オラクル・ホワイトペーパー2010 年 4 月Oracle E-Business Suite とOracle Fusion Middleware
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareはじめに ........................................................................
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareはじめにこのホワイトペーパーでは、一体的な Oracle Fusion Middleware テクノロジー・スタック上に Oracle E-Busi...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware完全なOracleスタックでのOracle E-Business Suiteの実行Java アプリケーション・サーバーから SOA、エンタープライズ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Fusion MiddlewareOracle Fusion Middleware 11g は、ナンバーワンのアプリケーション・インフ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareE-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite は Fusion ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareビジネス・プロセス管理とサービス指向アーキテクチャOracle Fusion Middleware のビジネス・プロセス管理、データ統合、SOA の...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle OA Suite と Oracle BPM Suite には、Oracle E-Business Suite との統合がパッケージ化さ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareオプション 1. Oracle Application Server (SOA) Adapter for Oracle Applications を...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware   基礎となる JCA 標準に準拠したフレームワークを利用し、2 フェーズ・コミットを実装したグローバ    ル・トランザクション制御サポートを...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareのしやすさを高めるよう設計された AIA Foundation Pack は、Oracle E-Business Suite との SOA 統合を構...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareAIA Foundation Pack のエラー処理フレームワークは、統合レイヤー全体のエラーを管理するための事前定義済みソリューションを提供します...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle JDeveloperによるE-Business Suiteの拡張Oracle JDeveloper は、Java ベースの SOA ア...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareE-Business Suite のセキュリティ・モデルを利用して、E-Business Suite との統合が可能な ADF アプリケーションを開...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware広く普及したビジネス・インテリジェンスと戦略的意志決定支援オラクルの BI ソリューションは、Fusion Middleware スタックに対してホ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Business Intelligence テクノロジー・スイートでは、共通エンタープライズ情報モデルにより、すべて の ソ ー ス ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Business Intelligence ApplicationsOracle Business Intelligence Appl...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareアプリケーション中心のアイデンティティ管理セキュリティと管理の間接費を大幅に削減し、機密性の高いビジネス情報を保護する Oracle Identit...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Access Management を使用すると、ユーザーのシングル・サインオンが可能になり、パスワード管理を行うヘルプ・デスク担当者...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Identity Manager には、Oracle E-Business Suite との直接統合のための Connector Pa...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware    GUID プロビジョニング機能によって、Oracle Single Sign-On に対応している E-Business Suite 環境に...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ・ポータルとチーム・コラボレーションOracle Fusion Middleware の Enterprise 2.0 ポータル・ソ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle WebCenter Suite は、通常必要なあらゆるパターンおよび方式のポータルに対応したポータル・ソリューションを提供する業界唯一...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ・コンテンツ管理Oracle E-Business Suite Financials財務プロセスは、その性質上、分散していることがほ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware   保管および輸送のコスト:多くのファイル・キャビネットや部屋が、保管している紙の請求書、発注    書、経費精算書で一杯になり、生産的な目的で...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware業や組織への入り口となる遠隔地のオフィスでドキュメントをスキャンし、オフィス間での書類の送付に伴う時間とコストを削減することも可能です。最高レベルの...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware例外処理ワークフローとリアルタイムのプロセス可視性で買掛管理のサイクルタイムを短縮:Oracle Content Management には、E-B...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite Human Resources人事(HR)管理の成功は、適切なプログラムと手順を導入して従業員の効率...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite Adapter を使用すると、E-Business Suite エンティティに添付されたコンテンツや...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware能は Oracle E-Business Suite HR インタフェース内から直接呼び出せるので、オフィス間での紙の書類の送付に伴う時間とコストが...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ管理Oracle Enterprise Manager を使用すると、アプリケーションからディスクまでを網羅した独自のシステム管理手...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareApplication Management Pack for Oracle E-Business Suite の機能   高度な検出:Real ...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware    (RAC)と共有 APPL_TOP にデプロイされたシングルノードまたはマルチノードの Oracle E-Business    Suite...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware   パッチ・マネージャ:My Oracle Support と統合されており、複数の(シングルノードまたはマルチ    ノードの)E-Busin...
Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware   変更承認フレームワーク:Application Change Management Pack を通じて調整される変更を 
Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]
Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]
Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]
Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]
Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]

1,850
-1

Published on

このホワイトペーパーでは、一体的なOracle Fusion Middlewareテクノロジー・スタック上にOracle E-Business Suiteをデプロイするメリットについて説明します。Oracle Fusion Middleware製品はOracle E-Business Suiteと統合され、Oracle E-Business Suiteに対する動作保証もされているため、実装、保有、管理、変更のためのコストを削減できます。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
1,850
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oracle E-Business Suiteと Oracle Fusion Middleware[ホワイトペーパー]

  1. 1. オラクル・ホワイトペーパー2010 年 4 月Oracle E-Business Suite とOracle Fusion Middleware
