• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Private Content
Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service の連携手順
 

Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service の連携手順

on

  • 917 views

Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service(EMS)の連携手順を「Tibco EMS の設定」「 WebLogic Server の設定」「 Oracle Service Bus ...

Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service(EMS)の連携手順を「Tibco EMS の設定」「 WebLogic Server の設定」「 Oracle Service Bus の設定」の順に図付きでご説明した資料でございます。

Statistics

Views

Total Views
917
Views on SlideShare
917
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service の連携手順 Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service の連携手順 Presentation Transcript

    • <Insert Picture Here>Oracle Service Bus と Tibco Enterprise Message Service(EMS)の連携手順 日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部
    • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
    • AGENDA• Tibco EMS の設定• WebLogic Server の設定• Oracle Service Bus の設定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
    • AGENDA• Tibco EMS の設定• WebLogic Server の設定• Oracle Service Bus の設定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
    • Tibco EMS の設定• EMSを起動する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
    • Tibco EMS の設定• Administration Toolを起動する • connect <host>:<port> でログイン • 初回時はパスワードなしの admin で ログインが可能 • パスワードを設定するには • set password <user> <password> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
    • Tibco EMS の設定• 接続ファクトリを作成する • Create factory <QCF_name> queue url=tcp://<host>:<port> URLプロパティは必ず記述する その際に、外部からのアクセスに有効なIPアドレスを指 定する事(localhost等を指定すると外部から接続ファク トリが取得できなくなる) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
    • Tibco EMS の設定• キューを作成する • create queue <QueneName> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
    • Tibco EMS の設定• JNDIを確認する • show jndinames • 作成した接続ファクトリのホスト名やポートが外部からのアクセスに有効か注意する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
    • AGENDA• Tibco EMS の設定• WebLogic Server の設定• Oracle Service Bus の設定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
    • WebLogic Server の設定• Tibco EMSのライブラリファイルをWebLogic Serverから アクセスできる場所にコピーする • <TIBCO_HOME>/ems/6.0/lib のライブラリをコピーする Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
    • WebLogic Server の設定• setDomainEnv.cmd を編集し、ライブラリをロードするよ うに設定する setDomainEnv.cmd に下記の記述を追加(実行時に CLASSPATHに含まれるように注意) set TIBCO_EMS_DIR=D:¥Oracle¥Middleware¥wls10.3.45_osb 11.1.1.5_64bit¥user_projects¥domains¥lib set PRE_CLASSPATH=%PRE_CLASSPATH%;%TIBCO_EMS_DIR %¥tibcrypt.jar;%TIBCO_EMS_DIR%¥tibjms.jar;%TIBCO_E MS_DIR%¥tibjmsadmin.jar;%TIBCO_EMS_DIR%¥tibjmsap ps.jar;%TIBCO_EMS_DIR%¥tibrvjms.jar Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
    • WebLogic Server の設定• WebLogic を起動する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
    • WebLogic Server の設定• 外部サーバーを作成する • WebLogic管理コンソールにログインし • サービス>メッセージング> JMSモジュール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
    • WebLogic Server の設定• 外部サーバー(全般)の設定 • 初期コンテキストファクトリ • com.tibco.tibjms.naming.Tibj msInitialContextFactory • JNDI接続URL • tibjmsnaming://<host>:<port> Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
    • WebLogic Server の設定• 外部サーバー(接続ファクトリ)の設定 • ローカルJNDI名 • 任意: この名称で WebLogic の JNDIとしてアクセスが可能になる • リモートJNDI名 • Tibco EMS で指定した名称を指定 • ユーザー名 • 一旦保存すると指定可能になる • パスワード • 一旦保存すると指定可能になる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
    • WebLogic Server の設定• 外部サーバー(宛先)の設定 • ローカルJNDI名 • 任意: この名称で WebLogic の JNDIとしてアクセスが可能になる • リモートJNDI名 • Tibco EMS で指定した名称を指定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
    • WebLogic Server の設定• JNDIの確認 • 作成した外部サーバーが有効になっているかを確認する • ローカルJNDIがJNDIツリーに表示されるか • 環境>サーバー>(ターゲットサーバー)>JNDIツリーを参照 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
    • AGENDA• Tibco EMS の設定• WebLogic Server の設定• Oracle Service Bus の設定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
    • Oracle Service Bus の設定• Proxy Service を作成する • メッセージサービスを選択する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
    • Oracle Service Bus の設定• JMSのサービスとして作成する • 外部サーバーで指定したローカルJNDIを元に設定する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
    • Oracle Service Bus の設定• 今回はキューを選択する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
    • Oracle Service Bus の設定• テスト用にメッセージフローを設定する • メッセージ本文をログ出力するように設定する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
    • Oracle Service Bus の設定• ビジネスサービスを作成する • メッセージサービスを選択する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
    • Oracle Service Bus の設定• JMSのサービスとして作成する • 外部サーバーで指定したローカルJNDIを元に設定する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
    • Oracle Service Bus の設定• 今回はキューを選択する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
    • Oracle Service Bus の設定• 変更をアクティベイトする Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
    • Oracle Service Bus の設定• ビジネスサービスのテストを行う • ビジネスサービスを実行するとEMSのキューにエンキューされ、 次にエンキューされたメッセージはプロキシサービスによってデキ ューされる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
    • Oracle Service Bus の設定• テストの結果 • プロキシサービスによってデキューされたメッセージがログされる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
    • オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/ 最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Oracle エンジニアのための技術情報サイトオラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 oracletechnetjphttp://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ • 技術資料• ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを多 様な方法で検索できます• キーワード検索、レベル別、カテゴリ 別、製品・機能別 • コラム• オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします• 決してニッチではなく、誰もが明日か ら使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.【PR】
    • あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
    • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36