Your SlideShare is downloading. ×
0
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

学認と電子書籍を利用したオープンエデュケーションツールの開発

354

Published on

2013.08.01 情報処理学会IOT研究会

2013.08.01 情報処理学会IOT研究会

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
354
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 学認と電子書籍を利用した オープンエデュケーションツール の開発 堀真寿美 小野成志 小林信三 山地一禎 平成25年度第2回(IOT通算第22回)研究発表会 2013年8月1日(木) 武蔵大学
  • 2. あらまし 1. 背景と課題 2. Lurkersの行動分析 3. Lurkersに適合したLSOC 4. 実装状況とデモ 5. まとめ
  • 3. 背景と課題
  • 4. 大規模オンラインコースの課題  背景 » MOOCに代表される大規模オンラインコース の米国での拡大  課題 » 従来の教授法の延長 » 一組織のプラットフォームでの配信
  • 5. 研究対象 Cloud Computing High Performance Computing User Authentication Application Contents Platform High Speed Network Contents High-speed Internet services 今後の課題 LSOC(Large Scale Online Courses) Platform ナノレク チャー CHiLO Book 学認 Moodle
  • 6. CHiLO Bookの目標 6 教育機会に恵まれない人々 ≫ 貧困者 ≫ NEET (Not in Employment, Education or Training) ≫ ひきこもり ≫ 高齢者 ≫ 主婦・OL ≫ ビジネスマン etc. マイクロ レクチャー ビジネスの 世界に活用 ネット世代に 対して効果的 1分以上は 待てない Education for Everyone 電子書籍 CHiLO Book Creative Higher Education on the Learning OpenCourse
  • 7. 学認の意義 学術認証フェデレーション IdP TIES SP TIES SP TIES SP TIES SP CHiLO Book  集中的なDB・リポジトリを持たない自律分散運用  本人確認の一定の保証による学習成果の評価、単位付与 学習成果 学習成果 学習成果 学習成果 単位 単位 単位 単位
  • 8. 運用上の課題  学習者は誰か » Lurkers  誰が指導するのか » 教師が一対一での指導を行うことは不可能  教師は何をするのか » コンテンツの提供  大学は何をするのか » 評価とバッジの付与
  • 9. Lurkersの行動分析
  • 10. ネットにおけるLurkersの存在 オンラインコミュニティ の不均衡※1 MOOCの 学習者パターン※2 ※1 Jakob Nielsen:Participation Inequality-Encouraging More Users to Contribute ※2 Phil Hill:Emerging Student Patterns in MOOCs: A Graphical View
  • 11. 講義公開実証実験  産経eカレッジ » 新聞社とタイアップ » 配信ビデオ 14大学104本 » 配信期間 2008年8月5日~9月15日 » 告知 • 産経新聞全国版での告知広告(4回) • 系列サイトでのバナー告知(6サイト)
  • 12. Home Course Category Course Category List of Lecture Videos in Course Lecture Video List of Lecture Videos in Course Lecture Video Lecture Video Survey 33,020 名 2,085 名 サイトの構成とユーザーの傾向 Comment POST 79 名 約4% Advertisement Search Engine
  • 13. 学習意欲のあるLurkers  大卒以上の高学歴  中堅(30〜50代)  就業者  eラーニング経験なし 期間:2008年8月5日~9月15日  オンラインの学習に不慣れ  まとまった時間がとれない 33,020 名→2,085 名の個人属性 ラーカーへの対応が 必要
  • 14. Home Course Category Course Category List of Lecture Videos in Course Lecture Video List of Lecture Videos in Course Lecture Video Lecture Video Survey 2,085 名 ビデオの閲覧順 Comment POST 同じページの ビデオを再生 93% 全ビデオ閲覧回数 9241回 Advertisement Search Engine
  • 15. ビデオの視聴数ユーザー数 一人あたりのビデオ視聴数 講義ビデオ: 1コースあたり約3種類 計104種類 視聴ビデオ数 視聴者 1本 45% 2本 21% 3本 11% 3本以上 23% 多数が、途中で学習を終えてしまう
  • 16. ユーザーのビデオ視聴時間視聴数 視聴時間 *上下3割は削除 2分をピークとしたLong Tail 2分 講義ビデオ再生時間 平均:32分10秒 最短:2分56秒 最長:1時間16分48秒
  • 17. ユーザーの特性  行動特性 » 情報発信は消極的 » 与えられた情報に従ってサイトを閲覧 » 長時間のビデオ視聴は苦手 積極的な 報発信・情報探索 の必要性を感じない※1 ※1 Bishop, J. (2007). "Increasing participation in online communities: A framework for human–computer interaction". Computers in Human Behavior 23 (4): 1881–1893.
  • 18. ビデオ完遂率人数(累積) ビデオ視聴完遂率 8割がビデオを半分みてやめる。 対数近似され、大勢の人々のビデオ完遂率を上げるの は至難の業
  • 19. Lurkersに適合したLSOC
  • 20. Booklet Booklet Booklet Course 情報の断片化と操作誘導性の向上 Scene1 Lecture video Slide Test Test Slide Lecture Video Scene 3 Lecture Video Slide Test Test Slide Lecture Video Assignment Scene 2 Scene4 1分 1分 1分 1分 ・・・15分 情報の断片化 Nano Lecture 操作性・誘導 ツリー構造
  • 21. One-on-One Approach 学習者:学習意欲のあるLurkers  教師の役割:CHiLO Book発行 • クリエイティブコモンズによる提供  コノサー(目利き)の役割:情報収集・アドバイス • 貢献の喜び • All for you you for all  大学の役割:評価制度 • 学習成果を確認する • 将来における単位認定制度
  • 22. One-on-One Approach Personal Course コノサー 集めたバッジにより 知識の専門性・深さ 学習成果の評価 発行 教師 学習者 (Lurker) 大学 情報提供 アドバイス
  • 23. 実装状況
  • 24. 実装状況 Mobile Tablet/Phone LSOC Platform Moodle HUB Contents Platform Devices CHiLO Book Application Book Catalogue User Authentication GakuNin e-Book Store Moodle Learning App Leaning Log Courses Moodle Learning App Leaning Log Moodle Learning App Leaning Log Facebook/Twitter Contents
  • 25. バッチの実装  Open Badges » オンラインおよびオフラインで習得したスキ ルについてバッジを取得する » 教育機関が教育内容についての情報を提供す る » 自分が取得したバッジを関連サイトに表示す る (http://www.mozilla.jp/blog/entry/10277/)
  • 26. 岡部先生のちろデモ
  • 27. まとめ
  • 28. ロードマップ LSOC TIES V8 オープンソース化 TIES V9 バッジ交付 Moodle2.3.1 Wowza 3.1.2 OpenMeetings 2.0 Moodle2.5 Wowza 3.6.2 OpenMeetings 2.1.0 CentOS化 HTML5プレイヤー CHiLO 1.0 Moodle連携 CHiLO 2.0 連携強化 CHiLO 3.0 汎用化 コンテンツ・ポリシー 学認認証ウィジェト 基本テンプレート HTML5/epub3 2013 2014 2015 CHiLO TIES 学認 トラストフレームワーク 統一認証基盤
  • 29. おわり絶賛公開中! http://hub.cccties.org/

×