Java EE と WebLogic Server のちょっと豆知識

6,055 views
5,766 views

Published on

知らなかったからってあまり困るようなことじゃないかもしれないけど、ちょっとしたネタとか歴史についてまとめてみました。

Published in: Technology, News & Politics
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,055
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
454
Actions
Shares
0
Downloads
53
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Java EE と WebLogic Server のちょっと豆知識

  1. 1. <Insert Picture Here>Java EE と WebLogic Server のちょっと豆知識日本オラクル株式会社
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  3. 3. Javaとは• James Goslingが開発したオブジェクト指向言語Oak(1991年) がベース• Java言語(1995年) • オブジェクト指向言語 • Write Once, Run Anywhere: 1度書けばどこでも動く • JavaバイトコードがJava仮想マシン(JVM)上で動作 • プラットフォーム非依存 Javaアプリケーション JVM OS Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  4. 4. JSRとJCP• Javaの仕様はオープンなコミュニティを通じて策定 • JSR: Java Specification Request で仕様案 • JCP: Java Community Process を通じ仕様化 • 多くの企業や個人がJCPに参加 • オープンである点がJavaの人気ひとつ例えば : JSR220 : Enterprise JavaBeans 3.0 JSR181 : Web Services Metadata for the Java Platform Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  5. 5. Javaの相乗効果 Javaコミュニティ 利用/参加開発者 プロセス フィードバック/参加 標準仕様策定 フィードバック/参加 実装 実装 オープンソース 相互利用 切磋琢磨 商用製品 ソフトウェア 実装ベンダ コミュニティ 移管 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  6. 6. Javaの実行モデルJavaプログラム class Hello { public static void main(String args[]){ System.out.println("Hello World!"); } } javac(Javaコンパイラ)によって javac Javaバイト・コードと呼ばれる 中間コードに変換Javaバイトコード(中間コード)Method void main(java.lang.String[]) 0 getstatic #2 <Field java.io.PrintStream out> 3 ldc #3 <String "Hello World!"> 5 invokevirtual #4 <Method void println(java.lang.String)> 8 return JVM が プラットフォーム特有 JVM のマシンコード(ネイティブコーネイティブコード ド)に変換、もしくは解釈して実 行0x21854010: mov 0x21934004,%esi0x21854016: mov 0x816c6c8,%edi0x2185401c: mov (%esi),%eax0x2185401e: nop0x2185401f: call 0x2180c62c Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  7. 7. J2EE, Java EEとは• Java Platform, Enterprise Edition(Java EE) • J2EE 1.4まではJava2 Enterprise Edition (J2EE)• Sun Microsystemsが1997年に発表したエンタープライズレベ ルのWebアプリケーション開発およびデプロイメントに関する標 準仕様• Java SE(J2SE) +α• 企業向けアプリケーションに必要な機能仕様をまとめたもの • 仕様を実現するコンテナをアプリケーションサーバベンダーが提供 • アプリケーション開発者(ユーザの視点) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  8. 8. J2EE, Java EEのメリット• 実行プラットフォームを意識しない(OS非依存)• オープンな仕様• 豊富な機能(クラスライブラリ)• 高度な企業向けアプリケーションの開発効率化• 信頼性・拡張性の高いシステムの構築が可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  9. 9. Java EEの代表的機能 機能 Java EEトランザクション管理 JTAデータベース接続 JDBCWebプレゼンテーション Java Servlet, JSP, JSFビジネス・ロジック・コンポーネント EJB非同期メッセージング JMS外部リソース接続 JCAサーバー運用管理 JMXメール送受信 Java MailWebサービス JAXP, JAX-RPC, JAX-WSデータ永続化、O/Rマッピング JPA Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  10. 10. Java EE アーキテクチャ • コンテナ と コンポーネント • Java EEプラットフォームはWebコンテナ/EJBコンテナを実装し、 各種Java EEサービスへのインタフェースを提供 • コンポーネント化されたアプリケーションは、Java EEプラットフォー ムのコンテナの恩恵を受け、各種サービスを利用できる WebコンテナまたはEJBコンテナアプリケーション •コンポーネントへのサービス提供コンポーネント •実行管理•コンテナから提供された •コンポーネントのライフサイクル管理サービス利用•コンテナに管理される • メリット • アプリケーションの機能を2種類(一般的または個別)に分離す ることで、アプリケーション開発の生産性や信頼性を向上 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  11. 11. Java EEの歴史 柔軟性 Java EE 6 かんたん開発 仕様の削減 Webサービス Java EE 5 拡張性 かんたん開発 J2EE 1.4 堅牢 EJB Lite スケーラブル RESTful DI エンタープライズア J2EE 1.3 プリケーション J2EE 1.2 Web Profile アノテーション Servlet EJB 3.0 Web開発用軽 JSP Webサービス管 JSF 量プラットフォ EJB EJB 理 ームProject JPE JPA JMS CMP 配備 WS-* RMI/IIOP JCA 非同期コネクタ1998年5月 1999年12月 2001年9月 2003年11月 2006年5月 2009年12月 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  12. 12. J2EE, Java EE Specの「進化」を見ると• Java™ 2 Platform, Enterprise Edition Specification ("Specification“) • Version: 1.2 : Final Release: December 17, 1999 • Version: 1.3: Final Release: August 22, 2001 • Version: 1.4: Final Release: November 24, 2003• Java™ Platform, Enterprise Edition 5 (Java™ EE 5) Specification ("Specification") • Pre-FCS, Proposed Final Draft: November 18, 2005• Specification: JSR-000316 Java Platform, Enterprise Edition 6 Specification ("Specification") • Final Release: December 10, 2009 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  13. 13. J2EE 1.2 アーキテクチャ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  14. 14. J2EE 1.3 アーキテクチャ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  15. 15. J2EE 1.4 アーキテクチャ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  16. 16. Java EE 5 アーキテクチャ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  17. 17. Java EE 6 アーキテクチャ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  18. 18. WebLogic Server概要 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・セミナ情報 ・お勧め情報 ・公開予告 など Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved.
