JavaOne Tokyo 2012 セッション紹介

1,690 views

Published on

Javaエンジニアの祭典「JavaOne Tokyo」が7年ぶりに帰ってきます。
本カンファレンスでは「JavaOne 2011 San Francisco」の講演者も多数来日。
Javaに関するあらゆるテクノロジーを網羅した最新技術情報が発表されます。
本資料はJavaOne Tokyoのセッションの詳細をまとめたものです。
ぜひ気になるセッションをチェックしてください!
※内容が一部変更する可能性がございます。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,690
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

JavaOne Tokyo 2012 セッション紹介

  1. 1. JavaOne Tokyo 2012 セッション紹介Java エンジニアの祭典「JavaOne Tokyo」が 7 年ぶりに帰ってきます。本カンファレンスでは「JavaOne 2011 San Francisco」の講演者も多数来日。Java に関するあらゆるテクノロジーを網羅した最新技術情報が発表されます。基調講演、ブレイクアウト・セッション、ハンズオン・セッション、Birds-of-a-Feather(BoF)セッションなど、多彩なプログラムをご用意しています。ぜひご来場ください。 ご登録はこちらからお願いいたします。JavaOne Tokyo 2012http://www.oracle.co.jp/javaone/4 月 4 日(水) Time Session Title Session Code category 9:00-10:00 Strategy Keynote JK1-01 Keynote Speaker Cameron Purdy, Nandini Ramani, Henrik Stahl 概要 Java は、企業のエンタープライズシステムからエンターテイメント、ナビゲー ション・システム、デスクトッ プ・コンピュータ、モバイ ル、ハンド ヘルド機 器までをもカバーし、そのアプリケーションや機器のあらゆる振る舞いや挙動に とっての非常に重要なバ ックボーンとなっています。 Strategy Keynote では、Java のコアテクノロジー、デスクトップ Java やリッチク ライアント領域、エンタープライズにおける Java、そし て、組み込み 分野と4 つのテーマにそって、それぞれの領域における戦略と展望を紹介し、Java がどのようにして、最も強力 で、スケーラブルかつセキュアであ りつつ進化を続ける のか、またグローバルの開発者コミュニティにとってオープンプラットフ ォーム であり続けるのかを説明します。 Abstract 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track11:15-12:15 Introduction to JavaFX 2.0 JS1-01 Breakout Client Java Speaker Oracle Corporation 概要一昨年の JavaOne で Oracle は、JavaFX を最高のリッチクライアントプラットフォームにするための長期ロードマップを示しました。JavaFX プラットフォームのメジャーアップデートである JavaFX 2.0 は、このビジョンを実現するための重要なマイルストーンです。このバージョンから JavaFX アプリケーションは、標準的な Java 開発ツールを使って、完全に Java 言語だけで開発することができます。また、多くの新機能も導入されています。Swing アプリケーションとの統合、ハードウェアアクセラレートされたグラフィックス、Web コンテンツの埋め込み、安定したメディア再生、改良された UI コントロールライブラリなどです。このセッションでは、サンプルコードやデモを使い、主要な新機能を紹介するとともに、Java 開発者が JavaFX を使うメリットやユースケースについてお話しします。 AbstractAt last years JavaOne conferencer, Oracle laid out a long-term roadmap for JavaFX to make it a premier rich client platform. JavaFX 2.0, a major update tothe JavaFX platform, is a significant milestone in fulfilling this vision. Starting with this version, developers can create JavaFX applications completely in theJava programming language, using standard Java development tools. It also introduces several new features to the JavaFX platform: integration with Swingapplications, hardware-accelerated graphics, the ability to embed Web content, stable media playback, and an improved UI controls library. With the help ofcode examples and demos, this session explores key new features and discusses use cases and benefits for Java developers of using JavaFX. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  2. 2. Time Session Title Session Code Category Track 11:15-12:15 Java EE Web Container in the Cloud JS1-02 Breakout Enterprise Java Speaker Oracle Corporation 概要 このセッションは、Servlet 3.1 の新機能を紹介すると共に、Oracle がクラウド環境で Java EE Web コンテナを使用 するためにどのように最適化を行うかについて紹介します。このプレゼンテーションの内容はメインテーマとして Platform as a Service(PaaS) を掲げる Java EE 7 に含まれる内容を紹介し、同一の Web アプリケーションを Web コ ンテナ上でどのようにして扱うかについて紹介します。 