20140414 社員のやる気を見える化セミナー配布資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

Like this? Share it with your network

Share

20140414 社員のやる気を見える化セミナー配布資料

on

  • 311 views

2014年4月14日開催、社員のやる気を見える化セミナーでの使用資料です。

2014年4月14日開催、社員のやる気を見える化セミナーでの使用資料です。

Statistics

Views

Total Views
311
Views on SlideShare
307
Embed Views
4

Actions

Likes
1
Downloads
1
Comments
0

2 Embeds 4

http://www.slideee.com 3
http://s.deeeki.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20140414 社員のやる気を見える化セミナー配布資料 Presentation Transcript

  • 1. なぜ今、インナーコミュニケーションなのか ~変化を味方に、組織を変える~ 株式会社ソフィア 森口 静香
  • 2. はじめに(自己紹介) 森口 静香 http://www.facebook.com/moriguchi.shizuka http://twitter.com/shi_zu 株式会社ソフィア シニア・コンサルタント http://www.sofia-inc.com/ ペルソナ&カスタマ・エクスペリエンス学会 理事
  • 3. はじめに(自己紹介) 「実践ペルソナ・ マーケティング」 日本経済新聞出版社より発売中 第一章担当
  • 4. ソフィアってナニモノ??? http://www.sofia-inc.com/
  • 5. テーマ なぜ今、 インナーコミュニケーションなのか
  • 6. その前に・・・ インナーコミュニケーションってナニ?
  • 7. Internal communication “is the process of exchanging information and creating understanding and behaviors within an organization that reinforce the organization’s vision, values and culture among employees, who can then communicate the company’s message to external audiences” (Gillis, 2008, p.26) インナーコミュニケーションの目的 社員が組織の伝道師になること
  • 8. とはいうものの・・・
  • 9. 01セクショナリズム 部署・部門を超えた仕事をするには、 高〜〜い壁が存在する。 壁を登れば、引き摺り下ろされる。 壁を乗り越えても、冷たくされる。
  • 10. 02指示待ち体質 よかれと思ってやってみても、 余計なことと、怒られる。 何かやろうとしても、忙しいし、 これ以上時間を使うのは、もう勘弁。
  • 11. 03聞こえない・届かない 忙しすぎて、目の前のことで精一杯。 仕事なんて、 そんなにがんばるもんじゃない。
  • 12. さらに・・・
  • 13. <出展:株式会社博報堂DYメディアパートナーズ「メディア定点調査2013」,2013 インターネット接続時間は、1.4倍 スマホ(携帯電話)からの接続時間は、2.7倍 <2009年と比較>
  • 14. 社員が会社で見る情報は とても多い
  • 15. 面白い社外のメディアが 自分のスマホで いつでも見られる
  • 16. お客様対応 経営ビジョン 理念、価値観 月末清算 日報等 社内ニュース
  • 17. お客様対応 経営ビジョン 理念、価値観 月末清算 日報等 社内ニュース 経営ビジョンと自分の業務の関係性、 理念や行動指針などの価値観共有は、 優先順位↓
  • 18. スルー力向上! 全部反応してたら 大変だもんね。
  • 19. だからといって、あきらめない。 顧客ニーズの多様化 Innovation Challenge 変革・創造 自社だけでは解決できない課題 他部門・他社との コラボレーション 情報伝達スピードの高速化 スピーディな対応 ローコストオペレーション 高付加価値化 顧客の声の可視化 社員の価値観多様化 アジア・新興国進出ワークスタイルの変化 新たな事業基盤の確立
