Oracle Enterprise Repository のご紹介
 

Oracle Enterprise Repository のご紹介

on

  • 745 views

Oracleの統合されたガバナンス・ソリューションの全体像のご説明と、資産情報管理のための“One Stop Shop”の情報基盤「Oracle Enterprise ...

Oracleの統合されたガバナンス・ソリューションの全体像のご説明と、資産情報管理のための“One Stop Shop”の情報基盤「Oracle Enterprise Repository」の機能をご紹介いたします。

Statistics

Views

Total Views
745
Views on SlideShare
745
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

Oracle Enterprise Repository のご紹介 Presentation Transcript

  • 1. <Insert Picture Here>Oracle Enterprise Repository のご紹介日本オラクル株式会社Fusion Middleware事業統括本部
  • 2. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約)するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量により決定されます。OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 2
  • 3. AGENDA• Oracle のSOAガバナンス・ソリューション • SOAガバナンス・ソリューション全体像• Oracle Enterprise Repository のご紹介• Appendix: • Oracle Enterprise Repository 11gR1 新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 3
  • 4. ガバナンスの欠如がSOAの導入を妨げている 質問: 貴社においてSOAの導入を妨げている要因は何ですか? (第3者機関による592社からの有効回答を元にした集計結果) SOAガバナンスの欠如 50% SOAのロードマップ策定が困難 40% パフォーマンスと信頼性への不安 39% 未だ成熟していないと思われる 39% セキュリティ上の問題 33% サービス基盤技術の欠如 33% リファレンス・アーキテクチャが無い 27% どのように始めたら/進めたらよいか分からない 24% サービスの識別が難しい 21% 財務上の問題 3% その他 8% よく分からない 3% 特に無し 5% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 4
  • 5. SOAにおけるガバナンスの必要性• 増加し続けるサービス、プロジェクト • 重複開発が発生しないように、どんなサービスがあるのか、開発 中なのか、あるいは計画されてるのかを管理する必要がある • 個々のプロジェクトでSOAの”方言”を生まないように、プロジェクト とリファレンス・アーキテクチャ*1との整合性を保つ必要がある • 迅速にシステムを変更できるように、分散化しているSOAシステム の構造およびコンポーネントの関係性を管理する必要がある • プロジェクトからのフィードバックを得る必要がある • 今後の設備投資などのために、サービスの利用価値や導入効果 を測定する必要がある• サービス利用のポリシー • サービスのSLA(サービスレベル)を保つ必要がある • セキュリティ要件や利用フレームワークなど、コンプライアンスの 遵守状況を可視化する必要がある• 運用環境でのトレーサビリティ *1 リファレンス・アーキテクチャとは企業におけるシス • 運用環境における実際のサービスレベル情報(パフォーマンス、 テムのアーキテクチャ標準を定めたガイドライン。一般 的にSOAではリファレンス・アーキテクチャを策定し、各 可用性)を可視化する必要がある プロジェクトで参照しながら実装を行う事で、プロジェク トや各システム間でのアーキテクチャや技術の整合性 を保ち、企業レベルで相互運用性や再利用性の高いシ ステムを構築する事が可能になる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 5
  • 6. ガバナンスのために考慮すべきポイントは? Composite Apps• 企業の人、プロセス、テクノロジーを正 しい方向に導くために • できる限り自動化する、また、ルール、ポリシ ー、インセンティブを利用する NEW CUSTOMER TELCO WEB MGMT SIGN-UP PROVISIONING SELF-CARE DASHBOARD • ガバナンスは単に技術だけの問題ではなく、 組織や関係者のプロセスを整理し正しく運用 し続ける事が重要 ...• SOAの難しさ Composite Mashups • 膨大なサービスや開発資産の情報の管理、 Processes 様々な関係者との協業を可能にする基盤 Middleware • サービス再利用を前提としたライフサイクル管 理の必要性 . Services • 様々なコンポーネントと変動要素があり、依存 性管理が必須 EBus• 健全なSOAエコシステムの維持 Vertical Custom SAP • 実運用におけるSLAの管理は必須 • 分散化されたSOAの環境を安定して運用する PSFT 3rd Party Custom ために運用環境のモニタリングも含めた統合 されたガバナンスのアプローチが必要になる Applications Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 6
