Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版

1,923 views
1,826 views

Published on

今までやってみた自動化ネタをふりかえってみましたとさ。

0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,923
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
31
Actions
Shares
0
Downloads
27
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tabok 自己流自動化ふりかえり 展開版

  1. 1. 2/17(日) TABOK関西勉強会 自己流!テスト自動化ふりかえり みずのり@WARAI2/17 TABOK関西勉強会 1
  2. 2. 関連コミュニティ ■ソフトウェアテスト系 JaSST関西実行委員 WARAI(関西ソフトウェアテスト勉強会)運営 出没:TABOK関西(運営?)/東京、 WACATE、各地区のJaSST ■ETロボコン ETロボコン関西地区実行委員 ■その他 出没:アジャイルとかTOCfEとか適当に興味のある勉強会2/17 TABOK関西勉強会 2
  3. 3. 持ちネタ(発表、ワークショップ)■ロジカルシンキングエンジニアのためのロジカルシンキング(考え方編、伝え方編)■キャリア論&スキルを考えるネタ“自分”を研究する~自己のスキル・動機を見つめなおす■仕事術、タスク管理タスクを分解して、タスク設計を考えるお話■ソフトウェアテストテスト設計コンテスト@2012(2位)、@2013、テストの段階的詳細化手法(JaSST’13東京論文)■ETロボコンモデル分析ネタ■プロセスPFD(プロセスフローダイアグラム)ワークショップ■プロジェクトキックオフ(目標を考える)ワークショップ、ふりかえりワークショップ■ソフトウェアテストテスト技法、テストネタのワークショップ@WARAI2/17 TABOK関西勉強会 3
  4. 4. 持ちネタ(デザイン) ■Ultimate Agile Stories ■いろいろアイコン2/17 TABOK関西勉強会 4
  5. 5. あれ? エンジニアですか?⇒ orz… たまにはエンジニアっぽいネタを紹介したいです。2/17 TABOK関西勉強会 5
  6. 6. コンテンツ以下の流れで説明。・業務での自動化展開のふりかえり。・今まで実施してきた考え方のふりかえり。2/17 TABOK関西勉強会 6
  7. 7. システム自動化の一例を紹介 デモなし。 「システムテスト」のお話。 単体テストな話は全くありません。 コンポーネント 統合 システム テスト テスト テスト2/17 TABOK関西勉強会 7
  8. 8. 業務紹介 Systems of System 組込みインフラっぽいもの。 個産なのに24時間365日 海外からの買い物装置、A社製品、B社製品の組合せ。 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC2/17 TABOK関西勉強会 8
  9. 9. 業務紹介システムの妥当性確認試験が必要。 複数設定対応。200設定とか。 1設定で運用をするのに複数の 制御が必要。1制御が3分くらい。 合計で1設定10分程度。 ⇒マニュアルで付きっきり? © あずまきよひこ 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC2/17 TABOK関西勉強会 9
  10. 10. 業務紹介システムの妥当性確認試験が必要。 複数設定対応。200設定とか。 1設定で運用をするのに複数の 制御が必要。1制御が3分くらい。 合計で1設定10分程度。 ⇒マニュアルで付きっきり? やってられないので自動化! 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC2/17 TABOK関西勉強会 10
  11. 11. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 http://www.uwsc.info/ ※キャプチャ&リプレイツールです。 ※本日はツール自体の「使い方」は省略します。2/17 TABOK関西勉強会 11
  12. 12. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 同じ処理を繰返し再生し続ける。 システム2/17 TABOK関西勉強会 12
  13. 13. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 同じ処理を繰返し再生し続ける。 UWSC システム2/17 TABOK関西勉強会 13
  14. 14. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ② CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム 設定 ファイル CSV2/17 TABOK関西勉強会 14