  19. 19. WebLogic Server 実績No.1のJava EEアプリケーション・サーバー  高速・高性能: 公式ベンチマークで実証済みのNo.1パフォーマンス  安定性・ゼロダウンタイム: 計画停止と計画外停止の最小化  Oracle DBとの親和性: システム全体の統合管理、監視 [DBとの親和性][ゼロダウンタイム] 統合監視 アプリケーションの 統合分析 無停止入れ替え WebLogic Server 管理ユーザー アプリケーションB アプリケーションA バージョン 1.1 [DBとの親和性] • RACの構成変更に自 アプリケーションA バージョン 1.0 アプリケーションC 動追随 一般ユーザー • 自動フェイルオーバー [高速・安定性] 実行状況に基づく スレッドプール 自動チューニング Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved. 19
  20. 20. オラクル技術 WebLogic Server の機能と歴史 との融合 WLS 11g(10.3.1-10.3.4) (’09, ‘11) WLS 10.3 内部アーキテクチャ変更と (’08) • Java EE 5 特徴的新機能の追加 WLS 10.0 (’07) • Java EE 5 • JAX-WS 2.1 • JAXB 2.1 • Java EE 5.0 • WS-ReliableMessaging WLS 9.x •Servlet 2.5 • JAX-WS 2.1 1.1 •JSP 2.1 (’05) •JSF 1.2 • JAXB 2.1 • WS-Policy 1.5 • WS-ReliableMessaging •EJB 3.0 • WS-SecurityPolicy 1.2 • J2EE 1.4 •JMS 1.1 1.1 •JCA 1.5 • WS-Policy 1.5 • Oracle技術との統合 WLS 8.1 • Servlet2.4 •JAXB 2.0 • WS-SecurityPolicy 1.2 • JSP 2.0 •StAX 1.0 • (’03) • EJB 2.1 (OHS, WebCache、 • JMS 1.1 • WS-Security • Oracleブランドとして初の Forms/Reportsなど) • J2EE 1.3 • WS-Security • WS-Reliable Messaging 出荷 • WS-Reliable • WS-Addressing • Oracle Fusion • Web 2.0対応 WLS 7.0 • Web Services Messaging • WS-Policy (HTTP Pub-Sub Server) Middleware 11gの基盤 (’02) enhancements • WS-Addressing • WS-SecurityPolicy • 更なるOracle RAC連携 WS-Security • WS-Policy • WS-Secure Conversation • Oracle DB/RAC 11g対応 • (GridLink for RAC) • SOAP 1.1/1.2 Reliable • WS-Secure • SAML • 運用管理機能の拡張 Conversation • WebLogic JMS - Oracle• J2EE 1.3 Messaging (FastSwap/On-Demand • SAML • JAX-WS 2.0 AQ連携(Enteprise Grid• J2EE CA 1.0 JAX-RPC 1.1 SAAJ 1.3 Deployment) • Non-XA Resource • • Messaging) Support • SAAJ 1.2 • MTOM / XOP • 高可用性機能の拡張 • Cohereneとの統合• Web Services • JSR181(JWS) (完全なサービス自動移行) enhancements Non-Stop Non-Stop Service (Active Cache) • RASP Improvements • •• UDDI 2.0 • Ease Of • Ease Of Management • 運用管理機能の拡張 Management Apache Beehive • JRockit & Java SE 6対応• SOAP 1.1/1.2 • OA&M Improvements • (Real Operations) • Apache Beehive • JRockit & Java SE 5.0/6.0• JAXP 1.1 Tuxedo Connectivity • JRockit &• Workshop • Java SE5.0 • JRockit & Java SE 6• Security Framework • JRockit 8.1• Tuxedo/ jCOM Connectivity Fusion Middleware• JRockit 7.0 11gの製品群に Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  21. 21. WebLogic Serverの進化の概要 ~各バージョンでの主なUpdate~• WebLogic Server 9.x • 運用管理性の容易性を向上• WebLogic Server 10.0 • 最後のBEAリリースバージョン • Java EE 5 完全対応• WebLogic Server 10gR3 • 初のOracleリリースバージョン(ライセンスファイルが不要) • フルレイヤ・クラスタリングの完成• WebLogic Server 11gR1 • JRockit Flight Recorderとの連携による障害解析の強化 • Coherence*Web、Oracle Databaseとの連携を強化 パフォーマンス・堅牢性を前提とした エンタープライズ・アプリケーションサーバとしての進化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  22. 22. Oracle WebLogic Server 11g のアーキテクチャ• Oracle WebLogic Server 11g R1 (10.3.1~)の基本的なアーキテクチャは、WebLogicの以前 までのバージョンと同様。