NECTJ JHL Annual Conference 2013 Kazuo Tsuda
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

NECTJ JHL Annual Conference 2013 Kazuo Tsuda

on

  • 911 views

13th NECTJ JHL Annual Conference 2013

13th NECTJ JHL Annual Conference 2013
Presenter: Kazuo Tsuda
第13回NECTJ継承語研究大会 2013
プレゼンター: 津田和男

Statistics

Views

Total Views
911
Views on SlideShare
552
Embed Views
359

Actions

Likes
0
Downloads
3
Comments
0

1 Embed 359

http://nectj.wikispaces.com 359

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

NECTJ JHL Annual Conference 2013 Kazuo Tsuda NECTJ JHL Annual Conference 2013 Kazuo Tsuda Presentation Transcript

  • 日本語教育における新機軸: インタナショナルバカロリアととも に、 また、ナショナルスタンダード (American, Europe)、21世紀スキル、 IB AP JAPANESE などを通して 国連国際学校 津田和男 NECTJ Conference AUGUST 26TH, 2013
  • 言語教育における最新の情況 • インターナショナルバカロリアの波? (米、欧、亜<中、日>) • 歴史の日米中の波? • (経済の動向と教育の動向) • 言語教育の波?(社会化) • 継承語教育の二つの波?(入口/出口) • 教育指導の新旧の波?(トップダウウン) • 内容重視と哲学史(TOK/Extended Essay)
  • 言語教育における最新の情況 • インターナショナルバカロリアの波? (米、欧、亜<中、日>) • Africa/ Europe/ Middle East Asia-Pacific Latin America North America & the Caribbean Total schools • Total PYP 215 296 104 450 1,065 • Total MYP 168 135 69 643 1,015 • Total DP 779 397 313 965 2,454 • Total programmes 1,162 828 486 2,058 4,534 • IB World SchoolsProgrammes PYP MYP DP • UNITED STATESNA 1,448 378 483 800 • CANADA NA 330 64 156 150 • UNITED KINGDOM AEM 175 14 10 168 • AUSTRALIA AP 150 87 42 63 • INDIA AP 103 44 11 89 • MEXICO LA 95 46 28 60 • CHINA AP 75 29 22 63 • SPAIN AEM 73 8 9 71 • ECUADOR LA 61 7 8 60 • GERMANY AEM 57 22 9 52 • 歴史の日米中の波 日本 中国 アジア アメリカ 欧州(27) 世界 • 2000 GDP 4,731 1,198 9,951 8,503 32,332 • 2000 share 14.6% 3.7% 30.8% 26.3% 100% • 2011 GDP 5.857 7.298 19,297 15,076 17,611 70,220 • 2011 Share 8.4% 10.4% 27.4% 21.6% 25.2% 100,% • 2018 GDP 5.930 14.941 30,873 20,101 97.598 • 2011 Share 6.0% 15.3% 31.6% 20.5% 100%
  • 言語教育における最新の情況 • インターナショナルバカロリアはどう違うの か? – 日本語の指導要綱とどう違うのか – 連邦政府、州政府、郡政府のカリキュラム – 学校カリキュラム (ランニング シナリオ) – カリキュラム デザイン (バックワード) – 内容重視(CBI), トップダウン – 21世紀スキル 高度思考方法 – アセスメント (AP Japanese ) – TOK, CAS , Extended Essay – Teacher training, creditation
  • 言語教育における境界線の越境的情況 • JHL(継承語)/JFL(外国語)の区別なし • NEW IB の 継承語の廃止 • MBH 2013での 課題 – 国語と日本語の境界線の越境 – 外国語教育から社会教育への越境 – 外国語と継承語との境界線の越境 – 21世紀スキル 高度思考方法
  • IB CEFR ACTFL • HLLanguage A: literature HL Language A: language and literature • SLLanguage A: literature SLLanguage A: language and literature SLLiterature and performance • SLLanguage B HL • Language B SL • Language ab initio C2 Mastery C1 Effective operational proficiency B2 Vantage B1 Threshold A2 Waystage A1 Breakthrough Distinguished Superior Advanced Intermediate Novice High Novice Mid Novice Low
