0
Windows Server 2012
Hyper-V レプリカの運用
阿部 直樹(NAOKI ABE)
MICROSOFT MVP – VIRTUAL MACHINE
自己紹介
 阿部 直樹( Naoki ABE )
 マイクロソフト認定トレーナー
 エディフィストラーニング株式会社所属
 主な担当分野
 Windows Server (AD,Network,Security,Cluster)
 ...
アジェンダ
 Part1 Disaster Recovery
 Part2 Hyper-V Replica Initial Configration
 Part3 Hyper-V Replica Configration
 Part4 ...
Part1 DISASTER RECOVERY
Disaster Recovery
 ウィキペディアより出典
 ディザスタリカバリ(英語:disaster recovery)とは、災害などによる被害からの回復措置、あ
るいは被害を最小限の抑えるための予防措置のこと。主にコンピュータシステ...
Microsoft が提供する DR テクノロジー
 マルチサイトクラスター
 クラスター上で稼働しているアプリケーションを異なるサイトに自動でフェールオーバーする
 Hyper-V レプリカ
 仮想マシン単位で異なるサイトにレプリカ設...
マルチサイトクラスター
 Windows Server 2008 より マルチサイトクラスターに対応
 共有ディスクを持たないので、複製ソリューションが必要
 現実問題として、マルチサイトクラスターに対応しているのは、Exchange S...
マルチサイトクラスター考慮点
 ドメイン環境必須
 同一ドメインに全ノード(全てのサイト)が所属している必要がある
 DNS の名前解決(DNS リゾルバキャッシュ)
フェールオーバー時、クライアントにはプライマリサイトで稼働中のサーバー...
Hyper-V レプリカ
 Windows Server 2012 より導入されたソリューション
 Hyper-Vホスト間で仮想マシンを複製することで仮想マシンの可用性を向上させる機能
Hyper-V ホスト Hyper-V ホスト
仮想マ...
(参考)基本用語確認
•Hyper-V Replication Logfile の略称。Hyper-Vレプリカのレプリケーションにおいてネットワーク上を流れるログファイル。
HRL
•複製元の拠点
プライマリサイト
•複製先の拠点
レプリカサイ...
Hyper-V レプリカの特徴
 専用の通信経路や特別なハードウェアを使用することなくVMのレプリケーション可能
 プライマリサイトとレプリカサイトのハードウェア構成を同一にする必要はない
 プライマリサイトの仮想マシンをオンライン状態で...
Part2
HYPER-V REPLICA
INITIAL CONFIGRATION
Hyper-V の設定
 レプリケーションの構成にて、「レプリ
カサーバーとしてこのコンピューターを
有効にする」にチェック
 認証とポート
 Kerberos を使用する(HTTP)
 証明書ベースの認証を使用する(HTTPS)
 ...
認証とポート
Kerberos 認証(HTTP)
 プライマリサーバーとレプリカサーバー
を AD に参加させる
 HTTP トラフィックによりレプリケーショ
ンされ、暗号化はされない
証明書ベースの認証(HTTPS)
 ワークグループの...
”
“
DEMO
HYPER-V レプリカの証明書作成
(参考)自己署名証明書
 MakeCart の入手方法
 Windows 8 用 Windows ソフトウェア開発キット (SDK)
http://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/hardware/hh85...
Firewall 設定
 セキュリティが強化された Windows ファイアウォール の 受信許可
 Active Directory 環境で kerberos を使用したレプリケーション
 Hyper-V レプリカ HTTP リスナー ...
Tips
 プライマリサイトとレプリカサイトにおいて、プライマリサイト障害時はレプリカサイトで
VMが稼働する
 プライマリサイト復旧時、レプリカサイトがプライマリサイトに、プライマリサイトがレプ
リカサイトに変更することが想定できる
 ...
Part3 HYPER-V REPLICA
CONFIGRATION
”
“
DEMO
HYPER-V レプリカの構成
レプリケーションの種類
 初期レプリケーション
 Hyper-V レプリカの構成後に最初に行うレプリケーションで、プライマリサイトからレプリカサイ
トに仮想マシン全体をコピーする。
 差分レプリケーション
 初期レプリケーション完了後に...