  2. 2. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareはじめに ..................................................................................................... 1完全な Oracle スタックでの Oracle E-Business Suite の実行..................... 2Oracle Fusion Middleware .......................................................................... 3E-Business Suite と Oracle Fusion Middleware .......................................... 4 ビジネス・プロセス管理とサービス指向アーキテクチャ .............. 5 Oracle JDeveloper による E-Business Suite の拡張 .................... 11 広く普及したビジネス・インテリジェンスと 戦略的意志決定支援..................................................................... 13 アプリケーション中心のアイデンティティ管理 .......................... 16 エンタープライズ・ポータルとチーム・コラボレーション ........ 20 エンタープライズ・コンテンツ管理 ............................................ 22 エンタープライズ管理 ................................................................. 29結論 .......................................................................................................... 34E-Business Suite と Fusion Middleware の動作保証 ................................. 35 Oracle E-Business Suite リリース 12 の動作が 保証されている製品..................................................................... 35 Oracle E-Business Suite リリース 11i の動作が 保証されている製品..................................................................... 36リファレンス ............................................................................................ 37 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  3. 3. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareはじめにこのホワイトペーパーでは、一体的な Oracle Fusion Middleware テクノロジー・スタック上に Oracle E-Business Suite をデプロイするメリットについて説明します。Oracle Fusion Middleware 製品は Oracle E-Business Suite と統合され、Oracle E-Business Suite に対する動作保証もされているため、実装、保有、管理、変更のためのコストを削減できます。最初に Oracle E-Business Suite を Oracle Fusion Middleware と併用することの価値について簡単に概説し、次に以下の統合オプションのメリットについて考察します。 Oracle Fusion Middleware を E-Business Suite のアプリケーション・サーバーとして使用 サービス指向アーキテクチャを使用して他のアプリケーションと統合 E-Business Suite を Oracle JDeveloper で拡張 Oracle Business Intelligence でビジネス洞察力を獲得 Oracle Identity Management でセキュリティを強化 Oracle WebCenter でエンタープライズ・ポータルとコンポジット・アプリケーションを構築 Oracle Content Management でエンタープライズ情報を管理 Oracle Enterprise Management で使用環境を管理 1 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  4. 4. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware完全なOracleスタックでのOracle E-Business Suiteの実行Java アプリケーション・サーバーから SOA、エンタープライズ・ポータルまでを網羅した、オラクルの完全な Oracle Fusion Middleware アプリケーション・インフラ製品ファミリーは、Oracle E-Business Suiteに対して動作保証され、サポートされています。そのため、実装を迅速化し、管理と変更のコストを低減することができます。ベスト・オブ・ブリードの製品群と独自のホットプラガブルな機能が革新の基盤となり、既存の投資から得られるビジネス価値を拡大します。 ユーザー・ インタラクション アプリケー ション 企業業績管理 エンター ビジネス・ プライズ ミドルウェア インテリジェンス 管理 開発ツール コンテンツ管理 データベース SOA および アイデン プロセス管理 ティティ インフラ および管理 管理 アプリケーション・ グリッドオラクルでは、Oracle Access Manager、Oracle Internet Directory、WebCenter、SOA Suite、BPEL、その他のFusion Middleware 11g 製品と Oracle E-Business Suite リリース 11i および 12 との併用に関して、ベスト・プラクティスに基づいたガイドラインと詳細なドキュメントを用意しています。Oracle E-Business Suite Applications Technology Group は、詳細な動作保証テストを実行し、Oracle E-Business Suite と Oracle Fusion Middleware 製品が企業の要件を満たすことを確認しています。要件の例としては、高度なセキュリティを備えたマルチセグメントのネットワーク・デプロイ(非武装地帯)、可用性の高いロード・バランシング構成、障害回復とビジネス・コンティニュイティのためのアーキテクチャ、その他の高度なアーキテクチャがあげられます。オラクルは、このような製品とテクノロジーを結集して、規模や業種、地域に関係なく企業の幅広い要件を満たすために、インフラ、ミドルウェア、アプリケーションの完全なスタックを提供しています。 2 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  5. 5. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Fusion MiddlewareOracle Fusion Middleware 11g は、ナンバーワンのアプリケーション・インフラ基盤です。企業は、ハードウェアとソフトウェアの最新アーキテクチャを活用して、俊敏かつインテリジェントなビジネス・アプリケーションを構築、実行し、IT の効率性を最大化することができます。ビジネスの主眼を製品、サービス、人、政府機関のいずれに置こうと、ミドルウェア・アプリケーション・インフラは戦略上不可欠です。ビジネスを加速し、従業員、チーム、部門、企業の各レベルでの革新を可能にするプロセスとアプリケーションを最大限活用するためには、このインフラが鍵となります。Oracle Fusion Middleware 11g は、ビジネスと IT の両面で革新の基盤を提供します。この基盤を利用すれば、絶えず変化する予測不可能な市場状況の中で差別化を図り、成功を収めるとともに、効率性を維持してコストを抑制することができます。ベンダーが提供するミドルウェアの中で、次のような独自の設計原則を掲げているのは Oracle FusionMiddleware 11g だけです。 完全 - 単一の戦略的パートナーとの協業でミドルウェアのあらゆる要件に対応 統合 - Oracle Fusion Middleware、Oracle Database、Oracle Applications との動作保証済みの統合により、 安心感を提供し、コストを削減 ホットプラガブル - 業界標準の先をいく相互運用性で既存のインフラとアプリケーションを強化 ベスト・オブ・ブリード - 全製品ラインにわたってベスト・オブ・ブリードの製品群から選択可能その結果得られるメリットとしては、変化に適応し対応する能力に自信を持つことができます。業務面、戦略面での洞察を得て、より多くの情報に基づいた的確な決定を下せるようになります。俊敏かつインテリジェントなビジネス・アプリケーションとビジネス・プロセスが実現します。従業員、チーム、顧客が豊富な機能で安全に結びつきます。開発が迅速化し、IT コストが低減します。ビジネスと IT の両面から効率化と革新を進めるための基盤を確立できます。Oracle Fusion Middleware は、次の機能分野のすべてでナンバーワンです。 業界最高のパフォーマンス:Oracle WebLogic Suite 11g 最も完全かつオープンで、管理しやすいエンタープライズ・ポータル・フレームワーク:Oracle WebCenter Suite 11g 優れたビジネス俊敏性:Oracle SOA Suite 11g セキュリティとコンプライアンスの分野でクラス最高の製品を提供する Oracle Identity Management 11g 最も統一的な設計と開発:Oracle JDeveloper 11g 豊富な機能を備えたエンタープライズ・アプリケーションを構築するための先進のツール 3 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  6. 6. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareE-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite は Fusion Middleware をベースに構築されています。Oracle E-Business Suite リリース 12 の基盤となる Oracle Application Server 10g は、ハードウェアとソフトウェアの最新アーキテクチャを利用し、規模を問わず最高のパフォーマンス、信頼性、俊敏性を実現します。 クライアント アプリケーション データベース グローバル・ シングル・ データモデルOracle E-Business Suite のユーザーは、外部 Fusion Middleware コンポーネントによって、次の方法で使用環境の範囲と能力を拡張することもできます。 サービス指向アーキテクチャを使用して他のアプリケーションと統合 E-Business Suite を Oracle JDeveloper で拡張 Oracle Business Intelligence でビジネス洞察力を獲得 Oracle Identity Management でセキュリティを強化 Oracle WebCenter でエンタープライズ・ポータルとコンポジット・アプリケーションを構築 Oracle Content Management でエンタープライズ情報を管理 Oracle Enterprise Management で使用環境を管理 4 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  7. 7. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareビジネス・プロセス管理とサービス指向アーキテクチャOracle Fusion Middleware のビジネス・プロセス管理、データ統合、SOA の各機能は、適応性の高い繰返し可能なプロセスの作成および管理とサービスの拡張が可能な、一体的プロセス・プラットフォームを提供します。プロセスのモデリング、シミュレーション、標準ベースの実行によって、開発のスピードと精度が向上する一方、データ統合と SOA ガバナンスによって、情報とサービス・レベル契約の透明性が得られます。