  • 20. だからといって、あきらめない。 顧客ニーズの多様化 Innovation Challenge 変革・創造 自社だけでは解決できない課題 他部門・他社との コラボレーション 情報伝達スピードの高速化 スピーディな対応 ローコストオペレーション 高付加価値化 顧客の声の可視化 社員の価値観多様化 アジア・新興国進出ワークスタイルの変化 新たな事業基盤の確立 社員の行動を、 “イノベーティブ”で“チャレンジング” に そして、自社の伝道師に!!! だから、今、インナーコミュニケーション
  • 21. じゃあ、どうやって?
  • 22. インナーコミュニケーション 社員を伝道師にすること 社員の意識と行動に変化を与えること Internal Marketing
  • 23. 社員視点でのシナリオを組み立てます。 why 目的は? to whom 誰にコミュニケーションする? what 何を伝える? where どの接点で? when どのタイミングで? how どうやって?
  • 24. ところで 「社員」って、誰です?
  • 25. 与えられた仕事は きっちりこなします • 言われたことを、とにかく全うすることが特技 • 業務に役立たない情報は不要です。社内報? 読んだことありません。 • とにかく忙しいです。夜もみんなが帰った後、一人で残業して います。 30代男性A
  • 26. 変革は1割変えることから 面倒だけど自分がやればいい • 会社という枠におさまらず、どんどんチャレンジしたい • そうやって動いた結果、一部が会社に役立つこともあるはず。 チャレンジした量が、結果につながるはず • 社内外関わらず人とのつながりが、重要なインプット。どんな 情報でも、まずは吸収します。あとで整理するけど。 30代男性B
  • 27. • 同じ志を持つ仲間と 出会い、語り合う • 社内外関わらず、アイデア や気付きを共有する • 自分のスキルや研究成果を 認められる • 自分が持っているスキルを 求める人と出会う • 成功事例を共有し、 褒め合う • オフの情報も含めて、 仲間を知る • 日々の仕事を上司から評価 される • 誰かの役に立っていること を実感する
  • 28. みんな違う。だから・・・ 同じ情報でも“使うメディア”と、 “伝え方”が違う。
  • 29. 「メディアが違う。」 和を重視する 調和型 目的志向の 行動型 業務重視の フリーズ型 スキル重視の 研究型 自発的行動量 変化対応力 外部との接点 社内SNS イントラ Q&A 専門サイト 上司 社内SNS 人脈 社内報
  • 30. 「伝え方が違う。」 与えられた仕事は きっちりこなします 変革は1割変えることから 面倒だけど自分がやればいい テーマ:グローバル
  • 31. 情報 システム 広報 人事総務 宣伝 経営企画 • イントラネット • 社内SNS • 研修 • ワークショップ • 社内報 • Web社内報 • 職場、会議室 • エントランス等 • 社外広告 • イベント等
  • 32. 情報 システム 広報 人事総務 宣伝 経営企画 • イントラネット • 社内SNS • 研修 • ワークショップ • 社内報 • Web社内報 • 職場、会議室 • エントランス等 • 社外広告 • イベント等 関連部門のコラボレーション & Employee experience
  • 33. インナーコミュニケーションのKPIって? 大手メーカーの場合 → 従業員数:連結3万人 M&Aや不祥事など、 たくさん 乗り越えました。
  • 34. why 経営方針の理解 行動指針の共有・実践 社員のモチベーション向上 指標② 経営方針の理解度 目標:理解度70% 理念・行動指針の実践度 目標:実践度65% 仕事のやりがい 目標:やりがいを感じる50% 指標① 社員ペルソナの 高行動レベル率増加 社員インタビューの実施 (ペルソナ策定) 目標:レベル3 30% レベル4 10% アンケートやデプスインタビューなんて、 そんなに頻繁にできません。
  • 35. メディアの閲覧状況と反応を見る 指標③ 社内報報(冊子)の満足度 目標:満足度70% アンケート 指標② Web社内報の閲覧状況 目標:一人月間15ページ ログ解析<記事毎・全体> 指標① Web社内報の満足度 目標:満足度70% アンケート 指標④ 記事に対するレスポンス 目標:記事1件あたり3件以上 コメント数、記事登場者に電話ヒアリング メディアに対する反応を 高い頻度で定期的にチェックする
  • 36. 月次でレポート化し、マネジメント報告 コミュニケーションを質的・量的に 可視化して、 常にPDCAをまわす
  • 37. ユーザー視点で、 改善するための材料を得られる =コミュニケーション基盤に必要な要素 > ≦
  • 38. 社内SNS立ち上げた。 Web社内報を立ち上げた。 イントラネットを整備した。 新たな仕組みを導入した。 導入はスタート。 「社員が読みたい、見なきゃ気がすまない。」 メディアを創り続ける。
  • 39. 社内メディア>社外メディア 選ばれる社内メディアに!
  • 40. ご清聴ありがとうございました。 http://www.sofia-inc.com/