初期レプリケーション
 ネットワーク経由
 初期レプリケーションをネットワーク経由
で行う。
 エクスポート/インポート方式
 初期レプリケーションを外部媒体経由で行
う。
 プライマリサイトーレプリカサイト間の
WANにおいて、十分...
ネットワーク経由
 レプリカサーバーに対してVMをネット
ワーク経由でコピーする
 十分な帯域が確保されていることを確認
する
 初期レプリケーションのスケジュールの
活用
エクスポート/インポート方式
 初期レプリケーション方式において「初
期コピーを外部メディアを使用して送信
する」を選択し、場所を指定する
 外部メディアをレプリカサイトにオフラ
インで運ぶ
 レプリカサーバー上にVMのコピーが存在
する...
差分レプリケーションの概要
 初期レプリケーション後の仮想マシンの
同期プロセス。
 5 分間隔で仮想マシン(vhdx)の変更点
をログファイル(.hrl)に蓄積する。この
間隔を変更することはできない。
 ログファイルは圧縮した状態でレ...
接続パラメーターの指定
 レプリカサーバーとの認証において使用
する認証方法を指定する
 レプリケーションの構成において証明書
ベース認証を許可すると、VM認証で証明
書ベースの認証が選択可能
 デフォルトで、HRL の圧縮設定が ON
差分レプリケーション
 最新の回復ポイント
 レプリケーションした仮想マシンの回復ポイントに関する設定。最新の状態のみを回復することが
できる。
 追加の回復ポイント
 レプリケーションした仮想マシンの回復ポイントに関する設定。最新の状...
追加の回復ポイント
標準レプリカ
 プライマリ仮想マシンのクラッシュ コン
システント レプリカ
 クラッシュ コンシステントとは、変更を
保存していなかったり開いているファイ
ルを回復できない状態のこと
アプリケーションと整合性のあるレプ...
回復の履歴の構成
 回復ポイントの設定はレプリカサイトにお
いてレプリケーションデータの保存世代数
を設定する項目のこと。
 最新の回復ポイント(デフォルト設定)
 常に最新の回復ポイントのみを保存する設定。
この設定では過去のデータは保...
VM スナップショット
回復ポイントの動作
 図の設定の場合、4時間毎にアプリケー
ションと整合性のあるレプリカが実施さ
れる。(5×12×4回目のHRLが相当する)
回復ポイント#5:整合性レプリカ
回復ポイント#4:標準レプリカ
回復ポイ...
レプリケーション処理
プライマリサイト レプリカサイト
VM VM
HRL HRL.tmp HRL avhd
①
②
③
⑤
④
1. 5分間隔でHRL
生成
2. HRL.tmpとし
て送信(圧
縮)
3. HRLファイルに
変換
4. Av...
レプリケーション間隔
通常運用
単発負荷
連続負荷
0:05 0:10 0:15 0:20 0:25 0:30 0:35
レプリケーショントラフィック
Capacity Planner for Hyper-V Replica
 マイクロソフト提供のツール
 英語環境でのみ動作する
 日本語環境の場合は、言語パックをインス
トールして英語環境に変更する必要あり
 プライマリサーバーおよび...
Part4 HYPER-V REPLICA
TOPOLOGY
Hyper-V と Hyper-V
 各サイトにおいて、VMの冗長性を考慮し
ないシンプルな構成
 安価にDRを構築可能
レプリカブローカー
 クラスター構成で Hyper-V レプリカに対
応する
 Hyper-V レプリカの設定は、Hyper-V 設
定ではなく作成したレプリカブローカー
で構成
 レプリカブローカーサーバー経由でアク
セス
 各ノード...
レプリカブローカー と Hyper-V
 プライマリサイトは冗長性を考慮したク
ラスター構成
 レプリカサイトは冗長性を考慮しない
 安価にDRを構築可能
レプリカブローカー と レプリカブローカー
 プライマリサイトおよびレプリカサイト
ともに冗長性を確保
 サイト内でのライブマイグレーション可
能
 コスト面での考慮
Part5 HYPER-V REPLICA
MAINTAINING
IPアドレス設定
 プライマリサーバー及びレプリカサー
バー上のVMに対して、IPアドレスを設定
する
 ネットワークアダプターのみ可能(レプ
リカ設定を行うと「フェールオーバーの
TCP/IP」が現れる)
 VM起動時に割り当てられる(...