Abstract The focus of this session is the Servlet 3.1 feature set and what Oracle is doing to optimize the use of the Java EE Web container in the cloud. The presentation discusses the feature set targeted for Java EE 7, the main theme of which is platform as a service (PaaS), and what Oracle is doing in the Web container to enable support for the same in Web applications. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 13:15-14:15 The Heads and Tails of Project Coin JS1-11 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要このセッションは、Project Coin(JSR 334) で定義され Java SE 7 に追加された新しい言語仕様の機能について紹介します。またセッション中に統合開発環境を使用して新しい機能のデモンストレーションをおこない、開発方法の変更について理解して頂くことができます。さらには次期 Java SE 8 で提供される予定の新しい機能についても概要をご紹介します。 AbstractCome learn about the new language features in JDK 7 added by Project Coin/JSR 334.This session demos the new features in an IDE and sharesexperiences in Yes developing the changes.And also in this session, we will show the new Project Coins feature included in Java SE 8. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 13:15-14:15 Embedded Java: Smart, Connected, Pervasive JS1-12 Breakout Embedded Java Speaker Oracle Corporation 概要 このセッションでは、産業用の制御・自動化システム、組み込みゲートウェイ/サーバ、M2M (machine-to-machine)やヘル スケアなどのさまざまな分野で、ネットに接続したスマートデバイスを実現する、組み込み Java 製品/技術を紹介しま す。 Abstract In this session we will learn about embedded Java products and technologies that enable smart and connected devices across a wide range of industries such as industrial control and automation, embedded gateways and servers, machine-to-machine (M2M), medical, and others. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track13:15-14:15 JavaFX and Web Integration JS1-13 Breakout Client Java Speaker Oracle Corporation Japan 概要JavaFX の重要なポイントの一つはフル機能の Web ブラウザを内蔵していることです。これにより、JavaFX アプリケーションの中に Web アプリケーションを埋め込んだり、HTML5 アプリケーションと JavaFX を連携させたりすることが可能になりました。このセッションでは、JavaFX の Web コンポーネント(WebEngine)を中心に、JavaFX と Web 技術(HTML/CSS/JavaScript)のさまざまな連携手法やその活用例などについて、デモを交えて紹介します。 Abstract 備考
  3. 3. Time Session Title Session Code Category Track Pragmatic Cloud and PaaS with Java EE 7 (and 14:30-15:30 JS1-21 Breakout Enterprise Java GlassFish) Speaker Oracle Corporation 概要 このセッションは、次期 Java EE プラットフォーム仕様と Java EE 参照実装(GlassFish) がクラウドコンピューティン グにもたらす成果について紹介します。社内でクラウド展開を利用するか、もしくはパブリッククラウドを活用する かに関係なく Java EE PaaS 機能は、マルチテナンシー、オート・プロビジョニング、伸縮性のあるアプリケーション 配備といった機能を提供し、これらを実現するためにアプリケーションに対して変更を加える必要があります。これ らの修正は Java EE API の進化として期待されていますが、このセッションでは、変更点を含む将来の方向性につ いて GlassFish のようなアプリケーションサーバとの関係性も交えながら簡潔に紹介します。Java EE 開発者が将 来提供される機能を把握することで、Java EE コンポーネントのプログラミング・モデル・配備方法、実行環境に対 してどのように影響するかについて紹介します。 Abstract In this session, we will present the efforts to bring cloud computing both to the Java EE platform specifications and to the Reference Implementation (GlassFish). Whether you are looking to use an internal cloud deployment or leverage a public Java EE PaaS offering,applications will need to be modified to be able to leverage multi-tenancy, automatic provisioning and deployment elasticity.Although these modifications are expected to be an evolution of the Java EE APIs, this session will provide a concise view of the complete changes and how it relates to an application server like GlassFish.To help see the forthcoming features, we will demonstrate how the Java EE developer experience will be impacted in terms of Java EE components programming as well as development/runtime environments. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 14:30-15:30 DVB GEM: Java TV Goes Over the Top, Hybrid and 3-D JS1-22 Breakout Embedded Java Speaker Oracle Corporation 概要 GEM(Globally Executable MHP)は、Java TV ベースの標準規格、すなわち tru2way や MHP、そして Blu-ray プレーヤで使われ ている BD-J などの中核となる規格です。GEM 1.3 の最新の API は、放送とブロードバンドのハイブリッド受信機を実現し、 真のハイブリッドサービスを扱うことができます。また、新プロファイルでは stereoscopic 3D 用の拡張 API により、3D テレビ を stereoscopic Java アプリケーションで強化することができます。 このセッションでは、新しい GEM API の概要を説明し、ハイブリッド/3D を使った先進的な利用シナリオについて紹介し ます。内容の一部は、イタリアで実際に運用されている放送・ブロードバンドのハイブリッドサービスの事例をベースにし ています。 Abstract GEM is the heart of Java TV-based standards such as tru2way and MHP as well as of every Blu-ray player. The latest APIs in GEM 1.3 enable hybrid broadcast/broadband receivers, which can handle true hybrid services. A new vertical profile enhances GEM with APIs for stereoscopic 3D, which enhances 3D TV with stereoscopic Java applications.This session outlines the new GEM APIs that address advanced hybrid and 3D scenarios.Part of the talk is a case study of a hybrid broadcast/broadband service as deployed in Italy. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 15:45-16:45 Project Lambda: To Multicore and Beyond JS1-31 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要このセッションは、Java SE 8 で導入予定の重要な言語仕様の追加機能である、Java の Lambda 式について紹介します。Project Lambda では Lambda 式、メソッド・リファレンス、拡張メソッドなどを提供し、既存のもしくは将来提供されるライブラリとどのように連携するか、効果を発揮するかについて紹介します、さらにはハイ・パフォーマンスでエラーの少ないコードの記述方法についても紹介します。 AbstractThis session covers the primary new language features for Java SE 8—lambda expressions, method references, and extension methods—andexplores how existing as well as future librarieswill be able to take advantage of them to make client code simultaneously more performant and lesserror-prone. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  4. 4. Time Session Title Session Code Category Track15:45-16:45 Introduction to the JavaFX Scene Builder JS1-32 Breakout Client Java Speaker Oracle Corporation 概要JavaFX Scene Builder は、JavaFX のユーザインタフェースのグラフィカルな開発を可能にする、現在開発中の製品です。このセッションでは、開発チームのエンジニアが主要機能のプレビューをお見せします。 AbstractThe JavaFX Scene Builder is a forthcoming product that will make it possible to develop JavaFX user interfaces graphically. In this session, two engineers fromthe development team present a sneak preview of its principal features. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 17:00-18:00 DVB GEM: Java TV Goes Over the Top, Hybrid and 3-D JS1-41 Sponsor Embedded Java 株式会社日立ソリューションズ エンベデッドシステム事業推進本部 ソリューション推進部 Speaker 主任技師 一瀬 成広 氏 概要 OSGi は、Java モジュールを管理するためのサービスプラットフォームです。多様な機器上のアプリケーションやサービス を管理できることから、スマートホームをはじめ、スマートグリッドなどのエネルギー管理、テレマティックスや M2M 分野な どでも注目されている技術です。 本セッションでは、この OSGi の概要や最新動向、適用例などを紹介します。 Abstract GEM is the heart of Java TV-based standards such as tru2way and MHP as well as of every Blu-ray player. The latest APIs in GEM 1.3 enable hybrid broadcast/broadband receivers, which can handle true hybrid services. A new vertical profile enhances GEM with APIs for stereoscopic 3D, which enhances 3D TV with stereoscopic Java applications.This session outlines the new GEM APIs that address advanced hybrid and 3D scenarios.Part of the talk is a case study of a hybrid broadcast/broadband service as deployed in Italy. 