  • 7. Oracleの統合されたガバナンス・ソリューションデザインタイム・ランタイムを共にカバーする包括的ガバナンス製品群Registry/Repository Policy Manager SOA Management Packサービス情報の登録、検索、 セキュリティ、ポリシーの施行 サービスのデプロイ、SLA中央管理、影響度分析、導入 情報の監視等のトレーサ 効果のレポート ビリティー Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 7
  • 8. Oracle 製品によるSOAライフサイクルの管理イメージ アーキテクチャ計画・プ ロジェクト検討 サービス設計・開発 アーキテクト Service Bus • アーキテ Harvest • BPEL クチャ • WSDL • サービス • XSDs の計画 Repository • Code 設計者・開発者 資産ポートフォリオ • Oracle Enterprise Proxy 業務担当者 Repository 検証 仲介 Proxy Pipeline ApproveDesign Time Oracle Service ランタイムのSLA Registry UDDIRun Time 情報 UDDI UDDI 自動デプロイ Publish 運用管理・監視 Discover テスト、 ステージング、 本番環境 SOA Management Pack (incl. Amberpoint) 運用担当者 テスト環境 ステージング Policy Manager 本番環境 SOA Management Pack SLA、ポリシー監視 Oracle Service Bus ポリシーの施行 (incl. Amberpoint) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 8
  • 9. 主要なユースケースプロジェクト視点 : 企業視点 :リスクの軽減 ビジネスとITの整合性維持• 可視性、依存性の管理 • EA、リファレンス・アーキテクチャ• エンドポイント、成果物の管理 • サービス要件の計画• SOAライフサイクルの管理 • IT投資のビジネス的な価値• サービスのプロビジョニング • ポートフォリオにおける優先付け• サービスの検証 • 承認プロセス• ランタイムのポリシー強制• セキュリティ• サービスレベル管理 ビジネスの迅速性 • 再利用と組み合わせによる迅速化コストの節約 / 効率化 • ROIの分析• サービスの再利用 • 全体最適のための分析• 標準化 • ライフサイクル全体のトレーサビリティ• 統合• 効率化 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 9
  • 10. AGENDA• Oracle のSOAガバナンス・ソリューション • SOAガバナンス・ソリューション全体像• Oracle Enterprise Repository のご紹介• Appendix: • Oracle Enterprise Repository 11gR1 新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 10
  • 11. Oracle Enterprise Repository 資産情報管理のための“One Stop Shop”の情報基盤• 資産に関する様々な情報を蓄積 • サービスの詳細な説明からスキーマやエンドポ イント等の技術的な内容まで • ライフサイクルの管理 • 管理する情報をカスタマイズ可能• 多くの関係者間で情報を共有する基盤 • 特にSOAでは、1つのサービスに対して様々な 関係者/プロジェクトが発生する • レイティングや使われているプロジェクトの情報 など現場からのフィードバックを蓄積する • CoE などの管理組織の活動の中心地として• 資産の品質維持の仕組み • 情報へのアクセス権限、承認フロー、変更管理 等のガバナンス • サービスがSLA要件を満たしているか可視化• ビジネス目標との整合性を検証 • 資産の利用状況、コンプライアンス遵守状況、 ROIのレポート等 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 11
  • 12. 【参考】リポジトリが存在しない場合の問題点• 例)エクセル等の文書レベルで管理した場合 • エクセルの管理表自体で複数のバージョンが発生してしまいやすく、最新の情報あるいは 正な情報が分かりにくい • 一元的に管理しようとする場合、仲介の担当者を置く必要があり、手間と労力が必要 • メールによる承認プロセスの場合、形骸化し例外のプロセスが常套化する可能性がある • 検索効率が悪く、また様々なメタ情報(サービス、データモデル、アプリケーションetc)を表 記する場合に限界がある • 依存性管理が困難(様々な関連性も含めて依存性管理する場合、表形式では限界がある) • アクセス権が文書レベルになるため、他部門、外部などの資産単位での細かなアクセス権 付与ができない • フィードバックを得る仕組みがない(サービスの評価、リクエスト) • 変更を利用者に通知する仕組みがない(最新情報の取得が困難)性善説的に人手にのみ頼るのではなく、ガバナンスの基盤を置く事で 人、プロセス、技術をあるべき方向に導くよう自動化する事が重要 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 12