Hyper-V レプリカ
プライマリサーバー レプリカサーバー
レプリケーション状態の確認
 レプリケーションの正常性の表示より実
行
 プライマリサーバーおよびレプリカサー
バーより実行可能
 レプリケーションの正常性確認
 VMの現在のプライマリサーバーとレプリ
カサーバーの確認
フェールオーバー
フェールオーバーの種類 実行する状況 操作する
サーバー
データ損失の
可能性
テストフェールオーバー レプリカサーバー上の仮想マシンの動作確認 レプリカ
サーバー
無
計画フェールオーバー 計画されていたメンテナンス作業や障...
フェールオーバー時の回復ポイント
 回復ポイントの設定をしている場合は、
使用する回復ポイントを選択する
 標準回復ポイントとアプリケーションの
整合性の回復ポイントが選択可能
テストフェールオーバー
プライマリサーバー レプリカサーバー
テストフェールオーバー
1. レプリカサーバーのHyper-Vマネージャーで、仮想マ
シンを右クリックし、[レプリケーション]-[テストフェー
ルオーバー] とクリックする
2. フェールオーバーのテスト用仮想マシンを作成する際
の回復ポイント...
”
“
DEMO
テストフェールオーバー
計画フェールオーバー
プライマリサーバー レプリカサーバー
プライマリサーバーレプリカサーバー
計画フェールオーバー
1. プライマリサーバーの Hyper-V マネージャーで、仮想マシ
ンをシャットダウンする
※計画フェールオーバーでは仮想マシンがオフであることが
必須(「保存」は不可)
2. オフになった仮想マシンを右クリックし、[レ...
”
“
DEMO
計画フェールオーバー
フェールオーバー
プライマリサーバー レプリカサーバー
フェールオーバー
1. プライマリ側で障害があったと想定するた
め、プライマリサーバーの仮想マシンを
シャットダウンする
2. レプリカサーバーのHyper-Vマネージャーで、
仮想マシンを右クリックし、[レプリケー
ション]-[フェールオーバ...
プライマリサイトが復旧した後の操作
プライマリサーバー レプリカサーバー
プライマリサーバーレプリカサーバー
プライマリサイトが復旧した後の操作
1. レプリカサーバーのHyper-V マネージャーで、仮想マ
シンを右クリックし、[レプリケーション]-[レプリ
ケーションの反転]をクリックする。[レプリケーショ
ンの反転ウィザード] が開始する
2. ...
”
“
DEMO
フェールオーバー
テストフェールオーバーの活用
 テストフェールオーバーを使用することにより、本番環境と同等のテスト環境が構築可能
 起動時にテスト用ネットワークを接続
 テスト環境を独自に作らなくてもよい(機材などの用意が必要ない)
 本番環境のデータ...
Part6 SUMMARY
まとめ
 OS 標準の機能である Hyper-V Replica を使用することにより、容易に DR の構築が可能
 Http or Https を使用するので、通信における接続性が高い
 運用中の VM に対して導入可能
 DR 以外...
