Oracle BPM Suite 11g R1 プロセス開発ライフサイクル
 

Oracle BPM Suite 11g R1 プロセス開発ライフサイクル

on

  • 1,378 views

本スライドでは、Oracle BPM Suite 11gにおけるBPMプロセスの開発ライフサイクルについて説明しています。

本スライドでは、Oracle BPM Suite 11gにおけるBPMプロセスの開発ライフサイクルについて説明しています。

Statistics

Views

Total Views
1,378
Views on SlideShare
1,377
Embed Views
1

Actions

Likes
1
Downloads
11
Comments
0

1 Embed 1

http://svt990.mazda.co.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Oracle BPM Suite 11g R1 プロセス開発ライフサイクル Oracle BPM Suite 11g R1 プロセス開発ライフサイクル Presentation Transcript

  • <Insert Picture Here>Oracle BPM Suite 11g R1 プロセス開発ライフサイクル日本オラクル株式会社 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、解放および時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロセス開発におけるBPMライフサイクル アクティビティ対象業務の特定 Design プロセス設計 プロセス実装プロセスの抽出プロセスの定義 現行プロセス改善 Test プロセスのテスト ビジネスプロセス ライフサイクル Monito プロセスの 監視 Deploy r デプロイメント 管理 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロセス開発における関係者および利用ツール Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロセス開発における関係者(1/2) プロセス・アナリスト プロセス・アーキテクト • BPMN 2.0エキスパート • 最小限のプロセスモデリング (ビジネス的視点)スキル スキル スキル • ビジネスの理解 • ビジネスの理解 • ディテール重視 • ハイレベルなプロセス定義の • 業務に忠実なプロセスモデルの モデル化 作成ニーズ • 他関係者達との協業 ニーズ • 実装方法の選択 • プロセスのドキュメント化 • プロセスモデルの分析 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロセス開発における関係者(2/2) プロセス開発者 プロセス・オーナー • BPMN 2.0 (技術的視点) • Webサービス、XML • プロセスメトリックの定義スキル スキル • エンタープライズ • プロセスの責任者 アプリケーション開発 • プロセス、UIの実装 • プロセス分析 • ドラッグ&ドロップ、ウィザードニーズ ニーズ • プロセスパフォーマンス • 必要に応じたコーディング • 業務部門、IT部門の連携 • アナリスト支援機能 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2つのBPMモデリングツール Business Process Composer BPM Studio ブラウザベースで利用 包括的機能を備えたIDE想定ユーザー:プロセス・アナリスト、プロセス・アーキテクト、プロセス・オーナー 想定ユーザー:プロセス・アナリスト、プロセス開発者 • 業務プロセスの特定、定義、改善 • プロセスモデルの設計と実装 • テンプレートを利用したカスタム開発 • テスト、デプロイ • デプロイ Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Business Process Composerを活用した迅速なプロセス設計 情報の共有/集約により、 業務に関する情報が 迅速な業務プロセスの特定と 点在している状態 設計が可能に Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Composerによるビジネスルールモデリング ビジネスユーザーが簡単に ビジネスルールを変更可能 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle BPM – モデル・ドリブンな実装 他社BPMツール Oracle BPM Suite 11g モデル 実行 モデル 実行 共有された BPMN XPDL BPMN 2.0 単一のモデル 変換 繰り返し 改善を行うモデリング後、実行可能な言語(XPDL等) 変換作業不要、実行可能な に変換する必要がある プロセスモデル Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ビジネス/ITユーザー間のコラボレーションモデリングから実装まで、単一のモデルを使用 BPM Studio – 開発者のための 包括的機能を備えたIDE ビジネス・カタログにより、 アーティファクトの確認が容易 単一のBPMN 2.0 モデル Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクト & ビジネス・カタログ Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクト (1/2)• 業務アプリケーション開発に必要なリソースの集合• BPMプロジェクトに含まれるもの • 業務プロセス (BPMN) • シミュレーションモデル • 組織図 • 共有リソース • ヒューマン・タスク実装 • ビジネスルール実装 • サービス • データ型 • イベント • 例外 • composite.xml(コンポジットの構成情報) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクト(2/2) 【ITユーザー視点】 「アプリケーション・ナビゲータ」を使用• SOAプロジェクトの上位レイヤー• ITユーザー視点 • SCAコンポジット・アセンプリ・モデル • composite.xml (コンポジットの構成情報) • SOAアーティファクト(xsd, wsdl等) • アダプタ • サービスリファレンス等• ビジネスユーザー視点 【ビジネスユーザー視点】 • ビジネス・カタログ 「BPMプロジェクト・ナビゲータ」を使用 • 業務プロセス • 組織情報 • シミュレーション Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ビジネス・カタログアーティファクトの共有により、プロセスのコラボレーション開発を円滑化 BPMプロジェクト 組織図 BPMNプロセス シミュレーション ユーザインタフェース ビジネス・インディケータ ビジネス・カタログ データ型 イベント ルール 例外 ヒューマン サービス タスク (アダプタ, 参照, BPEL, メディエータ)• ビジネス・カタログは、プロセスに関連するアーティファクトを含む• プロセス実装に必要な部品を提供• “共有”と”再利用”の促進• ComposerとBPM Studio間のコラボレーションをサポート Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ビジネス・カタログとBPMNモデルの対応 ビジネス・カタログ アーティファクト BPMNモデル 1. 実装アーティファクトの引数ビジネスオブジェクト 2. メッセージイベントの引数(複合データ型) 3. データ・オブジェクト (変数)イベント (EDN) シグナルイベント 1. エラーイベント例外 2. メッセージイベント (フォルトの場合) 1. サービスタスク参照, サービス 2. 送信タスク(BPEL,アダプタ, 外部サービス) 3. 受信タスク 4. メッセージタスクヒューマン・タスク実装 対話型タスクルール実装 ルールタスク Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクト・テンプレート• BPMプロジェクト・テンプレート • BPMプロジェクト内におけるBPMNプロセスの 変更権限を管理するレイヤー • カスタム開発が可能• テンプレートを用いたBPMプロジェクトの作成 1. BPMプロジェクト・テンプレートを作成 (または) 既存のBPMプロジェクトを右クリックし、 「テンプレートへ変換」を選択 BPM Studio上から、BPMプロジェクト のテンプレート化が可能 2. MDSへ保存 3. Composer上でBPMプロジェクト・テンプレートを 選択し、BPMプロジェクトを作成 4. 必要なカスタマイズの完了後、デプロイ Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle MDS – BPMリポジトリ Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • メタデータ・ストア (MDS)• MDSは、BPMプロジェクトのデザインタイムの格納場所となる• MDSでは、デプロイされたコンポジットの情報が保存され、 アプリケーションのランタイム管理にも利用される• MDSは、ディレクトリ構造で管理される • データベースまたはファイルシステム上にバックアップ可能 • 本番環境にデプロイする際は、データベースが使用される• パーティションには、関連スキーマのグループが含まれる • フォルダ構造、ファイルは コラボレーションの状態を反映 (i.e. MDSはロックや通知を提供しない) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • メタデータ・ストア (MDS)• SOAパーティション (soa-infra) • 共有の定義 obpm パーティション • デプロイされたコンポジット• BPMパーティションは、Composer/BPM Studio間の soa-infra パーティション コラボレーションをサポート• 各ディレクトリに格納される内容は以下の通り • /bpm/applications • BPMプロジェクト • /bpm/templates • BPMプロジェクト・テンプレート • /bpm/snapshots • BPMプロジェクトスナップショット • /bpm/drafts • BPMプロジェクトのドラフト (作業中のコピー)• これらは、SOAパーティション内のアーティファクトを参照している Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Oracle MDS – BPMプロセス開発ライフサイクル Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロセスデザインにおけるコラボレーション トップダウン/ボトムアップからのモデリングをサポート MDS Business Process Composer BPM Studio 保存 / ロック & 保存/ ロック & 編集 編集 プロセスのコラボレーション開発 チェックイン/ チェック BPMN 2.0プロセスアウト & バージョン管理 設計、シミュレーション、実装、 のデプロイ プロセス定義、改善、 Source Control テスト、デプロイ カスタマイズ & デプロイ Systems BPM 実行環境 