  15. 15. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ② CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム ■フェーズ③ 個別の制御の選択が出来るように。 設定 ファイル CSV A B C バイパス C’ 選択2/17 TABOK関西勉強会 15
  16. 16. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 PICNIC 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ② アプリ CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム ■フェーズ③ 個別の制御の選択が出来るように。 ■フェーズ④ 設定 ファイル 周りの環境も出来る限り制御可能に。 CSV A B C バイパス C’ 選択2/17 TABOK関西勉強会 16
  17. 17. 変わり行く状況 Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 PICNIC 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ② アプリ CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム 自動 判定 ■フェーズ③ 個別の制御の選択が出来るように。 ■フェーズ④ 設定 ファイル 周りの環境も出来る限り制御可能に。 CSV A B C バイパス ■フェーズ⑤ C’ 結果判定がメンドイので、自動判定機能追加。 選択2/17 TABOK関西勉強会 17
  18. 18. 変わり行く状況 自動判定表示方法のイメージ 2013/2/17 10:00:00 Config1 Test OK 2013/2/17 10:12:00 Config2 Test OK Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 2013/2/17 10:25:00 Config3 7Error NG 2013/2/17 10:35:00 Config4 Test OK ■フェーズ① 人が入力していたトリガを決め打ち。 PICNIC 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ② アプリ CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム 自動 判定 ■フェーズ③ 個別の制御の選択が出来るように。 ■フェーズ④ 設定 ファイル 周りの環境も出来る限り制御可能に。 CSV A B C バイパス ■フェーズ⑤ C’ 結果判定がメンドイので、自動判定機能追加。 選択2/17 TABOK関西勉強会 18
  19. 19. 変わり行く状況 自動判定表示方法のイメージ 2013/2/17 10:00:00 Config1 Test OK 2013/2/17 10:12:00 Config2 Test OK Windows自動化ソフト「UWSC」を軸に自動化環境を構築。 2013/2/17 10:25:00 Config3 7Error NG 2013/2/17 10:35:00 Config4 Test OK ■フェーズ①: Level1(Linear) 人が入力していたトリガを決め打ち。 PICNIC 同じ処理を繰返し再生し続ける。 ■フェーズ②: Level2(Data Driven) アプリ CSVから設定パターンを変更可能に。 UWSC システム 自動 判定 ■フェーズ③: Level2(Functional Decomposition) 個別の制御の選択が出来るように。 ■フェーズ④ 設定 ファイル 周りの環境も出来る限り制御可能に。 CSV A B C バイパス ■フェーズ⑤ C’ 結果判定がメンドイので、自動判定機能追加。 選択 TABOK:4章でいうとLevel2まで+使いやすさ優先?2/17 TABOK関西勉強会 19
  20. 20. 成果的なもの リリース後に発生していた不具合が1/5くらいに。 ※同時に勉強していたテストプロセス系の効果も有ります。 海外購入品へのイチャモンに自動試験環境を持っていったら従った。 ⇒そのメーカがいつの間にかウチのツールで試験しやがっていた。 再現しない不具合を指摘されてから、(連続可能な)再現環境構築、 すぐに再現するか?という判断、対応までが圧倒的に早くなった。 時間は感覚的ですが、リードタイム1/5くらいかな?2/17 TABOK関西勉強会 20
  21. 21. 最近は…?システム試験に自動化環境前提のテストケースが入るようになっている。<効果>・信頼性の確認+安心感・テスタビリティ、客先出荷後の保守性向上・システムを考える、システムとして動かす<その他> 本当に 10万回・(再現しない)不具合再現に活用。 大丈夫? 試験したよ・改修後の妥当性を示す。2/17 TABOK関西勉強会 21