Oracle SOA Suite 11g は、次世代のビジネス・アプリケーションを構築するための、完全なベスト・オブ・ブリードの統合テクノロジー基盤となります。Oracle Fusion Middleware を使用すれば、Oracle E-Business Suite の適用範囲が広がり、既存のサードパーティ・アプリケーションとの統合が可能になります。SOA Suite を使用すれば、複数の業務部門やパッケージ・システムにまたがるビジネス・プロセスを自動化できます。サービス指向アーキテクチャ・プロジェクトでは、複数のシステムを統合して、Oracle E-Business Suite その他のアプリケーションにまたがるビジネス・プロセスを自動化できるので、先行投資も低く抑えられます。 Eclipse、JDeveloper BPEL Designer 設 BPEL 計 デハイドレート BPEL Server WSDL バインディング 組込みの統合サービス Web サービス Oracle DB JMS XQuery XSLT ユーザー・ タスク JCA コア BPEL エンジン E メール BPEL Console 管 J2EE アプリケーション・サーバー 理 (WebLogic、Oracle AS、JBoss、WebSphere)Oracle SOA Suite は、お客様に必要なあらゆるパターンおよび方式の統合に対応した、業界唯一の単一スイート・ソリューションを提供します。そのため、異なるベンダーからさまざまな SOA 製品を購入する必要はなくなり、付随するメンテナンス・コストやサポート・コストも不要になります。Oracle BPM Suite は、システム主体のプロセス、人間主体のプロセス、ドキュメント主体のプロセスを 1つのスイートでサポートする、単一ソリューションを提供します。 5 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  8. 8. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle OA Suite と Oracle BPM Suite には、Oracle E-Business Suite との統合がパッケージ化されて付属しており、Oracle E-Business Suite との統合を構築するためのコストと、アプリケーションのパッチ・セット適用やアップグレードの後も統合を維持するためのコストを大幅に低減します。SOA に関連した主な Oracle E-Business Suite 統合オプションには、次のものがあります。1. Oracle Application Server (SOA) Adapter for Oracle Applications を使用したカスタム統合2. BPEL Process Manager を使用した、E-Business Suite の事前定義済みの SOA 統合3. Application Integration Architecture パックを使用 6 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  9. 9. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareオプション 1. Oracle Application Server (SOA) Adapter for Oracle Applications を使用したカスタム統合SOA Suite を使用して Oracle E-Business Suite リリース 12 とのカスタム統合を独自に開発したい場合は、最新バージョン(10.1.3.5、11.1.1.1、またはそれ以上)の SOA Suite を実行します。 Web サービス サービス Bean 統 PL/SQL 合 Java クラス リ XML ゲートウェイ ポ EDI メッセージ ジ オープン・インタ ト フェース リ ビジネス・イベントこの場合、SOA Suite の E-Business Suite 向け SOA アダプタを使用します。この製品は、Oracle FusionMiddleware Adapter for Oracle Applications とも呼ばれるもので、Oracle E-Business Suite に対する双方向、マルチモーダルの包括的な同期/非同期接続を提供します。Oracle E-Business Suite のバージョンに基づいたカスタム統合インタフェース・タイプの選択も含め、Oracle Applications のすべてのモジュールをサポートしています。Oracle Fusion Middleware Adapter for Oracle Applications には次の特長があります。 統合リポジトリを利用して、統合に関する正確なデータソースからの情報を提供します。 きわめて幅広い統合インタフェース・タイプをサポートしています。サポートされるタイプは、 PL/SQL API、ビジネス・イベント、オープン・インタフェース表、コンカレント・プログラム、 XML ゲートウェイ・インタフェース、e-Commerce ゲートウェイ・インタフェース、インタフェー ス・ビューです。 アダプタ・メタデータを、J2CA 拡張を使用する WSDL ファイルとして生成します。 Oracle Applications と Oracle Fusion Middleware の間の安全に構成された接続に基づいて動作します(認 証には FND ユーザー名とパスワードのみを使用します)。 Oracle User Management の機能セキュリティを利用しサポートすることにより、Web サービスとして 公開された API にアクセスして実行し Oracle Applications を更新することを認証ユーザーにのみ許可 します。 アプリケーション・コンテキストを暗黙的に処理するため、同じものを明示的に起動する煩雑さがあ りません。 アプリケーション・コンテキストの概念に基づいて複数言語および複数組織アクセス制御(MOAC) の設定をサポートします。 Oracle Applications インタフェースの動的な参照とアダプタ・メタデータの構成に、JDeveloper ベース の設計時ツールを使用します。設計時のタスクはウィザード方式になっており、直感的でわかりやす く、ユーザーに優れた操作性を提供します。 7 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  10. 10. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware 基礎となる JCA 標準に準拠したフレームワークを利用し、2 フェーズ・コミットを実装したグローバ ル・トランザクション制御サポートを提供します。 設計時に同じアダプタ・インスタンスからの複数バージョンの Oracle Applications をサポートします。 JDeveloper アダプタ・ ウィザード ファイル/FTP J2EE アプリケー ション データベースオプション 2. 事前定義済みの E-Business Suite 12 BPEL ビジネス・プロセスを使用E-Business Suite リリース 12 の 6 つの製品チームがそれぞれ独自の事前定義済み BPEL ビジネス・プロセスを開発しました。1. Oracle Price Protection(DPP)2. Complex Maintenance, Repair & Overhaul(CMRO/AHL)3. Oracle Transportation Management(WMS、WSH、PO)4. Supply Chain Trading Connector(CLN)5. Advanced Supply Chain Planning(MSC)6. Product Information Management(PIM/EGO)これらの事前定義済み BPEL プロセスは、Oracle BPEL Process Manager 10g バージョン 10.1.3.5(OracleSOA Suite 10.1.3.5 に含まれる)と Oracle E-Business Suite リリース 12.1.1 以上に対して動作保証されています。オプション 3. Applications Integration Architecture を使用Oracle Application Integration Architecture (AIA) Foundation Pack では、標準に基づいた事前定義済みの統合ソリューションを使用して、アプリケーションをまたがった Oracle E-Business Suite とのビジネス・プロセス統合を簡素化することができます。ビジネス・プロセスの迅速なデプロイを促進し、再利用と構成 8 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  11. 11. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareのしやすさを高めるよう設計された AIA Foundation Pack は、Oracle E-Business Suite との SOA 統合を構築する際の時間、労力、コストを大幅に削減します。AIA Foundation Pack は、オラクル自身の SOA 導入経験によって実証済みの、次のコンポーネントで構成されています。 リファレンス・プロセス・モデル - アプリケーションに依存しないプロセス・モデルを文書化した もので、ロール、タスク、アクティビティのレベルからシステム・レベルまでのビジネス・プロセ ス・マッピングを推進するうえで設計図の役割を果します。 エンタープライズ・ビジネス・オブジェクトとエンタープライズ・ビジネス・サービス - アプリ ケーション全体の共通言語の基盤となる、標準ベースの再利用可能な構成要素です。 SOA ガバナンスおよびライフサイクル管理ツール - 設計時から実行時までの統合の管理、維持、最 適化に役立つ、ビジネス・プロセスの変更管理ツールです。 事前定義済みのリファレンス・アーキテクチャと手法 - 実績あるサービス指向アーキテクチャ (SOA)を実装するためのオラクルの手法を文書化したものです。リファレンス・プロセス・モデルAIA Foundation Pack には、ビジネス・アナリストの視点とテクニカル・アナリストの視点を組み合わせて、ビジネスとシステム両面のプロセスへの視点を提供する、一連のリファレンス・プロセス・モデルが用意されています。これらの概念的プロセス・モデルは、ベスト・プラクティスの定義に基づいており、Oracle E-Business Suite、PeopleSoft、JD Edwards、Siebel CRM などの Oracle アプリケーションに対応するだけでなく、理解しやすく不備のないものとするために信頼できる外部の指針にも準拠しています。AIA のリファレンス・プロセス・モデルは、Oracle AIA Foundation Pack のプロジェクト・ライフサイクル・ワークベンチと Oracle Enterprise Repository(OER)内のアーティファクトに最も低い分解レベルでリンクされています。そのため、プロセスのさまざまなレベルにドリルダウンして、統合レイヤーでBSR アーティファクトを関連付けることができます。エンタープライズ・ビジネス・オブジェクトとエンタープライズ・ビジネス・サービスアプリケーションの相互運用性における最も一般的な課題の 1 つは、各種アプリケーション間のビジネス・セマンティクスに一貫性がないことです。AIA はこの課題を解決するために、Oracle アプリケーションかどうかを問わずあらゆるアプリケーションの共通言語の基盤となる、標準ベースのエンタープライズ・ビジネス・オブジェクト(EBO)とエンタープライズ・ビジネス・サービス(EBS)を提供します。EBO は、Oracle E-Business Suite とオラクルのアプリケーション・ポートフォリオ全体に加えて、業界標準にも対応した、受注、発注、品目、請求などのビジネス・データの定義です。SOA ガバナンスおよびライフサイクル管理ツールAIA Foundation Pack には、Oracle E-Business Suite の統合ライフサイクルを管理、統制するためのツール・セットが用意されています。