WebLogicドメイン マシンA管理サーバ WebLogicクラスタ ドメイン ログ JMX 管理対象 管理 コンフィグ レーション JMX サーバ#1 サーバ リポジトリ HTTP/HTTPS リクエスト JMX Webサーバ ノード または マネージャ 管理対象 サーバ#2 L/B マシンB 管理対象 管理ツール サーバ#3(Admin Console/ ノード FMW Control/ マネージャ /WLSTなど) Oracle WebLogic Server 11g (10.3.1~) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  23. 23. Oracle WebLogic 11gの基本構成要素構成要素 説明WebLogicドメイン WebLogic環境の論理的な管理単位。 どのような単位で構成するかは、特に制限はない。 例:地域単位(東京ドメイン、大阪ドメイン) 、 業務単位(顧客管理ドメイン、受発注ドメイ ン)など管理サーバ 構成管理を行うJVMプロセス。ドメインには必ず1つだけ存在し、ドメインの構成情報を管 理する。 GUIベースの管理コンソールアプリケーションを動作させる。 原則、管理対象サーバより先に起動しておく必要がある。管理対象サーバ JavaEE5準拠のアプリケーション・サーバとなるJVMプロセス。 ドメイン内に、同一または異なるサーバ上で動作する管理対象サーバを複数含めることが 可能。WebLogicクラスタ 複数の管理対象サーバを冗長化構成するための定義。 必ず、ドメイン内のサーバで定義する必要がある。ノードマネージャ 管理サーバや管理対象サーバを起動・監視するJavaプロセス。必須ではない。物理サー バ単位で構成。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  24. 24. Oracle JRockit WebLogic Serverを構成する重要コンポーネント オラクルが提供しサポートする、Java SE完全準拠のServer JVM  x86/x64に最適化した業界最速のJVM(現在はSPARC版も提供)  安定性を保証するヒープメモリ管理  1998年 Ver.1リリースから12年の利用実績 業界最速 安定性世界最高値 SPECjbb2005 GC処理の制御 Last updated: Jun. 3 20109611262 突発的な処理遅延の防止 6972897 安定した挙動を実現 5534233 5210501 レスポンスタイム(ms) 300 300 250 250 200 200 150 150Oracle Oracle Oracle IBM 100 100JRockit JRockit JRockit J9 JVMItanium/Linux Xeon AMD Opteron Power/AIX 通常JVM Oracle JRockit X5570/Linux 8384/Linux Real time Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved. 24
  25. 25. Oracle WebLogic Server 11g R1のエディション構成(旧)BEA WebLogic Advantage (旧)BEA WebLogic Premium WebLogic Server WebLogic Server Standard Edition WebLogic Suite Enterprise Edition •基本的なWebLogic •Standard Editionの機能に •Enterprise Editionの機能に加 Serverライセンス 加えて以下を提供 えて以下を提供 最新のJava EE標準を クラスタリング機能 インメモリデータグリッド機能の 実装 より高度な運用管理機能、 提供(Coherence) 各種開発フレームワー 診断/解析ツール JVMのGC制御機能 ク、ツール類を提供 (WebLogic Real time) 基本的な管理機能を提 供 •WebLogic Server •WebLogic Server SE •WebLogic Server EE •Development Tools + + ・ TopLink •Clustering •IAS EE (Forms, Reports, …) ・ JDeveloper/ADF •Forms, Reports ….for WebLogic ・ Weblogic Workshop •Oracle Diagnostics Pack for •WebLogic Real Time •Oracle JRockit Oracle Middleware •Oracle Web Tier (OHS, iPlanet Web •Coherence Enterprise Edition ・ JRockit Mission Control Server, iPlanet Proxy Server, •Management Pack for Coherence ・ Grid Control(一部機能) WebCache) •No Clustering Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved. 25
  26. 26. 【ご案内】「WebLogic Server勉強会」とはBy developers, for developers ユーザ企業、システムインテグレータ、ベンダーのそれぞれの立場を超え たWebLogic開発者同士の繋がりWebLogicアプリケーション開発者のための勉強会 スキルアップ 先人の成功・失敗談を共有 開発者間のネットワーキングTeam WebLogic 「やっぱり、WebLogic!」キャンペーン実施 「WebLogicつながり」の輪を広げよう! http://www.oracle.co.jp/campaign/weblogic/study/index.html開催実績(東京14回、大阪9回) http://wiki.oracle.com/page/WebLogic+Server%E5%8B%89%E5%BC %B7%E4%BC%9A Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved. 26
  27. 27. スキルアップのための資料 Copyright ©2011, Oracle. All rights reserved.
