Ruby on Rails入門

1,109 views
1,048 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,109
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ruby on Rails入門

  1. 1. アプリケーションの日本語化
  2. 2. アプリケーションの日本語化2 日本語化の手法  Ruby Gettext Package を使う  Ruby で書かれたアプリケーションを国 際化するためのフレームワーク  インストール gem install gettext
  3. 3. アプリケーションの日本語化3 準備  config/environment.rb を編集 require 'gettext/rails’  app/controllers/application.rb を編集 init_gettext 'book' # プロジェクト名を指定
  4. 4. アプリケーションの日本語化4 Gettext で利用するファイル  po ファイル – 人間が利用するファイル  mo ファイル – アプリケーションが利用するファイル
  5. 5. アプリケーションの日本語化5 Gettext Scaffold generator プラグイン  プラグイン – Rails の機能を拡張するためのしくみ  Gettext Scaffold generator – これを使うと po ファイルや mo ファイルの作成が 楽になる  インストール ruby script/plugin install svn://rubyforge.org/var/svn/gettextscaffold/gettext_scaffold
  6. 6. アプリケーションの日本語化6 利用手順 (1)  rake gettext:setup – po ファイルと mo ファイル ( の雛形 ) を作成  rake gettext:update_po – ビューやモデルから日本語化すべき部分を 追加する
  7. 7. アプリケーションの日本語化7 利用手順 (2)  po/ja/books.po ファイルの編集 msgid "Book|Author” msgstr " 著者 "
  8. 8. アプリケーションの日本語化8 利用手順 (3)  日本語化したい文字列を _( ) メソッド で囲い、 po/ja/books.po ファイルを編集 <%= link_to _('Show'), … msgid "Show” msgstr " 表示 "
  9. 9. アプリケーションの日本語化9 利用手順 (4)  rake gettext:make_mo – mo ファイルの生成
  10. 10. アプリケーションの日本語化9 利用手順 (4)  rake gettext:make_mo – mo ファイルの生成

×