  • NEW IB 2011-2014 • Syllabus SLHL A • Part 1 Language in cultural context – Texts are chosen from a variety of sources, genres and media • Part 2 Language and mass communication – Texts are chosen from a variety of sources, genres and media • Part 3 Literature—texts and contexts – Two or three literary works, one of which is a work in translation • Part 4 Literature—critical study Syllabus B NL/SL Core Social relationships Communication and media  Global issues 2 options Health Customs and traditions  Leisure Cultural diversity Science and technology Literature (HL) 2 works
  • Current Issuesと言語教育での捉え方とその21世紀的意義 • AP Japanese や IB Japanese B で 現れた近年の課題言語教育 の社会化 – 地球規模の課題 – 社会関係の課題 – コミュニケーションとメデア – 継承語教育と外国語教育の区分 けの変化:出口(遂行能力による 基準化) – 継承語的基準の遂行能力によ る変更 – 継承語教育から一般言語教育 – クリティカルシンキングの要 請 • 初級から中級(下、中)から 中級(下、中)から中級 (上)上級(下、中、上) – 遂行能力による基準化と上昇 化 OPI cefr IB AP Ex C2 HA lit HA lag Super C1 SA lit SA lag Advanced B2 HB Inter mid High-Mid B1 SB AP Inter mid Low-Mid A2 Ab initio Novice High A1 Novice Low
  • IB Program
  • 1950 200 0 1970 Topic トピック Content 内容 スタンダード 1997 21世紀スキル 2009 AP日本語 2006 Memory 記憶 Fact 事実 Concept 概念 Innovation/ICT 新機軸/j情報技術 20 13 New IB 20111970 IB 1990 CEFR 2001 CLIL New AP 2012
  • ナショナル・スタンダード  Communication コミュニケーション  Cultures文化  Connections学際  Comparisons比較  Communities社会 実践(学習ストラテジー、他学科) 価値(クリティカルシンキング) 産物(文化の知識) 対人的(会話のストラテジー) 解釈(学習ストラテジー、他学科) 発表(学習ストラテ
  • National Standards 1996-1999 What Integrated Performance Assessment 2003 How to measure & teach & learn 1990 20061970 OPI 大学College 中等Secondary School 初等 ElementaryScho ol 40,000 10,000 Curriculum Reform ACTFL AP Japanese 2006 How to measure & teach & learn 50,000 Performance guideline 1998 How well IB Japanese ナショナルスタンダ−ド と APの背景
  • Standards for Foreign Language Learning by Japan Foundation Language Center National Standards Goals (5C’s) Standards Sample Progress Indicators (K-16) Learning Scenarios State Framework Goals for Instruction Standards Content Unit types Assessment procedures Learning Scenarios District Framework Goals for Instruction Content Suggested units & sequence Unit Specifics Methods/resourc es Lesson/ Unit PlanSpecific Objectives for learning Learning Scenarios Assessment techniques Specific projects Specific assessment s Content Lesson specifics Methods Resources
  • Learning Scenario Based Model Comparing Three Models Pre-communicative ( may include communicative activities Chapter 1* Minipro 1 Communicative activities Mini pro 2.1 Mini pro 2.2 Mini Pro 3/4 Mini Pro 5 Chapter 2 Chapter 3 Chapter 5 Chapter 6 Chapter 4 *Each chapter includes new vocabulary and gramma items, various input and output activities, culture information, reading, writing and listening Chapter 7 Chapter 1* Chapter 2 Chapter 3 Chapter 5 Chapter 6 Chapter 4 Chapter 7 Project 1 Project 2 Step1. 1 Step1. 2 Step2. 1 Step2. 2 Step3. 1 Step3. 2 Project 3 Project 4 Project modelText book model Mini Project model
  • Educational points of view 1 (Understanding by Design:Grant Wiggins and Jay McTughe. ASCD) Identify desired results 予 測される結果の見極め Determine acceptable evidence容 認できる証拠の決定 Plan learning experiences and instruction 学習経験や教授法の計画