備考 Time Session Title Session Code Category Track 17:00-18:00 JAX-RS 2.0: Whats in JSR 339? JS1-42 Breakout Enterprise Java Speaker Oracle Corporation 概要 JAX-RS 1.X は最も成功した Java API の一つですが、正式リリース後多くの現実世界の要望からいくつかの新しい 機能の提案が行われました。新しい JSR 399 は 2011 年初頭に、これらの新しい提案に対して検討・対応する目 的で作成されました。このセッションは JSR 399 で議論されている全ての新機能について紹介します。JAX-RS 2.0 で特に注目されている機能はクライアント用の API です。クライアント API は低レベルから HttpURLConnection 上、高レベルまでをカバーし、 IoC とハイパーリンクもサポートします。またハイパーメディア、MVC、バリデーショ ン、インターセプター、改良されたコンテンツのネゴシエーション、JSR 330 など他の仕様との統合方法についても 紹介します。 Abstract JAX-RS 1.X has been a hugely successful Java API,and a lot of real-world experience has resulted in proposals of several new features.JSR 339 was created in early 2011, with the objective of exploring and scoping all these proposals. The purpose of this technical session is to elaborate on all the new features being discussed. The most commonly requested feature for JAX-RS 2.0 is a client API. Client APIs can range from low-level, just above HttpURLConnection,to high-level, often including support for IoC and hyperlinking. Other features this presentation covers are hypermedia, MVC, validation, interceptors, improved content negotiation, and better integration with other specifications such as JSR 330. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  5. 5. Time Session Title Session Code Category Track 18:15-19:15 HotRockit: What to Expect from Oracles Converged JVM JS1-51 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要Oracle は Java の実行環境である HotSpot JVM と JRockit JVM を、最良の一つの JVM として提供するために 2 つの JVM の統合を予定しています。 社内ではこの統合プロジェクトを HotRockit プロジェクトと名付け対応を行なっています。このセッションでは、今後 2 年間の JVM の統合計画について紹介し、この統合による利点についてご紹介します。 AbstractOracle is converging the HotSpot and Oracle JRockit JVMs to produce a "best-of- breed JVM."Internally, the project is sometimes referred to as theHotRockit project. This presentation discusses what to expect from the converged JVM over the next two years and how this will benefit the Java community. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track はじめての Java EE 6 13:00-15:00 JH1-01 Hands-on Enterprise Java Beginning Java EE 6 日本オラクル株式会社 日本オラクル株式会社 コンサルティングサービス統括 コンサルティングサービス統括 Speaker プリンシパルコンサルタント シニアコンサルタント 大溝 桂 平嶋 朋子 概要 このハンズオンラボでは、JSF 2.0、JAX-RS 1.1、CDI 1.0 等の Java EE 6 の主要機能を利用するアプリケーション の開発を実際に行いながら Java EE 6 についての理解を深めていただきます。JPA 2.0、Servlet 3.0、EJB 3.1 等の 他の Java EE 6 技術もハンズオンラボの内容に含まれます。 Abstract This hands-on lab offers an overview of Java EE 6 through a rundown of its key new and improved features. Participants will build an application from scratch via incremental steps in three exercises focusing on JSF 2.0, JAX-RS 1.1, and CDI 1.0 (other technologies such as JPA 2.0, Servlet 3.0, and EJB 3.1 are also included). 備考 ※ハンズオン・セッションにて、ご利用いただく PC は、会場にご用意しております。 Time Session Title Session Code Category Track Java SE Embedded で組み込み Java を始めよう 15:30-17:30 JH1-02 Hands-on Embedded Java Getting Started with Embedded Java Speaker 日本オラクル株式会社 概要 Java SE Embedded は、組み込みデバイス向けに特化した、Java SE 完全互換の Java プラットフォームです。このハンズオ ンでは、サンプルの Java アプリケーション開発を通じて、ホスト PC の環境構築、ターゲットデバイス上でのアプリケーショ ン実行、デバッグ、モニタリングについて、段階を追って学びます。 備考 ※ハンズオン・セッションにて、ご利用いただく PC は、会場にご用意しております。