  22. 22. 考え方のふりかえりと整理自動化環境つくりの考え方を整理してみます。※多分、(無意識に)出来ている人が多いはず。今回は自己流で「組込みシステム」における自動化環境の作り方の考え方を中心に紹介してみます。2/17 TABOK関西勉強会 22
  23. 23. 自動化といえば?いったん、「自動化といえば?」というお題で考えてみました。やたら発散する感じです。 Sikuliサイコー(≧▽≦) xUnit使わないなんてありえないよね シミュレータとか無いと試験できないよ! 上司が全部自動化とか言うんですよ 費用対効果を考えないと! 今から全部自動化なんて出来ないっすよ 自動化って単体テストのことじゃないの? データ作成も自動化だぜ! 組込みじゃ現実的じゃなさそう ユーザビリティとかも自動に見るのかな…2/17 TABOK関西勉強会 23
  24. 24. 自動化といえば?いったん、「自動化といえば?」というお題で考えてみました。やたら発散する感じです。 ツール Sikuliサイコー(≧▽≦) xUnit使わないなんてありえないよね シミュレータとか無いと試験できないよ! 上司が全部自動化とか言うんですよ ROI 費用対効果を考えないと! 構築アプローチ 今から全部自動化なんて出来ないっすよ 自動化って単体テストのことじゃないの? プロセス データ作成も自動化だぜ! 組込みじゃ現実的じゃなさそう ユーザビリティとかも自動に見るのかな… テストの考え方2/17 TABOK関西勉強会 24
  25. 25. 自動化といえば?(アプローチ)自動化を構築する際のアプローチを紹介。 トップダウンアプローチ: 全体のフェーズを考えて、必要な環境を見込む 「何を見るか?」という大まかな確認する性質(品質特性等)を見込む 必要な(ツール及び開発対象アプリ)要求を特定し、開発計画へ展開 ボトムアップアプローチ: マニュアル作業を自動化に落とし込む(いろいろ工夫しつつ) 最も使う手順、運用パターンから考える。 繰返し出来るようになった上で、パターン変更可能、使用性を高める 個別に作成した自動化を統合的に動かす2/17 TABOK関西勉強会 25
  26. 26. 自動化といえば?(プロセス)自動化?テスト?に関わるプロセスを紹介※「テストツール丸わかりガイド」より http://aster.or.jp/business/testtool_wg/pdf/Testtool_beginningGuide_Version1.0.0.pdf テスト分析: テスト対象を理解してテストすべきことを明確にする 要件管理ツール テスト設計: テスト条件を確認する具体的なパターンを見込む 原因結果グラフツール、組合せテスト支援ツール(直交表、オールペア)、 状態遷移テストツール、動的解析ツール、カバレッジ計測ツール、その他 テスト実装: テストを実行できるための一連の作業 シミュレータ(スタブツール)、ラボイメージ、データジェネレータ、ケース管理ツール テスト実行: 通常「テスト」と呼ばれる作業 ユニットテストツール、キャプチャ/リプレイツール、性能テストツール セキュリティテストツール、テスト自動実行支援ツール その他: コード解析、テストウェア管理、テスト結果管理、インシデント管理2/17 TABOK関西勉強会 26
  27. 27. 自動化といえば?(プロセス)自動化?テスト?に関わるプロセスを紹介※「テストツール丸わかりガイド」より http://aster.or.jp/business/testtool_wg/pdf/Testtool_beginningGuide_Version1.0.0.pdf テスト分析: テスト対象を理解してテストすべきことを明確にする まず「自動化といえば…」で 要件管理ツール 考えるべき範囲は テスト設計: テスト条件を確認する具体的なパターンを見込む この辺になるかと思います。 原因結果グラフツール、組合せテスト支援ツール(直交表、オールペア)、 状態遷移テストツール、動的解析ツール、カバレッジ計測ツール、その他 テスト実装: テストを実行できるための一連の作業 シミュレータ(スタブツール)、ラボイメージ、データジェネレータ、ケース管理ツール テスト実行: 通常「テスト」と呼ばれる作業 ユニットテストツール、キャプチャ/リプレイツール、性能テストツール セキュリティテストツール、テスト自動実行支援ツール その他: コード解析、テストウェア管理、テスト結果管理、インシデント管理2/17 TABOK関西勉強会 27
  28. 28. 自動化といえば?(テストの考え)テストの考え方。いろいろ有りますが、今回紹介するのは「何を見る?」と「どうやって見る?」の考え方。 何を見る? どうやって見る?2/17 TABOK関西勉強会 28
  29. 29. 何を見る?ぶっちゃけ、皆さんなら勘でOK。…ですが、一応テストな人の考え方で紹介してみます。ここは「自動化を対象」した考えではなく、「テストを対象」した考えで紹介です。 ここからは ポットの 具体例を多数 © SESSAME http://www.sessame.jp/2/17 TABOK関西勉強会 29
