Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要
 

Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要

on

  • 2,061 views

Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要

Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要

Statistics

Views

Total Views
2,061
Views on SlideShare
2,055
Embed Views
6

Actions

Likes
1
Downloads
19
Comments
0

1 Embed 6

https://twitter.com 6

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要 Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要 Presentation Transcript

  • <Insert Picture Here>Oracle JRockit Flight Recorder 製品概要日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部Application Gridソリューション部
  • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • Oracle JRockit • Oracleが提供しサポートする、Java SE完全準拠のJava VM  サーバーサイド用途に特化し、x86/x64に最適化した業界最速のJVM  パフォーマンスの安定性を保証するヒープメモリ管理  1998年 Ver.1リリースから12年の利用実績 業界最速 安定性世界最高値(bops) specjbb2005 2010/7/19時点 GC処理の制御 12665917 11919402 突発的な処理遅延の防止 安定した挙動を実現 レスポンスタイム(ms) 300 300 5210501 250 250 200 200 150 150 Oracle Oracle IBM J9 2.4 100 100 JRockit JVM 通常JVM Oracle JRockit JRockit Real time IBM Power 780 R28.0.0 R28.0.0 SGI Altix UV 1000 SGI Altix UV 1000 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  • Enterprise Managerによるサーバー管理JRockit Flight Recorder 問題解析・対処 Applicationいかに迅速かつ正確に原因分析、対処するか Testing Suite 品質管理 Grid Control 運用管理・監視 Oracle Enterprise Manager Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • 2010.07 New Release! JRockit Flight Recorder as JRockit (R28) with WebLogic 10.3.3• これまでのJava • JRockit Flight Recorder Java EE/ISV Java EE/ISV アプリ ダンプを解析… アプリ 直近(例: 24時間) の実行時情報を Full thread dump Java HotSpot(TM) Client VM (1.5.0_06-64 mixed mode, sharing): "Low Memory Detector" daemon prio=5 tid=0x0050a600 nid=0x1816a00 記録し続ける runnable [0x00000000..0x00000000] "CompilerThread0" daemon prio=9 tid=0x00509cb0 nid=0x1816600 waiting on condition [0x00000000..0xf0b06358] "Signal Dispatcher" daemon prio=9 tid=0x00509840 nid=0x1816200 waiting on condition [0x00000000..0x00000000] "Finalizer" daemon prio=8 tid=0x00509020 nid=0x1810200 in Object.wait() [0xf0a04000..0xf0a04ab0] at java.lang.Object.wait(Native Method) - waiting on <0x26580360> (a java.lang.ref.ReferenceQueue$Lock) Oracle App Server at java.lang.ref.ReferenceQueue.remove(ReferenceQueue.java:116) WebLogic - locked <0x26580360> (a java.lang.ref.ReferenceQueue$Lock) at java.lang.ref.ReferenceQueue.remove(ReferenceQueue.java:132) Server 自動記録 at java.lang.ref.Finalizer$FinalizerThread.run(Finalizer.java:159) 5%以下の "Reference Handler" daemon prio=10 tid=0x00508c30 nid=0x180f200 in Object.wait() [0xf0983000..0xf0983ab0] at java.lang.Object.wait(Native Method) JVM - waiting on <0x26580a50> (a java.lang.ref.Reference$Lock) at java.lang.Object.wait(Object.java:474) JRockit VM 低負荷 at java.lang.ref.Reference$ReferenceHandler.run(Reference.java:116) - locked <0x26580a50> (a java.lang.ref.Reference$Lock) "main" prio=5 tid=0x005013a0 nid=0x1804c00 waiting on condition [0xf07ff000..0xf08002c0] at java.lang.Thread.sleep(Native Method) at ThreadTest1.method1(ThreadTest1.java:7) at ThreadTest1.main(ThreadTest1.java:4) "VM Thread" prio=9 tid=0x00508450 nid=0x1803c00 runnable "VM Periodic Task Thread" prio=9 tid=0x0050bcb0 nid=0x1813000 waiting on condition "Exception Catcher Thread" prio=10 tid=0x005015e0 nid=0 問題解決に必要な情報の多くは消失  履歴を含めた情報を記録し自動出力 原因究明に多くの時間が必要  迅速な原因究明を支援するGUIツール 1. トラブルの確実な原因追究を 「遡って」 実施可能 2. 障害発生→改善のサイクルと手間を大きく短縮化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  • これまでのトラブル対応手法との違い• 本番環境での常時記録を可能にする低負荷技術 • JRockitの内部機構を利用した低負荷記録• ダンプファイルを出力してオフライン分析 • 無応答、ダウン、再起動の際の情報消失を防ぐ • 障害時点の情報に加え、そこに至る履歴情報もまとめて出力• 既存環境への適用が容易 情報量: 多 • インストール不要 JRockit Java Flight • アプリケーション改変不要 Recorder プロファイラ 負荷: 低 負荷: 高 ログ、ダンプ 等 情報量: 少 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • JRockit Flight Recorderが提供する価値• エンドユーザー様にとっての価値 • 機会損失の最小化 • 問題の迅速、確実な解決と再発防止 • 社会的信用の維持 • 万が一のトラブルにも迅速対応可能• システムインテグレーター様にとっての価値 • 障害対応コストの最小化 • 予想外のトラブルでも、直前の一定期間の挙動情報を失わな い。 • 顧客からの信頼度向上 • 説明責任を果たすための根本原因可視化機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • 参考:ヒープ使用量 ライブセット増加により OutOfMemoryError発生 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • 参考:ヒープの内容分析 レコーディング期間中のヒープ内 のオブジェクト占有率と増加率 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • 参考:ヒープ内のオブジェクト参照トレース 当該オブジェクトをヒープに 割り当てた箇所を特定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • JRockit Flight Recorderの効果• 実際にあった問題(以下)の対応プロセスを元に比較 (※)JRockit Flight Recorderの場合の日数=当該事象を元に推測 • WebLogic Server上のWebアプリでアクセスが増える毎にレスポンスタイムが悪化するケース これまでのJava 問題解決までの期間: 30日(原因判明まで: 19日) 19日 11日 3 10 3 10 11 23 6 7 6 7 6 7 8 9 10 3 4 5JRockit Flight Recorderの場合 問題解決までの期間: 12日(原因判明まで: 1日) 1日 11日 迅速かつ確実な問題解決 1 10 1 1. 問題発生、対処のため再起動 8. 原因判明1 2 8 9 10 2. 解析開始 9. 対処、テスト 3. 再現環境の準備開始 10. 本番に適用 期間短縮 再現作業不要 4. 再現環境にて再現を試行 JRockit Flight 5. 再現せず の理由 Recorderを利用する 再発待ち不要 6. 本番環境で再発 ことで省略できる作業 7. 情報収集した後再起動 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • JRockit Flight Recorder: ライセンス情報• JRockit Flight Recorderは、JRockit Mission Control( JRMC)のライセンスに含まれます。• JRMCのライセンスは以下のいずれかに含まれます。 • WebLogic Enterprise Edition 以上のエディシン • WebLogic Standard Edition + Diagnostics pack for Oracle Middleware • Management Pack for Non-Oracle Middleware • JRockitのみ単体で使う場合のライセンス Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14