  • 13. Oracle Enterprise Repository 主機能(1/2)• 包括的かつ拡張可能なメタデータ管理 • プロジェクトチームに対して、既存IT資産の検索を手助けするための情報を定義・ 公開することが可能 =アドバンストサーチ • プログラミングなしで管理体系(メタモデル)を簡単に拡張することが可能• 組み込まれたベスト・プラクティス • 事前定義のアセットタイプ・テンプレート、カテゴリー、メタデータを準備 • 事前定義の情報は顧客経験に基づくベスト・プラクティスであり、導入のジャンプ・ スタートを支援する• ナビゲータ • アセットやアプリケーションの関連や相互依存性をグラフィカルにナビゲーション • ポートフォリオの可視化とインパクト分析をシンプルに実現する• IDE 統合 • JDeveloper、Eclipse、VisualStudio.NET などの開発環境との統合ポイントを用 意(プラグインを提供し、アセットの検索、利用、ハーベスト等が可能) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 13
  • 14. Oracle Enterprise Repository 主機能(2/2)• ポリシー管理 • アセットやサービスの品質や標準を順守させるためのポリシーを設定可能• コンプライアンス・テンプレート • アーキテクトやマネージャが、利用すべきアセットやサービスを予め規定し、それを プロジェクト・チームに提示することができる • プロジェクト単位で使用フレームワークやガイドラインの活用を義務付けるなど• 測定と分析 • コンプライアンスのモニタリングが可能 • コスト削減など SOA やその他の取り組みにおける効果も測定できる• アドバンスト承認フロー • アセットやサービスを広くユーザに公開する前に、標準やガイドラインを順守してい るかどうかを確認する • ワークフローの自動起動により、リスク削減と運用を容易にする Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 14
  • 15. ソフトウェア資産情報の例 SOAに限らず全てのソフトウェア資産に対して適用が可能• 定義済みのアセットタイプ • アプリケーション • アーキテクチャ • ビジネスプロセス • フレームワーク • パターン • コンポーネント • サービス • ポリシー、Etc.• カスタムアセットタイプ • アセットタイプを自由に作成す ることが可能 Reduce…Reuse…Remix Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 15
  • 16. レポジトリによる資産情報の中央管理イメージ• Oracle Enterprise Repository XXサービスは△△なメリ では、様々なメタ情報を管理 遵守状況が思った ットが高く効果的でGood。 より悪いので、もう ★3つをレイティング。で • レポジトリでは様々なタイプの資 少し考えなくては プロジェクトでのポ も、○○の機能が欲しい 産を情報として管理する事が可能 リシーの遵守状況 がレポートされる • 設計書等、成果物ファイルのURL 等のポインタ情報も保持可能• 資産が利用されやすいように分 類・整理、検索性をあげる • 管理するモデル、カテゴリ分類、リ レーションを独自に定義可能 ITアーキテクト Enterprise Repository AP担当 • アーキテクチャの策 • サービスやF/Wを利用 • 資産情報間のリレーション管理 定・運用に責任を持つ TRM アーキテクチャ標準 ポリシーとし し、フィードバックする TRM• ポリシーを資産やプロジェクトに • サービス等の成果物 ポリシーとし メタデータ メタデータ メタデータ て規定する に対する承認、アドバ 規定し強制する イス て規定する プロジェクト プロジェクト • Web開発やSOA開発プロジェクト サービス メタデータ メタデータ サービス などで再利用すべき資産やアー メタデータ サービス メタデータ メタデータ アプリ サービス キテクチャ標準、SLA要件をポリ メタデータ メタデータ シーとして定義する• 資産の利用状況や利用者から のフィードバック 運用者 • 利用状況のレポートやレイティン ○○サービスが このプロジェクトでは SIerエンジニア • 資産を利用し、フィード △△標準で規定さ △△と○○を使用しな グなどのフィードバック れたSLAを満たし ければならないので、 • サービスやF/Wを利用 バックする ていない し、フィードバックする • 再利用によるROIレポート 設計は… Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 16
  • 17. 資産情報の検索名前で検索その他の条 件で検索資産の詳細 表示 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 17
  • 18. 資産に関する詳細情報(例:サービス)概要、登録ステータス、再 利用にかかるコスト サポートコンタクト 再利用の状況 サービスの分類 分類の承認ステータス 作成部署 ライフサイクル 標準で用意されているテンプレートであり、 ベースとなる技術 カスタマイズ可能 アセットの関連関連ありそうなアセット関連部署のレビュー状況関連ドキュメントのリンク Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 18
  • 19. 依存性管理(インパクト分析)アセットの依存関係を確認 • 依存しているアーティファクト • 旧バージョン、新バージョン • サービス呼び出し • 関連をカスタマイズ可能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 19
  • 20. アセットの品質維持:ポリシー適用 ポリシーを設定し、遵守されているかどうかをチェックする仕組み 画面のチェックマークや、レポートで資産のポリシー遵守状況を一覧できる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 20
  • 21. 利用者からのフィードバック レビューの登録、参照レビューの入力 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 21