  30. 30. 何を見る?(テスト対象)例えば、「テスト対象」≒バグをもつもの、テストで保証する対象。ターゲットを考えるにはどうしましょう?とあるシステムでは? 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC2/17 TABOK関西勉強会 30
  31. 31. 何を見る?(テスト対象)例えば、「テスト対象」≒バグをもつもの、テストで保証する対象。ターゲットを考えるにはどうしましょう?とあるシステムでは? 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC デ 機 振 シナリオ ー 能 舞ユース ミスユース タ いケース ケース コンポーネント、 クラス ソースコード、 メソッド2/17 TABOK関西勉強会 31
  32. 32. 何を見る?(テスト対象)例えば、「テスト対象」≒バグをもつもの、テストで保証する対象。ターゲットを考えるにはどうしましょう?とあるシステムでは? 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC デ 機 振 シナリオ ー 能 舞ユース ミスユース 広さ タ コンポーネント、 いケース ケース クラス 「広さ」と「深さ」双方が ソースコード、 あるというイメージが 深さ メソッド 分かりやすいかも。2/17 TABOK関西勉強会 32
  33. 33. 何を見る?(テスト対象)例えば、「テスト対象」≒バグをもつもの、テストで保証する対象。「ポット」を考えてみると…? プロダクト 操作 ユーザ 危険性 HW領域 SW 領域 サービス お湯、ミルク等を介しての ユーザへの価値提供2/17 TABOK関西勉強会 33
  34. 34. 何を見る?(テスト対象)例えば、「テスト対象」≒バグをもつもの、テストで保証する対象。「ポット」を考えてみると…? 対象を表現する方法は…? プロダクト 操作 ユーザ SW ユースケース ふ HW I/F 機 る 危険性 HW領域 能 ま い ミスユースケース/FTA等 設計/クラス・ コンポーネント サービス お湯、ミルク等を介しての ソースコード ユーザへの価値提供 関数単位 シナリオ2/17 TABOK関西勉強会 34
  35. 35. 何を見る?(性質)あとは、「品質特性」やら「テストタイプ(特定のテストの集合体)」…対象に対して、「何の性質を見る?」を考えるためのモノです。※Myライブラリからの抜粋 適切さ 時間挙動 効率性 正確性 資源の活用度 機能性 相互運用性 分析のしやすさ セキュリティ 変更のしやすさ 保守性 成熟度 安定性 品質特性(ISO9126) 信頼性 フォールトレランス テストのしやすさ 復元力 順応性 理解のしやすさ インストールのしやすさ 移植性 学習のしやすさ 共存力 使用性 操作のしやすさ 置換製 魅力2/17 TABOK関西勉強会 35
  36. 36. 何を見る?(性質) あとは、「品質特性」やら「テストタイプ(特定のテストの集合体)」… 対象に対して、「何の性質を見る?」を考えるためのモノです。 ※Myライブラリからの抜粋 引き出しを持っていると便利です。 Facility Testing 機能テスト互換性/コンパチテスト Compatibility/conversion Testing Volume Testing ボリュームテスト インストーラビリティテスト Installability Testing ストレステスト Stress Testing 信頼性テスト Reliability Testing ユーザビリティテスト Usability Testing リカバリーテスト Recovery Testing Myersの Mayersの システムテストカテゴリ システムテストカテゴリ セキュリティテスト Security Testing サービスアビリティテスト Serviceability Testing 性能/パフォーマンステスト Performance Testing ドキュメンテーションテスト Documentation Testing ストレージテスト Storage Testing 手続きテスト Procedure Testing 設定/コンフィグテスト Configuration Testing2/17 TABOK関西勉強会 36
  37. 37. 何を見る?(対象×性質) それぞれの対象に対して、何を見るかを考える。 これはテストの狙いどころですが、自動化を考える時も同じでしょう。 データのサイズ(1ファイル、装置間I/F 機能性。 最大蓄積)、ログローテート装置間データのボリューム。瞬間的、平均的な負荷。 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC デ 機 振 状態遷移 シナリオ 処理レスポンス、 ー 能 舞 競合確認 ユーザビリティ確認 タ いユース ミスユース 機能テスト 手順ミス時の復旧 コンポーネント、ケース ケース 繰り返しの信頼性 パラメータ組合せ クラス による論理確認 ソースコード、 メソッド※続きは「WARAI」で^^ 単体テスト 境界値2/17 TABOK関西勉強会 パスカバレッジ 37
