BPMプロジェクト成功の鍵 – どのアプローチで攻めるか ~ トップダウンか?ボトムアップか?
 

Like this? Share it with your network

Share

BPMプロジェクト成功の鍵 – どのアプローチで攻めるか ~ トップダウンか?ボトムアップか?

on

  • 1,073 views

BPMは業務プロセスを軸とした業務改革手法で、現在もなお発展を続ける古くて新しい考え方です。BPMというキーワードや概念が広がっていく一方で、...

BPMは業務プロセスを軸とした業務改革手法で、現在もなお発展を続ける古くて新しい考え方です。BPMというキーワードや概念が広がっていく一方で、実際の適用プロジェクトの情報やノウハウは、世間の常識にはなりえていません。
本資料は、BPMの対象となる業務を具体的に解説することで、BPMの概念に迫ります。

Statistics

Views

Total Views
1,073
Views on SlideShare
1,073
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
10
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

BPMプロジェクト成功の鍵 – どのアプローチで攻めるか ~ トップダウンか?ボトムアップか? Presentation Transcript

  • 1. <Insert Picture Here>BPMプロジェクトの進め方と対象業務トップダウンか?ボトムアップか?日本オラクル株式会社
  • 2. 目次1. BPMプロジェクトの概観2. BPMと対象業務3. BPM実現のためのツール4. モデルケース5. まとめ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • 3. 1. BPMプロジェクトの概観 アプローチから見たBPM Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  • 4. 業務プロセス改革/改善のニーズ 構想、検討業務プロセス改革/改善 ニーズ プロジェクト化 Gartner EXP (January 2010) http://www.gartner.com/it/page.jsp?id=1283413 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • 5. BPMの進め方①(トップダウンか、ボトムアップか?) 業務プロセス改革/改善 ニーズ トップダウンか、 ボトムアップか? Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  • 6. トップダウントップダウン・アプローチ• 全体最適を重視するアプローチ – ≒BPR(ビジネス・プロセス・リエンジニアリング) – 演繹的なアプローチ • AならばB、BならばC… – プロジェクト規模 • 基幹系の刷新など、大掛かりなプロジェクトになりやすい – よくある課題 • 関連する業務が多岐にわたり、業務整理が困難 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • 7. ボトムアップボトムアップ・アプローチ• 業務への追従性を重視するアプローチ – 業務にマッチしたIT – 帰納的なアプローチ • 現状を観察した結果から考える – プロジェクト規模 • ひとつひとつは小規模短期、反復型で少しずつ拡大 – よくある課題 • 短期決戦のための準備、ロードマップの作成 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • 8. トップダウントップダウン(全体を考えること)は重要です!• 構造的な問題を解決するには、トップダウンの業務改革 が必要 – 「聖域なき構造改革」 – 全体の構造は現場レベルでは変えられないことが多いため• 部分最適を全体最適に変えるためにも、トップダウンの業 務改革が必要 – 部分最適の業務は、現場レベルで変える必要性がないため• ITシステムも、構造的な問題、部分最適を解決するため に、業務改革に合わせて刷新される Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • 9. ボトムアップしかし、トップダウンだけではない 業務とITを、人類の進化にたとえたら・・・? 成長に見合った道具が必要なように、 業務に見合ったITが必要。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • 10. ボトムアップボトムアップの必要性(STOP!オフィス・ツール) 現在の業務 現在のIT リプレースから半年、早くも各々の 業務とITに乖離が出始めている このままでは現場の業務 が一部、回らない… と で乗り切ろう! スプレッドシートと電子メールで回す業務 は、生産性が高いと言えますか? Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • 11. BPMの進め方③(フィードバックとサイクル) 業務プロセス改革/改善 ニーズフィードバック フィードバック トップダウンか、 ボトムアップか? AND? OR? トップダウン ボトムアップ アプローチ アプローチ 改革/改善のサイクルは、トップダウンとボトムアップを組み合わせる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • 12. アプローチのまとめ• トップダウンとボトムアップの違い• どちらか一方だけでは不完全• 実際のBPMプロジェクトでも、トップダウンとボト ムアップを組み合わせたケースが成功しやすい – トップダウン→ボトムアップの順が多い – どちらか一方だけだと… Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • 13. 2. BPMと対象業務 どんな業務がBPMの対象なのか? Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  • 14. トップダウントップダウンの対象業務• トップダウンの対象業務は、改革テーマによって様々 – SCM、PLM、… – 業務領域は広くなる傾向にあり、バリューチェーンをまたぐことも 多い Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  • 15. ボトムアップボトムアップの対象業務• 業務を定形/非定形に分類し、3つの施策で解決を図る – 自動化 – ワークフロー – ケース管理 自動化 定形 ワークフロー 業務 ケース管理 非定形 業務 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  • 16. ボトムアップボトムアップの施策の適用手順• 業務分析と施策適用、継続的改善のサイクルを回す 業務特性の把握と分析 STP(自動化) ワークフロー ケース管理 Straight Through Processing Workflow Case Management ■概要 ■概要 ■概要 業務プロセス上の定形的 業務プロセス上の回覧処 業務プロセスのテンプレー な人手作業をITシステム 理の簡素化と管理手段の ト化と管理手段の提供 で代替 提供 ■例 ■例 ■例 一定の期限内に契約締結 データをcsvでダウンロー 手書き帳票の社内便によ が必要だが作業が複雑で ドし、Excelで加工してアッ る回覧 管理も難しい プロードする ⇒ 回覧速度向上と滞留状 ⇒ ケース管理を適用し、ナ ⇒ 定形的な作業なので、 況把握のためにワークフ レッジの活用促進。