  • 22. プロジェクトの資産利用状況:コンプライアンス・レポートプロジェクトが指定された資産を 利用しているかをレポート 22 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 23. ROI レポート 他にもアセットの品質、セキュリティなど 20種類以上のレポートを標準で用意サービス開発者が予想した再利用価値サービス利用者が評価した再利用価値このプロジェクトで、サービスの再利用によって2620 人時間のコスト削 減があったことが分かる Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 23
  • 24. IDEとの統合(検索)IDEからOERのサービス情報 を検索する事ができるサービス情報からサービスを作成する(コンシュームする)事でOER上の再利用回数が カウントアップする対応しているIDE•JDeveloper•Eclipse•VisualStudio.NET Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 24
  • 25. IDEとの統合(資産情報の登録)IDEから作成したサービスやBPELプロセス等の開発成果物の情報をOERに簡単に登録する事ができる登録された成果物の情報は例えばサービスであれば、関連するWSDLやXSDの情報も自動で登録される対応しているIDE•JDeveloper•Eclipse•VisualStudio.NET Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 25
  • 26. Oracle Enterprise Repositoryの利用領域レポジトリはSOAに限らず利用が可能SOA Governance ソフトウェア IT 統制 資産管理 サービスの登録 エンタープライズ 資産管理名前、各種メタデータ アーキテクチャ ビジネスプロセス リレーション管理 アプリケーション コンプライアンス コンポーネントサービスの再利用 利用状況把握 分析 ポリシー管理 IDE 連携 インパクト分析 資産ポートフォリオ 利用状況把握 ROI 測定 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 26
  • 27. 【参考】 レポジトリとレジストリの利用 デザインタイム環境 ランタイム環境 ESB OSR QA メタデータの同期 SOA Apps OER OSR Stage UDDI対応 Exchange OSR 製品JDev Prod ユーティリティ Eclipse • Oracle では、ランタイム環境でのダイナミックなサービス発見やポリシーの適用のために別 途UDDIであるOracle Service Registry(OSR)を提供している • Exchange ユーティリティを利用して、OER⇔OSR間の双方向の同期が可能 • OER内のワークフローと統合し、同期を行う事ができる • 例)サービスのライフサイクルステージをQAにするとQA環境のOSRと同期、 StageにするとStage環境のOSRと同期するなど • OSRはUDDI3.0準拠のオープンなUDDIレジストリである Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 27
  • 28. AGENDA• Oracle のSOAガバナンス・ソリューション • SOAガバナンス・ソリューション全体像• Oracle Enterprise Repository のご紹介• Appendix: • Oracle Enterprise Repository 11gR1 新機能 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 28
  • 29. What’s New in 11gR1 SOA ガバナンス SOAライフサイクルにおけるスムーズな連続性• OERへの資産情報登録・更新の自動化 • デザインタイム環境、ランタイム環境双方の資産情報を ツールで自動で登録・更新できる(Harverster) Lifecycle Processes • サポートする製品の追加 • SOA Suite、Oracle Service Busに加えBPA Compositesのメタ情報も自動登録が可能• SOA Suite11gサポートの改善 • JDevとの統合をさらに機能改善 • 新たなSCA対応やOracle Service Bus資産の依存性な ども自動で登録が可能 Enterprise Repository• パッケージアプリケーションのサポート • アダプタに関するメタデータも加えてサポート可能• ヘテロジニアスなSOA環境を引き続きサポート • WebLogicやOracle DB以外のプラットフォームサポート (WebSphere, Tomcat, DB2, SQL Server) • JDevの他にEclipse, Visual Studio.NETをサポート Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 29
  • 30. What’s New in 11gR1 SOA ガバナンス デザインタイムからランタイムに至るまでの自動化された情報の循環 • SOA管理のための実績の高いテクノロジ を利用する • SOA管理のためのソフトウェア SOA Management Pack に AmberPoint が追加 • AmberPoint の追加によって、よりヘテロジニア Service スなサービスのサポートが可能(.NET WCFサ Registry ービスのサポートなど) • メトリック情報の循環 • ランタイムのパフォーマンス統計情報をOERに 取り込む事でデザインタイムでの意思決定が行 Enterprise いやすくなる(パフォーマンス、可用性等) Repository • SOA Management Packで取得したパフォーマ ンスの統計情報をOER上のサービス情報に自 動で更新できる