地理空間情報ボランティアを  支える枠組みの提案           Infrastructure for Location Information Volunteer                           位置情報サービス研究機...
自己紹介河口 信夫 (かわぐち のぶお)• 名古屋大学大学院工学研究科 教授研究テーマ ユビキタス・コンピューティング• ユビキタス社会を支える基盤ソフトウェア 「cogma」• 無線LANを用いた位置推定ポータル「Locky.jp」 • カウ...
Locky.jp プロジェクト• 無線LANによる位置情報ポータル  • 無線LAN 基地局(WiFi AP) + 位置情報の収集• 無線LANによる位置推定の研究が目的• 2005年7月よりデータ収集開始  • ボランティアがデータ収集   ...
自転車を使った データ収集(2005年当時)                          GPS                                Stumbler    WiFi Antenna / Card        ...
Locky.jp で集められた WiFi基地局•2012年3月時点で  •106万 基地局    ボランティアベースで大規模データ収集が可能なことを示した              ただし、ボランティアの数は限定的 (2600人)   4
名古屋の地下鉄の無線LAN基地局を全調査              •83駅 356フロア              •28620箇所              •1777 APを収集
名古屋地下鉄実証実験             2008/11                       11月26日付け日刊工業新聞
Locky.jp プロジェクト によるiPhone アプリ群• 駅.Locky     (2009.10~)        126万DL  – 電車用の時刻表カウントダウン• 時刻表.Locky   (2010.6~)          32万...
iPhoneアプリ: 駅.Locky• GPS / WiFi測位を利用して最寄りの駅の  次の列車の時刻をカウントダウン• 時刻表は「ボランティア」による  情報提供(7875人)• 現在までに 126万ダウンロード• 毎日約10万アクセス
http://eki.locky.jp    「駅.Locky」用のWebサービス兼サポートサイト9
時刻表の提供状況(現時点では99%カバー) Oct 25 2009        Feb 25 2010         ここでも、ボランティアの力を確認した
Twitterでの評判       「Geoアクティビティフェスタ」来場者に     Android用「駅.Locky」ベータ版を配布中!
Lockyプロジェクトで得られた経験• ボランティアベースでのデータ収集は有効    サイバー空間の位置情報ボランティア• 例:駅.Locky で集められた「時刻表データ」は    誰のもの?誰が使って良いの? – こういったデータを他のサービ...
時刻表.Locky            駅.Locky は             電車用            時刻表.Lockyは             任意の時刻表            (バス、船、飛行機)            似...
草の根:位置情報サービス (他者事例)                 ポストマップ                      14
草の根:位置情報サービス (他者事例)                 トイレマップ                      15
このままだと。。。。(予想される未来)• 外出する前に、、、 – 時刻表のために → 時刻表.Locky・駅.Locky – ポストのために → ポストマップ – トイレのために → トイレマップ        利用者からすると        ...
もう一つの未来 全部 某G○○gle Maps が取り込んで 他プロバイダの存在は不要になる。。。     で、良いのでしょうか?                          17
位置情報サービスの課題(国土地理院への提言)   もう、単一のサービスで十分、    という時代は終わりました• 地図サービスは複数存在している – といっても、現時点では、G○○gle の独断場• 位置コンテンツ(位置に依存した情報)も多数•...
なぜ、位置情報データの流通が難しいのか?• 草の根/ボランティアベースの場合、  データ収集システムは、目的に特化するのが良い – 興味(楽しみ)としても、特化したほうがわかりやすい• 草の根・ボランティアベースでは、他者とデータを  やりとり...
地理空間情報ボランティアを支える枠組みの提案• 民間と公的機関、ボランティアの間に立つ基盤                                     民間           地方         公共              ...
実証実験と民間サービスの間を埋める                                   民間事業者          民間事業者有           ニッチな                                  ...
NPO法人 位置情報サービス研究機構 • NPO法人として、設立予定 (2012/10ごろを予定)  – Lisra: Location Information Service Research Agency目的: ・位置情報に関する技術・サー...
運営形態と事業予定• シンポジウムの開催  • 2012年11月頃を予定• 位置情報サービスの情報提供  • 公的/民間/草の根サービスの    リスティング  • 情報流通に向けての調査    (ご相談)• 位置連動広告に関する実験  • 「...
バナー情報システム• 駅.Locky にバナー表示機能• 表示内容は、位置等で  制御可能• Google App Engine 上  で動作.                バナー• 100,000 アクセス / 日アクセス状況
まとめ• 位置情報サービスのさらなる発展には  「すぐに事業化は難しいが社会に有用」  といったサービスが重要• サービスやボランティアを支える仕組みが必要 – 地理空間情報ボランティアを支える枠組みとして、   NPO法人 位置情報サービス研...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