  • Educational points of view 12 3.Plan Learning Experiences and Instruction Worth being familiar with 親近的な価値 Important to know and do 知識と行為の重要性 “Enduring”understan ding恒久的な理解 Assessment Types Traditional quizzes and test 伝統的なクイズやテスト paper/pencil selected-response constructed-response Performance tasks and projects パフォーマンス・タスクやプロ ジェクト open-ended complex authentic
  • ステージ1Desired Results 予測される結果 ステージ2 Acceptable Evidence容認できる証拠 ステージ3 Learning Plan 教授法の計画 エッセンシャル クエッション アセッスメント タスク その他の証拠 学習活動 トピック アセッスメント クライテリア 生徒が知りうること 生徒ができること 多様化すべきではないポ イント 多様化してもい いポイント 多様化すべきポイント
  • ユニット: トピック: レベル: シナリオ: アセスメント タスク: エビビデンス: 語彙 機能 構造/文法 方略
  • エッセンシャル ゴール:生徒自身や他の人の適切なダイエットの計画に作る栄養 補給の理解に使えるために ラーニング シナリオ (ユニットの要約)カリキュラムとゴールを含む 保健のクラスでは人間に必要な栄養補給や食品の分類や色々な食品の栄養効果や フードピラミッドや栄養不足による健康問題について学ぶ。そして、若い学習者 に対して健康的な生活のために栄養補給の重要性について教えるパンフレットを つくる。 エッセンシャル クエッション: 1。健康的な食事はなんですか。 2。健康的な食事をしてますか。どうのように。 3。人には健康的なダイエットも他の人には不健康なダイエットになることがい かにして 4。どうしてアメリカでは総ての情報にがあるにもかかわらず、栄養不足による 健康問題がおこるのでしょう。 知識:Student will know 1。用語語彙 2。食事の種類 3。フードピラミッド 4。栄養の必要性の多様な影響性 5。栄養不足問題 スキル:student will be able to 1。食品の表示の読解と解釈 2。栄養補給とダイエットの分析 3。バランスのとれたダイエットの計 画
  • エビデンス:パフォーマンス タスク どんなエビデンスが生徒が理解したことを表しますか。 ⑴。若い学習者に対して健康的な生活のために栄養補給の重要性について教えるパ ンフレットをつくる。 ⑵。野外活動での三日間のメニューをを計画。キャンプディレクターにどうしてこ の栄養供給にいたったのかを手紙をかく。また、ベジタリアンかイスラム用ののメ ニューもすくなくとも入れるように言う制する。 Plan learning Experiences 1.生徒を引きつけるために今回の課題を生徒に提案 する(Hook) 2.エッセンシャル クエッションとパフォーマンス タスクへの道のりの紹介(Where and Why) 3.基本語彙(Equip) 4.食品群の概念の発表(Equip) 5.フードピラミッドと食品の分類(Equip) 6.クイズ:フードピラミッドと食品(Equip) 7.リビューと討論 (Rethink) 8. 小集団で分析し、討論( Evaluate) 9.各生徒が小学生向けの食品パンフレット作り (tailor/Equip) 10.パンフレットを交換しあう(Rethink/Equip) 11.ビデオを見ながら、書きながら返答 (Equip/Evaluate) AP Japanese 1-21 1. Key terms, evaluation guidline, important consideration, reference, in the 3 mode of ACTFL guide line. 2. Cultures, school guide, 3. Connections, Comparison, com munity 4. Motivation, themes, ict skils 5. Scaffold, communication strategies, leaning strategies 6. Cooperative, learning strategies 7. Formative, summative assessments, performance 8. Web search, word process, email
  • Unit Organizer 1: Desired Result ラーニングシナリオ: ゴール: 知識:will understand スキル:will be able to エッセンシャルクェション:
  • Unit Organizer 2: Assessment Evidence エビデンス: パフォーマンス タスク: 他のタスク: セルフ アッセスメント:
  • Unit Organizer 3:Learning Plan 1。設定 2。インプット アクティビテー 3。ガイディッド プラクティス アクティビテー 4。グループ/独立アクティビテー 5。アセスメント タスク What learning activities and teaching promote understanding, knowledge, skill, stude nt interest, and excellent Engaging and effective, using the elements of WHERETO • Where is it going? • Hook the students • Explore and equip • Rethink and revise • Exhibit and evaluate • Tailor to student needs, interests, and styles • Organize for maximum engagement and effectiveness
