ElasticBeanstalkで作るPHP実行環境

239 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
239
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
25
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ElasticBeanstalkで作るPHP実行環境

  1. 1. ElasticBeanstalkで作る PHP動作環境 株式会社クリスク 染野 修之
  2. 2. Proprietary and Confidential ■五反田、タイ、シンガポールの3カ所に拠点を持つ、 ウェブマーケティング、ウェブコンサルティングの会 社 ■ウェブサイト、アプリの制作、開発、運用、保守 ■自社メディアの運営 ■タイの学生の日本への留学支援、企業の東南アジア 進出支援、カフェの経営 2 クリスクとは
  3. 3. Proprietary and Confidential ■AWSのサービスのひとつ(PaaS) ■ウェブアプリの実行環境を一括で構築・管理 ■初期設定で、ELB、EC2、(RDS)を自動で構築 ElasticBeanstalkとは 3 ※参考URL: http://aws.amazon.com/jp/elasticbeanstalk/
  4. 4. Proprietary and Confidential ■サービスの本質に集中したい ■本質 ・検索機能 ・ログイン機能 ・一覧表示、ソート ・などなど ■本質以外 ・環境構築 ・負荷分散 ・バージョン管理 ・などなど なぜ使うか 4
  5. 5. Proprietary and Confidential ■迅速なスタートアップ ■顧客のニーズに迅速に対応 なぜ使うか 5
  6. 6. Proprietary and Confidential ■エンジニアが二人しかいない ・リソースを少しでも開発に回したい ・環境構築、運用、保守等の工数はなるべく減らしたい ・多数のプロジェクトの管理を簡単にしたい ■そもそもインフラ専任のエンジニアがいない ・冗長化構成等、複雑な環境の構築 → アプリエンジニアだけで、対応をする必要がある 6 弊社でElasticBeanstalkを使う理由
  7. 7. Proprietary and Confidential ■EC2,ELB,RDS,オートスケール等の基本設定 が一括で設定可能 7 ELB EC2 EC2 RDS 初期構成 オートスケール EC2 EC2 設定が簡単!
  8. 8. Proprietary and Confidential ■EC2 ・Apache、PHPのインストール ■ELB ・EC2の紐づけ ■オートスケーリング ・設定時にELBを選ぶと自動で設定される ・初期設定は最少構成1台、最大構成4台 8 自動で設定
  9. 9. Proprietary and Confidential ■PHP以外にも、Python、Ruby、 Node.js、.NET、 Javaに対応 9 様々な環境に対応
  10. 10. Proprietary and Confidential ■EC2インスタンスのカスタマイズ ・sshでログインできる ・自由に何でもできる ■ELBの設定 ・必要に応じてSSLの設定 ・SMTPやPOP等必要なポートの許可 ・などなど ■オートスケールの設定 ・最少台数、最大台数の変更 ・CloudWatchにアラートを追加してスケーリングの条件を追 加 10 個別の設定
  11. 11. Proprietary and Confidential ■サーバーが複数台あると作業が大変 ・複数のサーバーで同じ作業の繰り返し ・反映漏れ ・バグがあった時の戻し作業など 11 デプロイが簡単
  12. 12. Proprietary and Confidential ■zipでアップロード ■gitでpush 12 デプロイの方法
  13. 13. Proprietary and Confidential ■管理画面からzipをアップロード ■全てのEC2インスタンスに自動で展開 ■アップロードする時にバージョンの履歴が残 る ■管理画面からワンタッチで過去のバージョン に戻せる 13 zipでアップロード
  14. 14. Proprietary and Confidential ■git aws.push ・全てのEC2インスタンスに反映 ■git aws.push –commit [コミットID] ・特定のブランチをデプロイ ■git aws.push –environment[environment名] ・特定のenvironmentに対してデプロイ 14 ※git aws.pushを使う為には、AWS DevToolsのインストールが必要 ※参考URL: http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/ gitでpush
  15. 15. Proprietary and Confidential ■Environmentを追加 ・本番と同じ構成の環境が画面操作だけで簡単に作れる ■デプロイ ・動作確認したいバージョンをデプロイ 15 環境管理 Environment(本番環境) New Environment(テス ト) Version3 Version2 Version1 確認 デプロイ
  16. 16. Proprietary and Confidential ■サーバーの調達から設定までが10分程度で完 了 ・すぐに開発に着手できる ■インフラ構築・運用の工数削減 ・サービスの本質に集中できる 16 エンジニア2人でも
  17. 17. Proprietary and Confidential 17 エンジニア2人でも
  18. 18. Proprietary and Confidential 大量のプロジェクトを エンジニア2人だけで回せる!! 18 エンジニア2人でも
  19. 19. Proprietary and Confidential サービスの本質に集中できる!! 19 エンジニア2人でも
  20. 20. ご清聴ありがとうございました! 20Copyright © 2013 clisk corporation. All rights reserved. タイにお越しの際には是非お立ち寄り下さい Webコンサルティング Web制作 アプリ開発 海外進出支援

×