Oracle on AWS 2014

4,014 views
3,758 views

Published on

Published in: Technology

Oracle on AWS 2014

  1. 1. Oracle on AWS情報 ソリューションアーキテクチャ本部 エコスシステム ソリューションアーキテクト 松本 大樹
  2. 2. Oracle Products on AWS Support Status 全てのOracle製品はAWS上での稼働が サポートされています。 WindowsおよびLinux環境を含みます。 Environment Oracle VM Non-Production in AWS Oracle VM Production in AWS AWS Non-Production AWS Production Applications* Middleware Database Oracle Linux Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Certified Supported Certified Certified Certified * Oracle Enterprise Applications = E-Business Suite, JD-Edwards, PeopleSoft, Siebel, etc.
  3. 3. Oracle on AWS構成は大きく つ 構成は大きく2つ 構成は大きく Oracle on EC2 • Oracle全製品/全機能に 対応可能な構成 • BYOL(Bring Your Own License)のみ対応 RDS for Oracle • Oracle Databaseのみ (一部制限あり) • 時間ライセンス提供可能 • BYOLにも対応 EC2 データ同期
  4. 4. Oracle on EC2とRDS Oracle バージョン 機能 インスタンス ストレージ パフォーマンス Oracle on EC2 Oracleのサポートするバージョ ンを利⽤可能 11g 全インスタンス利⽤可能 ~ cr1.8xlarge 全機能利⽤可能 制限あり 3TB以上利⽤可能 (複数EBS利⽤) 上限3TB AWS利⽤者が設定 インストール マニュアル バックアップ RMANなどを利⽤して設定 冗⻑化 パッチ適用 RDS Oracle DataGuardなどを利⽤して設定 (Oracle RACは利⽤不可) AWS利⽤者が適⽤ AWSが設定した性能を利⽤ 可能 自動 Multi-AZ スナップショットとポイン トタイムリカバリを利⽤可 能 メンテナンス時間にAWSが 適用 4
  5. 5. Oracle License for AWS プロセッサライセンスでEditionによって係数が異なる。 Standard EditionおよびStandard Edition One (係数0.25) • 1 台の EC2(コア数 4)⇒ 1 Processor ライセンス • 1 台の EC2(コア数 8)⇒ 2 Processor ライセンス Enterprise Edition (係数0.5) • 1 台の EC2(コア数 4)⇒ 2 Processor ライセンス • 1 台の EC2(コア数 8)⇒ 4 Processor ライセンス 参考URL: http://www.oracle.com/jp/store/cloud-lic-170290-ja.pdf
  6. 6. AWSの”Core(コア)”ライセンスのカウント方法 の (コア) (コア ライセンスのカウント方法 AWSでは物理サーバを意識しない為、全ての物理コア分 全ての物理コア分の 全ての物理コア分 ライセンスを準備する必要はありません 必要はありません。 必要はありません あくまで稼働しているEC2インスタンスに割り当てられている 仮想コア数のみにライセンスが必要です。 仮想コア数のみ 再起動にて新しい物理サーバへフェイルオーバーが可能で すのでスタンバイ機の用意は不要 スタンバイ機の用意は不要です。 スタンバイ機の用意は不要 ライセンス係数は前スライドにある通り、SE/SE Oneで0.25、 で EEで0.5となります。 で RDS for Oracleを利用する場合は、時間単位のライセンス 時間単位のライセンス の提供も可能です。(SE, SE One)
  7. 7. AWSサービス for Oracle
  8. 8. EC2 Amazon EC2(Elastic Compute Cloud) アベイラビリティ ゾーン A EC2 任意のゾーンに 1 分散配置可能 アベイラビリティ ゾーン B EC2 リージョン 数分で起動可能な仮想サーバ 1時間ごとの従量課⾦で利⽤可能 スケールアップ/ダウン、アウト/インが即座に可能 • 18種類のサーバサイズから選択 Windows, Linuxなどx86-64アーキテクチャのOS利⽤可能 • Windowsライセンスも従量課⾦ OS以上はお客様の自由 • お手持ちのソフトをそのまま利⽤