  38. 38. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 某SNSK流の自動化の考え方は、以下という話です。 Drive(駆動)、Judge(判断)、Report(報告) 対象 対象2/17 TABOK関西勉強会 38
  39. 39. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 某SNSK流の自動化の考え方は、以下という話です。 Drive(駆動)、Judge(判断)、Report(報告) ツール (Drive) 対象 対象 対象2/17 TABOK関西勉強会 39
  40. 40. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 某SNSK流の自動化の考え方は、以下という話です。 Drive(駆動)、Judge(判断)、Report(報告) ツール (Drive) 対象 対象 ツール (Judge) 対象 対象2/17 TABOK関西勉強会 40
  41. 41. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 某SNSK流の自動化の考え方は、以下という話です。 Drive(駆動)、Judge(判断)、Report(報告) orz… ツール (Drive) 対象 対象 ツール Mail (Judge) ツール 対象 (Report) 対象2/17 TABOK関西勉強会 41
  42. 42. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 対象を計算機 or システムテストの方法を考えてみるというものです。 シミュレータ上から 某SNSK流の自動化の考え方は、以下という話です。 直接操作 Drive(駆動)、Judge(判断)、Report(報告) 操作に対して 応答、反応がある orz… ツール (Drive) 対象 対象 ツール Mail (Judge) ツール 対象 (Report) 対象2/17 TABOK関西勉強会 42
  43. 43. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 組込みではどうしましょ?2/17 TABOK関西勉強会 43
  44. 44. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 組込みではどうしましょ? おいくら 万円?2/17 TABOK関西勉強会 44
  45. 45. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 組込みではどうしましょ? ⇒ 適度な仕組みが必要 ツール (Drive) 話題沸騰モニタ ツール 85 ℃ (Judge) 沸騰 中 ヒータ ON 【センサ状態】温度、水位 【制御状態】ヒータ、ポンプ、温度制御2/17 TABOK関西勉強会 【その他】CPU、メモリ、タスク切替 45
  46. 46. どうやって見る? ※ツールとは関連しますが、ツール直接の話はありません。 システムテストの方法を考えてみるというものです。 Drive、Control、Monitor、Judge、Reportという感じかなと。 Control 試験のための 機能、テストが必要 ツール ⇒ROIを考えよう! (Drive) Monitor 話題沸騰モニタ ツール 85 ℃ (Judge) 沸騰 中 ヒータ ON 【センサ状態】温度、水位 【制御状態】ヒータ、ポンプ、温度制御2/17 TABOK関西勉強会 【その他】CPU、メモリ、タスク切替 46
  47. 47. ばらして考えてみようDrive どうやってシステムを駆動させるべきか? 結構ツールがあるので、省略(UWSC、WSH、bat、sh、Sikuli…)Control シミュレータの開発準備や、特別なI/Fを別途用意する必要があるか? 別途H/Wや環境の制御まで考える必要があるか?Monitor 対象に対して状態通知の仕組みを用意すべきか?外部の環境は? 制御の応答、イベント、ポーリング、画面での判定… パフォーマンステストなら、時間を測定する仕組みも必要。Judge 作りこみ、判断が正しいかの妥当性が大事、何を見る?どうやって見る? Monitorとの連携で、必要な確認項目を抽出して確実に検出Report 繰返し確認が必要な部分は簡単にしておく ※個産なので?、個人的にはそれほど重要視してません… ツール ツール Control (Drive) (Control) Monitor ツール ツール (Judge) (Monitor) テスト対象2/17 TABOK関西勉強会 47
