Oracle Service Bus の高可用性について

1,545 views
1,464 views

Published on

WebLogic Server のクラスタ機能や、クラスタウェアを利用し、Oracle Service Bus(OSB) の可用性を高める大まかな流れと、OSBの可用性設計における留意点などをご説明した資料でございます。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,545
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
19
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Oracle Service Bus の高可用性について

  1. 1. <Insert Picture Here>Oracle Service Bus の高可用性について日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部
  2. 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  3. 3. AGENDA• Oracle Service Bus のクラスタ構成 • WebLogic クラスタの利用• 可用性設計における留意点 • Oracle Service Busのシングルトンサービス• 参考:その他の高可用性のための機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  4. 4. Oracle Service Busのクラスタ構成• Oracle Service Busのランタイムである WebLogic Server のクラス タ機能を利用し冗長化する事で拡張性、信頼性を高める• WebLogic Serverのクラスタとは • WebLogic Serverインスタンス(基本的に管理対象サーバ)が複数稼働し、 負荷分散機能と組み合わせる事で拡張性が向上、フェイルオーバ機能 (JTAトランザクション回復など)を利用する事で信頼性を担保する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  5. 5. Oracle Service Busのクラスタ構成イメージ• 管理サーバと管理対象サーバで構成 • 単一の管理サーバと複数の管理対象サーバで構成する。一般的に、実際に稼働するのは管 理対象サーバであり、管理サーバは設定変更等に用いられる• 冗長化可能なクラスタサービス • 大部分のサービスが冗長化できる。シングルトンサービス(クラスタ内で冗長化されておらず単 一のサービス)にはモニタリング情報の集約サービスやSLAマネージャなどがある(一意性が 必要なため) • シングルトンサービスに関しては、サーバ障害時はノードマネージャ(WebLogicの監視用プラ グラム)でプロセスの再起動を行うか再起動が困難な場合はサーバ移行によって可用性を担 保する 管理対象サーバ1 Runtime Config Fw Reporting ロード Stat Collector 設定情報 の伝播 ブラウザ バランサ Aggregator SLA Manager 設定変更 / インポート 管理対象サーバ2 Runtime 管理サーバ メトリック情 報の収集 Config Fw Console クラスタサービス Reporting Config Fw シングルトンサービス Stat Collector Monitoring Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  6. 6. 自動サーバ移行機能の利用 • H/W故障などプロセスの再起動が困難な場合はサーバの移行を行う • 移行を行う場合は基本的に移行するサーバ間でアクセス可能な共有ディスク を利用して移行する(多くの場合SAN) • 共有ディスクは主にJMSメッセージやグローバルトランザクションのテイクオーバーで必要 • また、高可用性ディスクにドメインディレクトリを配置する事で、ドメインの保護にもつながる WebLogic クラスタ JMSメッセージの移行のために ファイルストアと、グローバルトラ ンザクションのトランザクション回machine1 管理対象サーバ1 (物理IP) 復のためにJTAトランザクション 192.168.1.1 ログをDISK上に格納しサーバー シングルトンサービス (仮想IP) 間で引継ぐ 192.168.1.11 共有DISK(SAN) ※ SANディスクはこの他にJMS 管理対象サーバ2 利用時のパフォーマンス向上など (物理IP) 192.168.1.2 利便性があるため、一般的に (仮想IP) OSB導入時によく利用されているmachine2 192.168.1.12 管理対象サーバ1 移行はWLSの死活監視機能によっ (仮想IP) て自動で行う事が可能 シングルトンサービス 192.168.1.11 DBを利用するリーステーブル方式か ノードマネージャの相互監視によるコ ンセンサスリース方式が可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  7. 7. クラスタ構成の設定• ドメイン・コンフィグレーション・ウィザードを利用して作成 • クラスタ定義自体はドメイン作成時に設定しておく必要がある • ドメインで定義可能なOSBクラスタは1つのみ • クラスタを構成するためには “All Domain Topologies” を選択する必 要がある(11gR1から) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  8. 8. クラスタ構成の設定(Cont’d)• 変更するオプションを選択 • “管理対象サーバー、クラスタ、およ びマシン” を選択する事で次頁のよう にクラスタの構成をコンフィグレーショ ンする事ができる • “デプロイメントとサービス”はシング ルトンサービスのデプロイ先の管理 対象サーバーを選択したい場合など に選択する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  9. 9. クラスタ構成の設定(Cont’d)• WLSのクラスタの場合と同様に管理対象サーバやクラスタの定義を 行う • ノードマネージャを設定する場合はマシンの 設定が必要 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  10. 10. クラスタ構成の設定(Cont’d)• デプロイメントとサービス • 変更するオプションの選択で”デプロ イメントとサービス”を選択すると変更 が可能 • デプロイメントとサービスがどのサー バに配置されるかを確認、必要に応 じて変更する事ができる • シングルトンサービスがどの管理対 象サーバにデプロイされるかをチェッ クする Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  11. 11. Oracle Service Bus の高可用性イメージ ① S/W障害の場合 WebLogic クラスタ ※DBなしの構成も可能 はノードマネージャ が自動でプロセスの ホスト#1 再起動を行う 高可用性DB 管理サーバ e.g. Oracle Database RAC • レポーティングデータ 管理対象サーバ #1 ④ 管理サーバは手動で • ポリシーストア(OWSM) サーバの移行を行うか、 • リーステーブル(死活監視) クラスタウェアを利用し ホスト#2 て自動移行する 高可用性ディスク 管理サーバ ロード 高可用性DB 管理対象サーバ #2 バランサ e.g. Oracle Database RAC ホスト#3 • インストールイメージ③ ロードバランサ • ドメインディレクトリが復旧を険知して 管理対象サーバ #3経路が復活する • JMSファイルストア • JTAトランザクションログ 管理対象サーバ #1 ② プロセス再起動が困 難なH/W障害の場合は、 ※JMSメッセージやグローバルトランザクション 元のホストと同じ仮想IP をサーバ間でテイクオーバー可能 で自動サーバ移行 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  12. 