Q&A
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Hyper-V Replica

4,374

Published on

Published in: Technology
0 Comments
6 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
4,374
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
91
Comments
0
Likes
6
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Hyper-V Replica"

  1. 1. Windows Server 2012 Hyper-V レプリカの運用 阿部 直樹(NAOKI ABE) MICROSOFT MVP – VIRTUAL MACHINE
  2. 2. 自己紹介  阿部 直樹( Naoki ABE )  マイクロソフト認定トレーナー  エディフィストラーニング株式会社所属  主な担当分野  Windows Server (AD,Network,Security,Cluster)  System Center  Lync  Microsoft MVP – Virtual Machine ( Apr.2010 - Mar.2014 )  Blog : MCTの憂鬱<http://naonao71.wordpress.com/>
  3. 3. アジェンダ  Part1 Disaster Recovery  Part2 Hyper-V Replica Initial Configration  Part3 Hyper-V Replica Configration  Part4 Hyper-V Replica Topology  Part5 Hyper-V Replica Maintaining  Part6 Summary
  4. 4. Part1 DISASTER RECOVERY
  5. 5. Disaster Recovery  ウィキペディアより出典  ディザスタリカバリ(英語:disaster recovery)とは、災害などによる被害からの回復措置、あ るいは被害を最小限の抑えるための予防措置のこと。主にコンピュータシステムやネットワークな どIT関連で用いられることが多い用語である。  ディザスタリカバリでいう災害の範囲は厳密なものではなく、建物単体での火災などの小規模なも のから風水害、地震などの自然災害や不正侵入、テロなどの人為的なものなど比較的大きなものま で原因、規模にかかわらず広範囲である。  一例としてコンピュータのデータ保護について述べる。ハードディスクの故障によるデータ消失ト ラブルに対する一般的な保護策としては外部メディアへのバックアップがある。さらに複数のディ スクにデータを冗長に持たせるRAIDシステムも用いられる。しかし建物そのものが被災し装置全 体が破損されたりバックアップしたメディアも一緒に破損するような災害には無力である。そう いった場合でも破損したディスクから特殊な手段でデータ読み出せる場合があり、その措置をディ ザスタリカバリという。また、より根本的な対策として地理的に離れた場所にデータのコピーを置 いておく方法がある。こういう予防措置もディザスタリカバリという。
  6. 6. Microsoft が提供する DR テクノロジー  マルチサイトクラスター  クラスター上で稼働しているアプリケーションを異なるサイトに自動でフェールオーバーする  Hyper-V レプリカ  仮想マシン単位で異なるサイトにレプリカ設定を行い、手動でフェールオーバーする
  7. 7. マルチサイトクラスター  Windows Server 2008 より マルチサイトクラスターに対応  共有ディスクを持たないので、複製ソリューションが必要  現実問題として、マルチサイトクラスターに対応しているのは、Exchange Server 2010 以降 (DAG)と SQL Server 2012 (AlwaysOn)  マルチサイトクラスター を構成するには 3 サイト存在することが推奨  メインサイト  サブサイト  監視サイト
  8. 8. マルチサイトクラスター考慮点  ドメイン環境必須  同一ドメインに全ノード(全てのサイト)が所属している必要がある  DNS の名前解決(DNS リゾルバキャッシュ) フェールオーバー時、クライアントにはプライマリサイトで稼働中のサーバー情報(DNS リゾルバキャッシュ)が残っ ているため、ユーザー自らキャッシュをクリアするか、TTL 満了まで新たなサイトのサーバーにアクセスできない。  クラスター管理アカウント 各クラスター サーバーの Administrators グループに含まれる Domain Users アカウントを使用できる。また、Domain Admins 以外のアカウントの場合、このアカウント (またはアカウントが所属するグループ) に対し、ドメイン内で “コ ンピューター オブジェクト作成” のアクセス許可を委任する必要がある。  WAN 環境を考慮したクラスター各種設定 CrossSubnetDelay CrossSubnetThreshold