  48. 48. ばらして考えてみようDrive どうやってシステムを駆動させるべきか? 結構ツールがあるので、省略(UWSC、WSH、bat、sh、Sikuli…)Control シミュレータの開発準備や、特別なI/Fを別途用意する必要があるか? 別途H/Wや環境の制御まで考える必要があるか?Monitor 対象に対して状態通知の仕組みを用意すべきか?外部の環境は? 制御の応答、イベント、ポーリング、画面での判定… パフォーマンステストなら、時間を測定する仕組みも必要。Judge 作りこみ、判断が正しいかの妥当性が大事、何を見る?どうやって見る? テストを詳細設計するフェーズ、 Monitorとの連携で、必要な確認項目を抽出して確実に検出Report 実施のフェーズでは間に合わない。 繰返し確認が必要な部分は簡単にしておく 開発段階、初期段階から ※個産なので?、個人的にはそれほど重要視してません… 仕組みを考える必要がある。 ツール ツール Control (Drive) (Control) Monitor ツール ツール (Judge) (Monitor) テスト対象2/17 TABOK関西勉強会 48
  49. 49. ばらして考えてみようDrive どうやってシステムを駆動させるべきか? 結構ツールがあるので、省略(UWSC、WSH、bat、sh、Sikuli…)Control シミュレータの開発準備や、特別なI/Fを別途用意する必要があるか? 別途H/Wや環境の制御まで考える必要があるか?Monitor 対象に対して状態通知の仕組みを用意すべきか?外部の環境は? 制御の応答、イベント、ポーリング、画面での判定… パフォーマンステストなら、時間を測定する仕組みも必要。Judge 作りこみ、判断が正しいかの妥当性が大事、何を見る?どうやって見る? Monitorとの連携で、必要な確認項目を抽出して確実に検出Report 繰返し確認が必要な部分は簡単にしておく ※個産なので?、個人的にはそれほど重要視してません… テスト詳細設計~実施の段階で ツール ツール 細かい保守性を含めての (Drive) (Control) 改善を行うことが可能。 Control ツール ツール 現場での施行錯誤が生きる場所 Monitor (Judge) (Monitor) テスト対象2/17 TABOK関西勉強会 49
  50. 50. 仕組みづくり何を対象に、何を見るか?を考えながら仕組みづくり。 装置② 装置② 他社製 アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC2/17 TABOK関西勉強会 50
  51. 51. 仕組みづくり 何を対象に、何を見るか?を考えながら仕組みづくり。 実現のために必要な仕組みを考える。※スケジュール、ROIが絡む 装置② 装置② シミュレータ アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC デ 機 振 ー 能 舞 タ い シミュレータ Controlツール Controlツール Driveツール シナリオベース 制御実施2/17 TABOK関西勉強会 Drive用PC 51
  52. 52. 仕組みづくり 何を対象に、何を見るか?を考えながら仕組みづくり。 システム的な仕組みを考えながら構築する必要があるなど。 装置② 装置② シミュレータ アプリ②-1 アプリ②-2 プロセスB 装置② Monitor機能 アプリ②-3 装置① プロセスA プロセスC デ 機 振 Monitor機能 ー 能 舞 タ い シミュレータ データ収集 Monitor Judge判定 データ Controlツール Driveツール シナリオベース 制御実施2/17 TABOK関西勉強会 Drive用PC 52
  53. 53. 仕組みづくり:マネジメント 実施内容 2012年11月 2012年12月 2013年1月 2013年2月 妥当性確認、検証  操作パネル妥当性 妥当性検証  温度制御、ヒータ 温度制御系 販売開始:  サーミスタ検証 準備 検証 2/15(金) 統合/システムテスト  スモークテスト スモーク  統合テスト①、② 統合テスト①、② テスト計画、  システムテスト① 準備 システムテスト① 分析  システムテスト② システムテスト② ヒータユニットプロトタイプ完成 操作パネルの完成! 新規サーミスタ評価版購入 ①操作パネル ②温度制御検証 ③操作パネル ④操作パネル完成後 妥当性検証 プロトタイプ 開発したHWと 完成前テスト 量産/出荷前確認テスト シミュレータを用意して、 温度制御試験用SWを用意、 操作パネルI/F以外の論理確認、 (システムテスト) 操作感、ユーザビリティと 温度制御の妥当性を確認 試験を実施。シミュレータを活用 操作パネルを含めた全体確認 状態遷移の妥当性を確認 して試験を実施。 温度制御 (出荷前確認テスト) 試験用S/W シミュレータを活用して自動化環境 を構築して効率化を狙う ヒータ サーミ プロトタイプ スタ 自動 制御 操作パネルシミュレータ 温度制御検証環境 シミュレータを用いたテスト環境 ツール2/17 TABOK関西勉強会 53
  54. 54. スペシャルサンクス 自動化構築の枠組み (Drive/Judge/Report)は @SNSKの検討がベースです。 Special Thanks!2/17 TABOK関西勉強会 54

×