12. AGENDA• Oracle Service Bus のクラスタ構成 • WebLogic クラスタの利用 • クラスタウェアを利用したHA構成• 可用性設計における留意点 • Oracle Service Busのシングルトンサービス• 参考:その他の高可用性のための機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  13. 13. 可用性設計における留意点• Oracle Service Bus にはいくつかの固有なシングルトンサービスがあり、こ れらのサービスを考慮した上で可用性設計する必要がある• シングルトンサービスに関しては、基本的にはノードマネージャによるプロセ スの再起動や再起動が困難な場合にはサーバの移行を行う事で可用性を 担保する• Oracle Service Bus には下記のシングルトンサービスがある • ファイル、FTP/SFTP、電子メールのポーラー • ALSB Domain Singleton Maker Application (モニタリング情報収集) • SLA Manager (SLAアラートルールの評価、違反通知) • JMSサーバ (但し、分散送り先を利用している場合はサービス継続が可能である ため、JMSのサービス停止を意味するわけではない) • 詳しくは下記のURLを参照 • http://download.oracle.com/docs/cd/E14571_01/doc.1111/e15022/cluster. htm#i1522267 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  14. 14. 可用性設計における留意点(Cont’d)• ファイル、FTP/SFTP、電子メールのポーラ ーに関して • ファイル、FTP/SFTP、電子メールのプロクシサー ビスは、内部的にポーラーを利用している。ポーラ ーは全ての管理対象サーバにデプロイされて稼働 するものだが、個々のプロクシサービスでポーラー が稼働する管理対象サーバを選択する(右図を参 照)ため、そのポーラーが稼働している管理対象 サーバがダウンすると、そのサーバを指定したプ ロクシサービスがサービス停止に陥る • なお、上記のプロクシサービスの実体は TaskQueueからメッセージをサブスクライブするク • 上図はファイルのプロクシサービスの設定画面 ラスタワイドにデプロイされたMDBである。そのた • クラスタ構成の時のみ”管理対象サーバ”の設定項 め技術的にはポーラーが停止する事で 目が出現する TaskQueueへのエンキューがなくなるため動作し • “管理対象サーバ”の箇所で、当該のプロクシサー なくなる ビスのポーラーが動作すべき管理対象サーバを選 択する • プロセス再起動やサーバ移行の他に、ポーリング する管理対象サーバを動的に設定変更する事で サービスを継続する事が可能である Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  15. 15. AGENDA• Oracle Service Bus のクラスタ構成 • WebLogic クラスタの利用 • クラスタウェアを利用したHA構成• 可用性設計における留意点 • Oracle Service Busのシングルトンサービス• 参考:その他の高可用性のための機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  16. 16. 参考:その他の高可用性のための仕組み • Oracle Service Bus ではサービス停止時間を最小化するために動 的な設定変更をサポートしている  “いわゆる” ESB 製品  Oracle Service Bus の場合 2. アプリ開発 v1 3.アクセス閉塞 4.アプリリリース v2 v1 5.アクセス再開 2. 設定切替 v2 1. 並行稼動 1. 並行稼動  切り替えに伴う多くの作業と計画停止が必要  動的変更により、リアルタイムな切り替えが可能 重要なサービスほど止められない ⇒ 24×365が不可能  重要なサービスも止められる ⇒ 24×365も可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  17. 17. 参考:その他の高可用性のための仕組み(Cont’d)• Oracle Service Bus は、システムのコンフィグレーション情報を動的に変更可能。変更 内容を有効にするためにサーバを再起動する必要はない• 下図はメッセージの処理中の設定変更が発生した場合の動作イメージ• Oracle Service Busは、メッセージがプロキシサービスに届いた時点で使用可能なバージョンのプ ロキシ サービスとアーティファクトを使用してメッセージを実行する Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  18. 18. 参考情報• Understanding Oracle Service Bus High Availability • http://download.oracle.com/docs/cd/E14571_01/doc.1111/e15022/highav.htm #i1489672• Architecting OSB for High Availability and Whole Server Migration • http://www.oracle.com/technetwork/middleware/service-bus/overview/osb- wp-ha-final-draft-134330.pdf Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  19. 19. オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/ 最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  20. 20. Oracle エンジニアのための技術情報サイトオラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 oracletechnetjphttp://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ • 技術資料• ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを多 様な方法で検索できます• キーワード検索、レベル別、カテゴリ 別、製品・機能別 • コラム• オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします• 決してニッチではなく、誰もが明日か ら使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  21. 21. OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  22. 22. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.【PR】
  23. 23. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  24. 24. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  25. 25. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25

×