AIA Foundation Pack 付属のツール・セットに含まれるのは、SOA ガバナンスのためのプロジェクト・ライフサイクル・ワークベンチと Oracle Enterprise Repository(OER)、テストのためのコンポジット・アプリケーション検証システム(CAVS)、問題解決の時間を短縮する共通エラー処理フレームワークです。これらのツールが開発サイクルを迅速化します。 9 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  12. 12. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareAIA Foundation Pack のエラー処理フレームワークは、統合レイヤー全体のエラーを管理するための事前定義済みソリューションを提供します。エラー処理フレームワークを使用すると、正しいアプリケーションと適切なアプリケーション・ユーザーにエラーを戻すことができます。その結果、例外を迅速に解決してシステム停止時間を短縮するとともに、グローバル市場での企業競争に必要な、より厳しいサービス・レベル契約にも対応できるようになります。リファレンス・アーキテクチャOracle Application Integration Architecture Foundation Pack は、文書化されたベスト・プラクティスと設計パターン、テンプレートからなるリファレンス・アーキテクチャを備え、サービス指向アーキテクチャによる Oracle E-Business Suite の統合の構築を支援します。AIA Foundation Pack のリファレンス・アーキテクチャは、Concepts and Technologies Guide、BusinessProcess Guide、Enterprise Object Library Guide、Integration Developer’s Guide で構成されています。これらのガイドでは、Application Integration Architecture の手法の概略を示すとともに、企業のビジネス・プロセス、エンタープライズ・ビジネス・オブジェクト、エンタープライズ・ビジネス・サービスを OracleE-Business Suite との統合で拡張する方法について説明します。 10 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  13. 13. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle JDeveloperによるE-Business Suiteの拡張Oracle JDeveloper は、Java ベースの SOA アプリケーションとユーザー・インタフェースの開発を簡素化する、無償の統合開発環境です。Oracle E-Business Suite の開発者が Oracle E-Business Suite の拡張機能の開発に使用するのと同じ JDeveloper ツールを、お客様、パートナー、システム・インテグレータも使用できます。E-Business Suite の拡張機能は以前から、E-Business Suite の基盤テクノロジー・スタックである Oracle Forms または Oracle Applications Framework(OAF)を利用しています。そのため、インストールされている他の E-Business Suite 製品と完全に互換性があります。開発した拡張機能を E-Business Suite と緊密に統合したい場合は、E-Business Suite Oracle ApplicationsFramework(OAF)リリース 12 のテクノロジー・スタックを使用してください。これには、JDeveloper10g と ADF BC の使用も含まれます。 OAF ビュー ポートレット ビュー UIX WSRP、JSR-168 OAF コントローラ コントローラ AOL と SSO サービス モデルと OAF モデル Web ビジネス・ BC4J サービス サービス E-Business Suite R12 の OAF テクノロジー・スタックOracle JDeveloper は、OA Extension(Oracle Applications 設計時拡張)とともに OA Framework の統合開発環境を構成しています。OA Extension には、使いやすいウィザード、階層形式のナビゲータ、プロパティ・シートなどの機能が用意されています。これらの機能を使用すれば、開発者は E-Business Suite のメタデータをアプリケーションの宣言型ビジネス・ロジックやユーザー・インタフェースに埋め込むことができます。JDeveloper は、UML モデラー、コード・コーチ、統合デバッガ、ローカル・テスト環境、ドキュメンテーション・ジェネレータなど、さまざまな生産性ツールを提供します。OA Extension ソフトウェアには、開発者ガイド、Javadoc、オンライン・ヘルプ、サンプル・ライブラリ、豊富なチュートリアルなど、ドキュメントや学習支援ツールが数多く付属しています。JDeveloper OAExtension の設計時ツールには次のものがあります。 ビジネス・ロジックのモデリングと生成に使用する UML ツール クライアントのユーザー・インタフェースを設計するためのガイド付きユーザー・インタフェース (将来のリリースでビジュアル・エディタも提供予定) コントローラ・クラスのコード生成 11 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  14. 14. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareE-Business Suite のセキュリティ・モデルを利用して、E-Business Suite との統合が可能な ADF アプリケーションを開発することができます。このような拡張機能の場合、開発者は E-Business Suite との SOAベースの統合とともに Oracle ADF 11g を使用できます。 ビュー コント ローラ ADF モバイル・ ポートレット・ モデル バインディング バインディング バインディング (JSR 227) ADF データ・コントロール Java ADF Web ポートレット ビジネス・ ビジネス・ JSR 168 - クラス コンポーネント サービス サービス WSRPADF は、汎用アプリケーション開発を目指す包括的な model-view-controller テクノロジー・スタックです。ADF スタックを使用すると、UI やビジネス・サービスのテクノロジーを複数の選択肢の中から選ぶことができます。ADF スタックは主に、ADF Faces(業界標準の JSF テクノロジーに基づく)、ADFm(m はモデルを表す - JSR-227 を実装したデータ・コントロール・レイヤー)、ADFbc(bc はビジネス・コンポーネントを表す - 旧 BC4J)で構成されています。ADF デザイン・タイムも Oracle JDeveloper に統合されています。Oracle ADF と Oracle JDeveloper 11g は、新規アプリケーション開発のための生産性に優れた開発環境を提供します。これらのツールは、Fusion 世代のアプリケーションに使用される開発フレームワークを構成しています。 ユーザー・ ビジネス・サービス インタフェース ADF ビジネス・コンポーネント ADF Faces コンポーネント リレーショナ ル・データ デ ー タ ・ Web サービス バ イ ン デ モバイル UI ィ Java クラス ン レガシー・データ グ XML、CSV XML データ 12 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  15. 15. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware広く普及したビジネス・インテリジェンスと戦略的意志決定支援オラクルの BI ソリューションは、Fusion Middleware スタックに対してホットプラガブルな、スケーラビリティの高い BI 基盤を構成しています。この統合プラットフォームとパッケージ化された OracleBusiness Intelligence Applications を使用すれば、すべてのユーザーがビジネスを完全に把握できます。これらのツールでは、個々のロールに応じて運用実績、プロセス、顧客に関する洞察が得られます。パッケージ化された BI Applications には、Oracle E-Business Suite や他の Applications Unlimited 製品の中で基礎となるトランザクション情報にドリルダウンしたり、横断的にアクセスしたりできるダッシュボードとレポートが用意されています。こうした組込みの BI 機能により、Oracle E-Business Suite を含む複数のデータソースにまたがったビジネス分析の質と精度が向上するとともに、情報を必要とする人々への情報配信も迅速化されます。事前構成済みのビジネス・インテリジェンス・アプリケーションは、経営トップから製造、営業、人事といった個々の業務部門にいたるまで、ビジネス上の意志決定の質と適時性を高めます。 レポート作成 非定型分析 対話型 Essbase デスク 事前対応型の オフライン MS Office と公開 ダッシュ トップ・ 検出と および および Outlook ボード ガジェット アラート モバイル分析 の統合 共通エンタープライズ情報モデル 統合されたセキュリティ、ユーザー管理、パーソナライゼーション 多次元計算と統合エンジン インテリジェントなリクエスト生成と最適化されたデータ・アクセス・サービス SAP、Oracle PeopleSoft、 OLTP および データウェアハウス Siebel、JDE、カスタム・ ファイル ビジネス・ ODS システム データマート アプリケーション Excel XML プロセスOracle Business Intelligence スイートOracle Business Intelligence 製品スイートは、リレーショナル分析、R-OLAP 分析、M-OLAP 分析のための単一ソリューションを提供する業界唯一の製品です。分析ニーズを解決するために複数のベンダーからテクノロジーのライセンスを取得する必要がないため、購買を一本化してコストを抑えることができます。Oracle Business Intelligence テクノロジー・スイートは、セルフサービス方式の強力な分析機能とレポート作成機能を備えているため、レポート作成担当者やアナリストの削減、あるいはそうした職務の撤廃が可能になります。このスイートは、本稼働中のレポート作成と公開のニーズを満たし、きわめて精度の高いレポートを提供します。Web に完全に対応したユーザー・インタフェースを介して、強力な非定型分析を実行できます。直感的なダッシュボードとガイド付きの分析機能が、洞察の獲得からアクションの実行まで経営陣を導きます。 13 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  16. 16. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Business Intelligence テクノロジー・スイートでは、共通エンタープライズ情報モデルにより、すべて の ソ ー ス と タ ー ゲ ッ ト で 分 析 の セ マ ン テ ィ ッ ク 定 義 の 一 貫 性 を 確 保 で き ま す 。 Oracle BusinessIntelligence テクノロジー・スイートは競合製品よりスケーラビリティに優れているため、サーバーのハードウェア要件の点でも勝っています。E-Business Suite の新しいリッチ UI コンテナ・オブジェクトを使用すると、開発者は分析用のコンテンツを OBIEE から直接 E-Business Suite 画面に埋め込んで、既存の OA Framework ページの機能を拡張することができます。 14 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  17. 17. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Business Intelligence ApplicationsOracle Business Intelligence Applications は、組織全体の活動に関して事実に基づいたタイムリーな洞察を提供する、事前定義済みの完全な BI ソリューションです。関連データを収集し、ビジネス・ユーザーに最も適したメトリックやフォーマットに集約します。データは複数のシステムから引き出されるため、視野が狭められず、部門を横断した分析が可能になります。経営陣から最前線の従業員にいたるまで、誰もが状況に応じた総合的な洞察の中から自分に関係のある実用的な情報をパーソナライズされた形で得ることができます。Oracle Business Intelligence Applications は、柔軟性と拡張性を高め、標準化を可能にすると同時に、リスクと総保有コストを軽減します。Oracle BI Applications は、既存のバージョンの Oracle E-Business Suite に対して動作するため、コスト削減にも貢献します。昨今の厳しい経済情勢のもとでは、新しい E-Business Suite への大がかりなアップグレードを正当化するのが困難であることをオラクルは認識しています。そのため、BI Applications は、あらゆる主要パッケージ・ソリューションの全現行バージョンに対して動作するよう設計しました。Oracle Business Intelligence Applications は、データウェアハウスの構築が不要なパッケージ型の分析ソリューション、ソースからの ETL ロジック、ベスト・プラクティス・ダッシュボードを提供します。従来の分析ソリューションは、1 つのアプリケーション・ソースに対して動作するだけで、難解な固有のテクノロジーを基盤としており、独自の情報ソースを追加したくてもカスタマイズや拡張はきわめて困難でした。Oracle BI Applications はこれとは異なり、拡張やカスタマイズを自由に行えるため、実装とメンテナンスのコストが抑えられます。 15 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  18. 18. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareアプリケーション中心のアイデンティティ管理セキュリティと管理の間接費を大幅に削減し、機密性の高いビジネス情報を保護する Oracle IdentityManagement ソリューションは、ユーザーのプロビジョニングとプロビジョニング解除を自動化するとともに、情報のセキュリティとユーザーの生産性を高めるシングル・サインオン機能を提供します。アプリケーションを中心に据えた独自の手法により、コンプライアンスや e-Discovery の活動のスピード、従業員の生産性、ビジネス・リスク軽減の点で著しい向上が実現します。Oracle Identity Management 11g は、オラクルのサービス指向セキュリティ戦略の基盤となる、完全に統合されたスイートです。 アイデンティティ管理 アクセス管理 ディレクトリ・サービス アイデンティティおよびアクセス・ガバナンス 運用面の管理しやすさOracle Identity Management を使用すると、ユーザーの自動アクセスが必要とされる多種多様なエンタープライズ・アプリケーションと物理システムでのユーザー・アカウントのプロビジョニングに伴う運用コストを削減できます。その結果、いくつかの面でコスト削減が可能になります。 新しいアプリケーションやシステムが追加されるたびに、ユーザーのプロビジョニングを手動で行う コストが不要になります。 従業員のロールの変更や別の組織への異動のたびに、ユーザーのプロビジョニングを手動で解除して やり直すコストが不要になります。 単一のアイデンティティ管理システムを参照するだけで、どのユーザーにどのシステムへのアクセス 権があるかを簡単に確認できるため、セキュリティ監査のコストが大幅に低減します。Oracle Identity Management には、Oracle E-Business Suite との統合がパッケージ化されて付属しており、Oracle E-Business Suite との統合をデプロイするためのコストと、アプリケーションのパッチ・セット適用やアップグレードの後も統合を維持するためのコストを低減します。 16 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  19. 19. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Access Management を使用すると、ユーザーのシングル・サインオンが可能になり、パスワード管理を行うヘルプ・デスク担当者の配置に伴うコスト(ユーザー名とパスワードの再設定コストを含む)を削減できます。Oracle Access Manager は、シングル・サインオン認証のサポート、Oracle Identity Federation や OracleAdaptive Access Manager といった他のアイデンティティ管理製品との統合など、包括的な認証機能および認可機能を提供します。 E-Business Suite インスタンス AccessGate を 使用するよう構成 Oracle Oracle E-Business Database Suite AccessGate を OAM で保護 Web Server+ Oracle WebGate E-Business Suite AccessGate Oracle Oracle Access Internet Manager Directoryこれまで、Oracle E-Business Suite は Oracle Application Server Single Sign-On を通じてシングル・サインオン機能をサポートしていただけでした。Oracle Access Manager との統合は可能でしたが、仲介役としてOracle Single Sign-On Server が必要であり、Oracle Access Manager の全機能を利用することはできませんでした。Oracle E-Business Suite AccessGate を使用すれば、このようなことはなくなります。E-Business SuiteAccessGate は、独立したアプリケーション・サーバーに常駐する Java EE アプリケーションであり、E-Business Suite と Oracle Access Manager との直接統合を実現します。この直接統合により、Oracle Access Manager の認証機能をすべて利用することも可能になります。 Oracle Identity Manager は、エンタープライズ IT リソース内でのユーザーのアクセス権限を自動的 に管理する、エンタープライズ・アイデンティティ管理システムです。Oracle Identity Manager を使用 すれば、セキュリティ管理者は企業の全リソースでユーザーのアクセス権限を管理できます。このア クセス権限の管理は、アクセス権限の最初の作成からビジネス要件の変化への動的な適応まで、アイ デンティティ管理のライフサイクル全体を通して可能です。 17 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  20. 20. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle Identity Manager には、Oracle E-Business Suite との直接統合のための Connector Pack が用意されています。EBS の統合は、2 つのコネクタの形式で提供されます。 Oracle Identity Manager Connector for EBS Employee Reconciliation Oracle Identity Manager Connector for E-Business Suite User Management リソース・ プロ ファイル OIM ユーザー OIM リソース アカウント・リコンシリ アカウント・ アイデンティティ・ エーション プロビジョニング リコンシリエーション FND_USER 個人の HR レ アカウント・ レコード コード アカウント・レコードを 個人のレコードにリンク Oracle Identity Manager Connector for EBS Employee Reconciliation は、アイデンティティ(トラステッ ド・ソース)・リコンシリエーションと呼ばれるプロセスを使用して、E-Business Suite Human Resources ストアから従業員レコードを取り出し、OIM 内にアイデンティティを作成します。 EBS Employee Reconciliation Connector は 、 E-Business Suite Human Resources ス ト ア (PER_ALL_PEOPLE_F HR 表で表される)を Oracle Identity Manager ユーザー・アイデンティティ・ データの信頼できるソースとして機能させることができます。これは、コネクタのアイデンティティ (トラステッド・ソース)・リコンシリエーション機能によって実現されます。コネクタの主な機能 は次のとおりです。  プラガブルな問合せ手法を用いて EBS HR の追加カスタム属性や標準属性をリコンサイルできます。 これらの属性は、OIM プロビジョニング、アテステーション、レポート作成、委任管理などの機 能を実行する際に使用されます。  入社、職務の変更、異動、退職など、個人の主要なライフサイクル・イベントをすべて検出しま す。  個人や職務に関する変更を将来の日付で指定できます。この機能を使用した場合、その時点で有 効な変更はただちにリコンサイルされるのに対し、将来の日付が指定された変更は後日(変更が 有効になったときに)リコンサイルされます。 Oracle Identity Manager Connector for E-Business Suite User Management は、E-Business Suite の FND_USER アカウント、およびその UMX ロールと職責の割当てのプロビジョニングとリコンシ リエーションを実行します。加えて、HR Foundation の個人と TCA Foundation の個人のパーティ・レ コードを管理する機能もあります。これにより、OIM は、これらの個人レコードを FND_USER のセ キュリティ・アカウントとともに管理することが求められる EBS デプロイメントへのプロビジョニ ングを行うことができます。プロビジョニングとリコンシリエーションの処理は、コネクタの LDAP 18 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  21. 21. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware GUID プロビジョニング機能によって、Oracle Single Sign-On に対応している E-Business Suite 環境に対 して実行することもできます。このコネクタは、Oracle Application Access Controls Governor (OAACG)でロールや職責の権限を予防的にシミュレーションすることで、職務分掌(SoD)違反の 有無を検証するよう、あらかじめ構成されています。OAACG は、E-Business Suite の SoD ポリシー管 理機能を標準で備えた、オラクルの GRC 製品です。 Oracle Internet Directory(OID)は、メタディレクトリ機能を備えた、LDAP v3 準拠のディレクト リです。業界をリードする Oracle Database を基盤とし、Oracle Fusion Middleware および Oracle Applications と完全に統合されています。Oracle Internet Directory は、汎用ディレクトリとして今日の エンタープライズ・ディレクトリ・ストレージ要件に応える機能を提供する、唯一のディレクトリ・ サービスです。 19 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  22. 22. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ・ポータルとチーム・コラボレーションOracle Fusion Middleware の Enterprise 2.0 ポータル・ソリューションとコンテンツ管理ソリューションは、人、プロセス、情報、アプリケーションを豊富な機能で相互に結びつけ、生産性向上とコスト削減を実現します。オラクルでは、お客様の目的がポータルの統合であれ、ソーシャル・ネットワーキング・テクノロジーの導入による生産性向上であれ、紙ベースのプロセスの「グリーン化」であれ、選択と革新、そして優れた情報に基づく包括的な戦略を用意しています。Oracle WebCenter Suite 11g は、エンタープライズ・ポータルやソーシャル・アプリケーション、コンポジット・アプリケーション、インターネットおよびエクストラネットの Web サイトを構築するための完全かつオープンなエンタープライズ・ポータル・プラットフォームです。Oracle WebCenter Suite には、Oracle E-Business Suite との統合がパッケージ化されて付属しており、Oracle E-Business Suite システムから情報を取得してエンタープライズ・ポータルに公開するためのコストを大幅に低減します。Oracle WebCenter Suite を使用すると、中央でホスティングされた共有サービス型のポータル・インフラを提供できます。このポータル・インフラを多くのさまざまな部門が共有して、独自の部門別プライベート・ポータルを構築、維持、カスタマイズできるので、ハードウェアやネットワーク・アドレス、ドキュメント・リポジトリ、ファイル・サーバーなどが増えることもなくなり、コスト削減が実現します。 20 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  23. 23. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle WebCenter Suite は、通常必要なあらゆるパターンおよび方式のポータルに対応したポータル・ソリューションを提供する業界唯一の製品スイートであるため、組織のコスト削減に貢献します。 情報システムやアプリケーションへの単一アクセス・ポイントとなるイントラネット・ポータル 顧客や仕入先との B2B および B2C インタラクションを目的とするコミュニティ指向のポータル 企業サイト用のエクストラネット・ポータル限られた標準機能だけを提供し、製品スイート自体のコンポーネント間の統合も制限されている他のピンポイントの製品ソリューションとは異なり、Oracle WebCenter Suite は豊富な標準機能とあらかじめ統合されたソフトウェアを備えています。そのため、実装とメンテナンスのコストが大幅に低減します。Oracle WebCenter の Oracle Composer を使用すると、ユーザーやサイト管理者はポータルの動作やルック・アンド・フィールをユーザー要件に合わせてパーソナライズすると同時に、将来のアップグレードの影響を回避することができます。Oracle WebCenter は、カスタマイズ、パーソナライズが可能なソーシャル・コンピューティング・サービスを配信できるようにすることで、エンタープライズ・アプリケーションにおける SOA の実績を踏襲した適応性の高いサービス・モデルを提供します。OracleWebCenter はオラクルの Enterprise Business Dictionary との直接統合の機能を備え、アプリケーション、コンテンツおよびリッチ・メディア、ビジネス・プロセス、ビジネス・インテリジェンスとのパッケージ化された統合をロール別に提供して、ユーザーがこれらの重要なリソースをスピーディーに認識できるようにします。Oracle WebCenter のツールとサービスをこのように統合することで、エンドユーザーやIT 部門は次世代のコラボレーション型アプリケーションやポータルを構築できるようになります。エンタープライズ・ポータルに Oracle E-Business Suite の機能へのリンクやブックマークを組み込めば、開発と維持にコストがかかるだけでなく情報がなかなか見つからない原因でもある何百ものプライベート Web サイトやドメイン名、部門別システムの維持管理が不要になり、大幅なコスト削減につながります。Oracle E-Business Suite リリース 12 には、JSR-168 と WSRP 1.0 に準拠した次のポートレットが用意されています。これらは、Oracle WebCenter で構築したエンタープライズ・ポータルへの組込みが可能です。 Applications Navigator Applications Favorites Applications Worklist 21 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  24. 24. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ・コンテンツ管理Oracle E-Business Suite Financials財務プロセスは、その性質上、分散していることがほとんどで、多くの承認を必要とします。また、大量のドキュメントが発生しますが、それを効率的に管理するのは容易ではありません。コストの削減と効率性の向上を図る場合、買掛管理(AP)や経費精算管理(T&E)といった紙ベースの処理の多いプロセスから始めるのが一番です。Oracle Fusion Middleware のコンテンツ管理ソリューションには、OracleE-Business Suite Adapter 製品が含まれています。これは、Oracle Imaging and Process Management(I/PM)を E-Business Suite Financials と統合するもので、ドキュメント・キャプチャおよびイメージング・テクノロジーを Oracle Fusion Middleware の BPEL ワークフローおよび BAM プロセス監視と組み合わせて、プロセス自動化を最適化します。その結果、財務部門はコストとサイクルタイムを劇的に削減しながら、プロセスの可視性とコンプライアンス対応を向上させることができます。Oracle E-Business Suite Financials をすでに導入している組織なら、調達から支払までの業務における主な問題点(未払負債や予想されるキャッシュフロー要件を早期に把握する、早期支払割引を確実に受けるなど)を自動化することで実現可能なメリットを理解しているでしょう。しかし、紙の処理がプロセスの中心を占めるかぎり、プロセスの完全な最適化は達成できません。また、Oracle E-Business SuiteFinancials のようなシステムでは、電子イメージが業務の中で効率的に統合されていません。紙への依存を続ければ、Oracle E-Business Suite Financials を利用するお客様の収益に次のような悪影響が及ぶ可能性があります。 22 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  25. 25. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware 保管および輸送のコスト:多くのファイル・キャビネットや部屋が、保管している紙の請求書、発注 書、経費精算書で一杯になり、生産的な目的で利用できたはずの不動産を占有してしまいます。紙の 請求書や領収書を地方のオフィスから中央の 1 箇所へ送付したり、同じ建物や敷地にいる人々の間で やり取りするために、時間とコストが無駄になります。 部門の生産性:紙の請求書や経費精算書の処理中、書類が承認チェーンを進む途中でかなりの時間が 失われます。データを財務管理システムに入力できない、発注書番号が抜けているなどの処理例外が 発生すると、書類をしかるべき担当者に届けて処理例外に正しく対処してもらうまでに何日も経って しまい、仕入先から最大限の割引を受けられない恐れが出てきます。 コンプライアンスと監査:保管している紙の請求書や経費精算書は、一度ファイリングしてしまうと、 担当部門が企業監査の対象となった場合に、探し出すのに非常に時間がかかることが多いものです。 財務書類に対して必要な統制が行えず、破棄が可能になるまでの所定の期間でさえ保存しておくこと ができないのは珍しいことではありません。Oracle Content Management は、これらの問題を解決するために、ドキュメント・プロセスを自動化し、ドキュメントの電子的キャプチャによってプロセス全体から紙を排除することで、Oracle E-Business SuiteFinancials を補完します。キャプチャされたドキュメントはイメージに変換され、BPEL ベースのワークフローに添付されて、ライフサイクルを通して効率的に管理されます。財務部門は、ドキュメント・キャプチャ、イメージング、ワークフローを使用して、調達から支払までの業務の中で最も時間のかかる単調な作業を自動化することにより、業務処理を迅速化できます。買掛管理処理のエンド・ツー・エンドの自動化 - 受領から支払まで:E-Business Suite のお客様にエンド・ツー・エンドのプロセス自動化を提供し、財務、コンテンツ管理、ワークフローの各システムをシングル・ベンダーのソリューションとしてすべて統合できるのはオラクルだけです。つまり、すべての要素が連携して機能するよう設計されたソリューションからお客様がメリットを得られるだけでなく、このソリューションは柔軟性に優れており、お客様それぞれのニーズに合わせて簡単に構成することもできます。これは、調達から支払までのプロセスが組織によって異なるためです。 キャプチャ 格納 アクセス ワークフローと 承認 監視統合された柔軟なドキュメント・キャプチャであらゆるレベルの自動化に対応:Oracle E-Business Suite のお客様は、Oracle Document Capture、I/PM、BPEL のワークフローを使用して、調達から支払までの業務の中で最も時間のかかる単調な作業を自動化することにより、業務処理を迅速化できます。財務業務全体を通して管理する必要のあるドキュメントのスキャンや索引付けについては、組織の規模や地理的範囲、処理量がさまざまであることを考えると、画一的な方法ではうまくいきません。そこでオラクルは、幅広いキャプチャ・ソリューションを提供し、どのレベルの自動化を達成したいかをお客様が選択できるようにしています。すべてのドキュメントを中央の 1 箇所で Oracle DocumentCapture を使用してスキャンしてから、買掛管理担当者に転送し、地域や優先順位の分類に従って処理することができます。補完的なソリューションである Oracle Distributed Document Capture を使用すれば、企 23 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  26. 26. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware業や組織への入り口となる遠隔地のオフィスでドキュメントをスキャンし、オフィス間での書類の送付に伴う時間とコストを削減することも可能です。最高レベルの自動化を実現するなら、Oracle Forms Recognition 製品付属の光学式文字認識(OCR)と高付加価値ドキュメント認識(IDR)のテクノロジーを利用して、イメージから必要なデータをすべて抽出し索引付けすることができます。これにより、後でイメージを参照しながら手作業で入力する必要がなくなります。Oracle Fusion Middleware ファミリーの Oracle Document Capture、Oracle Forms Recognition、Oracle I/PM を組み合わせて Oracle E-Business Suite Financials と併用することで、買掛管理プロセスの最高レベルの自動化が可能になります。完全なドキュメント・ライフサイクル管理 - キャプチャから破棄まで:請求書、発注書、経費領収書、その他のドキュメントをキャプチャし、I/PM にアーカイブした後は、イメージ処理されたコンテンツがライフサイクルを通してシステムで管理されます。