  9. 9. I/Oスピードの高速化+安定化を実現 EBS-Optimized + Provisioned IOPS Random Read/Write 4kB 1-EBS当りのIOPS数を4000 IOPSに設定してランダムIOを発生させ、 EBS を1〜8 disksまでの性能を計測。 IOPS数はリニアにスケールし、32,000 IOPS (4,000IOPS x8EBS)を計測。 Rand ReadWrite : Blocksize = 4KB 140,000 30000 120,000 25000 100,000 20000 80,000 IOPS 35000 MB/sec 15000 60,000 10000 40,000 5000 20,000 0 0 1disks 2disks 4disks 6disks 8disks IOPS
  10. 10. Amazon RDS for Oracle 数分でCreate Database完了の状態で起動! 自動バックアップ/パッチ更新機能やフェイルオーバーに対応した環境を 数クリックで設定可能! 時間単位のライセンス提供やライセンスの持ち込み(BYOL)もOK! HPC(32core[Hyper Threading ON], 244GB memory)に対応! Provisioned IOPS機能でディスク性能も安定! 自動 バックアップ 自動フェイルオーバー スナップ ショット機能 データ同期 パッチ更新 AZ-A AZ-B
  11. 11. AWS 活用事例
  12. 12. Amazon.comの事例 • テープバックアップからS3へ移⾏ テープバックアップ廃止 10-13時間→2.5時間 21
  13. 13. 導入事例:SOGETI 大規模なOracle Exadata Clusterの ディザスタリカバリをAWSで実現 AWSの利用 の利用 Oracle Exadata Clusterで稼働して いるミッションクリティカルな Oracle E-Business Suiteのディザス タリカバリを実現 Amazon S3へのデータベースバッ クアップの⾃動化、作成、管理およ び監視にOracle Data Guardを使用 ビジネス上のメリット ストレージのための管理とインフラ のコストを削減 データセンターのストレージコスト を削減 セキュリティの要件に合致 SLAを満たすバックアップにおける高 速なネットワークデータ転送 迅速なDRの切り替え作業 “AWSによりインフラを迅速に導入することができました。また、コストの上乗せや長 期コミットメントなしに利用に応じた課金で利用することが可能になっています。” - Ragesh Rao, Manager Database Services, Sogeti
  14. 14. 導入事例:SOGETI Oracle E-Business Suite ディザスタリカバリのアーキテクチャー Four Node Oracle Exadata Standby Site in RAC Cluster Primary Site AWS Cloud Client Client Client Client DATA CHANGES Oracle E-Business Suite 11i on Oracle Exadata BROKER AGENT Amazon EC2 Amazon EBS EC2 BROKER AGENT Data Guard Broker RDBMS 11gR2 Primary LIFE Database Amazon S3 Standby LIFE 1DG Database
  15. 15. 開発、ステージング、検証環境としてAWSを利⽤ Oracle、Oracle Enterprise Manager 11g AWSは商用ミドルウェアへの対応が最も進んでいた EC2、EBSは非常に便利、VPCは企業用途では必然 5年間のTotalコスト試算90%削減、コスト効率は圧倒的 固定資産管理不、電気代、ラッキング等の設置場所不要 今後の拡張予定 RDS:データベースアドミニストレーターの教育用 S3:デファクトスタンダードなバックアップソフトウェアに対応 Direct Connect、EMR、Route53 15
  16. 16. 導入事例: 導入事例 イデア・コンサルティング株式会社様 OracleのERPパッケージ”JD Edwards EnterpriseOne” 従来通りのデータセンターとAWSの導入後の比較で50%のコ スト削減実現。AWSの利⽤前はJDEのシステム導入期間が 平均9か月必要でしたが、AWSの導入により、6か月に短縮する ことができました。
  17. 17. 都築電気株式会社 様 「販売管理システムは、従来から、Javaアプリケーションの実行環境として、 『Interstage Application Server』を使っています。どのクラウドサービスを利用する か検討している時期に、ちょうど富士通のミドルウェアがAmazon EC2に対応したと いう発表がありまして、これでアプリケーションを改修せずにそのまま使える、と考 えました。実際、まったく改修せずに、オブジェクトをクラウド上の仮想サーバにロー ドするだけで、何の問題もなくシステムを動作させることができました」 第一システム部 第一システム課 源川 巧 様 17

×