  28. 28. OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。 http://www.oracle.co.jp/forum/forum.jspa?forumID=59 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「Oracle WebLogic Server」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。http://www.oracle.com/technetwork/jp/ondemand/index.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  29. 29. OTNセミナー オンデマンド コンテンツ ダイセミで実施された技術コンテンツを動画で配信中!! ダイセミのライブ感はそのままに、お好きな時間で受講頂けます。 最新情報つぶやき中 OracleMiddle_jp ・人気コンテンツは? ・お勧め情報 ・公開予告 など OTN トップページ http://www.oracle.com/technetwork/jp/index.html ページ左「基本リンク」>「OTN セミナー オンデマンド」※掲載のコンテンツ内容は予告なく変更になる可能性があります。 期間限定での配信コンテンツも含まれております。お早めにダウンロード頂くことをお勧めいたします。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  30. 30. Oracle エンジニアのための技術情報サイト オラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 http://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ oracletechnetjp• 技術資料 • ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを 多様な方法で検索できます • キーワード検索、レベル別、カテゴ リ別、製品・機能別• コラム • オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします • 決してニッチではなく、誰もが明日 から使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中 オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  31. 31. Oracle Databaseの価格ご存知ですか? 問題: Oracle Databaseの最小構成はいくらでしょうか? ① ヒント: Oracle Standard Edition Oneを 5Named User Plus(指名ユーザ) というのが最小構成です。 問題: ② Real Applications Clusters(RAC) Optionはいくらでしょうか? ヒント: RACはOracle Database Enterprise EditionのOptionです。答えはこちら↓ ログイン不要の簡単見積もり ライセンス見積もりヘルプ 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31
  32. 32. ITプロジェクト全般に渡る無償支援サービス Oracle Direct Conciergeサービス■パフォーマンス診断サービス ■システム構成診断サービス•Webシステム ボトルネック診断サービス NEW •Oracle Database構成相談サービス•データベースパフォーマンス 診断サービス •サーバー統合支援サービス •仮想化アセスメントサービス■移行支援サービス •メインフレーム資産活用相談サービス•SQL Serverからの移行支援サービス •BI EEアセスメントサービス•DB2からの移行支援サービス •簡易業務診断サービス•Sybaseからの移行支援サービス•MySQLからの移行支援サービス ■バージョンアップ支援サービス•Postgre SQLからの移行支援サービス •Oracle Databaseバージョンアップ支援サービス•Accessからの移行支援サービス •Weblogic Serverバージョンアップ支援サービス NEW•Oracle Application ServerからWeblogicへ •Oracle Developer/2000(Froms/Reports)移行支援サービス NEW Webアップグレード相談サービス オラクル社のエンジニアが 直接ご支援します お気軽にご活用ください! オラクル 無償支援 検索 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
  33. 33. 1日5組限定! 製品無償評価サービス 提供シナリオ一例 ・データベースチューニング ・無停止アップグレード ・アプリケーション性能・負荷検証 ・Webシステム障害解析インストールすることなく、すぐに体験いただけます• サービスご提供までの流れ 1. お問合せフォームより「製品評価サービス希望」と必要事項を明記し送信下さい 2. 弊社より接続方法手順書およびハンズオン手順書を送付致します 3. 当日は、弊社サーバー環境でインターネット越しに製品を体感頂けます ※サービスご提供には事前予約が必要です Web問い合わせフォーム「ダイデモ」をキーワードに検索することで申し込みホームページにアクセスできます http://www.oracle.com/jp/direct/services/didemo-195748-ja.html Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33
  34. 34. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル 専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 34
  35. 35. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  36. 36. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 36

×