エンタープライズクラスのコンテンツ・リポジトリである Oracle Content Management には、何十億ものイメージ処理されたドキュメントを格納することが可能です。したがって、お客様の処理量やイメージ対応の Oracle E-Business Suite モジュールの数に関係なく、Oracle Content Management を必要に応じて拡張できます。また、イメージ処理されたコンテンツにポリシーを添付して、コンテンツが破棄可能になるまでどれだけの期間保存するのか、誰が閲覧する権限をもつのかなどを規定することができ、社内の保存およびセキュリティの要件を満たすのにも役立ちます。Oracle Universal Records Management 製品は、Oracle E-Business Suite Financials 関連のドキュメントに関して、法規制上のコンプライアンス要件を満たさなければならない企業を支援します。Oracle E-Business Suite からドキュメントに直接アクセスし、データの入力と検索を高速化:Oracle E-Business Suite のお客様は、データ入力や検索などの作業に費やす時間を大幅に短縮して、部門のリソースを有効に活用し、収益の増加につなげることができます。 OracleContent Management は、イメージ処理されたドキュメントを E-Business Suite インタフェースから直接閲覧できるようにすることで、ユーザーが使い慣れた操作環境を維持します。それと同時に、イメージ処理されたドキュメントをすばやく呼び出す機能で操作環境を強化し、イメージを参照しながらの請求書入力など、労力を要する作業を迅速化します。I/PMビューアはイメージ注釈とマークアップの機能を備えており、セキュリティ設定とロールによって、改訂などの項目を適切な関係者しか閲覧できないようにすることができます。データ入力はすべて Oracle E-Business Suite Financials の画面で行うため、ユーザーは ERP システムのビジネス・ルールや検証を利用できます。 24 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  27. 27. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware例外処理ワークフローとリアルタイムのプロセス可視性で買掛管理のサイクルタイムを短縮:Oracle Content Management には、E-Business Suite のネイティブ機能を補完する(ただし重複はしない)強力なサンプル BPEL ワークフローが用意されています。たとえば、請求書イメージを買掛管理担当者が閲覧できるように自動的に転送する処理や、データ入力、例外処理などです。Oracle Content Managementの例外処理用サンプル BPEL ワークフローでは、請求書の処理例外を管理する必要がある場合などに貴重なサイクルタイムを削減できます。このようなサンプル BPEL ワークフローは、自由にカスタマイズして組織の個々のプロセスに対応させることが可能です。リアルタイムのビジネス監視機能は、カスタマイズ可能な BAM ダッシュボード表示から利用できます。この機能を使用すると実行中のプロセスが可視化されるので、ワークロードの監視やプロセスのボトルネックの特定が可能になり、継続的なプロセス改善が促進されます。Oracle E-Business Suite Financials 内外からの承認が容易:請求書や経費精算書を承認する準備ができたら、E-Business Suite ユーザーもその他の非 ERP ユーザーも、確認が必要なイメージ処理されたドキュメントに Oracle Content Management を介してすばやく簡単にアクセスすることができます。Oracle Fusion Middleware の BPEL プロセス管理システムから、URL の埋め込まれた承認通知 E メールが送信されます。ユーザーは、この URL から対応するドキュメント・タスク表示にすばやくアクセスし、イメージの確認や注釈の追加のほか、タスクの承認、却下、詳細情報のリクエストといった作業(すべて構成可能)を行うことができます。こうして承認チェーンに関与するすべてのユーザーにシームレスなアクセスを提供することで、Oracle Content Management は請求書や経費精算書、その他の買掛管理項目の支払準備が整うまでの時間を短縮します。 25 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  28. 28. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite Human Resources人事(HR)管理の成功は、適切なプログラムと手順を導入して従業員の効率性を最大化できるかどうかにかかっています。しかし、HR の取組みが紙中心であり続けるかぎり、人ではなく紙の管理に多大な時間とコストがかかることは避けられません。Oracle Fusion Middleware のコンテンツ管理ソリューションには、Oracle E-Business Suite Adapter 製品が含まれています。Oracle Content Management を使用すると、個人レコードに関連付けられたドキュメントをキャプチャして、一元化された安全なドキュメント・リポジトリに格納できるほか、適切な担当者へ自動的に転送して E-Business Suite システム内外からドキュメントを取り出すことも可能です。その結果、HR 部門ではドキュメント中心のプロセスにおける遅延や非効率性を解消して時間とコストを削減するとともに、コンプライアンスと統制を強化することができます。キャプチャ、イメージングおよびドキュメント管理とワークフローによる HR プロセスの合理化:多くの HR プロセスは紙が原因でスピードを欠いています。新入社員の採用や入社手続きから人事考課、給付金の処理にいたるまで、紙の書類の管理に時間と労力が費やされるため、部門の生産性が低下すると同時にコストが上昇します。E-Business Suite HR を使用すれば、たとえばファイル・キャビネットをあさることなく応募者の履歴書の電子コピーを簡単に見つけてアクセスすることができます。また、従業員の E-Business Suite HR 個人レコードに添付されたすべてのドキュメントにオンラインでアクセスできるので、各種システムにアクセスして関連ドキュメントを探す必要がなくなります。HR 従業員レコードの添付:Office ドキュメントや PDF、スキャンしたイメージなどの非構造化コンテンツは、さまざまな HR プロセスをサポートするうえで不可欠です。Oracle E-Business Suite Adapter forOracle Content Management は、従業員が Oracle E-Business Suite HR レコードに関連付けられたコンテンツのアクセスや提供を行える、柔軟でスケーラビリティに優れたセキュアなソリューションを提供します。このアダプタは、Oracle Content Management を Oracle E-Business Suite と統合して、エンタープライズクラスのコンテンツ管理インフラを実現します。これにより、あらゆる従業員関連ドキュメントの管理が一元化されるとともに、ワークフローへのドキュメントの挿入が可能になり、プロセスの効率性が向上します。Oracle Content Management 製品には、検索、セキュリティ、ワークフロー、メタデータ、リビジョン管理、コンテンツ変換、ドキュメント・キャプチャなど、ありとあらゆるコンテンツ機能が用意されています。これらを使用すれば、もともと紙ベースだった電子 HR ドキュメントのアップロード、スキャン、処理、共有、配布を、Oracle E-Business Suite、ポータル、その他のアプリケーションを介して効果的かつ効率的に行うことができます。 26 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  29. 29. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareOracle E-Business Suite Adapter を使用すると、E-Business Suite エンティティに添付されたコンテンツや関連のコンテンツ管理サービスに、使い慣れた E-Business Suite 画面から直接アクセスできます。任意のHR 関連ドキュメントを Oracle E-Business Suite 経由で Oracle Content Management にチェックインすることが可能です。そのとき、ドキュメントは Web アクセス可能な形式(PDF や HTML など)に自動的に変換されるため、オンラインでの閲覧や印刷の際にはドキュメントの作成に使用したアプリケーションは必要ありません。また、さまざまなアプリケーション・インタフェースから簡単にアクセス、共有できるよう、ドキュメントには一意の URL が割り当てられます。ロールベースの権限により、コンテンツの閲覧と変更ができるのは所定の関係者のみとなります。コンテンツを変更する必要がある場合は、整合性を維持するために元のドキュメントをチェックアウトしてロックし、編集が終わったら新しいリビジョンをチェックインすることができます。自動チェックアウト、オープン、編集の操作を E-Business Suite インタフェースを介して元のアプリケーション機能の中で行えるため、エンドユーザーはこのプロセスをさらに簡単に実行できるようになります。フル・リビジョン・トラッキングの機能が用意されており、旧バージョンのコンテンツ項目のすべてにアクセス可能です。組込みのコンテンツ中心型ワークフローにより、コメントや関連リビジョンの追跡も含めて、ドキュメントの確認と承認のプロセスが管理されます。高度なコンテンツ検索機能では、リポジトリに格納されたコンテンツを取り出せるように、メタデータと全文索引の両方が使用されます。Oracle E-Business Suite エンティティに添付された機密性の高いドキュメントは、ドキュメント・タイプ、その他のメタデータに基づき、Oracle Information Rights Management(IRM)ソリューションを介して、特定のセキュリティ・コンテキストに自動的にシールすることができます。これにより、 E-BusinessSuite ユーザーがこうしたドキュメントをダウンロードして E メール、その他の手段で配布した場合でも、セキュリティを確保できます。このようなシールされた機密ドキュメントの場合、E-Business Suite のユーザーは、あらかじめ IRM サーバーに対する認証を行わないと、ドキュメントの閲覧、編集、印刷などの権限を得ることができません。IRM のセキュリティを確保するため、シールされたドキュメントのWeb アクセス可能な表現は、変換プロセスの一環として自動的にシールされます。幅広いドキュメント・キャプチャ機能:Oracle Content Management に は 柔 軟 な キ ャ プチャ・サービスが用意されており、E-BusinessSuite のお客様は幅広いオプションの中から自社の HR プロセスに最適なものを選択できます。Oracle Document Capture を使用すると、履歴書や給付金の申請書などの紙または Fax 送信された書類を中央の 1 箇所でスキャンしてインポートし、HR スタッフに転送して処理することができます。紙の書類をデジタル形式に変換して HR レコードに添付ファイルとして直接リンクする作業を Oracle E-Business Suite HR のエンドユーザーに任せたい場合のために、Oracle E-Business Suite Adapter for Oracle Content Management は Web ベースの OracleDistributed Document Capture と統合されており、ユーザーがどこにいようとその場で紙の書類をスキャンして索引付けすることが可能です。スキャンしたコンテンツは、Oracle Content Management の一元的リポジトリに格納され管理されている間、ユーザーの現行 E-Business Suite レコードに添付されます。