  9. 9. Hyper-V レプリカ  Windows Server 2012 より導入されたソリューション  Hyper-Vホスト間で仮想マシンを複製することで仮想マシンの可用性を向上させる機能 Hyper-V ホスト Hyper-V ホスト 仮想マシン プライマリ サーバー レプリカ サーバー 仮想マシン レプリケーション
  10. 10. (参考)基本用語確認 •Hyper-V Replication Logfile の略称。Hyper-Vレプリカのレプリケーションにおいてネットワーク上を流れるログファイル。 HRL •複製元の拠点 プライマリサイト •複製先の拠点 レプリカサイト •複製元のHyper-Vホスト プライマリサーバー •複製先のHyper-Vホスト レプリカサーバー
  11. 11. Hyper-V レプリカの特徴  専用の通信経路や特別なハードウェアを使用することなくVMのレプリケーション可能  プライマリサイトとレプリカサイトのハードウェア構成を同一にする必要はない  プライマリサイトの仮想マシンをオンライン状態でレプリケーション可能  レプリカサイトの仮想マシンはオフライン状態になる  ワークグループ環境での使用可能  レプリケーションの認証方法は証明書ベースの HTTPS に限定される  プライマリサーバーとレプリカサーバーで互いの FQDN の名前解決ができることが前提
  12. 12. Part2 HYPER-V REPLICA INITIAL CONFIGRATION
  13. 13. Hyper-V の設定  レプリケーションの構成にて、「レプリ カサーバーとしてこのコンピューターを 有効にする」にチェック  認証とポート  Kerberos を使用する(HTTP)  証明書ベースの認証を使用する(HTTPS)  承認と記憶域  認証されたすべてのサーバーからのレプリ ケーションを許可する  指定したサーバーからのレプリケーション を許可する
  14. 14. 認証とポート Kerberos 認証(HTTP)  プライマリサーバーとレプリカサーバー を AD に参加させる  HTTP トラフィックによりレプリケーショ ンされ、暗号化はされない 証明書ベースの認証(HTTPS)  ワークグループの場合は必須の認証方法  プライマリサーバーにクライアント証明書、 レプリカサーバーにはサーバー証明書をイ ンストールする  Windows CAの既存のコンピューター証明書 はデフォルトでクライアント証明とサーバー 証明がサポート  証明書にはDNS名を別途入力する  自己署名証明書を使用する場合は、 makecert.exe を使用する
  15. 15. ” “ DEMO HYPER-V レプリカの証明書作成
  16. 16. (参考)自己署名証明書  MakeCart の入手方法  Windows 8 用 Windows ソフトウェア開発キット (SDK) http://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/hardware/hh852363  Windows SDK for Windows 8 をダウンロードし、インストールする  自己署名証明書の作成ポイント  自己署名をするためのルート証明書を作成する  作成したルート証明書で署名されたサーバー証明とクライアント証明を持つ証明書を作成する  プライマリサーバーで作成したルート証明書をレプリカサーバーの信頼された証明機関にインストールする  自己署名証明書は証明書の失効確認が使えないので、レジストリを修正して失効確認しないように修正する  参考サイト:COMPNET  Hyper-V 3.0 で Hyper-V レプリカを構成する準備 http://www.compnet.jp/index.php/archives/3262
  17. 17. Firewall 設定  セキュリティが強化された Windows ファイアウォール の 受信許可  Active Directory 環境で kerberos を使用したレプリケーション  Hyper-V レプリカ HTTP リスナー (TCP 受信)  証明書ベースの認証を使用したレプリケーション  Hyper-V レプリカ HTTPS リスナー (TCP 受信)
