Your SlideShare is downloading. ×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Oracle BPM Suite 11g - Microsoft Visio 2010日本語版連携について

814

Published on

本資料は、Oracle BPM Suite 11g PS5 (11.1.1.6.0)とMicrosoft Visio 2010日本語版の連携について説明しています。 …

本資料は、Oracle BPM Suite 11g PS5 (11.1.1.6.0)とMicrosoft Visio 2010日本語版の連携について説明しています。
・Visio 2010日本語版で描画されたBPMN1.2図をOracle BPM Suite 11g PS5上にインポートするための仕組と手順
・インポート時における制約事項等について

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
814
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. Oracle BPM Suite 11g - Microsoft Visio 2010日本語版 連携について 日本オラクル株式会社1 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。 以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するもので はないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して 記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定され ます。 * Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他の ブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。2 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. 目次 • 本資料の概要 • Oracle BPM Suite 11g - Visio連携の仕組み • Visio 2010日本語版利用時における問題点 • VisioUserMap.xmlによる解決策 • マッピング対応状況 • 参考情報3 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. 本資料の概要• 本資料は、Oracle BPM Suite 11g PS5 (11.1.1.6.0)と Microsoft Visio 2010日本語版の連携方法について説明します – Visio 2010日本語版で描画されたBPMN1.2図を Oracle BPM Suite 11g PS5上にインポートするための仕組および手順 – インポート時における制約事項4 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 前提条件 • Oracle BPM Suite 11gのコンポーネント・パレットを基準に Visio 2010日本語版のBPMNステンシルのみを対象 • 参考情報: Oracle Business Process Converter(OBPC)は、以下のVisioステンシルをサポート • Visio 2007 – Oracle Cross-Functional-Process – Visio Cross-Functional Process – Visioフローチャート – Frapu BPMN (public domain) • Visio 2010 – BPMNステンシル 本資料における変換対象 – Process Modeler 55 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. Oracle BPM Suite 11g - Visio連携の仕組み① • Oracle Business Process Converter (OBPC)を利用 – Oracle JDeveloper用エクステンション(PS5ではインストール済) ※ 本資料で利用するOBPCのバージョン: BPM Converter 11.1.1.4 (Build: 101028) – OBPCにより、Visio / XPDL / Oracle TutorのファイルをOracle BPM Suite 11g上にインポートすることが可能 ※ Visioファイルについては、vsd形式ではなく、事前にvdx(XML図面)形式でアウトプットしておく必要がある Oracle Business Process Converter (Visioモジュール) Visio XML図面ファイル BPMN Common Object Modelへ変換 (.vdx) BPM Suite 11g パレット上にインポート Visioマッピングファイル (VisioMasterMap.xml VisioUserMap.xml)6 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. (参考)JDeveloperからのOBPC利用方法 • プロジェクトメニューの“モデルのインポート”を選択後、 インポートするファイルを指定7 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. Oracle BPM Suite 11g - Visio連携の仕組み② • OBPCは、Visioマッピングファイル(VisioMasterMap.xml) に記述された情報を元に、Visio要素とBPMNオブジェクトの マッピングを行う ※ xmlファイルのロケーション > $JDeveloperインストールディレクト¥jdev¥extensions¥tutor¥xmlディレクトリ内 <Master Name="start event"> ■マッピング要素名 <BPMNObject>Event</BPMNObject> ■マッピング先のBPMNオブジェクト <Attributes> <Attribute Name="EventType" Value="Start"/> ■属性(EventType: Start) </Attributes> </Master> VisioMasterMap.xmlの例8 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 9. Visio日本語版利用時における問題 • Visio日本語版で作成したvdxファイルは、マッピングキー となるMaster要素のName属性が日本語のため、 正しくマッピングされない VisioMasterMap.xml sample.vdx (Visio XML図面ファイル)<Master Name="start event"> <Master ID="0" NameU="Start Event" Name="開始イベント" <BPMNObject>Event</BPMNObject> Prompt="開始イベントは…図形を右クリックして外観を変更しま す。" IconSize="1" AlignName="2" MatchByName="0" <Attributes> IconUpdate="1" UniqueID="{72408F9A-0007-0000-8E40- <Attribute Name="EventType" Value="Start"/> 00608CF305B2}" BaseID="{0E132CDD-67E7-4EBB-A3DF- </Attributes> 706A6299561E}" PatternFlags="0" Hidden="0"></Master> ・・・ × 名前が一致しないため、マッピングされない 9 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. VisioUserMap.xmlによる解決策 • マッピングファイルの拡張性 – OBPCでは、カスタムマッピング機能が用意されている – VisioUserMap.xmlを作成することで、任意のマッピングが可能 VisioMasterMap.xmlに対して、マッピング情報を上書きする • Name属性(日本語名)をVisioUserMap.xml内に記述することにより、 Visio日本語版から出力されたvdxファイルのマッピングが可能 • VisioUserMap.xmlの作成および利用方法 1. VisioMasterMap.xmlのコピーを作成、VisioUserMap.xmlにリネーム 