これにより、遠隔地のオフィスで実施された人事考課の書類を添付する場合のように、E-Business Suite のユーザーがその場でスキャンしたいというニーズを満たすことができます。この統合されたスキャン機 27 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  30. 30. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware能は Oracle E-Business Suite HR インタフェース内から直接呼び出せるので、オフィス間での紙の書類の送付に伴う時間とコストが削減されます。Oracle Forms Recognition を使用すると、スキャンした伝票や書類からの情報の抽出を自動化して、高度な自動化が求められる HR プロセスを推進することができます。高い投資対効果を今すぐ実現 - 将来のコンテンツ管理ニーズに対応Oracle E-Business Suite Adapter を Oracle ContentManagement とともに使用すると、複数の部門のドキュメント管理要件に合わせて拡張でき、何百万ものコンテンツ項目の格納が可能な、全社規模のインフラが実現します。このインフラは、E-Business Suite のお客様によるOracle Fusion Middleware プラットフォームの実装および統合戦略の一部となります。オラクルは、E-Business Suite のお客様にエンド・ツー・エンドのビジネス・プロセス自動化ソリューションを提供できる特異な立場にあります。このソリューションに含まれる Oracle Content Management は、主要コンポーネントとしてキャプチャ、イメージングおよびドキュメント管理とワークフローを備え、Oracle E-Business Suite ですでに提供されているネイティブ自動化機能を強化します。お客様は、Oracle Forms Recognition などのテクノロジーで自社のシステムをさらに自動化して、ビジネス・プロセスの完全な最適化を実現できる柔軟性を手に入れることになります。こうしたメリットはすべて、オラクルによるシングル・ベンダー・ソリューションの価値とともに、1つの統一プラットフォーム上で得ることができます。Oracle Content Management は、Oracle Fusion Applications と Oracle Applications Unlimited の両方に含まれる、非構造化情報を管理するための戦略的プラットフォームです。この Oracle Fusion Middleware コンテンツ管理ソリューションを利用すれば、社内のインフラを将来にわたって Oracle Applications と同期させることができます。さらに、Oracle テクノロジー・スタックの幅が広がり、アプリケーションをさらに強化できる柔軟性が得られます。たとえば、Oracle Identity Management を利用してアプリケーション間でユーザーの認証および認可ロールを統合したり、Oracle Database Secure Files 機能を利用してデータベースレベルでのコンテンツの重複排除を自動化することが可能です。これにより、コンテンツが爆発的に増加する環境のストレージ・コスト削減を実現できます。Oracle Content Management と Oracle E-Business Suite の融合は、E-Business Suite 側のフットプリントを最小限に抑えたモジュール型のアーキテクチャを通じて実現されます。これにより、継続的なメンテナンスや将来のシステム・アップグレードの際の、多額のサービス・コストとカスタム統合のアップデートが不要になります。また、一方のシステムを他方に影響を与えずにアップグレードする能力は損なわれません。この統合を Oracle Fusion Middleware プラットフォームをベースに製品化されたサポート対象ソリューションとして提供することで、1 回かぎり、あるいはその場しのぎの統合はなくなり、アプリケーションのメンテナンス・コスト、サポート・コストが最小化されます。 28 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  31. 31. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middlewareエンタープライズ管理Oracle Enterprise Manager を使用すると、アプリケーションからディスクまでを網羅した独自のシステム管理手法を通じて、アプリケーション環境における複雑さを軽減し、効率性を 高 め る こ と が で き ま す 。 Oracle EnterpriseManager は、複数のアプリケーションを対象とするさまざまな管理機能を兼ね備え、物理、仮想、プライベートそれぞれのクラウド・コ Oracle E- Businessンピューティング環境のインフラをサポート Suite の各種 パックする、市場でただ 1 つのソリューションです。 クローOracle Enterprise Manager は、高いレベルのパ 検出 監視 ニングフォーマンスと可用性の実現、そしてアプリケーションとその基盤となるインフラの管理コスト削減を支援する、包括的な統合管理ソリューションを提供します。また、企業に求められるアプリケーションのパフォーマンスと可用性を実現し、管理業務の生産性を向上させ、リソースをより効果的に利用し、運用コストを低減するのに役立つツールを備えています。Application Management Pack(AMP)と and Application Change Management Pack(ACMP)は、Oracle E-Business Suite コンポーネントとシステムに加えられた変更の監視および管理ができるように OracleEnterprise Manager Grid Control 10g を拡張します。 Oracle Application Management Pack for Oracle E-Business Suite は、システム管理者が E- Business Suite サーバーのデプロイ、構成、監視、メンテナンスをすべて Web ベースの単一コンソー ルから実行できるようにする管理ユーティリティ・セットです。E-Business Suite サーバーの管理に必 要な労力を劇的に軽減すると同時に、総保有コスト全体を削減します。 Application Change Management Pack for Oracle E-Business Suite は、Oracle E-Business Suite に 加えられた変更を監視、管理するための機能を備えています。複数の Oracle E-Business Suite システム にわたって変更(機能面、技術面の両方)を監視し調整するための一元的なビューを提供します。 29 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  32. 32. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion MiddlewareApplication Management Pack for Oracle E-Business Suite の機能 高度な検出:Real Application Clusters(RAC)などの高度なトポロジを実行している E-Business Suite システムの監視と管理が可能です。 EBS の管理:E-Business Suite のコンポーネントを個別に、あるいは E-Business Suite 全体を起動また は停止できるユーザー・インタフェースが用意されています。 Oracle E-Business Suite リリース 12 のホット・クローニング:Oracle E-Business Suite リリース 12 システムのホット・モードでのクローニングが自動化されるので、データベースの停止が不要になり ます。 Oracle E-Business Suite Release 12 の RAC クローニング:Real Application Clusters を実行してい る Oracle E-Business Suite リリース 12 データベースを別の RAC 環境またはシングルノード(非 RAC)環境にクローニングできます。 Smart Clone:Enterprise Manager Grid Control を基盤とする次世代のホット・クローニング・テクノロ ジーです。管理者が独自のカスタム・データベース・クローニング手法を AMP のクローニング・ ルーチンに組み込むことのできる柔軟性を提供します。Smart Clone は、Real Application Clusters 30 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  33. 33. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware (RAC)と共有 APPL_TOP にデプロイされたシングルノードまたはマルチノードの Oracle E-Business Suite 11.5.10 CU2 システムのクローニングをサポートしています。サポートされる主なクローニン グ・シナリオには、RAC から RAC へ、RAC から非 RAC へ、スケール・ダウン(マルチノードから シングルノードへ)などがあります。 コンカレント処理ダッシュボード:管理者は、Application Management Pack リリース 3.1 を使用して コンカレント・マネージャとコンカレント・プログラムの監視と管理ができるようになりました。こ の新しいダッシュボードには、コンカレント・マネージャによるコンカレント要求の処理効率が表示 されます。特定のコンカレント・マネージャやコンカレント・プログラムの監視リストの作成が可能 です。 エンド・ツー・エンドのトレース:管理者は、Oracle E-Business Suite のデータベース負荷を Application Management Pack 3.1 から分析できます。アプリケーションの Web ユーザー・セッション をデータベース・セッションまでトレースすることが可能です。上位のデータベース・セッションを 個々のアプリケーション・ユーザーまでさかのぼってトレースすることもできます。Application Change Management Pack for Oracle E-Business Suite の機能Application Change Management Pack は、複数の E-Business Suite インスタンスへの更新を自動化する新しいツールを備えている点で、注目に値します。 カスタマイズ・マネージャ:カスタマイズ内容を、複数の E-Business Suite インスタンスにデプロイ可 能な AD 準拠パッケージの形にパッケージ化する処理を自動化します。パッケージ化の前に、カスタ マイズ内容をオラクルのソフトウェア・コーディングに関するベスト・プラクティスと照らし合わせ て検証します。 31 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  34. 34. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware パッチ・マネージャ:My Oracle Support と統合されており、複数の(シングルノードまたはマルチ ノードの)E-Business Suite インスタンスに対して各種パッチを自動的にダウンロードし、デプロイし ます。 設定マネージャ:複数の E-Business Suite インスタンスに対して繰り返し行う必要のある機能設定を 管理できます。 32 Oracle Corporation 発行「Oracle E-Business Suite and Oracle Fusion Middleware」の翻訳版です。
  35. 35. Oracle E-Business SuiteとOracle Fusion Middleware 変更承認フレームワーク:Application Change Management Pack を通じて調整される変更を 

×