  • Step 1-a: 恒久的理解/本質的質問 • 町の紹介:紹介文を作る • Enduring Understandings: • • You will be practicing paragraph development by writing about some aspect of your town. You will learn about the basic structure that you will follow at this time in order to create logical and coherent paragraphs. You may find the structure easy to follow since it is quite similar to what you may follow when constructing descriptive or expository paragraphs in English. • • エッセンシャル クエッション • MT Standard Japanese: • • 1. Why does people became a skillful writer? • 2. What factors does a good paragraph have? • 3. What ways does a good paragraph be involved? • 4. What is the structure of a good paragraph? • 5. What do you reflect your study habits after studying a good paragraph systematic writing? • 6. What is the long-term impact of the paragraph systematic writing?
  • Step 1-b:知識理解:遂行能力 Japanese Students know and understand: • 1. About the basic structure of a paragraph. • 2. Two paragraph development tactics • 3. About Japanese positional words and counters. • 4. About Japanese cities. • 5. Useful expressions for various aspects of town. • 6. About Japanese dictionaries • 7. About Japanese numerical progression and units of measurements (metric system) • 8. New kanji and 48 recognized kanji vocabulary. Japanese students will be able to: • 1. Write a logical and coherent paragraph about a topic related to your town • 2. Understand the basic structure of a paragraph • 3. Describe basic features of your town by referring to its weather, public facilities and landscape among other things • 4. Indicate existence of something or someone • 5. Express levels of quantity and frequency using adverb • 6. Create and use plain-style sentences as a noun modifier. • 7. Make comparative statements and answer comparative questions. • 8. Count different types of objects by using appropriate counters. • 9. Build up substantial vocabulary that is useful in describing various aspects of a town • 10. Learn or review vocabulary by playing bingo games. • 11. Look up a new word in the dictionary. • 12. Express English units of measurement in Japanese and convert between the English system and the metric system • 13. Give numeric information including fraction. •
  • Step 2 証拠: Assessment Task Evidence • What is evidence of the desired results? • In particular, what is appropriate evidence of the desired understanding?
  • Step-3 Learning Plan 1. 設定 と Hook & Where and Why 2. 語彙(in-put activity) と Equip 3. ガイディッド プラクティス アクティ ビテー 4. グループ/独立アクティビテー 5. アセスメント タスク
