Your SlideShare is downloading. ×

エンタープライズ Java の将来像と現状について

1,632

Published on

エンタープライズ Java の将来像と現状について …

エンタープライズ Java の将来像と現状について

日本オラクル株式会社
Fusion Middleware事業統括本部
ビジネス推進本部 シニアJavaエバンジェリスト 寺田 佳央

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,632
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
17
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. エンタープライズ Java の将来像と現状について2012 年6 月29 日日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部ビジネス推進本部 シニアJavaエバンジェリスト 寺田 佳央 1 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 2. JavaOne Tokyo 20122 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. 3 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 4. クラウド対応に向けた Java EE 6 の重要性4 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 5. Java EE 6による開発生産性の向上Java クラス数* コード行数* XML行数* 25% 50% 80% 削減 削減 削減Java EE 6, Java SE 7 準拠による開発生産性の向上 必要Java クラス、コード/XML行数を削減し開発速度を向上最新のプログラミング技術の導入 依存性注入(DI)、アノテーション、POJO, RESTなど最新の開発技術を標準化し提供メジャーな開発ツールによるサポート Eclipse, JDeveloper, NetBeans5 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved. • POJO/JPA/REST ベースのサンプルアプリでの試算
  • 6. エンタープライズ Java の標準 Java EE 6• ニーズを満たすオールインワン・パッケージ• 軽量(起動時間の高速化、メモリフットプリント) Java EE WebProfile版がサポートする仕様 Servlet 3.0 JPA 2.0 JSP 2.2/EL JTA 1.1 Java EE 準拠 JSTL DI 1.0/CDI 1.0 アプリケーションサーバー JSF 2.0 Managed Bean 1.0 Bean Validation 1.0 Interceptors 1.1 EJB 3.1 Lite Common Annotations6 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 7. 独自技術から標準技術への移行が可能に 画面デザイン 依存性注入 データベース連携 O/R*マップ データ ・ ベース ビジネス ロジック利用者 独自技術の HIBER Struts spring 組み合わせ NATE DI/CDI/ Java EE 標準 JSF EJB JPA * Object/Relational 7 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 8. 参考データ:フレームワーク活用のトレンド(日本) Java EE : 24% Struts : 33% spring : 23% その他 : 20%※日本オラクル主催イベントの開発フレームワークに関するアンケート結果 (回答数 95) 8 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 9. 参考データ:フレームワーク活用のトレンド(世界) Struts 1.x : 1.3 % Struts 2.x : 1.3 % ※Struts 1 は 2008年10月が最終リリースResults of Eclipse Community Survey 2012http://www.eclipse.org/org/press-release/20120608_eclipsesurvey2012.php 9 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 10. Java EE 6 に対するユーザーの取り組み事例• Java EE 6 を採用すべき理由 – 開発生産性・保守性の向上 – 学習コストの低減 Java EE 6時代における – 移植性の向上 エンタープライズ・システムの – ベンダー・ロックインのリスク軽減 あり方 – アプリケーション資産および 三菱UFJインフォメーションテクノロジー 技術ナレッジの長期保護 株式会社 ITプロデュース部 部長 斉藤 賢哉 氏• Java EE 6 の積極的な移行を推奨• “新規システムの開発もさることながら、償却が終わろうとしているJ2EE1.4時代の アプリケーションは、Java EE 6に全面移行するべき時期に来ている” 10 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 11. 11 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 12. Java EE 7:設計指針マルチテナンシー Java EE 6 の進化 JMS 2.0 Java Message Service サービス定義 &オーケストレーション Caching API Java EE 7 Elasticity JSON API (伸縮性) JavaScript Object Notation 幅広い CDI の拡張新規役割の定義 業界の参加 & REST サポート 12 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 13. • プロビジョニング • Elasticity (伸縮性) • マルチテナンシー13 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 14. プロビジョニング:今までの運用方法 • サーバー管理者がリソースの準備と設定 • アプリケーション配備 データベース サービス メッセージ JNDI* 名前空間 サービス 管理者 接続 ディレクトリ・サービス 宛先 ファクトリ 外部リソース * Java Naming and Directory Interface14 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 15. Java EE 7: プロビジョニング• アプリケーションの配備だけでリソースの準備と設定が完了– プログラム(設定ファイル)上で必要なリソースを設定・準備可能 データベース サービス メッセージ JNDI 名前空間 サービス プログラマ 接続 ディレクトリ・サービス 宛先 (配備者) ファクトリ 外部リソース 15 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 16. プログラム上のリソース・プロビジョニング Java EE 6 まで Java EE 7 から @JMSConnectionFactoryDefinition( name=“java:app/MyJMSFactory” , resoureType=“javax.jms. QueueConnectionFactory” , resourceAdapter=“jmsra” , initialPoolSize=5 , maxPoolSize=15 )アプリケーションサーバー上で プログラム上からリソースのリソースのプロビジョニング プロビジョニング16 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 17. Java EE 7:Elasticity (伸縮性) • リソース状況に応じた増減 • 自律サービス・レベル管理 • 1台から IaaS まで配備対象管理 Java EE 7 のフォーカス 継続的な伸縮性 Java EE Cluster Elastic Cluster Capacity on Demandシングルノード Non-Elastic Java EE マルチノード 動的な自己調整 17 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved. マルチインスタンス クラスタ化 SLA Driven Elasticity
  • 18. マルチテナンシー• 同一アプリケーションをテナント毎に分離 – 各テナントに対して1アプリケーション・インスタンス – テナント毎に分離 – マルチテナント・アプリケーションの設定 – 各インスタンス毎に設定• アプリケーションレベルでテナントを識別可能18 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 19. マルチテナンシーの例 アプリケーション 専用 共有デ 専用ータベース 共有19 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 20. クラウド対応に向けた Java EE 6の重要性20 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 21. オラクルの取り組み Java EE 6 標準技術の普及活動 • Java EE 6書籍の出版(2012年3月) – 日本の主要Java EE パートナー各社に全面協力頂き、 本格的なJava EE 6日本語書籍を刊行 • 監修にご協力頂いたパートナー企業 (五十音順) NTT OSSセンタ NTTデータ 新日鉄ソリューションズ 日本電気 野村総合研究所21 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 22. オラクルの取り組み Java EE 6 利用の促進 • 教育サービスの提供 – Java EE 6 + Oracle WebLogic Server 12c ハンズオン・プログラムの展開 – Oracle University Java EE 6 & Oracle WebLogic Server 12c 研修コース開設 • コンサルティングサービスの提供 – 古いアーキテクチャやアプリケーションサーバーからの移行 – Java EE 6 をベースにしたアプリケーション開発22 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 23. Java EE 特別セミナー開催• 2012 年 8 月 23 日 (木) – 基調講演 • Arun Gupta (オラクル Java Evangelist) – 特別講演 • Bert Ertman (米国 Java Champion) Java Evangelist• Java EE 6&7 に関する最新情報提供 Arun Gupta Java Champion Bert Ertman 23 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.
  • 24. 24 | Copyright © 2012, Oracle and/or it’s affiliates. All rights reserved.

×