアダプタで利用可 S S Mediator JCA• JCAアダプタ・フレームワーク層で、受信 R データをBPELランタイムに渡さず、XDK Binary XML XML 経由でDehydration Storeに永続化 S BPEL• BPELランタイムからデータ・アクセス R R JCA する際も、XDK経由でDehydration Storeから取得。データ・ペイロードの Binary XML 一部のみをメモリ上に展開 DOCUMENT MANAGER• メモリ消費量の大幅節約 Database• CPUコストの大幅節約 データが必要になった時だけ 該当ノードのみをパースし、 部分的なDOMを作成 37 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能2 エンティティ変数 概要 従来のBPEL変数の課題 機能概要•データ鮮度 (長時間プロセスの場合等) ■概要•デハイドレーション・コスト (ペイロードが大 •BPEL変数の一種類。通常の変数と同様に利用きい場合) 可能•データ変換コスト (非XML-XMLデータ間) •データ遅延バインディング機能 … BPEL側で データのオフライン・コピーを持たず、Assign,•XMLスキーマで表現不可能なロジックの Transform等のデータ操作アクティビティ時に、実装 (日付チェックなど) 都度EISへデータ・アクセスする ■実装/挙動 メリット •データ・プロバイダ・サービスとして、ADF-BC サービスを利用•常に最新データにアクセス可能 •データはDOMではなく、SDOオブジェクトとして•デハイドレーション・コストが小さい 表現•データをSDOオブジェクトとして扱うため、 •キー値のみをデハイドレーションデータ変換コストが小さい •データの再確認 (デハイドレーション後)•データソース側のチェック・ロジックを利用可能であり、BPEL上で重複実装不要 38 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能2 エンティティ変数 設定方法1. エンティティ変数を定義 2. エンティティ変数にキーをバインド 3. エンティティ変数へ、または エンティティ変数から値をAssign 39 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能2 エンティティ変数の挙動 BPEL process Data Access Employee Benefits Service (DAS) Calculationエンティティ変数の利用効果 Define employeeが期待できる実装パターン: variable Bind to backend query(employee) DAS• 単一プロセス内で、同一データを Assign from Compensation 度々更新するケース triggers a query = 2,000 HR Management (ログ記録など) dehydration Select benefits System package based on Get(employee)• 単一プロセス内で、同一データを compensation 度々参照するケース (5 minutes sleep) (受注データ、為替データ、渋滞 Update(employee) triggers a query 情報、気温データ等のリアル rehydration and version check compensation = compensation + $5K タイム・データの取得) Compensation = 7,000 Process is notified time of the underlying data change, and exception can be handled 40 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能2 (ご参考) SDO仕様およびADF-BCについて SDO (Service Data Object) 仕様 SDO仕様のイメージ (1)•多様なデータソースのデータにアクセス するための、データ交換形式の定義•DOMではなく、データ・グラフという構造で データを効率的に管理•OpenSOAコミュニティにて、SCAと並行 して策定された仕様 ADF-BC (Business Components) SDO仕様のイメージ (2)•Oracle ADF (Java開発フレームワーク) の コンポーネント•O/Rマッピングおよびビジネス・ロジック層: エンティティ・オブジェクト、ビュー・オブジェ クト、アプリケーション・モジュールで構成•Oracle Databaseとの親和性•SDOのData Access Serviceとして利用 41 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能3 Transformation機能拡張(1) – 複数ソースの指定 Transform設定画面 10g• 複数の変数をソースとして指定できなかっ たため、ステップが煩雑• 変数AとBのデータををマージして変数Dに 代入する場合、A->D, B->Dという2つの ステップが必要 11g複数の変数をソースとして指定可能であり、 ステップが簡潔 XSLTマッパー 42 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能3 Transformation機能拡張(2) – XSLTマッパー 10g以下の要素およびXSL関数を利用する場合には XSLTファイルを手動で編集する必要が あった • XMLスキーマの抽象タイプおよび代替 グループ • XSL関数 -- xsl:sortおよびxsl:copy-of 11gGUI (XSLTマッパー) 上で設定可能となり、 開発生産性が向上 代替グループ選択操作イメージ 43 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • 新機能4 SOA Spring コンポーネント 機能• WSDL  Java インターフェイス 変換• Visual Spring Editor• SCA Spring C&I (Client & Implementation)実装• Spring 2.0.6 以降• binding.ejbのサポート • EJB 3.0 support• binding.wsのサポート • WS セキュリティポリシー • JAXB and SDO データバインディング• SOA環境のないWLS上での稼働 ユースケース• カスタムJavaによるSOAの拡張• BPELによるJava資産の統合• JavaからのSOAアダプタの活用 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 44
    • 新機能5 SOA パーティション 機能コンポジットのデプロイ時、ターゲット”パーティション”を指定単一サーバー上で、同一コンポジットの複数コピーをデプロイコンポジットアプリケーションのグループ化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 45
    • 新機能6直接バインディング(HTTP,OSB,WS-AT) 機能 • 直接バインディングにより、OSBとのトラン ザクションの伝播が可能 • WS-AT により、SOAPでのトランザクション が可能 • HTTP アウトバウンドでのPOSTとGETの サポート Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 46
    • オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 47
    • OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN オンデマンド※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 48
    • Oracle エンジニアのための技術情報サイト オラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 http://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ oracletechnetjp• 技術資料 • ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを 多様な方法で検索できます • キーワード検索、レベル別、カテゴ リ別、製品・機能別• コラム • オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします • 決してニッチではなく、誰もが明日 から使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中 オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 49
    • OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 50
    • ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス NEW Webアップグレード相談サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 51
    • 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析 インストールすることなく、すぐに体験いただけます • サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 52
    • あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル 専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 ※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 55