• Save
【OOW資料】Java SEからJava 12に向かって: Java SEロードマップ

Like this? Share it with your network

Share

【OOW資料】Java SEからJava 12に向かって: Java SEロードマップ

  • 1,236 views
Uploaded on

Oracle Open World 2012の資料の一部を公開しております。 ...

Oracle Open World 2012の資料の一部を公開しております。

全スライドはOTNよりダウンロードいただけます。
http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/openworld2012/index.html

More in: Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,236
On Slideshare
1,236
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. ORACLE 製品 ロゴ Java SEからJava 12に向かって: Java SEロードマップ Java 2012 to Java 12 – Java SE Strategy and Roadmap オラクル・コーポレーション Product Management, Java Product1 ケビン・リー Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. 2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. Russia 17–18 April 2012 India 3–4 May 20123 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. San Francisco September 30–October 4, 20124 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. アジェンダ オラクルのJava戦略 テクノロジー・アップデート 製品ロードマップ 長期ビジョン ユーザーの観点6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. オラクルのJava戦略 優先度の高い順に 1. 強力なJavaエコシステム – オラクルのソフトウェア・ビジネスはJavaがベース。Javaのパワーと優位性を維持する ことは、オラクルのビジネス継続性の確保につながる。 – つまり、オラクルの目標はコミュニティの目標と同じ - Javaを成功させること! 2. 収益創出 – オラクルのソフトウェアとハードウェアの優位性を高める材料であり、その影響で 間接的に収益を生み出す。加えて、Java自体のサポートの収益などに よって直接的にも収益につながる。 3. コスト削減 – Java言語、ライブラリ、ツールを改良することは、オラクル社内の数千人もの Java開発者の作業効率を向上。 – このことは、多くの場合、目標1の達成にも役立つ。7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. セッション資料の全スライドは、 Oracle Technology Networkで公開中です。 どうぞご利用ください。[D3-05 (40スライド) ] 資料ダウンロード(ダイレクトリンク) Oracle OpenWorld Tokyo 2012 Oracle Develop セッション資料:8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/openworld2012/
  • 9. ご質問・ご相談はOpenWorld終了後もお受けしております あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct 0120-155-096 (平日9:00-12:00 / 13:00-18:00) http://www.oracle.com/jp/direct/index.html Oracle Direct 検索 各種無償支援サービスもございます。9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 10. 10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 11. 11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.