Your SlideShare is downloading. ×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

Enterprise JavaBeans 3.1入門

2,952
views

Published on

Enterprise JavaBeans(以下、EJB) は、3.0で革命的な変化を遂げ、Java EE 6ではバージョンが3.1となり、さらに便利な機能が多数追加されました。本セッションでは、EJBの概要およびEJB 3.1の新機能に関して解説します。 …

Enterprise JavaBeans(以下、EJB) は、3.0で革命的な変化を遂げ、Java EE 6ではバージョンが3.1となり、さらに便利な機能が多数追加されました。本セッションでは、EJBの概要およびEJB 3.1の新機能に関して解説します。
 
日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業統括本部 ソリューション本部
松林 晶

Published in: Technology

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
2,952
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
76
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. WebLogic Server 勉強会Enterprise JavaBeans 3.1入門2012年8月30日日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部 松林晶1 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 2. 自己紹介  松林 晶(まつばやし あきら) – 独立系SIer時代はJava EEの開発(公共・通信)に従事 – Oracleでは、WebLogic Server、Coherenceのプリセールス担当2 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 3. Program Agenda  1)EJBとは  2)EJBコンテナの機能  3)EJB3.1新機能3 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 4. 1)EJBとは4 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 5. 1)EJBとは EJBの種類 EJBはEnterprise JavaBeansの略  メッセージ駆動 型Beanは、メッ  セッションBean セージ受信時の セッション メッセージ はビジネスロ ビジネスロジッ ジックを記述す Bean 駆動Bean クを記述するEJB るEJB EJB  エンティティ エンティティ Beanは、O/R Bean マッピングを行 いデータ操作の ためのEJB5 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 6. 1)EJBとは セッションBean  セッションBeanはビジネスロジックを記述するEJB – セッションBeanの種類  ステートフルセッションBean  ステートレスセッションBean EJB3.1  シングルトンセッションBean クライアント クライアント – セッションBeanの呼出し JVM  ローカル(同一JVM) セッションBean JVM  リモート セッションBean JVM6 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 7. 1)EJBとは セッションBeanの例  セッションBean @Stateless @Localbean – POJOベース public class BookSessionBean { public void addBook(Book b){ – アノテーションの付与 //  XML定義不要 }  ホームインターフェース不要 public Book getBook(long id){ // { }7 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 8. 1)EJBとは メッセージ駆動Bean(MDB)  メッセージ駆動Beanはメッセージ受信時に実行する ビジネスロジックを記述するEJB(コンシューマ側) メッ セージ メッセージプロバイダ プロデューサ コンシューマ 送信 キュー/トピック 受信8 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 9. 2)EJBコンテナの機能9 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 10. EJBコンテナの機能 EJBコンテナとは  EJBを実行するには、EJBコンテナが必要  EJBコンテナは、多くのアプリケーションに共通する中核機能を提供 – 依存性注入 – インスタンスプーリング – トランザクション管理 – セキュリティ – 同時実行性 – インターセプタ  開発者はビジネスロジックの実装に専念できる10 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 11. EJBコンテナの機能 EJBコンテナのイメージ EJB セッションBean トランザクション クライアント 開始 インターセプタ コミット データベース EJB インスタンス クライアント プーリング セキュリティ 依存性注入 タイマー11 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 12. EJBコンテナの機能 EJBコンテナとは  依存性注入 – セッションBean等のインスタンスに対して、様々なリソースを注入可能 – 別のEJBやエンティティマネージャ(JPA)等  インスタンスプーリング – 複数のクライアントから共有できる複数インスタンスのプールを作成 – インスタンスの再利用  トランザクション管理 – トランザクションの開始、コミット、ロールバックを実施  セキュリティ – EJBのクラスレベル、メソッドレベルでのアクセス制御12 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 13. EJBコンテナの機能 EJBコンテナとは  同時実行性 – スレッドセーフなEJBを提供  インターセプタ – 横断的な処理(ログ出力など)を配置し、自動で呼び出される13 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 14. 3)EJB3.1新機能14 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 15. EJB3.1新機能 新機能一覧 1. シングルトンセッションBean 2. インターフェースなしクライアントビュー 3. EJBをWARファイルにパッケージ可能 4. セッションBeanの非同期実行 5. ポータブル・グローバルJNDIネーミング 6. カレンダー形式のEJBタイマー 7. 組み込み可能なEJBコンテナ15 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 16. EJB3.1新機能 1.シングルトンセッションBean  セッションBeanが特定のJava仮想マシン(JVM)の アプリケーションごとに1回のみインスタンス化される  エンタープライズBeanコンポーネントの複数のインスタンス間 またはアプリケーションの複数のエンタープライズBeanコンポーネ ント間で状態を容易に共有できます  クラスに@Singletonアノテーションを付与 @Singleton public class MySingletonSessionBean { // }16 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 17. EJB3.1新機能 2.インターフェースなしクライアントビュー  インタフェースなしのローカル・クライアント・ビュー・タイプで は、個別のローカル・ビジネス・インタフェースを必要としない  ローカル・セッションBeanへのアクセスを提供して、コンポーネン トでEJB Beanクラス・インスタンスを直接注入できる  EJBの開発を単純化 ローカル EJB リモート セッションBean クライアント インターフェースなし17 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 18. EJB3.1新機能 3.EJBをWARファイルにパッケージ可能  EJB 3.1ではEJBモジュールを直接Webアプリケーション・アーカ イブ(WAR)ファイルの中に直接配置可能  以前のようにエンタープライズ・アーカイブ(EAR)ファイルで結合 する必要がなくなりました WARファイル EARファイル EJB EJB-JAR EJB WARファイル ファイル EJB EJB EJB EJB18 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 19. EJB3.1新機能 4.セッションBeanの非同期実行  マルチスレッドプログラミングを簡単に実装可能  @AsynchronousアノテーションをセッションBeanのメソッドに付 与する EJB セッションBean セッションBean  戻り値が必要な場合は クライアント A B @Asynchronous Futureオブジェクトを返す @Asynchronous 今まではJMS(MDB)等を使用し て非同期処理を実現していたが セッションBeanを使って 簡単に開発可能に!19 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 20. EJB3.1新機能 5.ポータブル・グローバルJNDIネーミング  EJBコンポーネントをJNDIに登録する方法および場所、およびそれ らをアプリケーションでルックアップおよび使用する方法を標準化  今までベンダ毎に異なったJNDI名を標準化することで移植性が向上20 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 21. EJB3.1新機能 6.カレンダー形式のEJBタイマー  カレンダー形式のスケジューリングが可能  Linux等で使用されるCronのようにスケジュール @Scheduleアノテーションで、10分おきに自動実行するメソッドを 定義 @Schedule(minute = “*/10” , hour = “*”) ビジネス public void executeA(){ ロジック 自動でビジネスロジック実行  アノテーションだけでなくプログラムで定義することも可能 ScheduleExpressionヘルパクラスを用いる new ScheduleExpression().dayOfMonth(“Mon”).month(“Jan”)21 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 22. EJB3.1新機能 7.組み込み可能なEJBコンテナ  組み込み可能なEJBコンテナを提供  これにより、Java SE環境であっても、セッションBeanの単体試験を 実施可能(従来は、単体試験であってもEJBコンテナが必要だった)  バッチ処理でも利用可能22 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 23. まとめ  EJBは3.0からアノテーションベースのかんたん開発を実現  3.1から、よりかんたんに、より多くの付加価値のある機能を提供23 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 24. 24 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13
  • 25. 25 Copyright © 2012, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Insert Information Protection Policy Classification from Slide 13