作業 STPを適用 ローを適用 は属人化させたまま管理 メトリックの収集と、継続的改善の検討 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  • 17. ボトムアップボトムアップの適用業務• 定形/非定形の両方の業務に適用可能 – 基本的には、特に適用業務を限定するものではない• しかしながら、多くの定形業務にはパッケージ製品が存在 するため、トップダウンのパッケージ適用を補完する形で の適用が多い – 例外的な業務を、うまくITシステムで支援する – 海外では、トップダウンで金融取引を自動化した後に、ボトムアッ プのBPMで例外取引に自動化/ワークフローを適用 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  • 18. 3. BPM実現のためのツール Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  • 19. BPMの適用方法論 • トップダウン/ボトムアップの双方に対応したグローバルの方法論 • プログラム・レベルの定義、プロジェクトに応じたカスタマイズ • 各プロジェクプログラム トで共通 レベル • アセスメント から実装までプロジェク • 実際のプロジトレベル ェクト群 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  • 20. 参照業務プロセス・モデル• グローバルで定義された標準的な企業の業務プロセス・テンプレート• 各業種ごと、トップレベルからある程度の詳細度まで定義業務全体 調達周辺を拡大調達 仕入先、品目管理周辺を拡大 さらにもう一段階下の業務プロ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. セスが準備されている 20 20
  • 21. 製品機能と適用のノウハウ• Oracle BPA Suite – トップダウン向きの製品 – 業務整理に強み• Oracle BPM Suite – どちらかといえばボトムアップ向きの製品 (トップダウンも可) – 短期決戦に強み – 自動化、ワークフロー化、動的案件管理化• 相互に連携(成果物のやり取り)が可能• 製品の活用ノウハウは、コンサルティング・サービスでご提供 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  • 22. Oracle BPA Suite (1/2)• 効率よく、短時間で良質な業務整理/分析を行うためのツール• 業務内容を特定の形式(モデル)に変えることで、見たい人に合わせ た情報を容易に表現 モデル作成 自動生成 使用しているITシス 業務機能を階層構造に テムと、用途の概要を して一覧で出したい リストしたい 担当者別に作業の 流れと所要工数が 見たい Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 22
  • 23. Oracle BPA Suite (2/2)• 他のツールを使うと… 前の資料と同じところが いろいろあるけど、コピ ペでやりくりするか… 熟練のスプレッド・シ ート技を見せてやる! 前の資料と関連した 話なんだが、リンクさ せるのは厳しいな 関連するが整合してい ない資料ができちゃった。 メンテ/再利用は無理 専用の資料 だな… 専用の資料 を作成(3) を作成! 専用の資料 を作成(2) 使用しているITシス 業務機能を階層構造に テムと、用途の概要を して一覧で出したい リストしたい 担当者別に作業の 流れと所要工数が 見たい Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  • 24. Oracle BP M Suite • 対象業務を決定後、IT実装に続くサイクルにつなげるためのツ ール 対象業務の選定/分析 自動化 定形 実装 ワークフロー 業務 実行ケース管理 非定形 業務 設計・分析 管理・監視 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  • 25. 4. モデルケース ボトムアップ・アプローチの取り組みをご紹介 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  • 26. ボトムアップの取り組み例• 顧客の業種 製造業• プロジェクトの目的 製造ライン周辺の間接業務(人手作業)の工数を削減 – 目的達成のための施策 • 自動化できる人手作業は、自動化 • 完全に自動化できない人手作業は、システムで支援• 体制 内製プロジェクト。社内のリソースで実施する• アプローチ トップダウンで製造工程の自動化を進めた後の、ボトムアップ・アプロ ーチ(MESと業務の乖離を埋める) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  • 27. プロジェクトの背景、課題ITシステム 業務MES(製造実行システム) ハイテク製品の 製造プロセス• 製造ラインと設備を制御• 製造現場における基幹系 支援• 製造実行の業務プロセスを 数多くシステム化 周辺シ ステム #1 周辺シ ステム #2 取りこぼされた業務プロセス 定形処理を人間が判断 周辺シ ステム 紙ベースのワークフロー #3 ITと業務の乖離 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  • 28. 解決策とロードマップ ステップ1 人間判断の自動化 (定形処理) ステップ2 人間判断の支援 (非定形処理) ステップ3 対象業務領域の拡大 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  • 29. 5. まとめ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  • 30. まとめ• BPMプロジェクトの概観 – トップダウンとボトムアップの違い – BPMの適用業務(ボトムアップは例外処理に強い)• BPM実現のためのツール – プログラム・レベルの方法論、業務プロセス・テンプレート – ベスト・プラクティスに支えられたOracleのアプローチ• ボトムアップの取り組み例 – 短期間実現できる内製プロジェクト – スキルの移譲で真の内製プロジェクトへ Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 30
  • 31. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00 れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 31 31
  • 32. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 32
  • 33. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 33