地理空間情報ボランティアを支える枠組みの提案:Lisra設立にむけて

1,817

Published on

Geoアクティビティフェスタで最優秀賞を受賞した「地理空間情報ボランティアを支える枠組みの提案」プレゼンです。
NPO法人 位置情報サービス研究機構(Lisra)の設立に向けて頑張ってます。

地理空間情報ボランティアを支える枠組みの提案:Lisra設立にむけて

  1. 1. 地理空間情報ボランティアを 支える枠組みの提案 Infrastructure for Location Information Volunteer 位置情報サービス研究機構 設立準備委員会 代表・ 名古屋大学 教授 河口 信夫 Twitter: @nkawahttp://lisra.jp @LisraJ Facebook: nobuo.kawaguchi
  2. 2. 自己紹介河口 信夫 (かわぐち のぶお)• 名古屋大学大学院工学研究科 教授研究テーマ ユビキタス・コンピューティング• ユビキタス社会を支える基盤ソフトウェア 「cogma」• 無線LANを用いた位置推定ポータル「Locky.jp」 • カウントダウン時刻表サービス「駅.Locky」• 人間行動センシングコンソーシアム「hasc.jp」• 多地点間通信ミドルウェア「 SAMTK 」• 次世代統合管理システム 「NGMS」 駅.Locky
  3. 3. Locky.jp プロジェクト• 無線LANによる位置情報ポータル • 無線LAN 基地局(WiFi AP) + 位置情報の収集• 無線LANによる位置推定の研究が目的• 2005年7月よりデータ収集開始 • ボランティアがデータ収集 2
  4. 4. 自転車を使った データ収集(2005年当時) GPS Stumbler WiFi Antenna / Card Note PC Battery
  5. 5. Locky.jp で集められた WiFi基地局•2012年3月時点で •106万 基地局 ボランティアベースで大規模データ収集が可能なことを示した ただし、ボランティアの数は限定的 (2600人) 4
  6. 6. 名古屋の地下鉄の無線LAN基地局を全調査 •83駅 356フロア •28620箇所 •1777 APを収集
  7. 7. 名古屋地下鉄実証実験 2008/11 11月26日付け日刊工業新聞
  8. 8. Locky.jp プロジェクト によるiPhone アプリ群• 駅.Locky (2009.10~) 126万DL – 電車用の時刻表カウントダウン• 時刻表.Locky (2010.6~) 32万DL – バスや飛行機など、任意の時刻表に対応 – 国際対応.• 路線.locky (2009.11~) 6.8万DL – リアルタイム路線図 (名古屋市営地下鉄のみ )• App.Locky (2010.12~) 1.8万DL – コンテキストに応じたアプリケーション 推薦システム 2012/3/12 現在
  9. 9. iPhoneアプリ: 駅.Locky• GPS / WiFi測位を利用して最寄りの駅の 次の列車の時刻をカウントダウン• 時刻表は「ボランティア」による 情報提供(7875人)• 現在までに 126万ダウンロード• 毎日約10万アクセス
  10. 10. http://eki.locky.jp 「駅.Locky」用のWebサービス兼サポートサイト9
  11. 11. 時刻表の提供状況(現時点では99%カバー) Oct 25 2009 Feb 25 2010 ここでも、ボランティアの力を確認した
  12. 12. Twitterでの評判 「Geoアクティビティフェスタ」来場者に Android用「駅.Locky」ベータ版を配布中!
  13. 13. Lockyプロジェクトで得られた経験• ボランティアベースでのデータ収集は有効 サイバー空間の位置情報ボランティア• 例:駅.Locky で集められた「時刻表データ」は 誰のもの?誰が使って良いの? – こういったデータを他のサービスでも利用可能に するための枠組みも重要 – 地域毎や情報種別毎に、個別のサービスが立ち上がる のはいかがなものか? 位置依存情報の提供や流通の支援も必要
  14. 14. 時刻表.Locky 駅.Locky は 電車用 時刻表.Lockyは 任意の時刻表 (バス、船、飛行機) 似ているが 少し違うので、 共通化は 難しい 13
  15. 15. 草の根:位置情報サービス (他者事例) ポストマップ 14
  16. 16. 草の根:位置情報サービス (他者事例) トイレマップ 15