2. VisioMasterMap.xmlと同じディレクトリに配置 $JDeveloperインストールディレクト¥jdev¥extensions¥tutor¥xmlディレクトリ内10 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. VisioUserMap.xmlの修正例 VisioUserMap.xml sample.vdx (Visio XML図面ファイル)<Master Name=“開始イベント"> <Master ID="0" NameU="Start Event" Name="開始イベント" <BPMNObject>Event</BPMNObject> Prompt="開始イベントは…図形を右クリックして外観を変更しま す。" IconSize="1" AlignName="2" MatchByName="0" <Attributes> IconUpdate="1" UniqueID="{72408F9A-0007-0000-8E40- <Attribute Name="EventType" Value="Start"/> 00608CF305B2}" BaseID="{0E132CDD-67E7-4EBB-A3DF- </Attributes> 706A6299561E}" PatternFlags="0" Hidden="0"></Master> ・・・ ○ 正しくマッピング可能 • VisioUserMap.xml内にある”start event”を”開始イベント”に修正 • その他の要素についても同様の修正を行うことにより、日本語版 vdxファイルを正しくインポートすることが可能 11 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 12. (参考)要素名の確認方法 1. MS Visio 2010でBPMN1.2図を作成後、 Visio XML図面ファイル(vdx)形式で保存 2. テキストエディタでファイルを開き、 Master要素内にあるName要素 (日)、NameU要素(英)を確認 3. VisioUserMap.xml内の 該当項目を置換 (右図の例の場合、”start event”を”開始イベント”に置換)12 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 13. マッピング対応状況 • Visio 2010 – Oracle BPM Suite 11g間における 要素のマッピング対応状況について説明します – アクティビティ – イベント – ゲートウェイ – アーティファクト • その他制約事項13 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 14. マッピング対応表(アクティビティ) BPM Suite 11gコンポーネント・パレット Visio2010 BPMNステンシル 補足 (BPMN2.0準拠) (BPMN1.2準拠) アクティビティ タスク(なし) イベント・サブプロセス BPMN2.0~ コール BPMN2.0~ 折りたたまれたサブプロセス インポート可属性: なし、ループ、マルチインスタンス サブプロセス 展開されたサブプロセス インポート不可属性: 補完、アドホック、トランザクション サービス タスク(サービス) デフォルト スクリプト タスク(スクリプト) ビジネス・ルール BPMN2.0~ 受信 タスク(受け取る) 手動 タスク(Manual) 更新 BPM Suite独自 送信 タスク(サービス) アクティビティ タスク(Abstract) ~BPMN1.2までの仕様、"アクティビティ"にマッピング タスク(参照) ~BPMN1.2までの仕様、"ユーザー"にマッピング FYI BPM Suite独自 イニシエータ BPM Suite独自 グループ投票 BPM Suite独自 対話型 ユーザー タスク(ユーザー) 管理 BPM Suite独自 複合 BPM Suite独自 IM BPM Suite独自 SMS BPM Suite独自 通知 メール BPM Suite独自 ユーザー BPM Suite独自 音声 BPM Suite独自14 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 15. マッピング対応表(イベント) BPM Suite 11gコンポーネント・パレット Visio2010 BPMNステンシル 補足 (BPMN2.0準拠) (BPMN1.2準拠) なし 中間イベント BPM Suite未対応 エラー 中間エラー イベント BPM Suite未対応 シグナル 中間シグナル イベント BPM Suite未対応 タイマー 中間タイマー イベント BPM Suite未対応 メッセージ 中間メッセージ イベント BPM Suite未対応 イベントの捕捉 中間補正イベント BPM Suite未対応 中間条件イベント BPM Suite未対応 中間リンク イベント BPM Suite未対応 中間マルチ イベント BPM Suite未対応 中間キャンセルイベント BPM Suite未対応 なし 中間(スロー)イベント シグナル 中間(スロー)シグナル イベント メッセージ 中間(スロー)メッセージ イベント スロー・イベント 中間(スロー)補正イベント BPM Suite未対応 中間(スロー)リンク イベント BPM Suite未対応 イベント 中間(スロー)マルチ イベント BPM Suite未対応 なし 開始イベント シグナル 開始シグナル イベント タイマー 開始タイマーイベント 開始イベント メッセージ 開始メッセージ イベント 開始条件イベント BPM Suite未対応 開始マルチ イベント BPM Suite未対応 なし 終了イベント エラー 終了エラー イベント シグナル 終了シグナルイベント メッセージ 終了メッセージイベント 終了イベント 終了 終了終結イベント 終了補正イベント BPM Suite未対応 終了取り消しイベント BPM Suite未対応 終了マルチ イベント BPM Suite未対応15 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 16. マッピング対応表(ゲートウェイ、アーティファクト) BPM Suite 11gコンポーネント・パレット Visio2010 BPMNステンシル 補足 (BPMN2.0準拠) (BPMN1.2準拠) イベント・ベース 排他イベント ゲートウェイ パラレル 並列ゲートウェイ 包含 包含ゲートウェイ ゲートウェイ 排他 排他ゲートウェイ Visioでのみ、マーカーの表示/非表示選択可 複合 複合ゲートウェイ シーケンス・フロー シーケンス フロー アーティファクト テキスト注釈 テキスト注釈 測定 BPM Suite独自16 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 17. その他制約事項 • 複数プールの変換 – Oracle BPM Suite 11gではマルチプールに対応していないため、 プールが複数存在する場合は、インポート時に下記から選択 1. プールの統合(レーンに置換) 2. 各プール毎にモデルを作成 – メッセージフローは全てシーケンスフローに置換される 1.プールの統合(レーンに置換) 2.各プール毎にモデルを作成17 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 18. その他制約事項 • シートを跨ったサブプロセスの記述 – Visio2010では、サブプロセスの記述を別シート上に記述して、 リンクする機能があるが、このようなファイルのインポートは不可 – Visio側での回避方法 • ”展開されたサブプロセス”の中に直接サブプロセスの記述を行う18 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 19. 参考情報 • Oracle Business Process Converterドキュメント – マニュアル参照方法 • OTNのBPM Suite 11gダウンロードセクション Recommended Components > Business Process Converterをダウンロード • 展開 > Business Process Converter.pdfを参照19 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 20. 20 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 21. 21 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

×