  • 初級から中級へ :発表モード と解釈モードと対話モードの統合サイクル 初級から中級へのアセスメントの変化とスカフォルディングのあり方 Performance Assessment Units: A Cyclical Approach By ACTFL Assessment Project 1998 1. Interpretive Communication Phase Students listen to or read an authentic text(e.g. newspaper article, radio broadcast , etc) and answer information as well as interpretive questions to assess comprehension. Teacher provides students with feedback on their performances. 3. Presentational Communication Phase Students engage in presentational communication by sharing their research/ideas/opinions. Sample presentation formats: speeches, drama skits, radio broad casts, posters, brochures, essays,websites, etc. 2. Interpersonal Communication Phase After receiving feedback regarding interpretive Phase, Students engaged in personal oral communication about a particular topic which relates to the interpretive text. This phases should be either audio or videotaped.
  • Current Issuesと言語教育での課題: • 文型の積み上げによる中級への上 達の問題点: – カテゴリー4の中級到達は1200 時間 – 高校から4年間(400−500時 間) – 中学から6年間(600−650時 間) – 初級の課題と中級の課題の相違の認識: • 中級の書記、会話、口頭行為の能動的理解と段 階的発展 討論(会話)→発表(書記/口頭)→調べ(読解/ 聴解) 発表(書記/口頭)→討論(会話)→調べ(読解/ 聴解) • 中級の読解と聴解の理解の原理的限界と飛躍的 段階的発展 1. Interpretive Communicat ion Phase 3. Presentationa l Communicati on Phase 2. Interpersonal Communicati on Phase
  • Step 3-1 設定と HOOK You will be practicing paragraph development by writing about some aspect of your town. This is the first chapter in Unit 4 and its theme is the environment. In the previous unit, your resources mainly came from your classroom or your own personal experiences. In this chapter, you will turn your attention to your surrounding environment. You may have some unexpected discoveries and renewed appreciation about your town and community while you think about how you want to present them to others. Also you will be able to build up substantial vocabulary about such town themes as the weather, public and entertainment facilities, nature and landscape, as well as stores. Furthermore, you will have an opportunity to compare your town with some Japanese towns. So get ready to reacquaint yourself with your town while improving your writing skills!
  • Step 3-2 語彙 と Equip (in-put activity)
  • Step 3-3. ガイディッド プラクティス アクティビテー: 説明文構造: Expository writing : Topic sentence + Support sentences 図書館は12あります。病院 も20あります、それから、 公園も25あります。 Topic sentences Support sentences 谷川市には公共施設がたくさんあ ります。 静かな町 自然が多い 人口が尐ない 高層ビルがない 町 公共施設 自然交通 会社 公共施設 図書館 公園病院
  • 説明文の基本構造
  • Step 3-4. グループ/独立アクティビ テー:
  • Step 3-5. アセスメント タスク: バーチャル リアリティ
  • Assessment • Rubric Assessment
  • 内容重視と生徒中心 トータルイマージョン パーシャルイマージョン シェルター アジャンンクト 主題中心 内容重視の言語活動 言語活動とミニ内容重視 自律的生 徒 スカフォ ルディン グの設定 内容重視 中心 言語学習 中心
  • ステージ1Desired Results 予測される結果 ステージ2 Acceptable Evidence容認できる証拠 ステージ3 Learning Plan 教授法の計画 エッセンシャル クエッション アセッスメント タスク その他の証拠 学習活動 トピック アセッスメント クライテリア 生徒が知りうること 生徒ができること 多様化すべきではないポ イント 多様化してもい いポイント 多様化すべきポイント
  • 1.従来の教科書が文型積み上げであること。 2.IBやスタンダードやAPでの内容重視が取り上げられていること。 3.プロジェクトをベースにすると文型や文法の導入がいままでのもの とは、全く別のものになること。。 4.初級から中級にかけて読解/聴解で困難がおきること。 5.日本語が中級到達に1200時間かかるということ。 6。出口を中心にアセスメントが形成され境界なしの一 般化 7. 継承語学習者はどのような扱いをしなければなら ないか 8. 内容重視のカリキュラム上の位置(言語から文学ま で) 9. 内容重視の歴史的位置(文学批評を通して) 10. クリティカル・シンキングや自立学習が可能か 11.ストラテジーはうまく活用されているか 12. マルチプルレベルクラスに対応できるか  内容重視のカリキュラムを作るにあたっての 困難