単一のソース Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 1. BPMプロジェクトの作成(Composer) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクト作成方法 BPMプロジェクト作成には、 2通りの方法がある 「新規プロジェクト」から新規のメインメニュー > 「新規 プロジェクトを作成 1. スクラッチで作成プロジェクト」から新規の プロジェクトを作成 2. BPMプロジェクト・テンプレートを 「+」をクリックして、 指定して作成 新規プロジェクトを作成 「テンプレートの使用」(オプション) MDS内のBPMプロジェクト・ テンプレートを参照 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 2. モデル定義のコラボレーション開発(Composer) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Composerのコラボレーション機能 チームによる コラボレーションプロジェクト・ホーム 変更履歴 スナップショット プロジェクトの共有 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • モデルのインポート機能VisioやXPDLファイルのインポートが可能 既存資産の有効活用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • プロジェクトの共有• プロジェクトの共有 • BPMプロジェクト作成時には、プロジェクトは非公開 (プライベート設定) • 他のユーザーをチーム・メンバーとして招待することが可能 (プロジェクトレベル権限 – “表示者” または “エディタ”) • BPMプロジェクトを跨ったグローバル権限もサポート • ユーザー権限 = グローバル権限 + プロジェクト権限の範囲 • プロジェクトレベル権限をアサインするためには、 ユーザーは”所有者”権限である必要がある Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ギャラリ、承認ワークフロー• ギャラリ • ギャラリページから、BPMリソースの作成・削除が可能 • BPMNプロセス & ヒューマン・タスクの実装 • Business Rule実装の編集• 承認ワークフロー • BPMプロジェクトデプロイメントのワークフローを指定 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトでのMDSロックの仕組み1. 特定ユーザーがBPMプロジェクトレベルでのロック取得2. ロック中は、ロック取得中のユーザーのみ編集可能3. 保存後、他ユーザーは変更を閲覧可能4. Composer、BPM Studioいずれからもロック解除可能 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • スナップショット機能および変更履歴 • スナップショットはプロジェクト レベルで作成可能 • プロジェクトの現在状態を保存 • 作成済のスナップショット • 読み取り専用モードで開く 読取専用で過去の スナップショットを開く 又は、その状態に戻すかの 選択が可能 • 変更履歴「アクティブなバージョンに戻る」 • Composerで変更した履歴を管理 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • コラボレーション開発を支援するドキュメンテーション機能 • 利用シーン例 • フィードバックやコメント等のノートを 書き込み、ビジネスユーザーとITユーザーの コミュニケーションを促進 • エンドユーザーに対して、各プロセスに 関する情報をヘルプとして提供 任意の内容を ドキュメンテーションに 含むことが可能 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ドキュメンテーション機能コラボレーション・ダイアグラム、ドキュメント生成機能により、プロセス間の関係をよりわかりやすく表現 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 3. BPMプロジェクトの保存とロック解除 (Composer) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • “保存” と “保存してロック解除”の違い 保存 保存してロック解除どのような時に プライベート&共有された 共有されたBPMプロジェクトのみ選択可能か BPMプロジェクト ロック維持、現在のユーザーは引き続き編 ロック解除、現在のユーザーはロックのステータス 集可能 再度ロックを取得する必要があるMDS上のドラフト(コピー) 削除 削除他のユーザーが変更を 可能 可能閲覧可能か Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • MDS内のBPMパーティション 作業中のバージョンに対する変更部分 アクティブなバージョンは のみ、“drafts”ディレクトリに保存 “applications” ディレクトリに 保存される 編集中の場合、ロックファイル が生成される 編集中の場合、ロックファイル BPMプロジェクトが が生成される 丸ごとsnapshots ディレクトリにコピーされる Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 4. プロジェクトのチェックアウト及びプロジェクトの編集(BPM Studio) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPM Studio – MDSからのチェックアウト