  6. 6. 4 月 5 日(木) Time Session Title Session Code category 9:00-10:00 Strategy Keynote JK2-01 Keynote Speaker Oracle Corporation 概要 Technical Keynote では、進化の道筋における次のステップにフォーカスします。 たとえば、Java SE の進化の方向に関する話、非 Java 言語の実行環境としての Java VM の話、JavaFX を利用したリッチなデスク トップアプリケーションの構築 の話、クラウド環境を考慮した Java EE プラットフォームのデザインのガイド や、モバイルデバイ スや機器組込市場における Java ME テクノロジーの新しいア プローチなどを取り上げます。 Abstract 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 11:15-12:15 The Java EE 6 Programming Model Explained JS2-01 Breakout Enterprise Java Speaker Oracle Corporation 概要 Java EE 6 プラットフォームは豊富な API を持っています。Java EE 6 で新たに追加された機能(例:CDI, JAX-RS, Bean Validation)が存在するほか、長く利用されてはいますが変更が殆ど、もしくは全く行われていない機能(JMS)、 さらには長い歴史があるだけではなく、飛躍的に操作性を向上させた技術(EJB)などもあります。開発者はアプリケ ーションを実装する際に、古い慣習や実装方法に頼ってしまう場合があります。しかしこうした古い方法を使用して しまう事で、開発者は与えられた課題をより高速、簡潔に解決する事ができる新しい機能があるにもかかわらず、 それらを見落としてしまっています。このセッションでは、全体的に Java EE 6 のプログラミングモデルを紹介した のち、Java EE Web アプリケーションを構築するための異なる階層について紹介します。最後に、統合開発環境で 最新の Java EE 機能を使いながらアプリケーションの実装方法について紹介します。 Abstract The Java EE 6 platform contains a wealth of APIs:some were just introduced (CDI, JAX-RS and Bean Validation);others have been around for a long time with little or no change (JMS);and still others have a long history, but have also seen leaps in usability (EJBs).When writing an application, we often fall back on old habits.As a result, we overlook some new, often simpler, features that would let us solve the problem much faster.In this session, well look at the Java EE 6 programming model as a whole, then dive into the different layers of a typical Java EE Web application and show how to implement them using the latest Java EE features with the help of a modern IDE. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track11:15-12:15 JavaFX Architecture and Programming Model JS2-02 Breakout Client Java Speaker Oracle Corporation 概要このセッションでは、JavaFX 実行環境の基盤となっている、Prism、Glass といった内部アーキテクチャを取り上げます。さらに、JavaFX アプリケーションの開発のキーとなる、プロパティやコレクション、イベント処理などのプログラミングモデルについて、開発チームのエキスパートが解説します。 AbstractCome to this session to talk directly to the experts about the JavaFX architecture and programming model. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  7. 7. Time Session Title Session Code Category Track 組み込み Java の現在と未来 11:15-12:15 JS2-03 Breakout Embedded Java Embedded Java: Today and Tomorrow Speaker 日本オラクル株式会社 概要 Java ME、Java SE Embedded、Java Card といった組み込み Java 技術は、携帯電話や Blu-ray プレーヤー、オフィス複合機か ら IC カードまで、世界中で幅広く普及しています。このセッションでは、組み込み向け Java 技術を総括し、今後展開が期 待されるホームゲートウェイ、スマートグリッド、ヘルスケアといった新分野における技術動向や、国内外の事例などを 紹介します。 Abstract 備考 Time Session Title Session Code Category Track 13:15-14:15 Project Jigsaw: Find the Corner Pieces First JS2-11 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要このセッションは、Java SE 8 で導入予定の Java モジュール・システム (Project Jigsaw) を理解するためにステップ・バイ・ステップで、例やデモンストレーションを交えながら紹介します。 