  18. 18. Tips  プライマリサイトとレプリカサイトにおいて、プライマリサイト障害時はレプリカサイトで VMが稼働する  プライマリサイト復旧時、レプリカサイトがプライマリサイトに、プライマリサイトがレプ リカサイトに変更することが想定できる  両サイトにおいて、プライマリサイト、レプリカサイト両方の役割が機能するよう構成する ことが推奨される  証明書構成  FW構成  レプリカ構成
  19. 19. Part3 HYPER-V REPLICA CONFIGRATION
  20. 20. ” “ DEMO HYPER-V レプリカの構成
  21. 21. レプリケーションの種類  初期レプリケーション  Hyper-V レプリカの構成後に最初に行うレプリケーションで、プライマリサイトからレプリカサイ トに仮想マシン全体をコピーする。  差分レプリケーション  初期レプリケーション完了後に実行されるレプリケーションで、仮想マシンの差分データを 5 分間 隔で転送するレプリケーション。
  22. 22. 初期レプリケーション  ネットワーク経由  初期レプリケーションをネットワーク経由 で行う。  エクスポート/インポート方式  初期レプリケーションを外部媒体経由で行 う。  プライマリサイトーレプリカサイト間の WANにおいて、十分な帯域が確保されな い場合に使用 プライマリサイト レプリカサイト VM VM
  23. 23. ネットワーク経由  レプリカサーバーに対してVMをネット ワーク経由でコピーする  十分な帯域が確保されていることを確認 する  初期レプリケーションのスケジュールの 活用
  24. 24. エクスポート/インポート方式  初期レプリケーション方式において「初 期コピーを外部メディアを使用して送信 する」を選択し、場所を指定する  外部メディアをレプリカサイトにオフラ インで運ぶ  レプリカサーバー上にVMのコピーが存在 するので、VMのレプリケーション>初期 レプリカのインポートを選択  外部メディアを指定し、「初期レプリ ケーションの完了」をクリックする
  25. 25. 差分レプリケーションの概要  初期レプリケーション後の仮想マシンの 同期プロセス。  5 分間隔で仮想マシン(vhdx)の変更点 をログファイル(.hrl)に蓄積する。この 間隔を変更することはできない。  ログファイルは圧縮した状態でレプリカ サーバーに転送し、複製される仮想マシ ンと同じ場所に格納され、差分ディスク として展開される。 プライマリサイト レプリカサイト VM VM HRL
  26. 26. 接続パラメーターの指定  レプリカサーバーとの認証において使用 する認証方法を指定する  レプリケーションの構成において証明書 ベース認証を許可すると、VM認証で証明 書ベースの認証が選択可能  デフォルトで、HRL の圧縮設定が ON
  27. 27. 差分レプリケーション  最新の回復ポイント  レプリケーションした仮想マシンの回復ポイントに関する設定。最新の状態のみを回復することが できる。  追加の回復ポイント  レプリケーションした仮想マシンの回復ポイントに関する設定。最新の状態に加えて、過去のコ ピーの履歴を保持する。  標準レプリカ 過去のコピーの履歴を、パフォーマンスを重視したコピー方法で取得する。  アプリケーションと整合性のあるレプリカ 過去のコピーの履歴を、仮想マシン内のアプリケーションとの整合性を重視したコピー方法で取得する。
  28. 28. 追加の回復ポイント 標準レプリカ  プライマリ仮想マシンのクラッシュ コン システント レプリカ  クラッシュ コンシステントとは、変更を 保存していなかったり開いているファイ ルを回復できない状態のこと アプリケーションと整合性のあるレプリカ  アプリケーションの視点から整合性がと れている過去の特定時点への回復  これを実現するために、ボリュームシャ ドウコピーサービスが(VSS)が使用され る  仮想マシン上のアプリケーションが VSS に対応していれば、アプリケーションの 整合性を保持することができる  標準レプリカと比べ、負荷が高い
  29. 29. 回復の履歴の構成  回復ポイントの設定はレプリカサイトにお いてレプリケーションデータの保存世代数 を設定する項目のこと。  最新の回復ポイント(デフォルト設定)  常に最新の回復ポイントのみを保存する設定。 この設定では過去のデータは保存しない。  追加の回復ポイント  レプリケーションされた仮想マシンの履歴を 保存する設定。1 時間に 1 回のタイミングで レプリケーションデータを履歴として保存す ることができる。  レプリカサイト側で仮想マシンのスナップ ショット機能を利用して最大 15 世代分の履 歴が保持される。
  30. 30. VM スナップショット 回復ポイントの動作  図の設定の場合、4時間毎にアプリケー ションと整合性のあるレプリカが実施さ れる。(5×12×4回目のHRLが相当する) 回復ポイント#5:整合性レプリカ 回復ポイント#4:標準レプリカ 回復ポイント#3:標準レプリカ 回復ポイント#2:標準レプリカ 回復ポイント#1:標準レプリカ 初回 1時間後 2時間後 3時間後 4時間後 消去