  17. 17. このままだと。。。。(予想される未来)• 外出する前に、、、 – 時刻表のために → 時刻表.Locky・駅.Locky – ポストのために → ポストマップ – トイレのために → トイレマップ 利用者からすると 自分に特化した – 休憩のために → 喫茶マップ サービスが欲しい – ロッカーのために → ロッカーマップ 地域限定 – 車を借りるために → レンタカーマップ 高齢者向き 身障者向き – 食事のために → 食事マップ コンテンツ提供者は、データを かかえこんでしまいがち 必要なサービスを、必要な時に見つけられますか? 16
  18. 18. もう一つの未来 全部 某G○○gle Maps が取り込んで 他プロバイダの存在は不要になる。。。 で、良いのでしょうか? 17
  19. 19. 位置情報サービスの課題(国土地理院への提言) もう、単一のサービスで十分、 という時代は終わりました• 地図サービスは複数存在している – といっても、現時点では、G○○gle の独断場• 位置コンテンツ(位置に依存した情報)も多数• しかし、これらを自由に選択・組合せする 仕組みが欠けている マップ コンテンツ マップ コンテンツ 基盤 地図情報 × マップ サービス サービス × コンテンツ サービス サービス サービス サービス 利用者にとって便利なサービスが選択できるように 18
  20. 20. なぜ、位置情報データの流通が難しいのか?• 草の根/ボランティアベースの場合、 データ収集システムは、目的に特化するのが良い – 興味(楽しみ)としても、特化したほうがわかりやすい• 草の根・ボランティアベースでは、他者とデータを やりとりするコスト(手間)を出すことが難しい• 企業では、コスト(網羅性の保証)や、 リスク(誤りの可能性)があり集められないデータも。。。 そもそも「データ・コンテンツ」が命なので、 その流通なんて、、、 19
  21. 21. 地理空間情報ボランティアを支える枠組みの提案• 民間と公的機関、ボランティアの間に立つ基盤 民間 地方 公共 事業者 自治体 交通機関 公的機関 データ提供 データ提供 民間 事業者 ボランタリ草の根 地理空間情報 データ提供サービス インフラ・組織 民間 地理空間情報ボランティア 事業者 草の根 サービス 20
  22. 22. 実証実験と民間サービスの間を埋める 民間事業者 民間事業者有 ニッチな 民間 位置情報 位置情報 サービス事業 サービス事業 収 事 益 業収 性 化益 が も性 高 可 ま 能 れ ば 本提案のターゲット 実証実験 ボランタリベースの 位置情報サービス 地理空間情報サービス無 研究機関 小 規模のスケール 大 21
  23. 23. NPO法人 位置情報サービス研究機構 • NPO法人として、設立予定 (2012/10ごろを予定) – Lisra: Location Information Service Research Agency目的: ・位置情報に関する技術・サービスの研究・開発 ・位置情報関連技術の教育・振興 ・位置情報登録を⾏なうボランティアの⽀援事業: 1. 位置情報に関する技術・サービス等の情報提供事業 2. 位置情報に関するシンポジウム・セミナー開催事業 3. 位置情報に関する情報システムの開発・実験事業 4. 位置情報や位置依存情報の収集・提供及び流通⽀援事業 5. 位置情報に関するボランティア活動の⽀援事業 6. その他この法⼈の⽬的を達成するために必要な事業 22
  24. 24. 運営形態と事業予定• シンポジウムの開催 • 2012年11月頃を予定• 位置情報サービスの情報提供 • 公的/民間/草の根サービスの リスティング • 情報流通に向けての調査 (ご相談)• 位置連動広告に関する実験 • 「駅.Locky」のバナーを実験に活用 • NPO会員から構成される実験WGを構成 • 実際の位置連動広告の実証実験を実施 23
  25. 25. バナー情報システム• 駅.Locky にバナー表示機能• 表示内容は、位置等で 制御可能• Google App Engine 上 で動作. バナー• 100,000 アクセス / 日アクセス状況
  26. 26. まとめ• 位置情報サービスのさらなる発展には 「すぐに事業化は難しいが社会に有用」 といったサービスが重要• サービスやボランティアを支える仕組みが必要 – 地理空間情報ボランティアを支える枠組みとして、 NPO法人 位置情報サービス研究機構 を設立(予定) – All Japan の位置情報サービス流通を目指します。 ぜひ、会員として、ご参加下さい。(絶賛募集中)複数の位置情報サービス事業者からご賛同を頂いてます お問い合わせは info@lisra.jp までどうぞ 25
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×