AbstractThis session provides a step-by-step guide to getting started with the Jigsaw module system, complete with examples and demonstrations 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 13:15-14:15 Mobile Java Evolution JS2-12 Breakout Embedded Java Speaker Oracle Corporation 概要 Java ME プラットフォームは、携帯電話で最も普及したアプリケーションプラットフォームであり続けています。Oracle は、 Java ME が携帯電話の進化するニーズに対応するよう投資を続けており、未来のデバイスのためのスケーラブルなモバ イルプラットフォームを開発しています。 このセッションでは、Oracle のモバイルマーケット向け Java ME 実装である、Oracle Java Wireless Client に導入された、最新 のイノベーションを詳しく説明します: ・ネットワーク API と SIM 拡張 - オペレータサービスのデリバリー用 ・Oracle モバイル開発者用 API - より効率的でリッチな機能を持つ ISV アプリケーションを実現 ・コンテンツ管理 API - コンテンツの発見と展開を容易に さらに、次世代のモバイル Java プラットフォームである Java ME 7 の計画概要もお話しします: ・新しい言語機能・機能的な拡張・VM の改良・新しいモバイル API の計画 ここでは、提案された新機能の導入理由やユースケースについて議論します。 Abstract The Java ME platform continues to be the most pervasive application platform for mobile phones. Oracle is investing in Java ME to address the evolving need of mass-market phones, and to develop a scalable mobile platform for future devices.This session will detail the latest innovations introduced in Oracle Java Wireless Client, Oracles Java ME implementation for the mobile market : Network APIs and SIM extensions - for delivery of Operator services Oracle Mobile Developer APIs - to enable more performant and richer functionality ISV applications Content Management APIs - to facilitate content discovery and deployment It will also outline future plans for Java ME 7 - the next evolution of the mobile Java platform and tools : New Language features Functional Extensions VM improvements Plans for new mobile APIs This part of the presentation will be discussing the motivation and real use cases for the proposed changes. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  8. 8. Time Session Title Session Code Category Track Java EE 6 時代の J2EE パターン再考 13:15-14:15 Reconsidering Old J2EE Patterns with Java EE 6: JS2-13 Breakout Enterprise Java Is it still worthwhile? 日本オラクル株式会社 日本オラクル株式会社 コンサルティングサービス統括 コンサルティングサービス統括 Speaker プリンシパルコンサルタント ソリューションマネジャー 西ヶ谷 岳 大橋 勝之 概要 Sun Java Center で開発され、2001 年に発表されたコア J2EE パターンはエンタープライズ Java アプリケーション開発 のためのアーキテクチャパターンとして長い間重要な役割を果たしています。Java EE の成熟により、他のアプリケ ーションフレームワークを使用せずに Java EE だけを使用したエンタープライズアプリケーション開発が可能となっ た今、コア J2EE パターンを Java EE 6 上でどう実装すべきかについて本セッションで紹介します。 Abstract Core J2EE patterns, developed by Sun Java Center and announced in 2001, have been playing an important role as architecture patterns for enterprise Java application development for a long time. By maturity of Java EE, Java EE 6 finally gained the complete set of extensible and portable technology stacks. Almost all web applications can be designed out of the box, without any help of 3rd party framework. In this session, well discuss about reconsidering Core J2EE Patterns in a suitable manner of Java EE 6 environment. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 14:30-15:30 How to Write Low Latency Java Applications JS2-21 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要 低レイテンシの要求を満たす Java アプリケーションを実装することは困難な場合があります。このセッションは低レイ テンシの Java アプリケーションを実装するために必要な概念について紹介します。特に、一般的な JVM のガベー ジ・コレクション機能の紹介のほか、JVM の停止問題、JIT コンパイラが如何に素早くハイパフォーマンスのコードを出 力するかなどについて紹介します。また加えて JVM の停止時間を減少させるためのコーディング・サンプル、GC の振 る舞いを解析するツールの紹介、JIT のコンパイルと JIT コンパイラーが生成するコードなどについて紹介します。 