SOA Management • Reg/Rep Exchange Utilityの改善 • エンドポイント更新のサポートの改善 • WS-Policy30 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 31. What’s New in 11gR1 SOAガバナンス アプリケーション統合におけるEnd-to-Endの可視性 • Adapter Solution Pack • OERを通してパッケージアプリ ケーション・アダプタを可視化 • パッケージアプリケーションの AIA Process Integration Packs Packaged Integration Flows For Specific Applications & Processes サービスをOERに登録 AIA Foundation Packs • Siebelなどの幾つかのアプリケー Reference Process Common Object Definitions SOA/BPM Framework & ションのサービスをCertify Models & Standard Shared Services Methodology SOA Suite BPM Suite SOA Governance • AIA Solution Pack for Oracle Enterprise Repository Process Integration B2B Integration Process Management Registry & Repository Service Management • Foundation PackなどのAIAのアセ ット情報をOERにパッケージして提 供する31 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 32. オラクルのミドルウェア関連情報 twitter.com/OracleMiddle_jp/ 最新情報つぶやき中 最新情報OracleMiddle_jp おすすめ情報 セミナ情報 などなど slideshare.net/OracleMiddleJP 製品資料 顧客事例 ホワイトペーパー などなど Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 33. Oracle エンジニアのための技術情報サイトオラクルエンジニア通信 最新情報つぶやき中 oracletechnetjphttp://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ • 技術資料• ダイセミの過去資料や製品ホワイト ペーパー、スキルアップ資料などを多 様な方法で検索できます• キーワード検索、レベル別、カテゴリ 別、製品・機能別 • コラム• オラクル製品に関する技術コラムを 毎週お届けします• 決してニッチではなく、誰もが明日か ら使える技術の「あ、そうだったん こんな資料が人気です だ!」をお届けします  6か月ぶりに資料ダウンロードランキングの首位が交代! 新王者はOracle Database構築資料でした。  データベースの性能管理手法について、Statspack派も Enterprise Manager派も目からウロコの技術特集公開中オラクルエンジニア通信 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 34. OTN×ダイセミ でスキルアップ!! ・一般的な技術問題解決方法などを知りたい! ・セミナ資料など技術コンテンツがほしい! Oracle Technology Network(OTN)を御活用下さい。http://forums.oracle.com/forums/main.jspa?categoryID=484 一般的技術問題解決にはOTN掲示版の 「ミドルウェア」をご活用ください ※OTN掲示版は、基本的にOracleユーザー有志からの回答となるため100%回答があるとは限りません。 ただ、過去の履歴を見ると、質問の大多数に関してなんらかの回答が書き込まれております。 http://www.oracle.com/technetwork/jp/testcontent/index-086873-ja.html 過去のセミナ資料、動画コンテンツはOTNの 「OTNセミナー オンデマンド コンテンツ」へ ※ダイセミ事務局にダイセミ資料を請求頂いても、お受けできない可能性がございますので予めご了承ください。 ダイセミ資料はOTNコンテンツ オン デマンドか、セミナ実施時間内にダウンロード頂くようお願い致します。 Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 35. あなたにいちばん近いオラクル Oracle Direct まずはお問合せください Oracle Direct 検索 システムの検討・構築から運用まで、ITプロジェクト全般の相談窓口としてご支援いたします。 システム構成やライセンス/購入方法などお気軽にお問い合わせ下さい。 Web問い合わせフォーム フリーダイヤル専用お問い合わせフォームにてご相談内容を承ります。http://www.oracle.com/jp/direct/inquiry-form-182185-ja.html 0120-155-096 ※月曜~金曜 9:00~12:00、13:00~18:00※こちらから詳細確認のお電話を差し上げる場合がありますので、ご登録さ れている連絡先が最新のものになっているか、ご確認下さい。 (祝日および年末年始除く) Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 36. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved.
  • 37. Copyright© 2011, Oracle. All rights reserved. 37