  • 初、中、上、超と内容重視とその問 題 トータルイマージョン パーシャルイマージョン シェルター アジャンンクト 主題中心 内容重視の言語活動 言語活動とミニ内容重視 1。上級、超級の内容重視は文学、社会、科学 批判文の解読と書記による高度な表現能力が要 求される。 2。また、プロジェクト・ワークが恒常化する ことと論理的な土壌の形成、問題解決の方法性 の自律学習支援がひつようである。 自律 学習 3。中等教育の中級者の動機付けのためには彼等 の内容重視にしたがったカリキュラム編成が必要 である。特に、中等教育の心理状況をできるだけ 支える内容課題の重視しなくてはならない。 4、書くことの自律的な支えのために読むことの ストラテジカルなスカフルディングが必要である 。また、語彙の学習者間での均質化を図っておく 必要がプロジェクトとしてある。 5。 話すことや聞くことの自律的な支えのために質議 のストラテジーや評価の実質的な会話化や手続き やメタ言語の導入などの考慮などを検討する スカ フォ ルデ イン グ 1。内容重視であるがために語彙の範囲が片寄り、特種言語の量が増える。そのために 、作業課程においてグループの成員間の語彙知識の均衡化をはかっておかなければなら ない。2。また、プロジェクト・ワークが発話行為に依拠する前に内容のための語彙レ ベルや文レベルの段落レベルでの十分な理解が必要とされる。 言語 活動 内容 中心 (文学)
  • 1950 200 0 1970 Topic トピック Content 内容 スタンダード 1997 21世紀スキル 2009 AP日本語 2006 Memory 記憶 Fact 事実 Concept 概念 Innovation/ICT 新機軸/j情報技術 20 13 New IB 20111970 IB 1990 CONTENT/STYLE/AUDIENCE 1993-A2-2010 CEFR 2001 CLIL New AP 2012 構造主義/脱構造主義新批評 カルチャルスタディー/サ ブ 20 C
  • テーマユニット 背景知識/学習語彙マップイング 記憶 書記/読解 1。リスト文 2。説明文 3。感想文 4。物語文 5。手紙文 6。新聞文 7。詩/創作文 テキスト的理解 実験/観察 コミュニケーション/ インパーソナル 応用 プロジェクト 発表 評価 評価 創造 分析 テーマ 書記/読解ー談話 1。二者会話文* 2。会議文* 3。インタビュー文* 4。台本指示文* 5。台本文*と表現 6。三者会話文* 7。ディベート文* 説明文:主題文/サポ−ト文・例文論理構造 リスト文/二文発展構造 描写文: 観察/説明/比較 判断文:直接+間接 感想文:描写文+判断文 物語文:静態/動態/静態
  • ストラテジー活用法1:ACTFL Integrated Performance Assessment (2003) 1. Interpretive Communication Phase 2. Interpersonal Communication Phase Scaffolding questions 3. Presentational Communication Phase ストラテジー活用法2:Reading scaffolding (2008) 1. Pre-reading Reading strategy Vocabulary building 2. Reading Reading strategy 3. Post –reading Reading strategy ストラテジー活用法3: CILI Culture Integrated Language Instruction (2009) 1. Preview closing phrase/ 2. View 3. Review Language prompt ストラテジーとその活用法
  • ストラテジー活用法 4:TPRS Total Physical Response Story(2007) 1. Establish Meaning Personalize 2. Story Use a variety of Question 3. Literacy Discuss ストラテジー活用法 5:Arts Literacy Project (2003) 1. Building Community 2. Entering Text acdemic content and person 3. Comprehending Text Reading 4. Creating Text writing 5. Rehearsing/ Revising Text 6. performing Text
  • ストラテジー活用法 5: Spiral Project Integrated Instruction (2009) Pre activities 1. Pre-communicative activities Vocabulary mapping 2. Presentational Communication Phase Text style scaffolding 3. Interpersonal Communication Phase Scaffolding questions-answers Activities 1. Interpretive Communication Phase Guided reading 2. Interpersonal Communication Phase Essential scaffolding questions Post Activities 3. Presentational Communication Phase Autonomous group questions
  • Writing structure 明文:ository writing : 感想文:Essay style writing : リスト文:List writing : 演劇的指示文/演劇的会話文: 物語文:Narrative writing: インタビュー質問文: 報道文: 小説・劇から俳句:文学的分析 評論論文:文学的分析、社会.科学、文 学論文 Organizing principles Writing style and reading text styles eBooks Google Drive I- books author DTP/Media Folio/Epub