Abstract Writing Java applications to meet low latency requirements can be challenging.This session presents what you need know in order to write low latency Java applications, especially when it comes to a modern JVMs garbage collector,(the most common JVM induced pause),and JIT compiler,(how to get to high performance code generation the quickest),coding tips that help reduce JVM pauses and tools to help you analyze GC behavior, JIT compilation and JIT compiler generated code. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track Java Card(tm) Classic Edition 3.0.4 and tools, and Embedded14:30-15:30 introducing Java Card solutions for NFC JS2-22 Breakout Java applications, Embedded SEs and SD Cards Speaker Oracle Corporation 概要Java Card Classic Edition 3.0.4 が昨年秋にリリースされました。このセッションでは、3.0.4 の重要な新機能である文字列のサポート、ネストしたトランザクション、柔軟な暗号アルゴリズムなどについて解説します。また、Java Card + GlobalPlatform実装で不要なコードを自動的に削除する新しいトリミングツールといった、Java Card 開発キットと共に利用するツールについても説明します。後半では、NFC アプリケーションの基盤としての Java Card プラットフォームや、新しい組み込みチップセットや SD カードへの拡張といった話題もカバーします。 AbstractJava Card Classic Edition 3.0.4 has recently been released. This session explores important new features in 3.0.4 such as support for strings, nestedtransactions, and flexible cryptoalgorithms. It also goes over tools that are part of or work with the the Java Card Development Kit, such as the trimmingtool, a new tool designed to automate the removal on ""non-necesarry"" code within a Java Card + GlobalPlatform implementation. The sessionconcludes with a conversation about the Java Card Platform as the foundation for NFC applications the platforms expansion into new embeddedchipsets and SD cards. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  9. 9. Time Session Title Session Code Category Track15:45-16:45 Interface Layout with Java FX 2.0 JS2-32 Breakout Client Java Speaker Oracle Corporation 概要良いレイアウトはユーザインタフェース構築の最も難しい側面の一つです。JavaFX 2.0 のレイアウト API は、解像度の違いやアニメーションといった複雑な要素の増加にも関わらず、優れたレイアウトを容易に実現できるように特にデザインされました。このセッションでは、実践的なサンプルを使い、JavaFX 2.0 を使って、ユーザの期待に応える美しく使いやすいインタフェースをレイアウトするために知っておくべきことを学びます。 AbstractGood layout remains one of most challenging aspects of building a user interface. The layout APIs in JavaFX 2.0 were specifically designed to make it easierto achieve great layout in the face of the increasing complexity that has come with animated graphics and resolution independence. Using the context of apractical example, this session covers what you need to know to use JavaFX 2.0 to lay out an aesthetically beautiful and usable interface to meet theexpectations of modern users. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track Java Persistence API 2.1: Whats New and 17:00-18:00 JS2-41 Breakout Enterprise Java Whats Coming Speaker Oracle Corporation 概要 最新の Java Persistence API の開発は昨年初頭に始まり現在開発が進んでいます。このセッションは JPA エキスパー トグループが現在作業中の最新のアップデートを提供し、JPA の仕様に新規で追加される機能の概要と開発中のプレ ビューについてご紹介します。 Abstract Work on the latest release of the Java Persistence API began earlier this year and is now well under way. This session provides an up-to-the-minute update on work in progress in the JPA expert group, an overview of new features added to the JPA specification, and a preview of whats still to come. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track UI Controls and Charts: Drag-and-Drop, Filtering, Sorting,17:00-18:00 JS2-42 Breakout Client Java Table Hookup with Charts Speaker Oracle Corporation 概要JavaFX 2.0 では、リッチなアプリケーションを作るために、JavaFX 1.3 ベースのものに加えて、さらに多くの UI コントロールが用意されています。例えば、TreeView、TableView、メニュー関係、TabView、Accordion などです。チャートパッケージは見直しの結果、自動レンジ、アニメーション、内部コンポーネントの CSS スタイリングなどの機能を含むようになり、データの可視化に非常に便利な手段を提供しています。このセッションでは、JavaFX 2.0 のすべての UI コントロールをひとめぐりします。ドラッグアンドドロップ、テーブルデータのフィルタやソート、共通データを含むチャートやテーブルの結合、といった機能面もカバーします。 AbstractIn addition to all the JavaFX 1.3-based UI controls, JavaFX 2.0 offers a greater variety of UI controls for building rich applications: TreeView, TableView,menus, TabView, Accordion—to name a few. The Charts package has been redesigned to include features such as autoranging, animation, and CSSstyling of internal components, thus offering a very convenient approach to data visualization.This session gives you a tour of all the JavaFX 2.0 controls, including features such as drag-and-drop, filtering and sorting of table data, and the marriage ofcharts and tables together for common data. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session) Time Session Title Session Code Category Track 18:15-19:15 The Future of JavaScript in the JDK JS2-51 Breakout Core Java Speaker Oracle Corporation 概要このセッションは Java SE 8 で提供予定の Java VM 上で動作する、JavaScript エンジン実装プロジェクトである"Nashorn プロジェクト"と、その実装中の製品の現状について紹介します。また Nashorn の紹介に加え、Java SE 7 で追加された新機能である InvokeDynamic バイトコード命令、メソッド・ハンドル、JIT の戦略についても紹介します。このセッションでは新しいJavaScript エンジンである Nashorn の提供が、今後開発者にとってどのような利益がもたらされるかについて紹介します。 AbstractThis session introduces key members of the Nashorn engineering team. 備考 同時通訳セッション(simultaneous interpreter Session)
  10. 10. Time Session Title Session Code Category Track JavaFX 2.0 によるリッチグラフィカルアプリケーション開発13:00-15:00 JH2-01 Hands-on Client Java Building Rich Client Using JavaFX 2.0 Speaker Oracle Corporation Japan 概要JavaFX 2.0 は魅力的なグラフィカルアプリケーションの開発・実行環境を提供します。このハンズオンでは、JavaFX 2.0 の高度なグラフィックコンポーネント、特にタブやチャート等の本格的な標準 GUI 部品を用いて、リアルタイムにデータを可視化するダッシュボードアプリケーションの開発を学びます。 Abstract 備考 ※ハンズオン・セッションにて、ご利用いただく PC は、会場にご用意しております。 Time Session Title Session Code Category Track はじめての Java EE 6 15:30-17:30 JH2-02 Hands-on Enterprise Java Beginning Java EE 6 日本オラクル株式会社 日本オラクル株式会社 コンサルティングサービス統括 コンサルティングサービス統括 Speaker プリンシパルコンサルタント シニアコンサルタント 大溝 桂 平嶋 朋子 概要 このハンズオンラボでは、JSF 2.0、JAX-RS 1.1、CDI 1.0 等の Java EE 6 の主要機能を利用するアプリケーションの開 発を実際に行いながら Java EE 6 についての理解を深めていただきます。JPA 2.0、Servlet 3.0、EJB 3.1 等の他の Java EE 6 技術もハンズオンラボの内容に含まれます。 Abstract This hands-on lab offers an overview of Java EE 6 through a rundown of its key new and improved features. Participants will build an application from scratch via incremental steps in three exercises focusing on JSF 2.0, JAX-RS 1.1, and CDI 1.0 (other technologies such as JPA 2.0, Servlet 3.0, and EJB 3.1 are also included). 備考 ※ハンズオン・セッションにて、ご利用いただく PC は、会場にご用意しております。 アクセス 六本木アカデミーヒルズ 49 へのアクセス 日比谷線(六本木通り)方面からの順路 1.六本木駅より直結のコンコースにて、メトロハットへ。 2.オブジェのある広場(66 プラザ)を抜けて、 アカデミーヒルズのサインに従い、お進みください。 六本木けやき坂通り方面からの順路 1.六本木ヒルズアリーナ脇の階段もしくは エスカレーターで、ヒルサイド 1 階へ。 2.さらにエスカレーターを乗り継ぎ 2 階へ。 3.右手方面にお進みください。

×