  31. 31. レプリケーション処理 プライマリサイト レプリカサイト VM VM HRL HRL.tmp HRL avhd ① ② ③ ⑤ ④ 1. 5分間隔でHRL 生成 2. HRL.tmpとし て送信(圧 縮) 3. HRLファイルに 変換 4. Avhdに結合 5. 結合処理完了 通知
  32. 32. レプリケーション間隔 通常運用 単発負荷 連続負荷 0:05 0:10 0:15 0:20 0:25 0:30 0:35 レプリケーショントラフィック
  33. 33. Capacity Planner for Hyper-V Replica  マイクロソフト提供のツール  英語環境でのみ動作する  日本語環境の場合は、言語パックをインス トールして英語環境に変更する必要あり  プライマリサーバーおよびレプリカサー バーともに英語環境する  Hyper-V レプリカの Capacity Planner 利用ガイド(日本語訳提供)  http://technet.microsoft.com/ja- jp/virtualization/dd297510#tool03
  34. 34. Part4 HYPER-V REPLICA TOPOLOGY
  35. 35. Hyper-V と Hyper-V  各サイトにおいて、VMの冗長性を考慮し ないシンプルな構成  安価にDRを構築可能
  36. 36. レプリカブローカー  クラスター構成で Hyper-V レプリカに対 応する  Hyper-V レプリカの設定は、Hyper-V 設 定ではなく作成したレプリカブローカー で構成  レプリカブローカーサーバー経由でアク セス  各ノード上でFW設定を行う必要がある
  37. 37. レプリカブローカー と Hyper-V  プライマリサイトは冗長性を考慮したク ラスター構成  レプリカサイトは冗長性を考慮しない  安価にDRを構築可能
  38. 38. レプリカブローカー と レプリカブローカー  プライマリサイトおよびレプリカサイト ともに冗長性を確保  サイト内でのライブマイグレーション可 能  コスト面での考慮
  39. 39. Part5 HYPER-V REPLICA MAINTAINING
  40. 40. IPアドレス設定  プライマリサーバー及びレプリカサー バー上のVMに対して、IPアドレスを設定 する  ネットワークアダプターのみ可能(レプ リカ設定を行うと「フェールオーバーの TCP/IP」が現れる)  VM起動時に割り当てられる(OS内で設 定されたIPアドレスは上書きされる)
  41. 41. Hyper-V レプリカ プライマリサーバー レプリカサーバー
  42. 42. レプリケーション状態の確認  レプリケーションの正常性の表示より実 行  プライマリサーバーおよびレプリカサー バーより実行可能  レプリケーションの正常性確認  VMの現在のプライマリサーバーとレプリ カサーバーの確認
  43. 43. フェールオーバー フェールオーバーの種類 実行する状況 操作する サーバー データ損失の 可能性 テストフェールオーバー レプリカサーバー上の仮想マシンの動作確認 レプリカ サーバー 無 計画フェールオーバー 計画されていたメンテナンス作業や障害の発生を事前に察知した場合など に、プライマリサーバーとレプリカサーバーの役割を入れ替える プライマリ サーバー 無 フェールオーバー 予期しない災害や障害が発生した場合に、レプリカサーバーの VM を起動 する レプリカ サーバー 有
  44. 44. フェールオーバー時の回復ポイント  回復ポイントの設定をしている場合は、 使用する回復ポイントを選択する  標準回復ポイントとアプリケーションの 整合性の回復ポイントが選択可能
  45. 45. テストフェールオーバー プライマリサーバー レプリカサーバー
  46. 46. テストフェールオーバー 1. レプリカサーバーのHyper-Vマネージャーで、仮想マ シンを右クリックし、[レプリケーション]-[テストフェー ルオーバー] とクリックする 2. フェールオーバーのテスト用仮想マシンを作成する際 の回復ポイントを指定し、[テストフェールオーバー] をクリックする 3. 仮想マシン名の後ろに “-テスト” という文言の付い た仮想マシンが作成される。この仮想マシンを起動 し、動作を確認する 4. 動作の確認が終わったら、[テストフェールオーバーの 中止]をクリックすることにより、“-テスト” という文言 の付いた仮想マシンは削除される
  47. 47. ” “ DEMO テストフェールオーバー
  48. 48. 計画フェールオーバー プライマリサーバー レプリカサーバー プライマリサーバーレプリカサーバー
  49. 49. 計画フェールオーバー 1. プライマリサーバーの Hyper-V マネージャーで、仮想マシ ンをシャットダウンする ※計画フェールオーバーでは仮想マシンがオフであることが 必須(「保存」は不可) 2. オフになった仮想マシンを右クリックし、[レプリケーション]- [計画フェールオーバー]-[フェールオーバー] とクリックする 3. 最新の情報をコピーしてから、レプリカ側の仮想マシンが自 動的に起動する。また、この操作により、プライマリ-レプリカ の立場が逆転し、レプリカ側がプライマリ、プライマリ側がレ プリカとなる ※立場が逆転したことは、Hyper-V マネージャーの中央 ペインの下方にある [レプリケーション] タブで確認できる 4. その後、メンテナンス作業が終わり、仮想マシンを再び以 前のプライマリ側で実行したい場合は、現在のプライマリ サーバーで [計画フェールオーバー] を行い、以前のプライ マリサーバーに仮想マシンの制御を戻すことができる
  50. 50. ” “ DEMO 計画フェールオーバー
  51. 51. フェールオーバー プライマリサーバー レプリカサーバー
  52. 52. フェールオーバー 1. プライマリ側で障害があったと想定するた め、プライマリサーバーの仮想マシンを シャットダウンする 2. レプリカサーバーのHyper-Vマネージャーで、 仮想マシンを右クリックし、[レプリケー ション]-[フェールオーバー] をクリックする 3. 使用する回復ポイントを選択し、[フェール オーバー] をクリックする 4. これにより仮想マシンの制御が強制的にレ プリカサーバーに移る。レプリカ側の仮想 マシンが起動し、レプリカサイトで仮想マ シンの運用を継続できる Hyper-V Replica Replica Broker
  53. 53. プライマリサイトが復旧した後の操作 プライマリサーバー レプリカサーバー プライマリサーバーレプリカサーバー
  54. 54. プライマリサイトが復旧した後の操作 1. レプリカサーバーのHyper-V マネージャーで、仮想マ シンを右クリックし、[レプリケーション]-[レプリ ケーションの反転]をクリックする。[レプリケーショ ンの反転ウィザード] が開始する 2. [レプリカサーバーの指定] ページで、複製を行いたい サーバーとして、プライマリサーバーを指定する 3. [接続パラメーターの指定] ページは、既定のまま[次 へ]をクリックする 4. [回数の履歴の構成] ページで、保存する回復ポイント の数を指定する 5. [初期レプリケーションの方法の選択] ページで、[初 期レプリケーション方式] と [初期レプリケーション のスケジュール] を指定する。今回は、初期レプリ ケーション方式は「ネットワーク経由」を選択し、初 期レプリケーションのスケジュールは「すぐに開始す る」を選択する 6. ウィザードが終了すると、レプリカ側で行った更新が 復旧したプライマリ側に複製される。また、この操作 により、プライマリ-レプリカの立場が逆転し、レプ リカ側がプライマリ、プライマリ側がレプリカとなる 7. 初期複製を行っている間は、Hyper-Vマネージャーに "初期レプリカの送信中"と表示される 8. その後、プライマリ-レプリカの立場を元に戻したい 場合は、現在のプライマリ側で [計画フェールオー バー] を行い、以前のプライマリサーバーに仮想マシ ンの制御を戻す
  55. 55. ” “ DEMO フェールオーバー
  56. 56. テストフェールオーバーの活用  テストフェールオーバーを使用することにより、本番環境と同等のテスト環境が構築可能  起動時にテスト用ネットワークを接続  テスト環境を独自に作らなくてもよい(機材などの用意が必要ない)  本番環境のデータをそのまま利用可能  トラブルシューティング  アプリケーションテスト  サービスパック等の事前導入テスト
  57. 57. Part6 SUMMARY
  58. 58. まとめ  OS 標準の機能である Hyper-V Replica を使用することにより、容易に DR の構築が可能  Http or Https を使用するので、通信における接続性が高い  運用中の VM に対して導入可能  DR 以外の利用目的(テスト環境など)での使用が可能  設計におけるポイントは次の通り  HRL のレプリケーションは 5 分以内に完了(ネットワークの帯域確保)  プライマリサーバーでは「アプリケーションと整合性のあるレプリカ」において HRL 生成負荷を考 慮  レプリカサーバーでは HRL の結合負荷を考慮
  59. 59. Q&A ご清聴ありがとうございました
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×