BPM MDSナビゲータから、 BPMプロジェクトのロックステータスの 確認が可能 BPM MDS接続:一般ユーザー又は管理者ユーザー(administrator) としてログイン可能 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 5. BPMプロジェクトのバージョン管理 (BPM Studio) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPM Studio – チーム開発 「バージョニング・ナビゲータ」を利用して バージョンを管理 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • チーム開発で同時編集を行うためのガイドライン(1/2)• 統合時におけるコンフリクト防止の為、以下のベストプラクティス に 従うことを強く推奨 1. “全体オーナー”と”コンポーネントオーナー”のアサイン • “全体オーナー”は、トップレベル構造の変更を管理する • “全体オーナー”は、composite.xmlの定義と管理を行う • “コンポーネントオーナー”は、自身が担当するコンポーネントのみ実装 2. コンポジット構造を初期定義し、VCSにチェックイン • プロセス (BPMN & BPEL)、サービス、コンポーネント、参照を指定 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • チーム開発で同時編集を行うための ガイドライン(2/2)3. 統合に向けたマイルストーン、変更管理を適切に設定する • “コンポーネントオーナー”は、増分のみチェックイン • ドラフトモード(PS4FP追加機能)により、未実装タスクの デプロイが可能4. 新規コンポーネントは、必ず “オーナー”が追加を行う • トップレベルモデルの変更は”オーナー”がチェックイン • “コンポーネントオーナー”は更新を行い、最新の状態を反映 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • チーム開発 – BPMNモデル• BPMNモデルの同時編集は行わない • 編集箇所の統合は複雑なため、エラーの原因となりやすい• BPMNモデルのサブプロセス化によるメリット  複雑性の隠ぺい  再利用の促進  同時開発による効率化• 各サブプロセスの同時開発は可能 • 同じプロジェクト内で使う場合は、再利用可能なサブプロセスを使用 • 他のプロジェクトから使う場合は、スタンドアロンなサブプロセスを使用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • チーム開発 – UIの統合• 二種類のUI/BPM統合が可能 • BPMプロセスとのやりとりを行う外部UI • BPMワークスペースから実行されるADFタスクフォーム• 両タイプのパラレル開発が可能 • 外部UI → コンポジットサービスインタフェースの開発 • タスクフォーム → タスクペイロードスキーマの開発• テスト用ADFタスクフォーム自動生成機能 • プロセスの簡易テスト用にタスクフォームを自動生成 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 6. プロセスモデルの実装 (BPM Studio) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ComposerとBPM Studioの比較 (1/2) 比較項目 Composer BPM Studio ビジネスユーザー、ビジネス・アナリスト、 プロセス開発者想定ユーザー プロセス・アーキテクト、プロセス・オーナー (* ビジネス・アナリストはシミュレーション限定)スクラッチからのBPMプロジェクトの作成/編集 可 可.カスタマイズによる開発(BPMプロジェクト・テンプレートからの 可 不可 BPMプロジェクト作成)BPMNプロセスの作成および編集 可 可ビジネス・カタログの参照 および実装の選択 可 可ヒューマン・タスク実装の作成 可 (* タスクメタデータの選択のみ) 可ビジネスルール 実装の作成 ビジネスルールの編集のみ可 可および編集複合データ型の作成 不可 可 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • ComposerとBPM Studioの比較 (2/2) 比較項目 Composer BPM Studioユーザーインタフェース作成 不可 ADF ユーザーインタフェースドキュメンテーション 可 可シミュレーション 不可 可データマッピング XPATHの直接記述は不可 可ゲートウェイへの条件付け 可 可メッセージイベントの設定 可 可ビジネス例外処理、ビジネスイベントの定義; 不可 可シグナルイベントおよびエラーイベントの設定メッセージベースの相関セット定義 不可 可デプロイ 可 可 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMN 2.0がもたらす効果ビジネス/ITユーザー間のシームレスなコラボレーション  継続的な改善 • アナリストによる抽象的 モデリング分析ツール 開発ツール • 開発者はアナリストが作成したモデルを 改善、実装を加える • ビジネス視点とIT視点の共存  モデル変換不要 • モデルと実装に対して、 共通のモデルを用いる  モデルのポータビリティ • 明確に定義された 永続的なフォーマット プロセス実行 • 標準に準拠 エンジン Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMNの実装手順 (1/2) ”実行可能”なプロセスモデル「プロパティ」 -> 「実装タブ」 1 2 簡単に使用できるヒューマン・タスク エディタ オブジェクト・データ ブラウザ データ・オブジェクトをドラッグ&ドロップし、 入力と出力の引数に関連づける • 実装への参照を追加 • カタログ内の実装アーティファクトの閲覧 • 実装への参照を削除 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMNの実装手順 (2/2) ”実行可能”なプロセスモデル 4 データ・アソシエーション3 引数 プロセスと実装が紐付いた状態 次に、実装の入出力に対して、 プロセスデータ・オブジェクトの XPATHマッピング マッピングを行う Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 7. BPMプロジェクトのバージョン管理 (BPM Studio) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトのバージョン管理• MDSとの同期を行う前に、BPMプロジェクトが 最新のバージョンであるかを必ず確認• 確認のステップは”所有者”が責任を持って行う Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 8. BPMプロジェクトの保存とロック解除 (BPM Studio) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロセス開発ライフサイクル Composer プロジェクト作成& Composerユーザー BPM Studio によるロック取得1. BPMプロジェクトの作成 ・編集完了後、保存 バージョン管理(VCS)2. モデル定義のコラボレーション開発 スナップショット作成 ・編集、共有、コラボレーション作業 Studioユーザーが ・スナップショット作成 プロジェクトのロック 4. プロジェクトのチェックアウト プロジェクトの を取得 および編集3. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・MDSからチェックアウト BPMプロジェクト ・保存してロック解除 (MDS) MDS のバージョニング 5. プロジェクトのバージョン管理 6. プロセスモデルの実装 BPMプロジェクト のバージョニング 別ユーザーにより 7. プロジェクトのバージョン管理 ロックされている プロジェクトの2’. プロジェクトの編集 別ユーザーのロック ロック解除 解除後、ロック取得可能 8. プロジェクトの保存とロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) プロジェクトの3’. プロジェクトの保存とロック解除 ロック解除 ・保存してロック解除 (MDS) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • MDSへの保存とロック解除 1 2 「BPM MDSナビゲータ」から、 BPMプロジェクトのロック解除を行う BPMプロジェクトをMDSへ保存 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Composer、BPM Studio間のコラボレーション• Composer、BPM Studioを利用したチーム開発時に おけるガイドライン • MDSで使用するディレクトリ名は必ず、VCSのラベル名を元にする • ラベル名はVCSのブランチに対して、定義されている • BPM Studioワークスペースは、 ブランチと紐付いている • Composerで作成したプロジェクトは、VCSのラベル名に 基づいた名前のディレクトリに格納される Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトのデプロイ方法 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトのデプロイ方法• BPMプロジェクト のデプロイ方法は以下の通り: 1. Business Process Composerから行う 2. JDeveloper – BPM Studio上から行う 3. Oracle Enterprise Managerから行う 4. Antスクリプトを利用して行う • ant-sca-compile → SOAコンポジットのコンパイル • ant-sca-deploy → SOAコンポジットのデプロイ 5. WLSTスクリプトを使用して行う • sca_deploycomposite → コンポジットのデプロイ • sca_deployComposite(serverURL, sarLocation, overwrite, user, password,forceDefault, configplan) sca_deployComposite("http://myhost10:7001", "/tmp/sca_HelloWorld_rev1.0.jar", forceDefault=false, configplan="/tmp/deploymentplan.xml") • sca_undeployComposite → コンポジットのアンデプロイ • sca_undeployComposite(serverURL, compositeName, revision, user, password) sca_undeployComposite("http://myhost10:7001","HelloWorld", "1.0") Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Composerからのデプロイ方法 1 • BPM UIプロジェクトは個別にデプロイする 必要がある • タスクのUI用URLは、タスク定義に必ず 含める必要がある 3 2 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPM Studioからのデプロイ 1 2 3「アプリケーション・ナビゲータ」 から、デプロイを選択 リビジョンを指定、PS5では選択する オプションによって、実行中の同一バージョン のインスタンス失効を防ぐことが可能 関連するUIプロジェクトは、まとめてデプロイするか、 それぞれ”ear”ファイルとしてデプロイするか選択 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトのテスト Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトの単体テスト• ドラフトモードにより、未完成のプロセスであってもテスト可能• 単体テストの方法 • EMに統合されているテストツールの利用 • JUnit/XMLUnit, soapUI等のスタンドアロンテストツールの利用 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • BPMプロジェクトの結合テスト• BPMプロセステスト • 同期プロセスのテストには、SOAPメッセージジェネレータを使用 • soapUI, XMLUnit • テスト用BPM/BPEL プロセスを開発 • 非同期通信のハンドリングに便利• UIテスト • 自動化スクリプトツールを利用し、想定される負荷をシミュレートする • 環境のパフォーマンスを確認するためのベースラインテストを含めるようにする • 例)空のペイロードを最初から最後まで流す • バックエンドで発生している処理についても必ず確認する Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • テスト環境から開発環境への移行 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • テスト環境から開発環境へ <soaConfigPlan > <composite name="FileAdaptorComposite"> <service name="readPO">(マイグレーション) <binding type="*"> <property name="inFileFolder"> <replace>/prod/folder</replace>• マイグレーションにおける重要な要素 </property> </binding> 1. コードの外部依存排除 </service> </composite> • “構成プラン”により、コードから外部依存 <composite name="*"> <imports> を切り離すことが可能(J2EEデプロイメントプランに相当) <searchReplace> <search>myserver17</search> 2. アプリケーションメタデータの <replace>test-server</replace> </searchReplace> マイグレーションにはスクリプトを利用 </imports> <reference name="*"> • アプリケーションメタデータのマイグレーション <binding type="ws"> スクリプトAntスクリプトは以下要素のメタデータの <attribute name="location"> インポートおよびエクスポートが可能: <searchReplace> • カスタムビュー(ヒューマンワークフローにおける) <search>myserver17</search> <replace>test-server</replace> • フレックスフィールドマッピング </searchReplace> • 休日ルール </attribute> • カスタムダッシュボートや権限 </binding> </reference> • セキュリティストアの初期化に </composite> WLSTスクリプトを利用することもできる </soaConfigPlan> Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • テスト環境から開発環境へ(デプロイメント)• 下記の方法を用いてデプロイを行うことが出来る • JDeveloper • Ant • WLST • Enterprise Manager• スクリプト利用の推奨 • 他のシステム管理ツールとの統合が可能 • Antは通常トップレベルのスクリプトとして利用される • 必要に応じて、Ant内でWLSTをコール Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • チーム開発を行う上でのヒント Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • 異なるコンポジットバージョン• BPMインスタンスは、コンポジットのバージョンに 結びついている • PS5では、無停止で同一バージョン間のアップデートが可能 • ただし、新バージョンに稼働中のインスタンスをマイグレーションすることは出来ない • 解決策:旧バージョンに変更内容をマージして対応 Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • バージョン管理に関する注意点• VCS上のコードを常に公式バージョンとする• BPM Studio上の作業コピーを最新の公式バージョンと するには、VCS上の公式バージョンとの差分をチェックインする• 本番用にデプロイされるアーティファクトは、VCSから チェックアウトされたものを利用すること(作業中のコピーを デプロイしない) Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
  • Copyright© 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.